小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

Category: 肩こり

肩こり

肩こりとは

肩こりを解消する為には、何をしたらいいかというと、色々な方法があると思いますが一番は筋肉の緊張や筋肉疲労から改善するようにすると楽になることも多くあるために、いよいよな治療法があるようです。

しかし、肩こりというとどうしても筋肉のコリというイメージが強いために筋肉のコリばかり解消するようにして楽にすることばかりしていますが、楽にすることと肩こりを原因を見つけ出して直していくという事は意味が全然違います。

肩こりを楽にすることは楽にすることですし、肩こりを原因を見つけ出して解消していくということは、根本療法という意味があります。

肩こりを楽にする方法というのは、湿布を貼っても楽になることもありますし、ドラッグストアなどに売っているサプリメントや肩こりに効くという薬などを貼ったり飲んだりしても効果がある時もありますし、家族の方に肩を揉んでもらうことで楽になることもあるでしょうし、専門家の先生にいマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などの電気を当てることでも肩こりが楽になることはあるでしょう。

しかし、何回も言いますが、楽になることと治すということは違います。

どうして肩がこるのか、肩こりが起きるのかという原因を見つけ出さなければいけませんが、原因を見つけ出すということは大変、難しく簡単な方法ではない為に表面上の筋肉の凝りばかりに注目してしまって楽にすることばかりをして治したと言っていることが多く見受けられます。

肩こりを解消というよりも、直していくことを重要視しないと何も変わっていませんし、肩こりを起こした原因も変わっていなくて、原因もいつまでも同じままではいられませんので、徐々に進行していきます。

肩こりというのは、筋肉のコリというイメージが強いですが、あまりにも筋肉のコリが長期間あると慢性化というよりも筋肉自体も年齢を重ねるように老化していくことがありますので、老化していくと固くなっていきます。

人は1年で1歳年をとるのではなく、コヨミ暦では1年に1歳なんですが、人の身体というのは1年で1歳年を取ることはなく1年で2歳も3歳も5歳も6歳も歳をとっていきます。

筋肉も老化する

年を取るということは、老化することですから、老化するのは関節だけではなく筋肉や靭帯も老化していくということが起きていきますし、内臓も老化していくことが起こると病気ということで完成してしまうことがあります。

人の年齢というのは1年で1歳しか歳をとりませんが、体には弱いところとそうでもないところというのがありますので、弱いところほど歳をとりやすく老化が急速に進んでいき、いつかは何かの症状を起こしていくということが起こります。

人の体は生まれつき親と似ているところがあって、目元がそっくりだと下顎の部分がそっくりだとか、口元がそっくりだとか、鼻の部分がそっくりだとか言われるように似ているところがあるのですが、これは体の中もにも影響を出しています。

人の体には遺伝子が必ず関係をしていますので、遺伝子が関係しているということが親子関係を関係づけていることになりますので、親が弱い部分があれば子供もその影響を受けているということなんですが、遺伝子の状態がどれくらい変化しているかでもらう設計図が違います。

遺伝子というのは、人の体を作る設計図と同じですから、設計図が完璧であれば100歳でも200歳でも生きることができると思いますが、完璧な設計図、つまり完璧な遺伝子というのはありません。

例えばですけど、親が肩こりを起こしやすくなっていれば、子供も肩こりになる確率が多くなります。

親が糖尿病を持っていれば、子供も膵臓が弱く、糖尿ではありませんが、膵臓の弱さがあるということです。子供のうちは糖尿病というよりも、アトピーで出る可能性もありますし、膵臓が弱いと下痢をしやすくなります。

親が肝臓病を持っていれば、子供も肝臓が弱く、肝臓から起きる湿疹などが起きやすくなったり、アレルギーを持っていたり、花粉症になったり、膝の痛みになることが多く、確率的に上がります。

親が肩の何らかの部分が弱ければ、子供も肩こりになりやすくなります。

これは可能性を示していますので、なると断言できるものではありません。

疲れやストレスと肩こり

肩こりが起きる時にはどうして起きるのかというのを検査をしてみると、体調が悪い時なんですが、体調が悪いというのは疲れやストレスが多くたまっている時なんですが、疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっています。

多くの方はただ肩が凝ってるとか、肩こりが起きているという風にしか考えていませんが、全身に疲れやストレスが溜まりながら一番弱っている部分に何かの症状を起こすことが多くあります。

一番弱ってる部分が腰であれば腰痛になっている訳であり、肩であれば肩こりとして起きていることです。

弱い部分がそれぞれで違いますので、腰痛の方は腰痛が起きているだろうし、肩の方は肩が凝っているということで肩こりになっているということです。

単純に肩こりというと筋肉のコリばかりほぐしてしまって、それ以外のものを検査しようともしませんし、見ようともしていません。

実は先程も言ったように肩こりの表面上にあるのは筋肉ですから、筋肉のコリさえほぐしてしまえば楽になったように思うためにコリばかりほぐしています。

当院では肩こりの原因になっているものを見つけ出すことから始めていきますので、始めるためにもまずは筋肉のコリから緊張をほぐさなければいけませんので、筋肉のコリをほぐしてさらにその先にあるものを見つけ出すことをしています。

多くの肩こりの方の治療を30年間していきましたが、筋肉のこりだけで起きている方は1人もいません。

今まではですが。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、精神的なプレッシャーや緊張などと同じように、多くなるものがあります。

運動する時でもジョギングをする時でも歩いたりする時でも多くなるものがあります。

カラオケになりする時でも飲みに行ったりする時でも旅行に行ったりする時でも温泉に入ったりする時でも多くなるものがあります。

多くなったりするものというのは疲れやストレスです。

例えば人というのは気分転換をすることが疲れやストレスを発散していると思っていますが、疲れやストレスの発散は精神的なものだけであり、気分的なものだけでありますので、肉体的には逆に疲れやストレスを溜めてしまっていることを忘れてしまっています。

肉体的な疲れやストレスを多く貯めてしまっているのに、精神的に解放状態をすることで疲れやストレスがなくなったような感覚を得ています。

例えば美味しいものを食べても焼肉などを食べてもアルコールを飲んでもどれだけ内臓が働いて色々なものを分解したり、消化したりしているかということを我々は考えていません。

体というのは100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと搾ったら65キロが水分になりますので、体重の半分以上が水分だということですから、水分が何かを起こすということは考えられませんので、あと残った35キロの中に何かがあるということなんです。35キロのうちに皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さと、あとはリンパを血管と神経の重さになります。

あと残ったものは中枢神経系と内臓です。

この中で疲れやストレスを多く貯めてしまうというところは内臓と筋肉です。

中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉ということだけになります。

筋肉にも疲れやストレスが溜まりますが、内臓の方が何10倍も疲れやストレスを溜めてしまっていますので、内臓が主に体の中に中心部にあるために骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを起こしていきます。

筋肉が緊張したり硬くなったりということで、背骨をずらしたり、骨盤を歪ませたりということも起きないわけではありませんが、少ないと思います。

主に内臓の疲れやストレスが原因で歪みやズレが起きていきます。

内臓と言っても病気というわけではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

人は生活したり、運動したり、仕事をしたりすることで疲れやストレスを多くためてしまっています。

疲れやストレスというのは1度蓄積してしまったらなかなか減らすことが困難になるぐらい厄介なものなんです。

しかも多くの人の場合、疲れやストレスを減らそうとすることは考えません。

疲れやストレスが、どこに溜まったのかもしれないで減らすことはできません。

疲れやストレスを唯一減らすことができるのは、寝ている間だけです。

睡眠負債と肩こり

しかし、最近は多くの方が眠りが浅く眠りが浅いということも分かっていない方が多くなっていますので、全員と言っていいほど眠りが浅く、睡眠負債状態になっています。

しかし、眠りが浅いということも目が覚めないから寝ているとだけ判断しています。

眠りというのは、脳が休養とって寝ていることだけを言います。

人が見てスースー寝息を立てて気持ちよさそうな眠りをしていても、脳のことまで分かっていませんし、見た目だけで寝ているとだけ判断しています。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢は長く夢を見ていたと思っても数秒だったり数分だったりという短時間でしか夢を見ていることはありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事を知る時間が1時間も2時間も3時間も4時間も5時間もあります。そして、目が覚める瞬間に夢を見ています。

肩こりとは

肩こりを感じたら、何をしたらいいかというと、疲れやストレスを減らすことと、睡眠負債状態が関係していれば睡眠負債状態を解消することを必要なります。

睡眠負債状態が多くなればなるほど、内臓、全てやられていき、自律神経すべて働きも低下した状態になっていきますので、呼吸中枢もやられていきますから寝ている時に無呼吸にもなりやすくなります。

しかし、院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと、多くの方が調子は悪くありませんとか言いますが、検査をしてみると歪みやズレがむちゃくちゃあります。

つまり、これが体調の悪さを代表している印なんです。

北九州市小倉肩こりを解消する。

肩こり

肩こり

肩こりを楽にしていくためには、筋肉のコリからほぐすようにしていますが、肩こりのこりというのはどういう意味があるのでしょうか。

肩こりを起こしているこりというのは、筋肉が疲れたり、ストレスを食べたり緊張を高めたりすることで固くなる現象を言いますが、固くなるのも二通りのものがあります。

一つは単純な疲れやストレスが溜まることで、筋肉が硬くなる現象ですが、これは1時的な硬さを表しますので、マッサージをしたり湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだりすることでも、低周波治療器などをすることでも軽いものは楽になります。

