小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

Category: 腰痛

腰痛

腰痛とは

腰痛が起きる時にはまた腰痛が繰り返しやすい方は原因がありますので、原因から改善したいかないと一応おさえばかりしていると原因もいつまでも同じままではいません。

腰痛には腰痛を起こしている原因があるから、腰が痛くなる訳ですから、原因を改善していかないければいくら表面上の痛みばかりおさえて楽にすることをしても原因が残ったままだと進行していくということで、形は違うかも分かりませんが、表面上にいつかは出てきます。

腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は、繰り返しやすい方というのは湿布を貼ったりしても腰痛が楽になることもありますが、マッサージをしても腰痛が楽になることもあるでしょうし、サプリメントなどを飲んでも腰痛が楽になることもありますが、整骨院などで低周波治療器などをかけても腰痛は楽になることがあるかも分かりませんが、原因が残ったままになっていますので、原因を見つけずに楽にすることができますから、逆にすることばっかりしていると原因は進行していきます。

腰痛を楽にする

原因を見つけ出すことなく、楽にする治療というのは、対症療法という治療法なんですが、対象療法という治療法は楽にするためにしているだけであり、原因なんかは関係なく残ったままになっています。

腰痛を起こしている本当の原因を知った方は驚く方もいますが、本当に事実ですから間違えようがありませんので、多くの腰痛や肩こりなどの原因は未だに本当に対症療法ばかりしているところには分かっていない場合が多くあります。専門家の先生でさえも知らない場合が多くあります。たとえ知っていても治療することはできません。

腰痛を起こした方の原因は、腰痛を起こした方が言われますが、重たいものを持ったりしたら急に腰が痛くなったとか庭仕事をしていて、急に立とうとしたら腰が痛くなったとか、靴下は履こうとした時に腰が痛くなったとか何かを取ろうとして手を伸ばしたら腰が痛くなったとか、運動をしていて腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因がありますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

中には車の運転をしていたら、徐々に腰が痛くなるという方もいますし、柔らかい布団に寝ていたら腰が痛くなって朝立ちづらいとか言うことも言われますし、くしゃみをしただけでも腰が痛くなるという、色々な原因だと思われていたものはすべて切っ掛けです。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として一番に挙げられるものは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが原因でもありますが、本当の原因はもっと更に奥に存在しています。

何も原因がなくて、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんので、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因があるから、骨盤が不安定になって不安定になった時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、前屈をしたりすると体を支えることができないので腰が痛くなり腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因として一番に挙げられるものがありますが、それは疲れやストレスです。

体には多くの疲れやストレスが蓄積していますが、疲れやストレスというのは生活することでも多くなるものですし、仕事をすることでも多くなりますし、精神的なプレッシャーや緊張などを加えられても多くなることも、運動することでも疲れやストレスは多くなるしジョギングをすることでも疲れやストレスは多くなりますし、ストレッチをすることでも疲れやストレスは多くなるし、車の運転をすることでも疲れやストレスは多くなるし、毎日毎日の生活では疲れやストレスの蓄積は避けることはできなくなります。

疲れやストレスが溜まっていないという方は、いませんので、生きている限りは疲れやストレスと隣り合わせで生きていかなければいけません。

しかし、疲れやストレスというのは体に溜まると言うことは分かっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の腰痛を起こす原因になる訳です。

疲れやストレスというのは、人の体の弱い部分に溜まっていきますので、弱い部分が腰痛を起こすところであれば弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい、腰痛になるということなんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば水分が65キロにもなりますので、体重の大半が過ぎるんだということなんです。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますので、それは岐阜の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さであり、あとは神経と血管とリンパの重さと中枢神経系と内臓です。

中枢神経系というのは、内臓の一部ですから、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまりながら最大限内臓に蓄積されていきます。

しかし、内臓と言っても側なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、病気というわけではありません。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に深く多く溜まっていきます。

内臓疲労と腰痛

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと説明しましたが、内臓と言っても多くの内臓が存在していますので、どの内臓に疲れやストレスがたまることが原因で腰痛を起こすのかということを説明していきます。

腰痛を起こす原因として一番に挙げられる内臓がありますが、それは腎臓です。

内蔵というのは、生まれつき弱い内臓とそうでもない、内臓に分かれて存在しています。

そうでもない、内臓はあまり関係を持ちませんが、弱い内臓というのはそうはいきません。

弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めやすく溜めると炎症や腫れを起こしたりしますが、炎症や腫れというのも病気ではありません。

弱い内臓に疲れやストレスが溜めてしまいますので、腎臓に疲れ休めずがためると腎臓に関係する筋肉がありますので、筋肉に影響を出してしまって骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしてしまいます。

腎臓疲労から筋肉に影響を出してしまって、骨盤が歪みや開きを起こしていきますので、骨盤の歪みや開きが起きることが原因で骨盤が不安定になりますので不安定状態から腰痛や腰の痛みとして感じてしまいます。

開きや歪み、そして不安定状態を悪化させたものが椎間板ヘルニアであり、坐骨神経痛というのになります。

人の体は生まれつき弱いところと、そうでもないところが決まって生まれてきますので、生まれつき弱いところというのは老化が急速に進んでいき、急速に弱くなっていきます。

弱くなったものが疲れやすいそう、溜めやすく腰痛になる腎臓に疲れやストレスがたまると腰痛を起こしたりすることが原因です。

腎臓が弱くない方は腰痛を起こすことはなく、ぎっくり腰になることになることもありません。

しかし、腰痛というのは腎臓だけでなることが8割なんですが、あと残った2割というのは膀胱や子宮や前立腺が関係していることがあるからです。

主に痛みが起きる時にはどこの痛みであろうと内臓が関係して起きていますので、弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと歪みやズレになっていきます

腰痛を繰り返したり、腰痛になりやすい方は背中の部分を自分の両方の手のひらで触ってみてください、背中の部分だったり、旅行の部分だった人が異常に張っていることが多くいますので、腰の部分や腰のもう少し上の部分を触ってみると硬く張っているということがあります。

睡眠負債と腰痛

睡眠負債と腰痛には深い関係があります。

最近は多くの方が寝ていると思っていますが、目が覚めないから寝ているということにはなりません。

眠りというのは、脳が寝ていることを言いますので、脳が寝ているということは、単純に6時間睡眠があっても数分だったりという時間が脳が唯一寝ることができる時間なんです。

しかし、最近の方は寝ても眠りが浅く、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていますので、寝ながら考え事をする時間というのは大脳が働いている時間ですから寝ている時間ではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしていることが多くありますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることが眠りですから夢を見たりすると寝ている訳ではありませんし、寝ながら考え事をしてる時間は1時間も2時間も3時間も4時間も5時間もありますからねているわけではありません。

大脳を休めておかないと24時間365日働きっぱなしという感じになりますので、大脳が休めない状態では脳が弱っていきますので、脳が弱ると大変なことになります。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠であります。

誰が見てもスースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても、本当に大脳が寝ている睡眠をしているのかということではわからないのに格好だけ見て寝ていると思っています。

一番大事なのは寝ている格好ではなく、脳の中が本当に入れているのかどうかなどです。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠ですから、記憶にあまり残ることもなく、大脳を徐々に弱らせていき、弱らせると脳内麻薬が多く分泌されてしまいますので、脳内麻薬が多く出れば出るほどハイテンション状態になっていきます。

ハイテンション状態になっていくと、疲れ知らずで動くことができますが、どれだけ内臓に負担が起きているのかということも分からずに風邪をひくこともなく生活することができますから、元気がいいと思っているだろうし、体調が悪くないと思っているのは当然なんです。

しかし、何事も限界は存在しますので、感じない時に悪くしてしまったものが多く存在していますので、簡単に腎臓の疲れやストレスだけではすみません。

最近はこういう方が多くなっています。

睡眠負債状態で大脳が弱ってしまうと、脳細胞の急激な現象が進行してしまいますから、初めはうっかりが多くなったり物忘れが多くなったり記憶のトラブルが起きていきます。

睡眠負債状態というのは、取り返しがつかない負債状態ですから、借金を返すことはできません。

睡眠負債で眠りが浅い時間があると脳細胞の急激な現象が起きたり、内臓の老化の進行が急速に早くなっていきますので、速くなればなるほど病気へと近づく可能性も多くなります。

北九州市小倉腰痛を解消。

腰痛

腰痛を楽に

腰痛を楽にする為には、腰痛の原因になってるものから改善していただければいけませんが、腰痛の原因として一番に挙げられるものは筋肉靭帯ていうよりも、骨盤の歪みや骨盤のズレが原因になっています。

しかし、腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正しなくても楽になる方法があるために中和させて治しているという感じの治療法もあります。

腰痛の原因である骨盤の歪みや背骨のズレを見つけることもなく、検査をすることもなく、楽にする方法というのは対症療法という方法です。対症療法という治療法は原因を見つけることもなく、ただ湿布を貼ったり、電気をかけたり、マッサージをしたりすることなどを対症療法という治療法です。

一番簡単な方法が対症療法という治療法なので、原因を見つけることもなく、検査をすることもなく楽にすることをしていく方法です。

腰痛や腰の痛みを起こしている時には、必ず原因がありますので、原因から改善していかないと原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛や腰の痛みを起こしている方は、切っ掛けと骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレから起きています。

腰痛や腰の痛みを起こしている方は、重たい物を持ったりしたのが原因だと言いますが、実はそれが切っ掛けなんです。

同じきっかけをしても、腰痛や腰の痛みが起きないのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが少ない時です。

しかし、何も原因がないのに骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きることはありませんので、何かの原因があって、歪みやズレが起きるということなんですが、その原因が何なのかということなんです。

特に骨盤や背骨の中には中枢神経系が入っていますので、姿勢で曲がったり、猫背で曲がったりすることはありません。

簡単に歪んだり、曲がったりしていると、中枢神経系が一番大事だもんですから、守ることができません。

骨盤の歪みや骨盤の開きの原因

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレっていうのは誰でも起きているものなんですが、誰でも起きているものが痛みやコリになっていないだけで歪みやズレはあります。

背骨の歪みや骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると、骨盤自体が不安定になりますので、不安定になった時に何かをしたら腰痛が起きてしまいます。

骨盤が不安定な状態の時に重たいものは持ったりすると重たいもので、バランスが悪くなってしまいますので、バランスが悪くなった状態の骨盤と上肢をつなげている関節が支えることができませんので、支えることができないと腰痛になります。

多くの腰痛というのは、骨盤が不安定状態で体を支えることができないほど開いたり歪んだりしている時に腰痛や腰や腰の痛みとして起こります。

では、どうして骨盤の歪みや背骨のずれが起きるのかということになりますが、それは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動や筋トレをすることやジョギングをする事やお風呂に入ったりすることでも多くなったり、買い物をして重たいものを持ったりすることで多くなったり、旅行に行っても多くなったりするものなんです。

人は生活することで、多くの疲れやストレスを生んでしまいますので、疲れをストレスを多くしている割にはそれを減らすことは考えていません。

疲れやストレスを減らすことは、カラオケに行ってもストレス発散と言っていますが、逆にエネルギーを消費してしまっていることで発散しているように勘違いしているだけです。

旅行に行っても景色を見たり、温泉に入ったりすることで気分が変わることでいいような感じがしますが、旅行に行く疲れというのを考えていませんので、旅行に行っても列車で行っても車で運転して行っても疲れは溜まるばかりです。

ショッピングに行って買い物する時でも重たいものを持ったり歩いたりすることや、洋服を見ている時でも試着する時でも疲れてしまいますので、疲れやストレスは溜まるばかりなんです。

運動することでも筋トレすることでも、ジョギングをしても筋肉は鍛えられるかも分かりませんが、筋肉を鍛える代わりに疲れが多くなってしまいますが、この疲れをどうやって解消すればいいのかということを考えていませんし、ストレッチをしても疲れは減ることはありません。

疲れやストレスと腰痛

毎日毎日の生活をすることや、仕事をすることでも多くの疲れやストレスが溜まっているのに、それ以上に運動したり、筋トレしたり、プールで泳いだにアスレチックをしたり、ストレッチをしたりといろいろに疲れやストレスを溜めてしまうことをしてしまいています。

何をすることでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですが、多くの方が疲れやストレスを減らそうとしませんし、疲れやストレスが溜まっていることが分からない方もいます。

疲れやストレスが体に溜まっていると、どこに溜まっているのかということが問題になるのですが、どこに溜まってもいいことはありません。

しかも疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっているわけですけど、どこに溜まるの日で腰痛が起きてしまう方と腰痛が起きない方に分かれてしまいます。

疲れやストレスはどこに溜まるのか筋肉にももちろん貯まるわけですけど筋肉以外に多くの疲れやストレスがたまるところがあるんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞れば65kgが水分になりますので、体重の半分以上は水分で占められています。

あと残った35キロというのは、皮膚の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さとあとは神経と血管とリンパになります。

あと残ったものというのは、中枢神経系と、内臓になります。

中枢神経系の部分は内臓の一部ですから、疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきますが、この蓄積する疲れやストレスというのは日常生活で動かすための疲れやストレスなんですが、内臓も働くことをしていますので内臓が働けば内蔵自体にも疲れやストレスは溜まっていきます

内臓が働くという事は、食事をすることでも消化することでも働いていますし、脂分の分解でも内臓は働いてくれますし、アルコールの分解でも内臓は働いてくれています。

そしてさらに呼吸をすることでも肺が働いて血液の中に酸素を混ぜてくれていますので、血中酸素が増えるという役目を負っています。

内臓が勝手に働いてくれていることでも、色々なものを分解したり、消化したりしてくれていますが、これらも勝手に働いているだけで疲れを溜めてしまいます。

内臓が勝手に働いてくれていることや生活したり、運動したりすることでも疲れやストレスが多くなるのに、その疲れやストレスがどこに溜まるのかも、人は知ることもなく生活しています。

腰痛の原因

腰痛を起こしている原因の多くは、疲れやストレスが内臓に蓄積していくことが原因で、身体の内側から崩れを起こし、骨盤の歪みやズレになり、背骨のズレになるということで、骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったら腰が痛くなるのは当然だと思います。

しかし、疲れやストレスというのは減らすことができる唯一の方法があります。

疲れやストレスを気分転換でもなく、本当の意味で体の中の内臓に蓄積したものを減らすことが出来る時には寝ている時だけなんです。

しかし、最近は多くの方が眠りが足りていないのと、睡眠負債状態になっています。睡眠負債というのは、寝ているようで眠れていないのが原因なんですが、眠りというのは大脳が休養とって寝ている時だけ寝ているまたは眠りといいます。

誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても、大脳が眠っていない限りは眠れていませんので、見た目だけ見て分かるものではありません。

夢っていうのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢を見ている時間というのは数秒だったり、数分だったりという短時間なんですが、長く夢を見ていたという記憶があっても本当は短い時間で見ていて脳が起こすトリックを感じています。

夢を見ている時間よりも、もっと最悪な睡眠があるんですが、この最悪な睡眠も浅い睡眠-1つなんです。

夜寝ようとするとすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事を知る睡眠を3時間も4時間も5時間もしていて目が覚める瞬間に夢を見ているということが多くあります。

単純に寝ている方は寝ているから記憶にあるものしかわからないため、夢しかわからないということが多くありますので、目が覚めないから寝ているという事はありません。

最悪の睡眠と腰痛

最近は多くの方が最悪の睡眠をしていることに気がついていなくて、最悪の睡眠というのは寝ながら考え事をしてる睡眠なんですが、寝ながら考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

目が覚めた瞬間に忘れてしまう、睡眠ですから、多くの方が気が付いていませんので、目が覚めなければ寝ていると勘違いしていますが、検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪くなっている方が睡眠負債状態になっています。

不眠症でしたら、夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりという方が不眠症、夜中に何回も目を覚ます方が不眠症だということで目が覚めるから分かっていますが。

最近の睡眠負債状態というのは、目が覚めないんです。

目が覚めないから寝ていると勘違いしている状態なんですが、目が覚めない状態で寝ながら考え事をしている時間が圧倒的なんですが脳から出る脳内ホルモンの麻薬のような物質が出てしまって痛みを感じなくなったり、どんなに体調が悪くなっているのかということもわからんなっていくんです。

脳があまりにも弱りすぎていると、脳内ホルモンの麻薬のような物質が出てしまって、モルヒネのような痛み止めになってしまいますので、痛みが起きている状況でもわからなくなっていき、ハイテンション状態も重ねて起きれば疲れ知らずで動けることができますが、どんなに負担になっているかということもわからずに動いてしまって危険な状態になっているという方までいます。

 

 

北九州市小倉腰痛を楽にしていくためには。

腰痛

腰痛を解消

腰痛 を楽にしていくためには 腰痛の原因になってるものを見つけ出さない限りは痛みだけを、楽にすることをしても原因は残ったままになっていますので原因から改善していかないと骨盤が不安定なままになっていますので慢性化状態になります。

腰痛を起こす時には重たいものを持ったりして腰が痛くなったとか、何かを取ろうとして前かがみになった時に腰が痛くなったとか、流し台に立っていて前かがみで食事を作っていたら腰が痛くなったとか、庭仕事をしていて畑を耕していて腰が痛くなったとか、車の運転を長くしていると腰が痛くなるとか、布団に寝て起きたら腰が痛くなるとか、くしゃみをしただけで腰が痛くなるとか言われますが、これらは全て原因ではなく切っ掛けです。

切っ掛けというのは原因ではありませんので原因が他にあるということです。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると 段階と言うか程度がありますので大きく開きや歪みがある時もあれば少しだけ小さくなった歪みや開きがあるということもありますので開きや歪みも大きくなったり小さくなったりということをしています。

骨盤が大きく開いたり歪んだりしたときに重たい物を持ったら体を支えることができませんので腰が痛くなります。

骨盤が大きく歪んだ時に 何かを取ろうとして前かがみになったら体を支えることができないので腰痛が起こります。

骨盤が大きく開いた時にには仕事をして座って仕事をしたりクワなどで耕したり前屈みをしている時間が長いと体を支えることができませんので腰痛になります。

骨盤の開きや歪みが大きくある時に車の運転を長くしていると座っているだけで疲れやストレスをためてしまいますので疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや開きが大きくなっていきますから腰が痛くなります。