1時的な肩こりというのは、筋肉疲労から起きている肩こりですから、筋肉の疲労を取るようにすると楽になる肩こりなんです。

しかし、肩こりというのは筋肉疲労だけで起きている、肩こりは少ないので、色々な筋肉の状態が最近は起きています。

しかし、筋肉だけで起きている肩こりは少ないと言っても筋肉の凝りというのはありますので、筋肉のこりとは筋肉から起きている疲労や緊張などが原因で起きているものですから、筋肉の凝りはありますが、慢性化したり長期に及んだ筋肉、コリは徐々に老化しながら硬くなっていきます。

1時的に硬くなったものではなく、永久的に老化して硬く戻った筋肉ですから、いくら揉んでも何をしても低周波をかけても柔らかくなることはなく1時的にしている時だけいいような感じがしますが、またすぐに戻っていきます。

筋肉が固くなるのも永久的に硬くなる場合と1時的に硬くなる場合がありますので1時的に硬くなった筋肉は柔らかくすることができると思いますが、永久的に硬くなった筋肉は柔らかくなることは、ある一つの治療を除いてありません。

肩こりが消え、永久的に起きてしまった堀や緊張というのは徐々に筋肉だけではなく筋肉周辺にあるものまで固くなって老化していきますので、周辺にあるものというのは神経と血管とリンパ管、皮膚です。

筋肉だけで神経と血管とリンパ管等皮膚などが固くなっていくと手に影響が出てきますので、でというのは力がなくなってきたり握力が落ちたりしやすくなったり、つかみ損なったりすることが多くなって、手のしびれなども起きることがあります。

肩こりは

肩こりを起こしている方の筋肉が老化したりすることで肩こりは進んでしまいますし、身体に多くの疲れやストレスが溜まることでも肩こりは起こりますので疲れやストレスというのは簡単に考えて良いものではありません。

体に多くの疲れやそれスを食べてしまうと、弱い部分ほど老化が急速に進んでしまい、色々な症状を起こしているものとなります。

人は生まれつき弱い部分とそうでもない部分というのがありますので、弱い部分に疲れやすそうですが、たまりやすく疲れやストレスが溜まると急速に了解していき、細胞の変化が起きて最終的には病気に近づこうとします。

しかし、筋肉や神経や血管などが固くなっても病気ではありませんので、病院に行っても治療のしようがないし、検査することもできません。

肩こりを慢性化してしまうという、肩こりを感じている場合、慢性化した肩こりは本当に大変な事を起こしていきます。

肩こりを起こしている方は、肩こりの本当の原因を知ってしまったら怖いですねとよく言われるのが本当にあることなんですが、肩こりというと筋肉だけではなく原因があるから肩が凝っているわけです。

肩こりの原因

肩こりの原因というのは、筋肉のコリだけではなく、どうして筋肉の凝りが起きたのかという原因が裏側に潜んでいるから肩が凝っています。

肩こりの原因というのは筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれたりすると骨が動くことで筋肉は引っ張られますので、引っ張ぱられる筋肉になり、肩こりになります。

しかし、骨のずれがどうして起きるのかという理由がありますので、理由もなしに背骨がずれたりすることはありませんから、どうして背骨がずれるのかという原因を見つけ出さなければいけませんが、原因を見つけ出すことは簡単ではないためにマッサージをしたり、電気治療をしたりすることなどの対症療法を多くしています。

対象療法というのは原因を見つけ出すこともなく、楽にすることをしていくのが対象療法ですから、対象療法というのは湿布を貼ったりする事やマッサージをすることやサプリメントや医薬部外品などの薬を飲むことや、低周波治療器などをする事や色々な方法が対象療法になります。

一番簡単な方法が低周波治療器を当てることなんですが低周波治療器というのも遠いもう昔使っていましたが低周波治療器というのは低電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激しているだけですから根本的な解消にはなってなくて痛みやご利用散らしていることをしているのが低周波治療器です。

肩こりになっている、または肩こりを起こしている原因を探すこともなく、見つけることもなく、楽にすることばかりしていると原因もいつまでも同じままではいませんので、原因がいつの間にか進行してこじらせたり違う形として表面上に出てきてしまうということもあります。

肩こりを起こしている原因は、身体にたまる、疲れやストレスが原因なんですが、疲れやストレスというのもたまるところがあるから溜まってく訳ですからたまっているところを探さなくてはいけません。

毎日毎日の生活や仕事や運動やジョギングや筋トレする時でも精神的な緊張を与えられた時でも感じる時でも疲れやするとは多く蓄積していきますので、疲れやストレスが多く貯まれば必然的に身体は歪みやズレを起こしていきます。

体に疲れやストレスが溜まると全体に疲れやストレスが溜まりながら体の弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

人の体には弱い部分とそうでもない部分がありますので、そうでもない部分はあまり何も症状を起こしたり、関係することはないのですが、弱い部分というのは疲れやストレスが溜まりやすくなりますから疲れやストレスを溜めていくとどんどん弱くなっていきます。

弱い部分というのも体質的に弱い場合と、体調的に弱い部分が関係して起きていますが、根底にあるのは体質的に弱い部分が体調の状態で弱くなると痛みやコリになるということで症状を感じます。

体の弱い部分というのは、生まれつき弱く生まれつき弱い部分がどんどん老化していき、さらに弱くなっていくことで症状を起こしています。

人の体は生まれつき弱いところというのは、遺伝的に弱いわけですから、遺伝というと家系的なものということでもあり、遺伝や家系が関係するのは親からもらった遺伝子の部分です。

例えば親が肩こりなどを起こしやすい方は、子供や孫も可能性として肩こりを起こしやすくなるということです。

弱い部分というのは、関節も弱さが起きることもあり、筋肉の弱さということもあるけれど、多くの場合は内臓に直結しています。

内臓疲労と肩こり

体には弱い部分とそうでもない内蔵というのがありますので、弱い内臓に多くの疲れやストレスが溜まると体の中から崩れを起こしていきます。

筋肉の弱さっていうのは、体質的な弱さがある部分の上に後天的な体調の疲れやストレスの溜まった状態で弱い部分にダメージは与えてしまい、弱い部分が緊張や疲労を溜めやすくなるということでコリを起こします。

体には内臓以外でも筋肉の弱さや関節の弱さと言う感じで必ず弱さが存在しますので、弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと色々な症状を起こしやすくなっていきます。

もし弱い部分がない方は、遺伝的な要素は少なく、親も同じような状態で生まれてきている可能性がありますが、親が弱くないから子供も強いとは限りません。

背骨のズレというのは、毎日毎日の生活で内臓に蓄積した疲れやストレスが原因なんですが、内臓の蓄積と言っていますので、病気というのを関係づけることなく何でも病気と言うのを思わないようにしてください。

体には必ず弱い部分がありますので、肩が弱い方は肩こりになり、腰が弱い方は腰痛を起こしているという感じですね。

肩こりに限らず、首の痛みや凝りでも目の使いすぎでも肩こりが起きるという風に言われますが、別物が同時に起きているという感じですね

肩が凝っている時に首も痛いということであり、目が使いすぎて目の疲労が溜まった時に肩こりが起きているということで、総合的な体調状態を確認すれば全体に疲れやストレスが溜まっていきますので、全体的に疲れやストレスがたまると肩こりになります。

内臓の弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすくなりますので、疲れやすストレスを貯めていくと弱い内臓は背骨と関係を持っていますので、背骨の関係から首の付け根の辺りの骨が歪んだりズレたりということが起こります。

自分の体の中の弱い部分が疲れやストレスを溜めて蓄積度合が多くなることが原因で歪みやズレが大きい、歪みやズレが起きると症状が起こりますので、原因は疲れやストレスの蓄積が弱い部分に溜まっていることです。

肩こりと内臓とは

肩こりと内臓は深い関係がありますので、主には心臓や肺の疲れが背骨の1番目と2番目のズレを起こし、骨がずれることで筋肉は骨から骨にくっついているため、骨が動くと筋肉は引っ張られたり緩んだりということで肩こりを起こしています。

しかし、最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので、自分で寝ていると思っていても勘違いをしている方が多くなっていますので、睡眠負債状態といいます。

睡眠負債状態が長くなって深くなっていくと目が覚めなくなりますので、目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

単純に目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますので、肩こりの方の検査をしてみて頭を触ってみると非常に頭がぶよぶよしていたり、硬く張っていたり、変な状態の頭の方が増えています。

全体的な体調が悪くて肩こりを起こしていますので、ただ肩こりだけが起きるということはありません。

必ず肩こりが起きる時には全体の体調のあらゆるところに疲れやすいですが、溜まっていて一番弱いところにさらに多くの疲れやストレスが溜まることで肩こりを感じます。

北九州市小倉で、原因から肩こりを楽にする。

 

肩こり

肩こり解消法

肩こりを 解消しようと思うなら原因を見つけ出すことをしてください。

肩こりと言うと筋肉のコリをマッサージしたり揉んだり電気治療器をかけても楽になることがあるために その先にある原因を見つけ出すこともないという方法が多くがありますので肩こりには原因があるから肩が凝っていますので原因を見つけ出すことなく目先にあるこり解消してしまえばいいという対処療法ばかりしていると大変なことになります。

多くの肩こりを起こしている方の原因がわかったら大変なことが起きているということがあります。 肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから繰り返しやすく肩こりを辛さを感じるのは原因から改善していないからだと思います。

肩こりと言うと湿布を貼ったりしても肩こりが楽になることもありますけど 湿布を貼っても肩こりを起こした原因は残ったままになっていますので繰り返しやすく戻りやすく肩こりを感じない時でも原因はいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うとサプリメントでも楽にする方法はあるみたいですが、サプリメントと言うとビタミンやミネラルや何かのエキスというのが混入されていますので肩こりを楽にすることができるかも分かりませんが原因が残ったままだと原因もいつまでも同じままではありませんので進行してしまってこじらせるか違う形として表面に出てきます。

肩こりと言うと家族の方や専門家の方にマッサージしてもらう方法で楽にすることをしていますが肩こりは筋肉のコリや緊張や筋肉疲労だけで起きていることはあまりありませんので、どうして肩こりの筋肉が疲労や緊張などを起こしたのかという原因がありますので原因を見つけ出さないで楽にすることばかりしているとこじらせたり違う形として進行してしまうことがあり表面に出てくる場合が多いようです。

肩こりというのは鍼を打ったりお灸をしたり指圧をしたりということで肩こりが楽になることもありますが 針でもツボを使って起きるでもツボを使って指圧でもツボを使って刺激することをしていますが実際には筋肉の部分が対象ですしつぼを使って内臓を刺激するということもできると思いますがそんなことをやっているよりも内臓自体に何らかのものができれば問題ないと思いますし実際にそっちの方がいいと思います。

肩こりとは

肩こりと言うと 低周波治療器などを多く用いている治療院がありますが低周波治療器は昔、当院でも使っていましたが今では低周波治療器などを使うことなくての技術力のみで肩こりの原因を見つけ出して解消することをしています。

低周波治療器をあてるというやり方は誰でもできる子強さとタイマーをセットして端子を当てるだけですから誰でもできるので機会さえあればできる一番簡単なやり方の一つだと思います。

湿布を貼ったりすることをよりも良い方法かも分かりませんが低電流の電気をプラス端子からマイナス端子に当てて筋肉を刺激して肩こりの原因を見つけることもなくコリを散らしているだけです。

コリを散らしていても原因は残ったままになっていますので原因は繰り返しやすくなるかも分かりませんし戻りやすくなるかも分かりませんし肩こりを感じない時でも進行してしまっているという怖さがあります。

いつまでも怒りを散らしてばかりいてもしょうがないんですがそれしかできない方は低周波治療器ばかりして直したと思わせています。

当院でも昔はての技術力がない時に検査が出来なかったりする時に何かわからないけど他人がすすめる低周波治療器などをよく肩に当てて電気を流していましたが今では研究することができるので低周波治療器がどういう意味があるのかということを理解することができましたから理解してみるとただ単にコリを散らしているだけだということが分かって筋肉疲労を重ねています。

研究ができない方が今でも低周波治療器を使っていますし技術力を伸ばす向上させることをしていない方が今でも低周波治療器を使って肩こりを飛ばしています。

肩こりというのは

肩こりというのはどうして起きるのかという疑問がありますが筋肉のこりだけで起きている肩こりは、あまりないと思いますので当院でも30年以上の臨床経験があり患者さんを楽にすることをしていますが筋肉のこりだけでおしまいという方は一人もいません。

筋肉のコリをほぐして、そこで終わりという方はいないということです。

肩こりと言うと筋肉のコリが起きる原因がありますけど筋肉のこりというのはどういう意味なんでしょう。

肩こり、肩こりというわりには筋肉のこりという意味が意味不明なんです。

肩こりのこりというのは筋肉疲労という意味だったり緊張という意味だったり 循環が悪くリンパの働きを悪くなって老廃物が多く溜まっているという意味だと思います。

多くの肩こりは肩に力を入れることが原因で起きています。 重たいものを持ったりすることでも肩や腕や指先に力が入りますので肩を使っています。

最近は多くの方がスマートフォンなどを扱っていますので 小さい部分を指でタッチしたり動かすということは指先だけではなく肩や腕に力が入っていないとコントロールできないために肩や腕や指先全体に力が入っています。

操作をすることが多ければ多い人ほど疲労が溜まりやすく緊張が起きるということで肩こりになります。

肩こりを起こす原因はいろいろありますが 原因というよりも減少と言った方がいいかも分かりませんが同じ姿勢をしていたり車の運転をしていたりショッピングなどで買ったものを持ったり荷物を肩に下げたり肩だけではなく腕や指先を使うことでも筋肉に力が入っています。

腕や肩や指先などを使うことでも筋肉疲労は起こり 肩こりになります。

疲れやストレスの蓄積と肩こり

肩こりを起こしているのは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や睡眠負債状態の蓄積で起きていますので毎日毎日お仕事や生活や精神的な緊張で多くなったりするものが原因なんですがこれは疲れやストレスなんですが疲れやストレスは溜まるところがあります。

たまるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら体をギュッと脂肪では水分が65 kg にもなります。

血液やリンパ液や体液や細胞液など多くの水分が65 kg にもなりますので後残った35 kg は皮膚の重さ筋肉靭帯の重さ骨の重さ神経と血管とリンパ管とあとは中枢神経系と内臓です。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは筋肉と中枢神経系と内臓だと思います。 中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄なんですが これも内臓の一部ですから筋肉と内臓に疲れやストレスがたま ということです。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で起きると説明していますので何でもかんでも病気というのを関係付けることなくしっかりと説明を聞いてください。

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと骨盤の歪みは骨盤の開きが起こり 背骨がずれていきます。

背骨のズレというのは内臓に関係していますので 例えばですけど肝臓に疲れやストレスが溜まれば背骨の8番目はずれています。

心臓に疲れやストレスが溜まれば肩の部分の胸椎の1番目と2番目の骨はずれています。

膵臓に疲れやストレスが溜まれば肩甲骨の少し下のあたりの部分が胸椎6番目ですから6番目の骨はずれています。

腎臓に疲れやストレスが溜まれば 肋骨の一番下の部分の背骨が11番目、12番目ですから11番目、12番目の部分は腎臓の部分になりますから腰痛などが起こりやすくなります。

肩こりというのは

肩こりというのは内臓に蓄積した疲れやストレスが原因で背骨がずれたりしてずれることで骨が緊張したり引っ張られたりすることが原因で筋肉のコリを起こしたのが肩こりです。

必ず痛みやコリが起きる時には全て内臓が関係していますが内臓と言っても病気ではありませんので病院で検査をしても分かりません。

病院では病気の検査をしていますので病気になって初めて数値の異常が出て陽性反応が出ますが病気として完成していない限りは、いくら検査をしても分かりません。

肩こりというのは症状であって病気ではありません。

ですから肩こりで病院に行っても機械を当ててもらったり低周波治療器は出てもらったりホットパックで温めてもらったり湿布を貼ったり痛み止めの薬や注射を打ってもらうことをしています。

肩こりと言うとまずは筋肉の凝りからほぐして行くようにはしますが筋肉の凝りがほぐれてきたら次の段階として背骨の歪みやズレを確認しながら整えていくことをしていき、さらに背骨の歪みはずれが解消できたら内臓の状態を確認しながら検査することで整えていくということをしていきます。

3段階も確認しながら状態を見て検査することをしているので 3段階のステップを踏みながら肩こりを楽にすることをしていますのでただ単に低周波治療器は出て終わりというだけではありません。

当院では肩こりを解消していく時には体質改善という施術もありますので体質改善というのは弱い部分を強くする方法です。

肩こりを起こしやすいか繰り返しやすい方は肩の筋肉が老化して固くなっているという場合もあります。

少しずつでも肩の筋肉の老化を改善することができれば肩こりが解消されることもありますが単純に肩の筋肉だけが老化して固くなっているということはあまりありません。

体質改善というのは若返りの治療でありアンチエイジングの方法ですから細胞を柔らかくすることが若返りだと思いますので柔らかくして肩こりを楽にしていくということをしていきます。

当院の肩こり解消法はボキボキすることもなく痛いこともなくマッサージをするような感覚で肩こりを解消していきますがマッサージをしているわけではありません。

マッサージをするような感覚で背骨の矯正やさらに椎間板ヘルニアがあったとしても矯正して整えていくことをマッサージ感覚でしています。

 

北九州市小倉 肩こり を原因から改善することをしています。

肩こり

肩こりを解消

肩こり を解消しようと思うなら 肩こりの検査をすることが一番、重要になります 肩こりの検査というのは肩こりがどこから起きているのかどうして起きているのか原因を見つけ出すことが一番大切になるからです。

つらい肩こりを解消しようと思うなら原因を見つけ出すことの検査をすることをしなければ単純に筋肉ばかり揉んでも楽になることもあるでしょうが 本当にそれが原因なのか見つけ出すことをしなければ肩こりを本当の意味で直すということはできません。

肩こりで悩んでいたり困っている方がいろいろな治療を受けに行くと思いますが代表例で言うと湿布を貼ったりすることなんですが湿布を貼って楽になる肩こりであれば楽になるでしょうが肩こりというのは筋肉だけで起きているものではなく筋肉がどうしてコリを起こしているのかという原因があるということです。

筋肉が凝る肩こりであれば単純に冷やすことでも楽になると思いますが湿布というのは冷やす効果とインドメタシンという薬剤でスースーする感じが効果を表して肩こりを楽にすることができますがどうして肩こりが起きたのかどこから起きたのかということを解消していたり見つけ出すことの検査はしていません。

肩こりの原因

肩こりには肩こりになる原因があるからなっているわけですから検査をすることで肩こりの原因になってるものをひとつひとつ見つけ出すことをしなければ本当の意味で肩こりを改善する、または直すということはできないと思います。

肩こりを楽にすることと肩こりを治していくということは違いますので肩こりを楽にすることは一回や2回でもできるかも分かりませんけど肩こりを治していくということはしばらくの通院と治療が必要になります。

当院では肩こりを楽にして直すことをしています。

肩こりと言うと多くの治療が対症療法という方法になっていますので対処療法というのは原因何かは関係なく検査することもなく筋肉を揉んだり柔らかくなるようにしているだけなんですがどうして筋肉がコリを起こすのか原因を見つけ出すことをしていません。