骨盤の開きや歪みが大きくある時に 柔らかすぎた布団に寝ていると骨盤の所が沈みすぎるために朝、起きたら腰が痛くなったり腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときにくしゃみをしただけでも腹圧が上がって腰が痛くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きがある時に 合わない靴を履いて長く歩いただけでも腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなった時に何かをしたら腰が痛くなって腰痛になります。 この状態を悪化させてしまったものが椎間板ヘルニアになりさらに悪化させてしまったものが坐骨神経痛になっていきますのでヘルニアも坐骨神経痛も特別なものではありません。

誰でも起きている可能性があるものが坐骨神経痛であり椎間板ヘルニアです。

骨盤の歪みや骨盤の開きの原因

腰痛の原因になる骨盤の歪みは骨盤の開きは、どうして起きるのかということも検査することで見つけなければいけませんので骨盤の歪みは骨盤の開きは姿勢が悪かったり猫背で起きたり足を組んだり横座りをしたりということで起きるものではありません。

それらも切っ掛けであって原因ではないからです。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因はあるものが体に蓄積しているのが原因なんですがあるものというのは日常的にあるものですから生活上でも仕事上でも運動したり筋トレすることでもジョギングをすることでもショッピングをすることでも旅行に行くことでも多くなったりするものです。

色々なことをして多くなるものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは体に蓄積していくということは分かっていると思いますが多くの方が実態がわかっていません。

疲れやストレスというのは筋肉にも溜まるということはテレビなどでも行っていますので筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど 体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅーっと絞れば65 kg が水分になりますので体重の半分以上は水分だということです

あとの残りの35 kg は皮膚の重さ筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さとあとは大脳と脳幹と脊髄など中枢神経系の重さと内臓です。

疲れやストレスがたまりやすいところ

疲れやストレスが溜まりやすい所というのは 主に中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と筋肉と内臓なんですが中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄は内臓の一部ですから疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓と筋肉になります。

内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスがたまるという状態でトラブルを起こしていますので何でもかんでも病気というのを関係付けることなく疲れやストレスは内臓にも貯まります。

腰痛を起こしている原因として考えられる内臓というのは腎臓なんですが腎臓の弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく腎臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなって骨盤が不安定になります。

腎臓に関係する筋肉というのがあるんですが腎臓に関係する筋肉は大腰筋と腸骨筋という筋肉なんですが両方とも骨盤の股関節の内側についている筋肉で腸骨筋は骨盤の内側に付着して大腰筋は背骨の方に大きく付着していますのでこの筋肉のバランスが悪くなると骨盤が開いてあり骨盤が歪んだりということが起こります。

腰痛や腰の痛みや椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の主な原因は腎臓に溜まった疲れやストレスで腎臓が炎症を起こしたりハレたりということで起きています。

必ず腰痛は腰の痛みが起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きがあり背骨がずれて腰痛を起こしていますので 単純に背骨のズレだけで起きていることはありませんし骨盤の歪みや骨盤の開きだけで起きているものはありませんので歪みやズレだけ矯正すればいいというわけではありませんので普通の整体院やカイロプラクティック院では背骨や骨盤だけを対象にしています。

しかし、どうして背骨のズレや骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかということまで検査することができないために見つけ出すことができていません。

痛みやコリの原因がわからないために姿勢が悪いとかいう風に説明をしている場合が多くありますが そのため低周波治療器などをかけて散らしている場合が多く見受けられます。

腰痛を治すためには

腰痛を治していくためには筋肉靭帯の炎症や腫れを改善したら 次のステップとして骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正していくことをして検査をしてみてヘルニアがあればヘルニアを治していくことをして腎臓の働きを良くするという段階を踏んで解消するようにしています。

必ず腰痛が起きている時には筋肉疲労やコリというだけではなく筋肉や靭帯の炎症や腫れがありますのでそれらを 直すことができないと次のステップに進むことはできません。

一つ一つ確認しながら調整していくことをしていますのでまずは筋肉や靭帯からそして骨盤の歪みやズレからそして内臓の炎症や腫れから解消していくようにしますが最近はそれだけではすみません。

普通の腰痛と言うと筋肉靭帯、骨盤の歪みやズレ内臓のトラブルという感じなんですが、 最近はそれだけではなく 睡眠負債状態が多くなっている関係から脳が強く弱ってしまっている方が多くなっていますから脳が弱ると骨盤の歪みが 改善しにくくなります。

睡眠負債というのは寝ているつもりでも眠れていないからです。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。

脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますので単純に目が覚めないから寝ているというわけではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見るから覚えて記憶に残りますが夢というのは本当に長い時間見ていたような記憶があっても短時間に見ています。

あとの残りの時間というのは寝ながら考え事をしている時間になっています。

一番、脳を弱らせている睡眠というのは寝ながら考え事をしてる睡眠なんです。

寝ながら考え事をしている睡眠の時間が長かったり日々多くあったりすると脳細胞の数が急激に減少していきますので脳細胞の急激な減少を招いた結果大変なことにつながりますから、うっかりや物忘れ程度では済まなくなっていきます。

腰痛と疲れとストレスと睡眠

腰痛は腰の痛みが起きる時には毎日毎日の生活や仕事や運動することや旅行することやショッピングをすることでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですがその疲れを減らすことができるのは寝ている時だけなんです。

脳が休養とって寝ている時だけ疲れやストレスを減らすことができますので睡眠負債状態で大脳が眠りをできないと 脳細胞が急激に減少しながら弱っていきますので弱ると中にはハイテンションになるかと思いますのではいてんしょになると眠れていないのに脳が弱っているのに寝込むことがなく朝から元気に動けますので体調が良いと思っていますし最近風邪をひかないなと思ってる方がいます。

普通に考えたらわかると思いますけど大変、危険な状態なんですが 危険だということも分からないと思います。

脳細胞が急激に減少を招いて脳が弱っていっていると骨盤の歪みは骨盤の開きをいくら整えてもを取りやすく安定しませんので立った瞬間に骨盤がまた歪んでいくということもあります。

大脳が元気だから骨盤を整えたら安定させることができます。

大脳が元気だから眠ることもできます。

大脳が元気だから風邪を引いたらウイルス細菌を減らそうとして熱を上げて ウイルス細菌を殺します。 ウイルス細菌で熱を上げているわけではなく脳の力で減らそうとするときに熱が上がるわけです。

大脳が弱ってしまった形は 忘れぽくなったり物忘れやうっかりが多くなって行きイライラしたり変な頭痛が起きたりすることもあります。

大脳が弱るということは大変なことなんですが大変なことだということも分からずに単純な腰痛だとか腰の痛みだとか思っている方もいますので検査することでどういう状態になっているのかということを見つけ出すことをしています

北九州市小倉 で 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことで 腰痛 が楽になる

腰痛

腰痛を解消

腰痛 を改善しようと思うなら腰痛の原因になっているものから改善しなければ全ては 一時的に抑えているだけになります。

腰痛と言うと 湿布を貼ったりしても楽になることがあるために何も考えずに湿布を貼ったりして安静状態を保つことが一番大切なんですが人というのは安心した状態で動いたり働いたり生活したりすることをしていますので安静状態を保つことができていませんので安静状態が保てないといつまでも痛みが続きやすく慢性化状態になっていきます。

腰痛と言うとマッサージをしても楽になることがあるためにマッサージをして筋肉をほぐして腰の痛みを楽にしようとする場合が多いようですが腰痛を起こしてる原因は筋肉ではなく骨盤の歪みや骨盤の開きなんですがマッサージをしても一時的に楽になることがあるために 腰痛の治療法として一つとして考えられています。

腰痛というのは病院に行ってレントゲンを撮ってみて骨に何かの異常が無ければ腰の痛みとして湿布を貼ったり痛み止めの薬をもらったり注射をしたりということをしていますが骨盤の歪みや開きを矯正することもなく検査することもできないために一時抑えばかりしていますが一時抑えという限りには一時的には楽になる可能性もあります。

腰痛や腰の痛みというのはレントゲンで撮っても骨の異常が起きていれば分かると思いますが腰痛や腰の原因というのは分かりにくくレントゲンなどをとってもわからないということが多いようです。

もしレントゲンとっても 骨の歪みが分かってもそれを治療する技術を持っていません。

腰痛というのは原因があるんですがレントゲン撮ってもわからないということですから腰痛の原因を見つけ出さない限りは本当の意味で改善しているというのは言えないと思います。

レントゲンでも移ることがない骨盤の歪みは骨盤の開きというのはどうして起きるのか、どうやって起きるのかなぜ起きるのか、色々な原因があるから起きているわけです。

疲れやストレスの蓄積

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが体に溜まっていきますが、体のどこに溜まるのかということが一番の腰痛を起こしている原因になります。

腰痛を起こしている疲れやストレスの蓄積で、ある部分に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をギュッと絞れば水分が65 kg にもなります。 体重の半分以上は 水分だということです。

水分に水が溜まるということは考えにくいので どこに疲れやストレスが溜まっていくのか それが一番の問題になります。

人の体には生まれつき弱いところとそうではないというところがあります。 弱いところというのは内臓なんですが 親が何かの病気を持っていれば子供や孫家系的な繋がりがある人は必ず遺伝的に関係を持っています。

例えば親が肝臓の病気や病気になっていないまでも肝臓が弱いと言う 遺伝子を持っていれば子供や孫も肝臓が弱いということになります。

肝臓が弱くて生まれた子供は 肝臓を急速に老化させていくと先将来いつかはわかりませんが肝臓の病気になる可能性が多くなります。

自分の体の弱さは親や祖父母やまたその上の親を見れば関係が全て分かります。

しかし関係が分かっても全員がその弱さを発症しているとは言えません。 発症していないまでも弱さはある可能性があるということです。

人の体は弱い部分とそうでもない部分がありますのでそうでもない部分は何科の関係を起こすということは考えにくいのですが弱い部分というのは疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと 歪みやズレになります。

疲れやストレスの蓄積が腰痛

腰痛を起こしやすい方繰り返す方、一年に一回でも腰痛を起こす方などは生まれつき腎臓が弱く腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく溜まった 限界を超えてしまった時に 腰が痛くなったりぎっくり腰をしたり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりしています。

もし生まれつき腎臓が弱くなれば腰痛や腰の痛みを起こすことはありません。

しかし腎臓と言っても病気と言っているわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係付けることなく 内臓に疲れやストレスがたまるということを説明していますので注意してください。

毎日毎日の生活や仕事や運動や筋トレやいろいろなことで体には疲れやストレスが溜まっていきますので疲れやストレスは弱い内臓に蓄積していき限界を超えた時に骨盤の歪みや背骨のズレが大きくなって痛みになります。

生きている限りは疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので誰でも疲れやストレスは溜まっていますから多くの方に歪みやズレはありますが程度が軽いと何も感じません。

骨盤の歪みやズレにも程度があります。 軽いものから ひどいものから色々な程度がありますので程度に応じて痛みになっていきます。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が 睡眠負債状態になっていますので睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方です。

普通に考えたら目が覚めないから寝ていると思われるでしょうがこれが大きな勘違いなんです。

夜、寝ようとしたら朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えていますが眠りというのは脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。

最近は多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしていますが夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし 誰が見てもスースー寝息を立てているような状態でも脳の中のことまで考えていませんし見えていないのに格好だけ見て 寝ていると思っています。

寝ている本人でも目が覚めないから寝ていると勝手に解釈しているだけです。

眠りというのは目が覚めないから寝ているわけではありませんし脳が休養とって寝ていない限りは寝ているわけではありません。

一番最悪な睡眠は寝ながら考え事をして睡眠なんですが寝ながら考え事をしてる睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠を多くしていると 脳が弱っていきますので脳が弱るということは 色々なものを失う結果を招いていきます。

睡眠負債状態というのは脳が弱っていくという状態が起こりますので脳が弱っていくと 脳細胞の数が急激に減少していきます。

うっかりが多くなったり物忘れが多くなったり色々な現象が長期間を選んでいきどんどん深みにはまっていきます。

脳が弱ったかたほどある現象が起こります。 ある現象 というのは 眠れていないのに朝からすぐ動けるし疲れ知らずで色々なことができるということで元気だと勘違いしていることです。

疲れ知らずで動けるし元気だと思うことはハイテンションになっているからでありハイテンションになればなるほど元気だと勘違いしますし痛みやコリを感じ取ることができないくらい脳が弱っています。

大脳が弱るということは大変なことになりますので脳の力が落ちると骨盤の歪みも骨盤の開きも当然、多く起こります。

大脳が弱ってしまったかたほど骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが大きくあります。

しかしそれだけでは済まないのが大変なことになっています。

腰痛とは

腰痛というのは腎臓が弱い人が起こる現象なんですが腎臓が弱いと 腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく 腰痛は腰が痛くなりやすく悪化させていったものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になって行きます。

腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は慢性的に腎臓が弱いのが原因なんですが心臓が弱いと腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腎臓に関係する大腰筋腸骨筋というお腹の中にある筋肉のバランスが悪くなり悪くなった結果 骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいものを持ったり前かがみをしたり同じ姿勢を続けたりくしゃみをしたりする事でも腰が痛くなります。

しかし腎臓や骨盤のゆがみや骨盤の開きを矯正しなくても一時的に楽にする方法があるために多くの方が原因を残したまま楽になっているということが起こります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤は不安定になりますから不安定な時に重たい物を持ったりすると痛みになるのは体を支えることができないためです。

腰痛を改善していくためにはまずは骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことと背骨のズレや椎間板ヘルニアがもしあれば矯正して改善することと腎臓の働きを解消することを していきます。

しかし当院では体質改善という治療がありますので体質改善の治療で腎臓を若返らせていく必要まであります。

体質改善の治療は初回からはできませんので腰痛や腰の痛みが楽になってからの治療になります。

体質改善の治療は定期的に 来院していないとできませんので時々来ても鯛使いでの治療は行うことができません。

病院でもらった薬を飲むように時々何かをすれば良いというわけではなく体を積極的に直していくことを考えないと何も変えることはできませんし薬で抑えていてもマッサージで押さえていても低周波治療器で押さえていても何も変わりません。

先将来の問題を引き寄せているだけです。

 

 

北九州市小倉 腰痛 を楽にしていくためには骨盤のゆがみから改善しなければ痛みだけ解消しても原因が残ったままになっています。

腰痛

腰痛とは

腰痛 を楽にするためには 何をしたら楽にすることができるのか どうしたら楽になるのかどうしたら痛みが取れるのか ということを考えている方は少ないと思いますがただ腰が痛いとか言うのではなく 何が原因で腰痛や腰の痛みが起きているのかということを考えるようにしてください。

腰痛を楽にすることと腰痛を治していくことは全然意味が違います。

腰痛と言うと急性状態で痛みが起きている場合は湿布を貼ったり冷やすということが一番の効果があるやり方だと思いますので温めたりすることもなく冷やすようにしてください。

急性状態とか痛みが強い時には炎症や腫れがありますのでまずは炎症や腫れから抑えていかなければいけません。 そのため温めたりお風呂に入ったりすると逆に入ってる時はいいかも分かりませんが上がってしばらくすると痛みが強くなったり付いたりということが起きてしまいますので何よりも炎症や腫れをとることを優先としなければいけませんのでアイスノンや湿布などを貼って冷やすようにしてください。

湿布は時下に当てても構いませんけどと言うか時下に当てないと意味はありませんけどアイスノンは 時間を考えてあげなければ凍傷を起こします。

何よりも強い度が合ったり急性状態というのは炎症や腫れを持っていますので炎症や腫れというのは燃え上がっているという状態ですから燃え上がっている時には水をかけるわけにはいきませんので冷やしたりすることが一番の有効策で安静状態を保ってください。

多くの痛みというのは安静状態を保てば保つほど少しずつでもよくなってきます。

痛みが強い時には1日で抑えることを考えないで 2、3日は休養とった方が良い場合もあります。 これは腰痛が起きる原因に問題が出ていますのでここで無理をしたら休めないとかいう状態の時になると大変なことになるかも分からないからです。

腰痛やぎっくり腰が起きる時には どういう状態の時に起きているのかということに原因があります。

腰痛に限らずに違いでもぎっくり腰でも捻挫でも同じ状態なんですが体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い時にしか起こらないからです。

ここで無理をしたら余計こじらせたり場合によっては衰弱状態で腰痛を起こしているという場合もありますので衰弱状態かどうかがわからない時にはしっかりと休養とってダラダラ寝ているゴロゴロ寝ているだけではなく睡眠をとるようにしてください。

腰痛と検査

当院の院長は検査をすることができますので 腰痛を起こしている方やぎっくり腰や腰の痛みがある方は体に多くの疲れやストレスが溜まっている状態で腰痛を起こし治りにくくなっていますので 疲れやストレスを軽くして減らしていくことをしないと 腰痛の原因が改善されることはありません。

腰痛の原因というのは体に多くの蓄積している疲れやストレスなんですが疲れやストレスは溜まる場所があるから溜まっています。

疲れやストレスが溜まると必然的に骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていきます。

疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので多からず少なからず骨盤の歪みや背骨のズレがあるということです。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレがある時に重たいものを持ったりすると急激に腰が痛くなったりぎっくり腰になります。

ぎっくり腰は手首や足首や寝違えと同じで捻挫です。

急性状態で起きるのでしかも関節が大きいため痛みが強いですが捻挫状態を抑えていくためにはしっかりと休養をとらなければこじらせて行きます。

当院でも患者さんがよく言われますが5年前から悪いとか10年前から悪いとか腰痛の方は言われますが急性状態でしっかりと休養とっていない場合が多いようです。

疲れやストレスが体に蓄積していくと必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていきますが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレにも程度という段階があります。

歪みやズレのは軽いものからひどいものから色んな段階があります。

この段階や程度というのは疲れやストレスの蓄積状態において変化しています。

疲れやストレスが多く溜まってしまったら骨盤の歪みや背骨のズレは大きくなります。

疲れやストレスが減ってくると少しだけ骨盤の歪みや背骨のズレは小さくなります。

疲れやストレスの蓄積状態で歪みやズレは変化していますが限界を超えてしまった場合は簡単に戻ることは自力ではありません。

内臓と腰痛

疲れやストレスの蓄積していく場所というのは 筋肉にもたまりながら最終的には内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということですから何でもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

腰痛を起こす場合には 腎臓が弱い方が疲れやストレスを食べやすく疲れやストレスを溜めると骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになるということで腰痛を起こします。

腎臓が弱くない方は腰痛にはなりません。

この場合の腎臓の弱さというのは体質的な要素を含んでいる腎臓の弱さですから家庭的な要素があり遺伝的な要素があり親の内臓と似ています。

人は生まれながらにして遺伝子を避けて話すことはできませんので遺伝子というのは親が内蔵の弱さを持っていれば腰痛やぎっくり腰などになっていることも多くあり昔であろうと今であろうと腎臓の弱さから腰痛は怒りますので腎臓の要素は子供にも受け継がれています。