というのは肩こりの検査をするということは簡単な方法ではないですから 単純に見た目だけで表面上の筋肉のコリばかりほぐしたり柔らかくしたりということでも肩こりが楽になってしまうために 原因なんかは関係なくマッサージをしたり電気治療をしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器などをかけたりしていることが多いようです。

単純に肩こりを楽にする対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではなく形が違った状態でまた肩こりとしてではなく違う状態で出てくることもあります。

対症療法というのは 肩こりを治しているわけではなく一時的に抑えることをしていく治療なんですが当院でも初回はそういうやり方をしています。

例えば頭痛や生理痛がある方が今の痛みを抑えるために用いるのが痛み止めの薬ですが頭痛や生理痛も原因があるので原因から直さない限りは直っているわけではなく一時的に抑えている楽にしているだけなんです。

夜中に起きた歯の痛みで薬を飲んで痛みだけ抑えているだけです。

肩こりというのは

肩こりというのは一時的に抑える対症療法ばかりすることなく自分でもしっかりと考えて肩こりがどうして起きるのか、どこから起きるのかということを考えて治療に当たらなければなりません。

肩こりを解消して肩こりを治していくことをしていますが まずは筋肉のこりからほぐしていくことをしていますが筋肉のコリが起きると どうしても対症療法ばかりに頼ってしまうことが多く見受けられますので当院ではボキボキもしないし痛くもない子原因を見つけ出して肩こりを改善することをしていますのでしばらくの治療が必要になります。

肩こりを楽にする対症療法というのはサプリメントを飲んでも肩こりが楽になることもありますからサプリメントに頼ってしまっている方も多くいるため栄養やミネラルや何かのビタミンということも含まれているものもあり何かのエキスが入っているということで肩こりが楽に感じてしまいますが原因は残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりを楽にしていく方法というのは湿布を貼ったりすることでも肩こりが楽になるために湿布を貼って肩こりを楽にしようと考えている方が多くいますが原因もいつまでも同じままではなく原因はいつのまにか進行して違った形として出てくることもありますので肩こりには原因があります。

肩こりと言うと家族の方にマッサージをしてもらう言葉を多く見受けられますし子供さんに肩を叩いてもらうこともありますが筋肉のコリが単純に何も原因がなくて起きていればいいでしょうが筋肉だけでコリを起こすことはなく何かの原因があるから肩こりになっていますのでこの原因から見つけ出すことをしないと肩こりは本当の意味で楽になることはなく解消しません。

肩こりと言うと治療院に行って低周波治療器などの機械は出てもらうことも多くありますが低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激することでリンパの働きを良くして循環を良くし老廃物を流すという働きはありますが単純に筋肉だけで起きている肩こりはないと説明したように違う原因は別のところにありますので筋肉ばかり刺激して疲労の上澄みを多くしているのが低周波治療器の意味になりますからコリをチラシているだけです。

肩こりのコリを散らして分からなくしているだけです。

疲れやストレスと肩こり

肩こりと言うのは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで体にたまるものがありますので体に溜まることが原因で背骨のズレが起こります。

背骨のズレを起こしてしまう原因というのは体に蓄積していく疲れやストレスです。 疲れやストレスが多く蓄積していくことが原因で 体は自然と背骨のズレを起こしていきますので 背骨のズレを起こすと肩こりになります。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけなんですが貯まるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらぎゅっと絞った水分が65 kg あります。

後残った35 kg の重さが脂肪の重さであり筋肉の重さであり皮膚の重さであり骨の重さであり神経と血管とリンパ管とあとは大脳の 部分と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスがたまるというところは筋肉と大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

普通一般的には疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していき内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で背骨のズレを起こしています。

誰でもある日常的にたまる疲れやストレスが原因で体は補正的に歪みを起こしますので歪みが大きくなれば椎間板ヘルニアということも起きていきますが椎間板ヘルニアは特別なものではなく誰でもあるものです。

疲れやストレスの蓄積が内臓に溜まることが原因で背骨がずれて肩こりになります。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が疲れやストレスを食べながらさらに睡眠負債状態になっていますので睡眠負債というのは眠りが浅い懸賞なんですが誰でも寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えています。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないでください。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは眠れていません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていればまたはいびきをかいていれば寝ていると思わないでください。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので見た目、見ただけでは分かりません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事を知る睡眠というのは最悪な睡眠ですからもうそうに近い睡眠何です。

妄想に近い睡眠をしていると体調がどん底のような体調になったり奈落の底のような体調になっていますがこの時にハイテンションになりますので朝からすぐ目が覚めたら動けますし疲れ知らずで動き回ることができますがどれだけ危険な状態かということはわかっていません。

肩こりの検査

当院では肩こりの検査をしていますので筋肉が凝りを起こしているのか筋肉以外のものが重なった状態でコリを起こしているのかということを検査することができますので検査をすることで色々な筋肉のコリが本当に起きていれば筋肉のこりを解消していき背骨のズレが起きてずれることで筋肉が緊張したりコリを起こしているということであれば筋肉のこりを解消して背骨のズレを矯正して整えていくということを痛くない方法でしています。

当院の検査法というのは特殊な検査法ですから誰でも真似できるものではありませんし30年の経験がある院長ですから肩こりの検査をすることをして色々な原因になっているものを見つけ出すことができます。

 

 

北九州市小倉 肩こり を楽にするなら原因から改善することをしている徳力整体院は肩こりを解消して30年。

肩こり

楽になる肩こり

肩こり を楽にしていくためには、まず目先の筋肉のこりから改善するようにしています。

しかし肩こりになる時にはいろいろな原因が関係している場合が多く見受けられますので ひとつひとつ改善していくことをしなければいけませんがどうしても目先にある筋肉を改善することをで肩こりが楽になりますので楽になることを肩こりが治ったと表現することが多いようですが肩こりを楽にすることと肩こりを治していくということは意味が全然違います。

肩こりを楽にすることは楽にすること。

肩こりを治していくということは直していくということです。

肩こりを治して行く前にもまずは楽にすることから始めていかなければいけません。

しかし楽になったからといって肩こりが原因から治ったわけではありません。

根本的には楽になることから始めていかなければいけませんので楽にしていくことから肩こりを楽にしますが 楽になったら次のステップの肩こりを起こしている原因を見つけて 解消していくことをしています。

1 肩こりを楽にすること

2 肩こりになっている原因を見つけ出すこと

3 肩こりになっている原因を改善して変えていくこと

肩こりと筋肉

肩こりの一つの原因としては筋肉のこり を起こしているのが原因の一つとして考えられていますのでまずは筋肉のコリからほぐして楽にすることをしていきます。

肩こりが繰り返されたり慢性化した状態で長くあったりすると 筋肉もそのままではいられませんので筋肉が硬くなっていくということが起きます。

肩こりを起こしている筋肉が硬くなっていくと初めは強く肩こりを感じますが徐々に神経的な麻痺が起きて行くと肩こりを感じなくなります。

しかし肩こりを感じないだけであって筋肉も硬くなり 真菅筋肉の硬さだけでは済まない状態で筋肉の周辺や筋肉の中にある神経や血管やリンパ管なども固くなっていきます。

つまり肩の筋肉だけではなくその周辺にあるものまで全て固くなっていきます。

筋肉が硬くなって特に血管と神経とリンパ管が硬くなっていくとはたらきも悪く血行不良が起きたり肘や手のひらや指先に何かの問題を起こしていきますが一番は握力低下力が入らなくなるということです。

循環も停滞気味になると 筋肉がしっかりしなくなって 柔らかくなりすぎた状態で筋肉が萎えていきます。

神経が硬くなるということは 物を掴んだりすることも 落としやすくなりますし力を入れることもできなくなって指先などに力が入らなくなるということが筋肉の硬さで起こります。

筋肉が硬いということは筋肉だけでは済まないのが大変なことが起きていきますので肩こりを長く慢性化させてしまった方ほど筋肉が硬くなっていたり あまりにも筋肉ばかり刺激をしたりマッサージをしたり電気治療器などをかけていると筋肉も徐々に硬くなっていきますがこの硬さというのは永久的な形たんですからいくらもんでもマッサージをしても電気治療器をかけても湿布をしても柔らかくなることはありません。

この硬さというのは筋肉の老化が原因ですから老化したものが柔らかくなるかと言うとなりませんしマッサージをしてもやらかくなることはありませんし電気治療器をかけても余計に硬くなる方向の方に行くだけです。

体が一歳、歳をとる時には筋肉も徐々に進行して固くなっていきますので特にひざ関節の硬さがあると膝が痛いということが起きたり軟骨の損傷が起きるように固くなるのは膝の関節だけではありません。

肩こりといっても筋肉が硬くなるということが起こりますから筋肉が硬くなると神経や血管やリンパ管なども固くなると考えるのは当然だと思いますので 単純な肩こりと考えない方がいいと思います。

筋肉を柔らかくしていく治療法は体質改善という治療法のみですから体質改善も初めからできませんし体の準備が整わないと体質改善を行うことはできません。

体質改善の治療のみが唯一筋肉を若返らせることができますが一回で全てが若返ることはありません。

背骨のズレと肩こり

肩こりを起こしている時には筋肉のコリつまり筋肉の緊張や疲労と必ずあるのが背骨のズレです。

筋肉の緊張や筋肉疲労だけで起きている肩こりはありませんので必ず同時に起こしているのが背骨のズレになります。

背骨がずれると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働きを悪くなり老廃物が多くたまり循環が悪くなり肩こりになります。

しかし背骨のズレも何も原因がないのにずれることもなく姿勢でもずれることもなく猫背でもズレることはありません。

背骨のズレが起きる時にはあることが原因で起きていますのであることというのは特別なことではなく普通日常的に多く蓄積していくものです。

普通から日常的に蓄積していく背骨のズレを起こすものというのは毎日毎日の生活で多くなっていき 仕事上でも多くなっていき精神的な緊張やプレッシャーや抑うつなどでも多くなっていくものですし睡眠負債状態でも多くなっていくものです。

疲れやストレスの蓄積が肩こり

肩こりを起こしている時には日常的に疲れやストレスが多くたまることがありますので多くたまったものが限界なく蓄積していきますから限界なく蓄積したものが背骨のズレになります。

背骨のズレも軽いものからひどすぎるものから色々な状態のずれがありますから 何を確認したらどこからずれを起こしているのかということも考えなければただズレを矯正すればいいというわけではありません。

背骨のズレを起こす時には姿勢でも起きることもなく猫背でも起きることはありませんので体の内部から崩れた状態で背骨のズレを起こしていますからどこから崩れを起こしているのかということを見つけ出さなければいけません。

背骨のズレを起こす時には毎日毎日の生活で疲れやストレスが多くなったものが原因で肩こりを起こす原因になっています。

例えばですけど 体重が100 kg の方がいるとしたら 100 kg 中65 kg つまり65%はぎゅっと絞った水分です。

体重の多くは水分ですから後残ったものは骨の重さ筋肉の重さ脂肪の重さ皮膚の重さリンパ管や神経や血管の重さなどしかありませんのでこの中で一番肩こりに関係する疲れを溜めやすい所というのは中枢神経系と内臓です。

つまり疲れやストレスというのは内臓の病気でもなく内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で背骨のズレを起こしていきますので何でもかんでも内蔵と言っても病気というのを直結して考えることなく内臓に蓄積していく疲れやストレスというのも大変多くあります。

疲れやストレスは内臓に蓄積していきますので内臓に蓄積していくことが原因で背骨がずれて ずれることで 筋肉は引っ張られたり緩んだりしてリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなった状態で肩こりとして感じています。

肩こりを解消するためには

肩こりを解消していくためには原因を見つけ出すことも必要ですから原因を見つけ出すためにも検査することができないと状態や歪みの度合いや床が歪んでいるのかどこがずれているのかということを判断することは大変難しく出来ないと思います。

矯正することばかりに重きを置いて検査することを重要視していない方が多くいますが検査してみて体を整えてそしてまたさらに検査するということが一番大事になります。

単純に肩こりと言うと湿布を貼ったりドラッグストアなどで売っているサプリメントは医薬部外品を飲んだりテレビショッピングなどで肩こりに効くというサプリメントなどを飲んだりすることも多く見受けられますが 原因を見つけ出すことの方が大切だと思います。

肩こりと言うと家族の方に肩を揉んでもらったり専門家の方にマッサージをしてもらったりということもありますし鍼を打ったりお灸をしたり指圧をしたりということの方法もありますがダイレクトに肩こりの原因になってるものから改善するということは直結して当然だと思います。

また多くの肩こりを改善する治療院では低周波治療器や電気などを扱っています。

低周波治療器というのは痛みやコリを散らしてしまって分からなくしているだけです。

いつまでも痛みやコリを散らしてばかりいると原因もいつまでも同じままではありませんので必ず体に症状が起きる時にはどこかに原因が潜んでいます。

 

北九州市小倉肩こりを解消するなら徳力整体院。

肩こり

肩こりを楽に

肩こりを楽にするなら。 肩こりと言うとどうしても筋肉のこりということなので筋肉のコリつまり緊張ばかりほぐして楽になることが多くあるために筋肉中心で直したと言っていることが多くあります。

肩こりには筋肉がどういう風になっているのが肩こりというのかということを考えたりすることはをしている方はいないと思います。 肩こりのこりというのはどういうことが起きているのか筋肉がどうなっているのかということを見つけ出さない限りは本当の意味で肩こりを楽にすることはできませんが肩こりを楽にするというよりも感じなくさせる方法はいろいろあると思います。

肩こりを感じなくさせる方法というのは対症療法というやり方がありますが対象療法というのは湿布を貼ったりすることでインドメタシンや鎮痛効果がある薬剤でスースーする感じが起きて肩こりが楽になる筋肉がほぐれるということで 一風を貼ったりすることが多く見受けられますが肩こりの原因を見つけることなくただ貼ればいいという方法ですから炎症などを起こしている筋肉には有効かもとりませんが原因を見つけ出さない限りは肩こりを本当の意味で楽にすることはできないと思いますし湿布を貼ったりすることでも肩こりは楽に感じることもありますが治っているわけではありません。

肩こりと言うとサプリメントなども有効な手段として取り上げられていますがドラッグストアなどに行って肩こりを楽にするというふうにサプリメントや何かのエキスが入っているものを売っていますが栄養成分やビタミンやミネラルまたその他の何かのエキスで楽にすることができるかも分かりませんが肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから原因を見つけたがない限りは本当の意味で肩こりは楽になることはありませんがサプリメントを飲んでも肩こりを楽に感じてしまうことがあるために肩こりを治したと思っている方が多くいます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと マッサージをしたりすることも多く肩こりを楽にすることになりますが家族の方や専門家の方やお子さんなどに肩を揉んでもらったり肩を叩いてもらったりということが多く肩こりを楽にする方法だと考えられていますが肩こりが起きている原因を見つけているわけでもありませんし単純に肩こりを楽にしているだけですから繰り返し安く戻りやすく筋肉のコリが取れているわけではありません。

しかし肩こりと言うとマッサージをしたりしても楽になってしまうために肩こりの治療法だと思われている方が多くいますが本当は対症療法ですから対症療法というのは肩こりの原因を治しているわけでもないし見つけているわけではありません。

肩こりと言うと 低周波治療器などをする方も多く見受けられますし多くの治療院でも低周波治療器を用いていることが多く見受けられますが当院でも昔は低周波治療器を使っていましたがある時低周波治療器を研究する機会を得ました。 低周波治療器を研究してみると定電流の電気をプラス端子からマイナス端子へ流しているだけで筋肉を刺激して筋肉疲労をより多く積み重ねた状態で筋肉をほぐしたという風に言っていますが余計に筋肉疲労が積み重なっただけです。

確かに筋肉を刺激することでリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていき循環は良くなることがありますがすぐにまた原因を取り除いていないので戻って行きます。

筋肉疲労が起きている上に筋肉疲労を積み重ねることが低周波治療器などでしているだけですから筋肉疲労がより積み重なって行けば行くほど低周波治療器をすればするほど筋肉は硬くなり神経の麻痺が起きて肩こりを感じなくなって治ったと思わせることをしています。

肩こりとは

肩こりが起きている方は毎日毎日の生活でまたは仕事で筋肉に疲れやストレスが溜まることが多くあり筋肉が徐々にリンパの働きを悪くなっている老廃物が多く循環が悪くなった状態で余計に筋肉の疲れが溜まることで筋肉が一時的に固くなる現象で肩こりになります。

つまり肩こりとは筋肉疲労なんですが筋肉の疲労というのはマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでは本当の意味で改善されて減らしているつまり肩こりとは筋肉疲労なんですが筋肉の疲労というのはマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでは本当の意味で改善されて減らされ減らしているわけではありません。

筋肉疲労が起きた時には唯一減らすことができるのは寝ている時だけです。 眠りというのは脳から寝ていることが眠りと言いますので脳から寝ていない限りは寝ているとは言いません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が勘違いしていますが眠りというのは脳が寝ていない限りは寝ているとは言えませんので誰が見てもスースー寝息を立てていて気持ち良さそうな眠りをしていても脳の中のことまで見ていませんし考えていません。

寝ている方も寝ているから分からないと思いますし目が覚めないから寝ていると思うのは当然です。

眠りというのは脳が休養とって寝ている事を寝ているまたはねむりと言いますので脳が寝ていない限りは寝ているとは言いませんし夢というのは目が覚める瞬間に見ているから覚えて記憶に残っています。

肩こりと眠り

肩こりと眠りは深い関係がありますので脳から眠れてないと体はどんどん日増しに弱っていき疲弊状態を起こし衰弱状態になっていきますが脳が弱ると痛みやコリを感じにくく鈍感になりますのでどんなで体調が落ちていてもわからなくなります。

例えばですけどインフルエンザウイルスが体内に侵入して増殖していても脳が元気だから熱を上げて咳やくしゃみや鼻水を出してウイルスを減らそうとしますが脳が元気じゃないと熱を上げることもできません。

この現象のことを隠れインフルエンザと言います。

体がどんなに弱っていても体調はどうしていてもどん底のような体調していても奈落の底のような体調していても脳が元気だから悪さを感じて寝込むようなことになりますが脳が弱ってしまった状態で 入ると最悪の状態になるまでわかりません。

脳が弱ってしまった方が限界まで超えた状態でやっとこさ肩こりになる方もいます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉疲労で起きていますが筋肉だけで起きる肩こりはありませんので筋肉がどうして疲労を積み重ねてしまったのかということがありますからそれは背骨のズレになります。

背骨のズレが起きると骨が動いているわけですから筋肉は骨から骨にくっついていますので飛ばされたり緩んだりということで筋肉は疲労を起こしていきます。

普通は筋肉だけでしたら副腎から出るホルモンで筋肉疲労を改善することを押して減らすことをしてきます。

しかし脳が弱ったりまたは背骨のズレが起きている筋肉疲労というのは改善するだけの力がありませんのでホルモンだけでは良くなりません。

しかし背骨のズレも何も原因がなくて背骨がずれることはありませんのでどうして背骨のズレが起きたのかという原因があります。

背骨というのは中枢神経系を守っている部分ですから勝手に歪んだりずれたりすると中枢神経系にも何らかの影響を与えてしまいますので簡単にズレたりすることはないのでどうしてズレたのかという原因があります。