内臓の良さというのは背骨にも現れてきますので腎臓が弱いかたは胸椎の11番目と12番目の骨が歪みやズレを起こしています。

胸椎の11番目と12番目に歪みやズレを起こしている方は腎臓が生まれつき弱さがありますが生まれつき要素がある上に生活による疲れやストレスが溜まっていきやすくなります。

つまり生まれつき腎臓が弱い人が腎臓に疲れやストレスを溜めやすく 腎臓に関係する筋肉に影響を与えてしまい骨盤の不安定状態が大きい骨盤が開いたり骨盤が歪んだり背骨がずれたりして腰痛になります。

しかし腎臓といっても病気ではありませんので病院で検査をしても 病気にはなっていなければわかりません。

病院というところは尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などがありますがこれは全て病気の検査ですから病気になっていなければまたは病気として完成していなければわかりません。

疲れやストレスを減らして腰痛を楽にする

腰痛を改善しようと思うなら 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のずれを整えていくことをして 腎臓の働きを良くして 筋肉バランスを整えていくことで腰痛は楽になりますが悪化させたものは椎間板ヘルニアなどが起きていますので椎間板ヘルニアも改善していかなければ腰痛を楽にすることはできませんが最近多くの方が腰痛をこじらせていますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレだけで整えていけば腰痛が楽になるという方もいますがそれだけではありません。

普通は腰痛と言うと今、説明したように骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを治療することと筋肉バランスを整えていくことと腎臓の働きを上げていくことで楽になりますが最近は多くの方が 簡単な腰痛ではないという状態になっています。

というのは睡眠負債状態が重なっている関係で変な状態の腰痛を起こしています。

睡眠負債と腰痛

腰痛を改善しようと思うなら睡眠負債も考えていただければ関係が深くあるからです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしてる方が多くなっているのが睡眠負債なんです。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは寝ているとは言えません。

大脳が休養とって寝ていることを眠りと言いますので寝ている人を見てスースー寝息を立てて気持ち良さそうだ眠りをしていても脳の中のことまで考えてみていません。

見た目ではわからないのが眠りなんです。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えていますがさらに最悪な睡眠があります。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事を知る睡眠というのは最悪な睡眠で妄想に近い睡眠なんです。

眠りが浅く脳から眠ることができないと妄想状態になっていき体調が飛ん族のような体調になっていたり奈落の底のような体調していることが多くなっていますが脳が弱ってしまうと自分がどんだけ悪いかということを感じ取ることもできないからハイテンションになってることさえもわからずに朝からすぐ動ける子疲れ知らずで動けるということが起こります。

ハイテンションになっていれば体調が落ちていても分かりませんし自分がどんなけちょうしようとしているのかということを感じ取ることができませんので院長から 体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方は体調はいいですとか調子は悪くありませんとかいう答えが返ってくるのが最近多くなっています。

検査することができなければスルーするような状態なんですが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると大変な状況になっているということがわかりますがそれを説明するのも大変難しく分かってもらうのも簡単なことではありません。

 

北九州市小倉から腰痛を解消するなら。

腰痛

腰痛を解消

腰痛を解消するなら基本から。

腰痛を改善しようと思うなら 原因から解消することをしていかないと1時押さえばかりしていると痛みがない時でも原因は進行していきますから腰痛をこじらせるか、椎間板狭窄症になるか坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになることもあります。

腰痛には腰痛になる原因があるから腰痛になっているわけですから原因から改善して整えていくことをしないと繰り返しやすく戻りやすく、また腰痛や腰の痛みがない時でも原因が残ったままになっていると違う形として出てきます。

腰痛と言うと対症療法が多く見受けられますから 対症療法ばかりしていると原因の治療が遅れてしまう形になります。

対症療法というやり方は 原因なんかは関係なくただ腰の痛みを楽にしていくという治療法が対象療法というやり方ですから 一番簡単で 原因なんかは見つけることもなく検査を必要とすることもなくただ湿布を貼ったりすることが代表的なことになります。

確かに痛みが強い時には冷やしたり薬剤で鎮痛効果を用いたりすることは大変良いことだと思いますが単純にそれだけでは腰痛が楽になることはあっても治るということはありません。

腰痛を楽にすることと腰痛を治していくということは根本的に意味が全然違います。

確かに腰痛と言うとドラッグストアなどに売っている湿布を痛いところに貼ったりすることが多く見受けられますから楽になる方法だと思いますが単純にそれだけでは 治るということはありません。

痛みを抑えるというだけですから また繰り返し安くを取りやすく痛みがない時でも形が違った状態で出てきます。

腰痛を起こす原因は

腰痛を起こす原因というのは誰でも少しはあるものなんですが日々それが変化しています。

常に変化しているものというのは骨盤の歪み、骨盤の開きそして背骨のズレです。

特に骨盤の歪みや骨盤の開きがあると 骨盤が不安定になりますので骨盤の不安定状態から体を支えることができませんので体支えることが出来ない時に重たいものを持ったりしてバランスを崩してしまったりすると急激に腰が痛くなったり腰痛になります。

重たいものを持ったりすることが悪いわけではなく持つ姿勢が悪いわけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に悪い姿勢をして 重たいものを持った時に体が支えられない状態になれば誰でも痛みになります。

また腰痛や腰の痛みというのは 前かがみになって何かを取ろうとした時に急激に腰が痛くなるということもありますので、この時でも骨盤の歪みは骨盤の開きがある状態の時に何かを取ろうとして手を伸ばして前かがみになることで体を支えられない状態で急激に腰が痛くなります。

また腰痛や腰の痛みというのはには仕事をしていて座って畑を耕していたり草取りをしたりする時に急に立とうとしたら骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくを着た状態の時に 筋肉バランスの崩れからまっすぐ立つことができなくなって腰が痛くなります。

車の運転を長くしていると体がどんどん疲れをためていき骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい骨盤の歪みは骨盤の開きから骨盤が不安定になって腰がズキズキ疼いたり腰痛や腰の痛みになります。

ズボンや靴下を履こうとしたりする時に前かがみになることで骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている時に前かがみになって体を支えることができないと急激に腰が痛くなったり腰痛になります。

布団や 色々な ベッドのマットレスを変えたりしたり腰痛を改善しようとしても布団のせいではなく自分の体が骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている状態ではどんな姿勢でも腰痛や腰の痛みになります。

長年使用している敷布団であればまたベッドのマットレスであれば交換した方がいいと思いますがそんなにいいという布団はありませんし低反発であろうと高反発であろうとあまり変わりはないと思います。

つまり腰痛や腰の痛みは布団やマットレスのせいではないということなので自分の体に原因があります。

毎日やすいように寝ることが一番ですから上向きがいい人はうえ向きで横向きがいい人は横向きで下向きがいい人は下向きで寝ることが一番だと思います。

眠りが取れない状態の寝方では よくありません。

何よりも眠りが取れていることが一番だと思います。

体調と腰痛

体調というのは腰痛に深く関係していますので毎日毎日の仕事や生活することや睡眠負債状態で眠りが足りない時でも疲れやストレスは多く溜まっていき疲れやストレスが多くなった状態で体調が落ちていきますので奈落の底のような体調をしている方やどん底のような体調している方が多くいます。

こんな状態の体調では骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていますが 歪みが開きが起きているだけでは腰痛や腰の痛みにはなりません。

誰でもそうなんですが腰痛の時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのが当然なんですが骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているからといって痛みに直結しているわけではなく 歪みや開きが起きていると生理痛や生理不順または便秘や膀胱炎や尿漏れを起こしたりすることが多く見受けられます。

腰痛を起こしている時には必ずあるのが骨盤の歪みは骨盤の開きです。

しかし疲れやストレスというのは焼肉を美味しく食べても減ることもなくうなぎを食べても食欲は増進して行きますが疲れやストレスは減ることはありません。

運動しても疲れやストレスは循環はよくできますが疲れやストレスは逆に増えていきますし筋トレしてもストレッチをしても疲れやストレスは多くなるばかりだしじっとしていても疲れやストレスは多くなります。

何もしなくても疲れやストレスは多くなります。

何もしなくても疲れやストレスは減ることはありません。

腰痛と睡眠負債

腰痛と睡眠負債というのはかなり密接に深い関係がありますから夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているんだと思っている方が多くいますがね無理というのは脳が休養とって眠ることですから体がグーグー寝ていても横たわっていても気持ち良さそうな眠りをしているように見えても脳の中の言葉でわかっていないのに 寝ているとは言えません。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。

体が横になって目をつぶってスースー寝息を立てていることが眠りではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り 覚えていますが夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり1分だったり2分だったりという感じです。

長く夢を見ていたという記憶があっても脳が起こすトリックでありたった数秒の場合もありますから。

しかし眠りが浅いと寝ながら考え事をしていることをの睡眠になりますから寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠になり日々疲れやストレスを減らすどころではなく逆に眠りが浅いことが原因で疲れやストレスは多くなっていき骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきます。

毎日毎日の疲れやストレスが体に蓄積していきなおかつ睡眠負債状態で眠りが深く取れないことが原因で脳がどんどん弱っていくと限界まで疲れやストレスを溜めてしまわないと分からないという方がいます。

唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけです。

当院では検査することができますので検査をしてみると当院に訪れている方は全員が眠りが浅く脳細胞がすごく弱っています。

眠りが深く取れないと脳はどんどん弱っていきますので脳が弱っていくと脳細胞の急激な減少を招いていきますから大変なことに進行していきます。

最近は多くの方が眠りが浅く寝ながら考え事をしていますが寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

夢は記憶に残りますが寝ながら考え事をして睡眠は記憶に残ることはあまりありません。

そのためにていると思う方が多くいますが寝ているんだったら腰痛なんかは起こりません。

疲労もストレスもしっかりと取れているので骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレが起きて背骨がガタガタしているということはありません。

北九州市小倉から腰痛を解消する。

腰痛

腰痛を解消

腰痛を楽にするなら基本的から。

つらい腰痛を楽にするためには対症療法ばかりしていないで原因を見つけ出すことが一番大切な腰痛を改善していくための治療になります。

原因を見つけ出すこともなく していく治療というのは対症療法といいますので痛みがあるところに対して何かをすることをしていくのが解消両方なんですが腰痛を起こしている原因なんかは関係なく今ある痛みを楽にすることをしていくのが対症療法です。

対症療法という言葉は症状に対するという意味がありますので痛みがあるところだけを楽にする方法なんですが原因なんかは関係ありませんので繰り返し安くなることもありますし原因もいつまでもそのままでいることはなく痛みがない時でも進行して形を違った状態で出てくるということもあります。

対症療法というやり方は普通一般で多くの治療院で用いられているやり方なんですが湿布を貼ったりすることも対症療法になりますし病院に行って注射を打つことやブロック注射を打つことでも 対症療法ですし電気治療器などの低周波治療器をすることも対症療法で、マッサージをすることも鍼灸ですることも対症療法になります。

当院でも昔は原因何かを見つけることは大変難しいために対処療法をしている時代がありましたがマッサージをしたり揉みほぐしたり電気などをしたり低周波治療器を当てたりレーザー光線を当てたりということをしていましたが今では一切の電気などを用いることもなく原因を見つけ出すことをしていきます。

一時的に痛みだけを楽にすることばかりしていると原因は残ったままになっていますので原因が残ったままだとまたすぐに繰り返しやすく 原因もいつまでも同じままではありませんので進行してしまいます。

腰痛の原因を進行させてしまうと椎間板ヘルニアや足のしびれなどが起きる坐骨神経痛などにもなる可能性が誰でもありますので原因から改善していくことをしています。

腰痛には腰痛の原因がありますので腰痛を楽にすることと腰痛の原因から直していくということは全然意味が違います。

腰痛を改善するには

腰痛を改善するためには 検査することをしていますので検査してどういうふうに痛みが起きているのかということを見つけ出すことから始めていきます。

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みと背骨のズレが存在しますので骨盤の歪みや背骨のズレから改善していくようにしなければいけませんが骨盤の歪みや背骨のズレがどうして起きたのかという原因が存在していますのでその原因を見つけ出すことも必要になります。

骨盤の歪みや背骨のズレとは 起きていない方はいませんので程度が違うだけです。

程度というのは歪みやズレの大きさなんですがこの大きさで多くなれば大きくするほど骨盤の歪みも大きくなり背骨のズレも大きくなっていきますのでこの時に重たいものを持ったりしたり前かがみをしたり支えられない状態をしたり靴下を履こうとして前かがみになっただけでも腰が痛くなったりくしゃみをしただけでも腰が痛くなったり合わない靴を長く歩いているだけでも腰が痛くなったり寝て朝起きたら骨盤の歪みや背骨のずれが広がったために起きれないぐらい腰が痛くなったりということが起こります。

腰痛が起きる時には背骨のズレや骨盤の歪みが必ず起きていますので上肢と下肢をつなげている関節が不安定な時に痛みが起こり支えることができないことでも腰痛として起きて痛みになります。

日常的に毎日の生活や仕事や寝不足状態で色々な疲れやストレスが溜まっていきますが この疲れやストレスがどこにたまるのかということが腰痛を起こしたり骨盤の歪みや背骨のズレを起こす原因になります。

毎日の生活や仕事や寝不足状態で疲れやストレスが溜まりますがその疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していき内臓疲労から大腰筋腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなったために骨盤が不安定になって骨盤が開いたり骨盤が歪んだり背骨がずれたりということで腰痛になります。

腰痛の骨盤のズレや背骨のズレを起こす原因

腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや背骨のずれがありますがズレやゆがみがどこから起きるのかどうして起きるのかという原因がありますので原因を見つけ出して改善していくことをしないとただ腰の痛みを楽にすればいいというわけではありません。

体は何かが起きる時には体の中に原因が存在していますのでその原因を改善して減らすことをしていかない限りは原因もいつまでも同じままではありませんから同じ症状で強く起きたり慢性化したりまたは形を違った状態で表面上に出てきます。

腰痛を起こす原因として一番に考えられていることは体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分です。

水分に何かが起きるということは考えられませんのでまた水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんから後の残りは筋肉や脂肪や骨の重さだったり リンパ管や神経や血管しかありませんので後の残りというのは内臓になります。

つまり内臓と 中枢神経系に疲れやストレスがたまるということが考えられます。

腰痛を起こしている時には自律神経失調状態になっていることもありますので自律神経が乱れている事が腰痛を起こしている原因というのはありませんが体に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で起きて行きますが 筋肉にもたまりながら内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていき内臓の働きが低下してしまい筋肉バランスが悪くなった状態で骨盤の歪みや背骨のズレが起こります。

腰痛を起こす内臓

腰痛を起こす内臓というのは一番にあげられるものは腰の部分にあるものなんですがそれは腎臓です。

腎臓といっても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけるのはやめてください。

腎臓に疲れが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉に影響が出てきます4腎臓に関係する筋肉というのは骨盤の内側にある筋肉で大腰筋と腸骨筋という筋肉です。

大腰筋と腸骨筋のバランスが悪くなることが原因で骨盤の歪みが大きい背骨のズレが起きていきますので、これが腰痛を起こす原因になります。

腰痛が起きている時には腎臓に疲れが溜まって働きが悪くなり働きが悪くなることが原因で大腰筋、腸骨筋の問題が起き保持できない状態で骨盤の歪みや背骨のずれになり支えられない状態で腰が痛くなります。

腰痛の治療は

腰痛の治療というのは大腰筋、腸骨筋のバランスの狂いを整えていくことと骨盤の歪みと背骨のズレを矯正することと腎臓の働きを改善していくことが腰の痛みを楽になることにつながりますので 回復させることをしていきます。

そして腎臓だけではなく身体全体の内臓に蓄積している疲れやストレスも多くなっていきますが初回では腰の痛みをまずは楽にすることからしていかなければいけませんので腰痛の原因である腎臓と大腰筋、腸骨筋という筋肉と骨盤の歪みと背骨のずれを整えていくことを中心的にしていきます。

しかし人の体というのは弱い内臓とそうでもない内臓というのが存在しますので弱い内臓の部分ほど疲れやストレスが溜まり疲れやストレスをたまりながら 老化が起きていきますのでどうかした最終形態が腎臓の病気になる可能性もあるということです。

誰でも病気になると断言できるものではありませんがなりやすくなる可能性が多いのが腰痛を起こしている人は腎臓ですから最悪の病気で言えば透析ということになります。

細胞というのも1年や2年で変化することもなく8年や12年や15年や20年かけながら細胞は変化していき完成してしまったら内臓の病気として陽性反応を示します。

完成するまでは病気ではありませんので尿検査や血液検査やレントゲンやエコー検査や MRI 検査をしても陽性反応を示すことはなくなっている途中では分からないつまり異常なし健康だということで言われます。

 

北九州市小倉腰痛を解消いたします。

腰痛

腰痛を解消

腰痛を原因から解消いたします。

急に起きてしまう腰痛も原因があるから腰痛になってしまいますので原因を早めに改善していかないと少し痛みが治まったからといって安心してはいられません。

普通は腰痛も少し痛みが治まった時にそのままにして放置していたものが徐々に悪化していき、急に痛みが強くなったりすることが起き椎間板ヘルニアになって長く患う結果になったり坐骨神経痛になって足の痛みやしびれということもありますから早く腰痛の原因を矯正して整えていくことをしていくということは一番大切な腰痛の治療法になります。

腰痛を起こす時には色々な物事があって起きているということがありますが代表的なものを言えば重たいものを持ったりして腰が痛くなって腰痛になったりくしゃみをしただけで腰痛になったり朝起きようとしたら腰が痛くて動けなくなったり靴下を履こうとして腰が痛くなったり横座りをしていて腰が痛くなって腰痛になったり 前かがみで何かを取ろうとしたら腰が痛くなって腰痛になったり洗濯物を干そうとして腰痛が起きてしまったり車の運転をしていると腰が痛くなるということもいろいろな原因がありますが、これらは全て原因ではありません。