肩こりという東北の方が背骨のズレを起こしていますが背骨のズレを起こしている原因は毎日毎日と生活や仕事や睡眠負債状態で溜まっていく疲れやストレスが原因ですが疲れやストレスも溜まるところがあるから肩こりとして歪みを起こしていきます。

背骨のズレが起きる原因は筋肉にもたまりますが筋肉にもたまにながら内臓に多く溜まっていくことが原因で体の中から崩れを起こしますが内蔵と言っても遅くなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で背骨のズレが起きて肩こりになります。

 

北九州市小倉肩こりを楽にするなら。

肩こり

肩こり を楽にする

肩こり を改善していくためには筋肉のコリから改善してほぐすようにしていきますが単純に肩こりと言うと筋肉のこりだけで起きている肩こりはあまりありませんので原因を追求していかなければいけませんが筋肉のコリだけを揉んだりほぐしたりして行くと肩こりは楽になって治ったように装うことはできます。

肩こりを楽にするという対症療法という治療法がありますが対象療法というのは原因を見つけることもなく原因を検査して判断することもなくただ楽にすればいいという治療法が対象療法という治療法です。

肩こりには肩こりを起こす原因があります。

しかし対症療法という治療法をしてしまえば肩こりは楽になることが多く見受けられるために対処療法ばかりして肩こりを楽にしている方が多くいます。

肩こりを対症療法で

対症療法という方法は病院に行って痛み止めの注射を打ってもらったり 湿布を貼ったりすることが対症療法の一つになります。

病院に行って痛み止めと言うかこり止めの注射を打ってもらったりブロック注射をしたりすることで肩こりが楽になる場合がありますので 対症療法という項目の方になりますので原因何かを確認しながら見つけ出すことをしているわけではありませんから単純に痛みやコリを分からなくチラシているということだけです。

特に ブロック注射というのは麻酔下の薬が入っていますので分からなくしているだけですからいつまでも分からなくしているだけでは根本的には肩こりを改善しているとは言えません。

また肩こりと言うと湿布を貼ったりしてても楽になることがありますので湿布を貼ってスースー鎮痛効果があるものを貼ったりすることで肩こりを楽にする方法がありますが先ほども書いたように筋肉だけでコリを起こしているということはありませんので鎮痛効果があるスースー気持ちいいと言う湿布を貼ったりしても炎症や腫れを抑えているだけですからこりを改善できているということはありませんので鎮痛効果を起こしていることをいつまでも使っていると原因もいつまでも同じままではありません。

特に 湿布を貼ったりすることでインドメタシンという鎮痛効果がある薬剤を用いてスースー気持ちがいい状態を感じさせるような湿布が多く見受けられますがなにかの配合を多くしたりということで売っているようですが本当の原因は筋肉だけにあることはないので筋肉だけを対象にして楽にしていると進行してしまいます。

肩こりと言うとマッサージをすることでも楽にすることができますが先ほども何回も書いたように筋肉だけを揉んだりマッサージをすることでも肩こりは楽に感じてしまいますが原因が残ったままになっていますので繰り返しやすく肩こりを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うとマッサージ足やつをしたりツボを使ったりすることでも楽になることはありますがこれらも筋肉を対象にしているだけですから筋肉のコリをほぐしても楽になるまたは楽に感じることはできますが肩こりを根本的に原因から追求して改善したり減らしたりしていることではありません。

家族の方や専門の方にマッサージをしてもらうことで筋肉はほぐれていくと思いますがどうして筋肉のコリが起きたのかという原因まで改善して減らすことはしていませんしそこまで検査することができませんから表面上の筋肉ばかりもみほぐしているだけなんです。

多くの治療院が低周波治療器は電気などを使っていますがいくらどんなに電気を重ねても低周波治療器を重ねてもその時だけ気持ちよさを作るだけでコリを散らしてしまっていますのでこれが散ってしまっても肩こりの原因は残ったままになっています。

当院でも昔は分からずに低周波治療器や色々な電気を使用していましたから使用しているぶんだけしっかりとよくわかっています。

今では電気や機械を用いることなくての技術力のみで肩こりを楽にすることをしていきます。

針でもお灸でも同じことが伺えますので肩こりを起こしてる本当の原因を追及することはできないと思います。

肩こりを起こしている原因

肩こりを起こしている原因は背骨のずれが原因なんですが背骨がずれたりすると筋肉は骨から骨にくっついていますので何で動いてしまうことで 筋肉は引っ張られたり緩んだりしてることが起こります。

骨がズレることで筋肉は引っ張られたり緩んだりしていると流れも悪くなりますのでリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

しかし骨のズレというのは中枢神経系を骨は守っていますので簡単に姿勢や猫背などで歪んだりずれたりすることはありませんのでゆがんだりすると守れなくなります。

中枢神経系を守っている背骨のズレがどうして起きるのかなぜずれが起きるのかなぜ筋肉を骨がずれて引っ張ってしまうのかということを考えて見つけた去るためにも検査することができなければ、どうなっているかは判断できませんから当院では検査することをしています。

肩こりと言うと筋肉のこりということが多く見受けられますので表面上の筋肉のコリから改善するようにしていますので当院でも対症療法という方法は用いますが筋肉のコリがほぐれてきたら背骨の歪みやズレを確認しながらまたさらに悪化した方は椎間板ヘルニアも起きている場合が多くは見受けられますので椎間板ヘルニアが検査でわかればそれを減らすことをして生きながらさらにどうして背骨の歪みが起きたのかどうして背骨のズレが起きたのかということを見つけ出す先の治療をしていきます。

肩こりとは

肩こりというのは毎日毎日の生活でまた仕事でまた睡眠負債状態が重なった状態で体に疲れやストレスが蓄積していき疲れやストレスが筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていくと体の内部から崩れを起こしその崩れが背骨の歪みとして起きていくことで肩こりになります。

毎日毎日の生活で疲れやストレスが多くなるばかりなんですが唯一疲れやストレスを減らすことができるのはアルコールを飲みに行ったり美味しいものを食べたり焼肉を食べたりうなぎを食べたりすることではなく眠りが疲れやストレスを減らす最大のものです。

しかし最近は多くの方が 眠れているようで眠れていない方が多くなっていますので眠りというのは脳から休養とって寝ていない限りは寝ているとは言えません。

脳が休養をとることが寝ているまたはねむりということですから体が横になって気持ちよさそうにスースー寝息を立てている人を見ても寝ていると勝手に判断しないでください。

見た目で見て大脳が寝ているということは誰が見ても分からないからです。

人は寝ている人を見たら気持ち良さそうな眠りをしているなとか眠っているなという風にしか思いませんから大脳の中まで見ることをしていませんし考えていません。

肩こりと眠り

眠りが浅い形は睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態になっていれば脳が弱っていきますので脳が弱ることで、脳に支配される内臓も弱っていきますから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きたり背骨のズレが悪化した状態が椎間板ヘルニアということまで起きて肩こりになっている方もいます。

脳が弱っていくこと限界まで疲れやストレスを溜めた状態で初めて肩こりとして感じて限界までためた肩こりは何をしても直らなかったり楽にならなかったり繰り返しやすくなります。

特に毎日毎日の疲れというのは体に蓄積していき筋肉にも溜まっていきますがある部分に多く溜まっていくことが原因で骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていきますのでこの蓄積してある部分から疲れやストレスを減らすことをしていかない限りは繰り返しやすく戻りやすく肩こりを起こしていないまたは肩こりを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられません。

 

 

北九州市小倉 肩こり を楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが肩こりというのは筋肉の凝りだけで起きていることはあまりないと30年の経験をしている院長が言っています。

肩こり

肩こりを楽にする

肩こり を楽にらくにしていくためには筋肉のコリからほぐしていくようにしてますが 筋肉のこりというのはどういう意味なのかということを考えなければ本当の意味で肩こりを楽にすることはできません。

肩こり、肩こりとよく使うと思いますけど肩こりのこりというのはどういう意味なのかどういう風になっているのかということを説明できることは少ないか と思います。

肩こりのこりというのは筋肉が緊張したり疲労したりということで起きているのが凝りなので肩がこることを肩の緊張か、肩の筋肉疲労ということで肩こりです。

毎日毎日よく使うことが多くある肩や腕や指先などを すべて方がコントロールをしているから使うことができますので肩と肘と手首と指先というのは全て肩の部分に負担をかけていることになります。

特に最近は何気ないことでも筋肉疲労が起きやすく肩こりになっていく場合が多くありますので色々な姿勢や動作などが肩に負担をかけているということで肩こりになっていきます。

最近は多くの方が携帯やスマートフォンを使用していますので細かい文字を打ったりタッチをする時でも肩や腕や筋肉をよく使っていますので肩や腕を使うことでも筋肉疲労が大きい筋肉が緊張して積み重ねが肩こりになっていきます。

肩こりを感じている方は どうして肩こりが起きるのかということが分かっていない方や考えていない方が多くいますので肩こりの原因になるものを見つけ出さない限りはいくら肩こりと言っても湿布を貼ったりしても楽になることはありますが一時的な場合が多いようです。

肩こりと言うと家族の方や専門家のマッサージの先生に揉んでもらうことも肩こりを楽にする方法だと思いますが筋肉ばかり揉んでいても本当の意味で肩こりは楽になることはありませんのでどうして肩こりが起きるのか本当に筋肉の緊張や筋肉疲労から肩こりが起きているのかということを見つけ出さない限りはマッサージをしても肩こりは一時的に楽になるだけです。