腰痛を起こす原因が別にあるから後は姿勢などのきっかけで腰が痛くなって腰痛になります。

腰痛の切っ掛け

きっかけが色々あるために惑わされてしまうことが多くありますけど 急激な痛みと言うと急性状態を保つようにして湿布を貼ったりすることでも楽になることもありますしマッサージをして腰痛が楽になるということもありますし電気治療器などをして腰痛が楽になるということもありますしサプリメントなどを飲んでも腰痛は楽になることもあるかも分かりませんし病院に行ってブロック注射だと打ってもらって楽になるということもあるかも分かりませんがすべては原因のために起きているものなんですけど原因を見つけることもなく原因を矯正して減らすこともなくしている対症療法にしか過ぎません。

対症療法というやり方が非常に多く原因なんかも関係なく単純に検査することもなく痛みを少しでも和らげていくという治療法が対象療法ですが対処療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではないために進行していき一気に腰の痛みがない時でも坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアを長期間患う結果になってしまっています。

腰痛というのは整体やカイロプラクティックの専門分野ですから 起きている原因もわからないということも多くあるためですが何もわからなくても湿布を貼ったり電気を当てたりマッサージをすることは出来ると思いますので対処療法ばかりして原因を見つけることもなく矯正することもなく痛み止めにしかなっていないということがあります。

腰痛は専門分野で

腰痛を改善しようと思うなら専門分野の整体やカイロプラクティックでも痛くない治療法もありますので そういうところをお勧めしていますが当院でも腰痛の治療をしていますが遠いの治療は検査することを重要視していますので検査をしてどういう風な原因で腰痛が起きてしまったのかということを見つけ出して強制することからしています。

原因を見つけるためにも、まずは腰痛を楽にしていくことから始めていかなければ 行けませんので腰痛を楽にすることをして原因を見つけ出すということの2段階の治療法です。

腰痛を楽にするということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを整えていかなければいけませんが背骨のズレや骨盤の問題というのも原因があるから起きているものなんです。。

原因がなくて骨盤が歪んだり開いてありさぼり図がずれたりということは起こりませんので姿勢などで起きるということもなく背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に歪んだり曲がったりしたら大変なことが起こりますけど体の内部のある現象が起きてしまうと 歪みやズレが起きてしまいます。

歪みやズレが起きたりするのは体に蓄積していくものが原因なんですがこの蓄積していくものは筋肉にもたまりながらあるところに多く溜まっていきます。

ストレスの蓄積が原因

歪みやズレというのは 筋肉にもたまりにながら内臓に蓄積していきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいもの持ったりしたら体をさせることができませんので体を支えきれない状態で腰が痛くなったり椎間板ヘルニアになっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある状態で骨盤が不安定になっていると長く座ってる姿勢で腰が痛くなりますので車の運転や椅子に座っているだけでもまた横座りをして座っているだけでも腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときにくしゃみをしただけでも腹圧が多くなって弱い部分にかかりますので弱い部分に関わると腰が痛くなったり腰痛になります。

疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど 骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなっていきますので大きくなった時に中腰したりして仕事をしたり畑仕事をしたりしていて立とうとした時に立てないくらい腰が痛くなっていきます。

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに柔らかい布団に寝ているとまた眠りが浅いと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなりますので大きくなると朝目が覚めた時に腰が痛くて動けなくなります。

骨盤の歪みがある時に靴下を履こうとして前かがみになっただけで腰が痛くなります。

骨盤の歪みがある時に何かをすると歪みが大きくなっていき腰の痛みや腰痛になるということです。

強い痛みというのは湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気治療器をしても少し楽になることはありますが骨盤の歪みは残ったままになっていますので骨盤の歪みがどこから起きているのかという裏側にある原因は進行していき痛みがない時でも悪化させていきます。

骨盤の歪みが起きる原因は内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓がどんどん悪くなっていく病気ではない状態で数値的な異常が出ない状態でも悪化させていきますので悪化した状態が色々な長期間のトラブルになります。

内臓といっても病気ではありませんので注意して欲しいんですが何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスは溜まっていきます。

例えば体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg つまり65%は水分です。 あとの残りは骨の重さ脂肪の重さ筋肉の重さ皮膚の重さ、神経、血管とリンパの重さしかありませんし後残ったものは内臓です。

内臓に溜まる疲れやストレス

つまり内臓に蓄積していく疲れやストレスというのがあるということが分かると思います。

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと蓄積すると Y が多くなりますから多くなると内臓の働きも低下していき骨盤の歪みや背骨のズレになります。

そうすると骨盤の歪みや背骨のズレが大きくなりますので大きくなった時に何か押したら痛みになります。

内臓にたまる疲れやストレスというのは毎日の生活でも大変多く起きていきますので多くなればなるほど歪みは大きくなっていくということでいつかは痛みやコリになり長期間改善しない痛みやコリになります。

疲れやストレスというのは限界なく溜まっていきますので限界なく貯まれば貯まるほど骨盤の歪みは言葉の開きが起きて大きくなっていきます。

骨盤の歪みは骨盤の開きが少しであれば何も感じませんが 大きくなればなるほど腰痛になる確率が増えていきますので程度と言うか段階があります。

 

北九州市小倉腰痛を解消いたします。

腰痛

腰痛を楽にしていくためには

腰痛 というのは切っ掛けと原因から起きていますので 両方が重なった時に腰の痛みとして起きてしまうのが腰痛です。

腰痛が起きる時には何気なくしたことが原因として 腰痛を起こしていきますが腰痛を起こす時にはあることが起きています。

腰痛を起こす時にはどうして起きたのかということを患者さんに聞いてみると共通するものはなく 皆さん違う原因で起きている方が多くなっていますので一般的には腰痛を起こしやすい方は、 重たいものを急に持ったりした時に腰が痛くなるというのが多くの腰痛を起こしている原因として考えられていますが重たいものを急激に持ち上げたりしたりして腰が痛くなるという感じがありますが重たいものが原因ではありません。

重たいものを持ったりすることなく 腰が痛くなったり腰痛になるということもありますから。

何もしていないのに腰が痛くなったりするという方もいます。

どうして腰が痛くなったり腰痛になるのかということの原因を見つけ出さなければ一時的に腰の痛みを楽にする治療ばかりしていると悪化させることにつながっていきます。

腰痛を起こすきっかけ

腰痛を起こす切っ掛けというのがあります。 普通一般的には原因だと思われていることが実は切っ掛けにしか過ぎません。

腰痛を起こすきっかけというのは 普通一般的に誰でも多くの方がしているものです。

腰痛を起こすきっかけというのは 重たいものを体を曲げて持ち上げようとしたりすることが一番の特徴だと言えます。

下にある箱などや重たいものを 膝を曲げないで腰を曲げただけで持ち上げようとすると腰には荷物以上の負担がかかっています。

このように何気なくしている動作というのがかなりの腰の重圧になって腰に軋轢が起きています。

腰というのは下肢と上肢をつなぐところなので下肢と上肢をつなげてるためには支えがないと保持することができません。

上肢と下肢をつなぐ腰ですが支えることができないくらいのことが起きていると支えられないで腰痛や腰の痛みになっています。

車の運転などを長時間や短時間しているだけでも腰が痛くなったりするときもあります。

夜寝ようとすると朝起きた時に腰が痛くて動けなかったりすることもあります。

くしゃみをしただけで腰が痛くなることもあります。

同じ姿勢で立っているだけでも腰が痛くなって疼く方もいます。

靴下を履こうとしただけでも腰が痛くなる方もいます。

庭仕事をしたり畑仕事をしたりして座って仕事をしているだけでも立とうとした時に腰が痛くなって伸ばせない方もいます。

掃除機をかけているだけでも前かがみになって体を支えることができないために腰が痛くなる方がいます。

洗濯物を干そうとする動作でも何回も下にあるものの洗濯物を取ろうとしたり手を伸ばして洗濯物を干そうとする時に腰が痛くなる方もいます。

野球などをしていてバットを振った時に腰が痛くなったという方もいます。

テニスをしている時に足のバランスを崩して腰が痛くなったと言うかと思います。

色々な腰痛や腰がを悪くする原因は日常的に多くのことがありますからどれ押したら痛くなるかということではなく体がどういう状態になっていることが原因だと思います。

何かをすることではなく体がどうなっている時に引っ掛けをすると腰が痛くなるのかということに関係しています。

腰痛を起こす原因は

腰痛を起こす時には切っ掛けと原因の両方が揃った時に起こります。

原因というのは骨盤の歪みです。

骨盤の歪みというのも段階がありますので程度の軽いものから程度のひどいものから最大のものからいろいろな段階があります。

日常生活的に言うと骨盤の歪みや骨盤の開きというのは常日頃に起きているものです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは 軽くなったり大きくなったりして変化しているものです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは 日常生活をすることであるものが多くなったり少なくなったりすることで程度や段階が違います。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因というのは体に蓄積していく疲れやストレスの多さで違います。

日常生活で動いたり体を 使うことで疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスが多くなれば、なるほど骨盤の歪みや背骨のズレになっていきます。

日常生活だけでなく仕事上でも疲れやストレスが多くなって多くなったものが改善できないと骨盤の歪みや背骨のズレになっていくので骨盤の歪みや背骨のズレが大きければ大きい時ほど切っ掛けが重なった状態で腰が痛くなります。

疲れやストレスというのは何もしなくても生きているだけで寝ているだけでたまったりすることが多くなります。

何かをしたら疲れやストレスが溜まるということではなく食事をすることでも美味しいものを食べることでも体を動かすことだけでもなく食事をするということは噛むことでも疲れやストレスは多くなりますし 食道を通っていて消化するわけですから胃が働くことでも疲れやストレスは多くなっていきます。

体を動かすことだけではなく内臓が動いたりすることでも働くことでも疲れやストレスは蓄積されていきます。

体を動かすことばかり中心で考えていますが内臓も動いたり働いたりということをしていますので内臓が動いたり働いたりするだけでもまた消化器官で 消化することでもエネルギーが消費されていき疲れやストレスがそこで生まれていきます。

そして最近は多くの方が眠りが浅くなっていますので眠りが浅いと最大の疲れやストレスが多く蓄積していき疲れやストレスというのは寝ている間でしか解消したり減らすことができませんので眠りが浅いと寝ている間に疲れやストレスが溜まっていきます。

最近多くの方が眠りというのを考えていない方が多くなっていますので 眠りというのは脳が寝ている睡眠のことです。

体が横になって寝息を立てていることが眠りではありません。

誰が見てもスースー寝ている状態でも 脳が緊張したり脳が活性化していたりすると眠れているわけではありません。

昔でしたら寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れない方や夜中に何回も目を覚ます方や寝付きが悪いという方や夢ばかり見るという方が不眠症という状態でしたが最近の不眠症の方は状態が変わってきています。

今の不眠症の方は夜に寝たらすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方の多くが不眠症の状態になっています。

もう自分自身が不眠症だとも気づかない状態で日常生活を送っている方が多くなっています。

検査してみるとすぐにわかる

当院の院長は患者さんの頭を触ってみると眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということもすぐにわかることができますし体調の状態や色々な検査をすることで眠りがどれだけできているのかということがすぐに分かります。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方の多くはどういう睡眠をしているかというと夢を見るというよりももっとさらに最悪な睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

ながら考え事をしている睡眠というのは妄想に近い睡眠ですから 妄想に近い睡眠が多くなればなるほど道は日増しに弱っていき脳細胞を減らすことになっていきますので脳細胞が減っていたり悪くなることが認知症や痴呆につながっていきます。

認知症や地方というのは 完成してしまわないと病院でも分かりませんが 関西途中や進行途中というのは大変診断するということも難しく ほとんどの方ができていません。

進行途中である脳の状態の時に眠りが浅くなったり寝ているようで寝ていないという状態の寝ながら考え事をしている睡眠になっていきます。

 

 

北九州市小倉 で腰痛を楽にしていくためには。

腰痛

腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものから見つけ出す必要があります。

腰痛 と言うと 重たいものを持ったりして 痛くなったり 体をひねったりして腰が痛くなったり 中腰をして腰が痛くなったり何かを取ろうとして手を伸ばしたら腰が痛くなったり 靴下を履こうとしてかがんだ時に腰が痛くなったり、 車の運転をして座ってるだけで腰が痛くなったり、椅子に座っているだけでも腰が痛くなったり、横座りで座っているだけでも腰が痛くなったりするのは 色々な腰痛の原因と思われるものがありますがこれらは原因ではなく切っ掛けです。

普通一般的には 姿勢で起きるということが多く 説明されていますが本当は腰痛 の原因と思われているものは 切っ掛けであって 原因ではありません。

切っ掛けをする前に 他の原因が起きています。

腰痛が起きる時には、原因と切っ掛けが必要です。

腰痛を起こす原因とは

腰痛を起こす原因として考えられることは骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が不安定になりますので 上肢と下肢を 支えることができなくなって 姿勢で痛みを起こします。

骨盤の関節というのは大変体を支えることが多く重圧がすごくかかっていますのでかかればかかるほど骨盤が不安定になっているときに最大にかかれば を痛めてしまいます。

テコの原理で言うと支店になるところは、すごく重圧が重みがかかりますので 支えることができれば腰の痛みは起こりませんが支えられない状態になっていると腰痛やぎっくり腰や腰が痛くなります。

では、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨のズレが起きるのかという原因がありますからその原因は姿勢で起きるものではありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨のズレが起きたりするのは原因があって起きていますのでその原因を見つけていくためにも検査をすることをしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のずれの検査と言うのは簡単にしていますができる院長がしているから簡単そうに見えるだけですから誤解しないようにしてください。

骨盤の不安定状態があると何をしても切っ掛けと重なった状態で腰が痛くなります。

逆に考えても骨盤の問題がある時に腰痛や腰が痛くなることが可能性として多くなるので骨盤の不安定状態がない時には同じ事をしても腰が痛くなったりすることはありません。

骨盤が不安定とは

骨盤が不安定な時に重たい物を持つと腰が痛くなります。

骨盤が安定しない時に同じ姿勢を続けたりすると腰が痛くなります。

骨盤が不安定な時にくしゃみをしただけでも腰が痛くなります。

骨盤が安定しない時に中腰をしたりすると腰痛くなります。

骨盤が不安定な時に何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰が痛くなります。

骨盤が不安定な時に靴下を履こうとすると腰が痛くなります。

骨盤が安定しない時に山歩きなどをして疲れることをすると骨盤が歪みが大きくなりますので腰が痛くなります。

骨盤が不安定な時に車の運転を長時間しただけで骨盤が体を支えることができませんので腰が痛くなります。

 

骨盤が安定している時には重たいものを持っても大丈夫です。

骨盤の不安定状態がない時にくしゃみをしても大丈夫です。

骨盤が安定している時にはあぐらを組んで座っても腰が痛くなることはありません。

骨盤が安定してる時には横座りも大丈夫です。

このように腰痛を起こす時には骨盤の状態が関係していますのでその関係がどうして起きるのかということもありますから原因を見つけ出すことも必要になります。

何も原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いたり 背骨がずれたりということはありません。

歪みやズレを起こす原因がどこかにあります。

その原因を見つけ出すためにも検査することで判断をしていきます。

腰痛になるのは

腰痛になる時にはある内臓の疲労が原因で骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きています。

このある内臓というのは腎臓です。

弱っている腎臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で 筋肉バランスが崩れてしまって筋肉バランスの崩れが原因で骨盤が不安定状態になって骨盤が開いたり骨盤が歪んだり背骨がずれたりしています。

この時に重たいものなどを持ったりすると腰が急激に痛くなります。

腰痛と言うと=腎臓という考えが浮かぶんですが腎臓疲労というのは大変多くの方に起きていますので腎臓の位置というのは肋骨の一番下の辺りの両側にあります。

骨盤の位置よりも20 CM か30 CM ぐらい上になりますのでそこの部分が炎症を起こしていると触ってみると痛みを訴える方もいます。

腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓疲労になっていきますので披露と言っているわけですから病気というわけではありません。

腎臓にも疲れやストレスは溜まっていきますので疲れやストレスが溜まることで筋肉にバランスの問題を起こしていき骨盤が不安定状態になってしまい骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレなどが起きて行くことも多くありますし更に悪化させると椎間板ヘルニアにもなったりすることはあります。

眠りが浅いと腰を痛めやすい

最近は多くの方が夜寝ていると思っている方が多くなっていますが夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が単純に多くいます。

眠りというのは 夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ているというのがね無理だと思いますが本当は脳から眠らないと眠りとは言えません。

ただグーグー寝息を立てている状態の眠りでは本当の意味で寝ているのかどうかということはわかりません。

寝ていても夢を見ていたりしていると浅い睡眠になりますから浅い睡眠をすればするほど脳は弱っていき睡眠負債状態が増えていきます。

さらに夢よりももっと浅い睡眠があります。

夢よりももっと浅い睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言いますが多くの方が寝ながら考え事をしていますので寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い状態になります。

しかしこの妄想に近い睡眠をしていると目が覚めた瞬間にしていることさえも分からなくなってしまいますので妄想をしながら寝ていると思うことはありません。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのが最悪な睡眠ですからその最悪な睡眠をすればするほど脳は弱っていきます。

ローが弱った状態では骨の炎症などが起きるということが普通では考えられませんが普通では考えられない状態のことが起きて行きます。

骨の炎症や腫れということも起きているのが腰痛で起きていれば骨盤の骨が炎症を起こしたり腫れたりするとそれだけでも痛みになります。

骨が炎症起こしたり腫れたりして腰の痛みや腰痛が起きていると簡単な治療や病院でも治すことはできません。

腰痛と言うと湿布を貼っても楽になることもあります。湿布を貼って楽になる程度の痛みであれば。

腰痛と言うと腰痛を治すサプリメントというのも売られていますので服用してみると腰痛が楽になることもありますがサプリメントを飲んで腰痛が楽になる程度であればです。

腰痛と言うとマッサージをしても楽になることもありますがマッサージをして楽になる程度の痛みであればです。

腰痛と言うと病院で注射を打って痛み止めを打ってもらって痛みが楽になることもありますが注射を打って楽になる程度の腰痛であればです。

低周波治療器などをして腰に電極を当てて電気を流すだけでも腰痛が楽になることもありますが 電気を当てて腰痛が楽になる程度の痛みであればです。

整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても腰痛が楽になることはありますがその程度の腰痛であれば楽になります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを起こした原因は残ったままになっています。

例えば整体院やカイロプラクティック院で骨盤矯正をしても背骨の矯正をしてもどうしてその歪みは何が起きたのかという原因まで改善していかないと根本的には原因が残ったままになっていますのでまた徐々に歪みや開きが起きていきます。

 

 

北九州市小倉で 腰痛 楽にしていくなら 評判の良い 徳力整体院へ

error: Content is protected !!