肩こりを楽にするためには

肩こりを楽にしていくためには電気治療器や低周波治療器などを多く用いているところが多いようですが元気という意味も当院では研究することをしてみましたので低周波治療器というのを対象に説明すると低周波治療器というのは低周波の電流をプラス端子からマイナス端子へ流していくと筋肉が運動して動いていますので動くことでリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていき循環が良くなりますが、考えられるのは筋肉疲労は余計に積み重なっていくということです。

普通一般的に 色々な治療をした後にマッサージをした後に低周波治療器を用いることが多いようですが低周波を使えば使うほど肩こりのこりが散ってしまってわからなくなりさらに余計に筋肉疲労が積み重なっていくということで肩こりを起こしていても分からなくなるということが低周波治療器です。

筋肉が緊張や疲労が慢性化した状態になっていくと筋肉も硬さがそのままではなく筋肉の硬さが余計に固くなっていくということで肩こりになっていく場合と固くなりすぎると神経や血管やリンパ管などを阻害してしまいますので肩こりを感じない状態でも肩の筋肉が硬くなっているということがあります。

筋肉は硬くなると筋肉だけではすみませんので神経や血管が硬くなると特に神経が硬くなると手の握力が落ちたり物を掴み損なったりこわばりが起きたりということが起きていきどんどん握力が落ちていくということが肩こりとして起こります。

血管が阻害されていくと循環が悪くなっていきますので循環が悪くなると血行不良や血行不足として肩こりとして起きて行きます。

肩こりとは

肩こりを感じている方は筋肉の疲労と筋肉の緊張から起きている肩こりなので筋肉の緊張、筋肉の疲労を揉んだりマッサージをしたり電気をかけたりすることで一時的には楽になっていくということがありますが肩こりは筋肉だけで起きているものではありません。

肩こりは筋肉のコリだけで起きているものではなくどうして筋肉のコリが起きたのかということがありますのでその原因を見つけ出せない限りはいくら肩を揉んでも天気をかけても一時的にしか解消できないし肩こりを感じていない時でも原因はどんどん進行して肩こりとしてではなく形を違えて出てきます。

肩こりを起こしている方は筋肉の疲労や筋肉の緊張だけではなく背骨の歪みやズレがあるのが原因なんです。

今まで多くの方の肩こりを検査して確認してみましたが多くの方は筋肉の凝りだけではなく背骨の歪みとずれがありました。

背骨の歪みやズレというのは 肩こりを起こしている方全員に対して検査をしてみると100%の方が背骨の歪みがあり歪みが起きると骨が動いてきますので筋肉は骨から骨にくっついていますから骨が動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだりということで緊張したり筋肉疲労起こしたりとして肩こりになります。

肩こりとは

肩こりというのは 背骨の歪みやズレが原因なんですがどうして背骨の歪みは釣りが起きるのかという原因がありますのでその原因から追求して考えていかないと根本的には、ただ骨を矯正すればいいというわけではありません。

背骨の歪みは姿勢でも猫背でも起きるものではありませんのでどうして背骨の歪みやズレが起きるのかという原因がありますので原因から見つけ出さない限りは背骨の歪みやズレも取れないし筋肉の緊張や筋肉疲労も一時的にしか改善できません。

背骨のズレや背骨の歪みが起きるのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65%つまり65 kg は水分です。

後の残ったものの35 kg は骨の重さ血管の重さ神経の重さリンパ管の重さ脂肪の重さ筋肉の重さです。

あと残ったものは内臓と中枢神経系しかありませんので筋肉にも疲れやストレスは溜まりながら内臓や中枢神経系に多く溜まっていくということで背骨の歪みは骨盤のズレ骨盤の開きなどが起こります。

内臓にたまる疲れやストレス

内臓に蓄積していく疲れやストレスというのは毎日の生活や仕事上でも多く貯まりますしさらに最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅いと疲れやストレスは減ることはありませんから積み重なるばかりなんです。

疲れやストレスは美味しい焼肉を食べても鰻を食べても減ることはありませんし唯一減ることができるのは寝ている時だけなんですが最近は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

単純に目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっているのが睡眠負債状態になっている証拠なんですが睡眠負債状態になっていると脳が祝っていき脳が疲弊していきさらに弱ると脳が衰弱状態まで落ちると痛みやこりもわからなくなり自分が体調が良いか悪いかもわからなくなりハイテンション状態になっていて元気だと勘違いしてる方が多くなっています。

同人超したり興奮したりすると目が覚めるというよりも夜中に何回も目が覚ますというよりも目が覚めなくなった状態で無呼吸になったりいびきをかきやすくなったり 睡眠負債状態で寝ながら考え事をしてる睡眠になっています。

寝ながら考え事をして睡眠が一番最悪な睡眠ですから寝ながら考え事をしている睡眠で目が覚めなければ寝ていると思っているのは勘違いもいいとこなんです。

 

北九州市小倉 で肩こりを楽にするためには筋肉のコリから解消するようにしていますので痛くないボキボキもしない天気などを使うこともなく肩こりを楽にすることをしています。

肩こり を楽にしていくためには何が原因なのかを追求することも必要です。

肩こり

肩こりを楽にする

肩こり を楽にしていこうと思うなら肩こりの原因になっているものから見つけ出すことをしなければ本当の意味で肩こりを楽にすることはできません。

肩こりという筋肉の凝りばかり注目してしまっていますが普通一般的に誰でも使う肩こりのこりというのはどういう意味なのかあまり知る人はいないと思います。

肩こりのこりというのは筋肉がどうなっていることなのかということを説明できる方は多くないと思いますので肩こりのこりというのは筋肉が緊張したり筋肉疲労を起こしていることからリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなった状態のことです。

筋肉が疲労して硬くなった状態のことが起きればリンパの働きが悪くなりますので何も原因がなくてリンパの働きが悪くなっている老廃物が溜まるということはありません。

ですからリンパ療法なんかして軽いマッサージという感覚で受けている方が多くいますが リンパ療法というのは体調からあげて整えていくことをしているわけではありませんので軽いマッサージ感覚ということ。

肩こりを起こす時にはいつも肩こりを感じる方もいますが 午前中は肩が凝っていたけど午後からはそうでもなかったり日によって違ったり時間によって強く感じたりしている方が多くいますのでこれがどうして起きるのかということが肩こりを解消することになります。

肩こりを強く感じる時には体調が落ちて疲れやストレスが溜まって多くなっている時です。

肩こりを感じにくい時には体調が少しだけ上がっていたり眠りが深かったりするときに肩こりは軽く感じます。

つまり原因は別にありますが肩こりを強く感じる時には体に多くの疲れやストレスが蓄積している時ですから肩こりを強く感じるのは当然なんです。

肩こりの原因

肩こりを起こす原因というのは筋肉から起きていることも一因ですから毎日毎日腕や肩や指を使うことが多くありますので指も疲れることもあれば肘のあたりが疲れることもあれば、肩に疲れやストレスが溜まるということも起こりますのでこれらが積み重なったものが抜けにくくなった状態で起きたものが肩こりです。

何気なく腕や肩や指を使うことが多くあり最近は多くの方がスマートフォンや携帯を扱っていますので小さい文字を打ったりするときなどに肩や腕や指に力が入っていますのでそれらが積み重なったものが肩こりに進行していきます。

つまり肩こりというのは自分で何気なくしていることが原因で、その原因が積み重なった状態で起きていることが多くあるということです。

肩こりが起きている時には疲れやストレスが身体全体に蓄積して多くなった時が肩こりを強く感じる時ですから疲れやストレスも筋肉にたまりますから筋肉にたまると肩こりになります。

筋肉に疲れやストレスが溜まるとリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなった状態で肩こりになります。

肩こりを起こす時には 力加減で 疲れやストレスが多くなりますので毎日の生活や仕事上でも疲れやストレスが多くなることばかりですし家庭での 炊事をしたり洗濯をしたり掃除をしたりすることでも肩や腕をよく使っていますから肩や腕を使うことで筋肉に疲れが溜まり肩こりになります。

体にたまる疲れやストレス

毎日の生活で疲れやストレスが溜まるばかりなんですが疲れやストレスというのは どこで改善できるのか減らすことができるのかということに疑問が浮かびますが疲れやストレスを減らす時間というのがあります。

運動しても疲れやストレスは減りませんしストレッチをしても腕や肩や首を動かしたからといって疲れやストレスは減ることはなく解消はできません。

首や肩や腕を動かしたからと言って伸ばしたからといって循環は良くなるでしょうし老廃物の流れは良くなってリンパの働きは向上するでしょうけど動かしたぶんだけ疲れやストレスは多くなります。

疲れやストレスを減らす時間というのは唯一眠れている時だけです。

しかし最近多くの方がただ惰眠を貪っているような状態で寝たふりをしている方が多くなっています。

寝たふりというのはオーバーな言い方なんですが夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が惰眠になっているということで惰眠のことを睡眠負債状態と言います。

睡眠負債状態というのは寝ていることです。

眠り、または寝ているというのは脳が寝ていない限りは眠れていません。

脳が眠る事を寝ているといいますので体がグーグー寝息を立てていても 誰が見ても気持ちがいい寝息を立てていても脳が出ていない限りは寝ていません。

多くの方が単純に見た目に騙されてしまい勘違いしている方が多くなっていますしご本人も目が覚めないから寝ていると単純に考えていますが本当の睡眠というのはそんなものではありません。

眠りの浅さから肩こりに

最近は多くの方が異常と思えるほど体調が悪くなっている方が多くいますのでこの体調の悪さの原因は眠りにあります。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が異常に多くなっているのが原因なんです。

昔の睡眠不足状態の方は寝ようとすると 1時間も2時間も眠れなかったり 眠れても目が夜中に覚めてしまうと1時間も2時間も眠れなかったり夢を多く見るような感じが不眠症という状態でした。

しかし最近の不眠症の方は 夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると思っている方が不眠症であり睡眠障害であり 睡眠負債になっています。

睡眠負債状態になっていくと 脳が弱っていきますので大脳が弱ることが原因で 体には骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが必ず起こります。

普通は歪みやズレが大きくなった時に痛みやコリを感じて どこかが痛いとかどこかが凝ってるとかいうことを感じますが脳が弱っていると限界まで疲れやストレスを溜めて 骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレがかなり大きくならないと感じることができません。

この段階まで陥った体調の方をどん底のような体調とか奈落の底のような体調と簡単に表すことができる位異常と思えるほど体調が悪くそういう体調の状態の時に肩こりを起こすと強く肩こりを感じてしまい改善が難しくなっていきます。

肩こりを楽にするためには

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になってるものを検査することで見つけ出すことをしていますので本当に筋肉のコリが起きているのかリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなっているのか それ以外のものがあるのかということを見つけ出すことをしています。

肩こりというのは単純に電気をかければいいというわけでもないしマッサージをすればいいというわけではありませんが電気屋マッサージをしてしまえば本当の原因を見つけ出すこともなく楽にすることができるかも分かりませんが原因は残ったままになっていますから繰り返し安く肩こりを感じていない時でも原因はどんどん進行していく怖さがあります。

肩こりを起こす原因というのは 背骨のズレが原因の場合が多くありますので背骨がずれるということは内臓に疲れやストレスが溜まった時にしか起こりません。

内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まったことで背骨のズレが起きるということですから何でもかんでも内臓=病気と結びつけるのはやめてください。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら 65 kg は水分です。

あとの残りの35 kg 中は筋肉だったり脂肪だったり骨の重さだったり神経や血管やリンパ管の重さです。

後残ったものと言うと内臓と中枢神経系しかありません。

つまり疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら多くは内臓に蓄積していき内臓が炎症を起こしたり働きが悪くなったりということで 骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起こり筋肉が引っ張られて緊張した状態のことが肩こりです。

北九州市小倉 肩こり を楽にしていくためには原因から改善していくようにしています。

肩こり

楽になる肩こり

肩こり 楽にしていくたびにはいろいろな方法があると思いますが湿布を貼ったりしても肩こりは良くなる場合もありますし 家族の方からマッサージをしてもらっても肩こりは楽になることもありますし 専門家の先生にマッサージをしてもらっても肩こりは楽になることもありますし 病院に行って凝り止めというよりも痛み止めの注射をすることでも楽になることもありますしドラッグストアに行って肩こりが良くなるというサプリメントを買って飲んでも肩こりが楽になることもあるでしょうし 低周波治療器などを整骨院でして楽になることもあるでしょうし温熱パックをして肩こりを楽にするという方法もあると思いますがどれもこれも対症療法ばかりで肩こりの原因を見つけることもなく 改善しようとしていることです。

肩こりを楽にするためには解消両方の方法よりも原因を見つけ出す根本療法の方がいいと思います。

対症療法というのは原因なんかは関係なくただ症状の感じているところに何かをすることなんです。

原因なんかは関係なく、ただ楽にすることばかりしていますので肩こりを治しているということではありません。

肩こりには肩こりを起こしている原因がありますので原因を見つけ出すことは目で見ても簡単なことではありませんから原因がわからないということの先生の専門家がいますので対症療法ばかりして楽にすることばかりを直したと言っています。

普通一般的には原因何かは関係なく楽になることをしていくのが直したと言っていますが本当は症状起こしている原因があるのに原因を見つけることは誰でも簡単なことではありませんので対症療法ばかりして繰り返し安くなっているのが現実でありしばらく良くても原因はいつまでも同じままではありませんので肩こりを感じていない時でも原因は進行していきます。

一番まずいのは原因が進行していくということです。

肩こりの原因というのは筋肉だけで治っている方はいないからです。

肩こりのひどい方は違う形として表面上に出てくることも多くあるからです。

肩こりの起こりやすい方は息が吸いにくかったり息苦しい感じが時々あったりまた時々心臓のあたりでチクッとする痛みが急激に起きたりということもあるという症状などが肩こりの原因を作っています。

ずっと長く胸のあたりがチクッとする感じがあったりということはないので一瞬ですが胸の辺りでちくっとする感じがあったり変な感じが胸の辺りに起きているのが肩こりの代表的な症状でもあります。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉が疲労したり緊張したりということで肩こりのこりになりますので肩こりというのは筋肉疲労と筋肉の緊張から起きているものなんですが 毎日毎日腕や肩や指などを動かすことが多くありまた重たいものを持ったりバッグなどを肩や腕に下げたり荷物を持ったりすることでも維持する力が大きく働き筋肉疲労が生まれていきます。

肩や腕を多く使うことがありますが筋肉疲労が最大になるまで何もすることもなくいつもメンテナンスを行っているという方は少ないと思います。

筋肉疲労が強く起きた方はいくらストレッチをしても運動しても筋トレをしても減ることはありませんし筋肉疲労というのは運動や筋トレをすることでさらに多くなっていきます。

筋肉疲労を減らすことができる唯一の方法はね無理なんですが最近多くの方が眠りが浅いということが多くなっています。

筋肉にいつまでも緊張や筋肉疲労が多くあればあるほど筋肉はどんどん硬くなっていきますので固くなることで肩こりを起こしているという方も多くなっていますのでこの筋肉が硬くなるというのは一時的なものではなく永久的な硬さということです。

肩こりを起こしている筋肉が永久的に固くなっていくとその中に入っているリンパや血管や神経や人体まで硬くなっていきますので血行不良が起きたり神経の働きが落ちていくと握力が悪くなって物をつかみにくくなったり物を落としやすくなったり滑りやすくなったりこわばりが起きて行きます。

肩こりを起こしている筋肉の中には 神経や血管やリンパ管がありますので筋肉だけで済むことはありません。

肩こりが起きると

肩こりを起こす場合には一時的に肩が硬くなった状態になったり 永久的な硬さとは違います。

肩こりには永久的な硬さが起きるものと一時的に固くなった状態が肩こりを起こしているという方がいます。

一時的に固くなったものは使いすぎにおいて積み重なった状態で疲れやすレスが溜まる事が原因で起きている肩こりなんです。

しかし一時的な状態でも積み重なり方が多いと筋肉はいつまでもそのままで維持することはできませんので固くなっていく老化していくことで肩こりをさらに広げていきます。

筋肉のコリもいつまでも同じままではありませんので筋肉のこりが起きると慢性化した状態で筋肉は硬くなっていきひどい状態の肩こりを起こすか神経が麻痺した状態まで進行してしまうといくら肩が凝っていてもその肩こりを感じ取ることができないという方までいます。

筋肉が硬くなってしまった方は体質改善の治療でしか改善することができませんので体調を整えてあげることをしてその後で体質改善の治療に進むことができます。

肩こりを解消する

そして肩こりを解消するためにも筋肉だけで起きている肩こりと筋肉以外からも起きる肩こりがありますのでその両方を確認しながら見つけ出すことが必要になります。

筋肉のコリだけで起きている肩こりは筋肉なんですが筋肉以外で起きている肩こりというのは背骨の歪みです。

背骨が歪みを起こすと筋肉は骨から骨にくっついたり いますので 骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりを起こしていき循環が悪くなってリンパの働きが低下してしまい老廃物が多く蓄積していくということで肩こりになります。

しかし背骨もどうして歪むのかという原因があるから歪みを起こすわけで中枢神経系を守っている背骨ですから簡単に歪んだり曲がったりまた姿勢が悪かったり猫背などで曲がったりすることはありません。

姿勢が悪かったり猫背になるのも原因があるからなっているわけなんですから。

肩こりが起きる原因

肩こりが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっていることが原因なんですがこの疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながらあるところに 何十倍もの多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

例えばですが100 km の方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分です。

水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので後の残ったものの35 kg 中は骨の重さと脂肪の重さと筋肉の重さと 血管と神経とリンパ管などしかありません。

後残ったものは内臓と中枢神経系だけです。

つまり疲れやストレスというのは内臓や中枢神経系に多くたまるということです。

内臓に蓄積していく疲れやストレスは多くなればなるほど内臓の働きを悪くなっていきますので悪いからといって病気ではありません。

内臓の病気と言ってるわけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まっているということで色々な症状が起きるということです。

内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で息が吸いづらくなったり胸が苦しくなったり呼吸がしづらくなったり時々胸元で一瞬だけですけどチクッとするすごい痛みが起きたりということが起こります。

しかしこの状態が長いと慢性化した状態になっていくと本当の病気の可能性が出てくるかも分かりません。

しかし今は病気というわけではなく細胞が変化していくのも8年や10年かかりながら変化していきますので今すぐというわけではないと思います。

肩こりというのはしっかりとした原因がありますので弱い内臓とそうでもない内臓というのが人の体にはありますので弱い内臓ほど疲れやストレスは溜まりやすく弱い内臓ほど疲れやストレスを溜めてしまうと進行していきゆくゆくはもしかしたら病気になる可能性があるということです。

これが病気と肩こりの関係になりますが今すぐ病気と言ってるわけではなく今は弱い内臓に疲れやすいですがたまっているということで肩こりとして起きて行きます。

 

北九州市小倉肩こりを楽になる。

error: Content is protected !!