小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

Category: 生理痛

生理痛

生理痛を解消

生理痛を解消していくためには、何をしたら解消できるのかということを考えなければ何も考えずに痛み止めの生理痛の薬ばかり飲んでいても意味はありません。

生理痛

どうして毎月生理痛が起きて色々な症状が起きるのかということを考えなければいけないということを説明していますが、多くの方が単純に薬を飲んだりして痛み止めを使ったりしているだけだし、抑えているだけですから何も変わっていませんし、変えることをしていません。

生理痛になるのは原因があるから生理痛になっている訳ですから、誰でも起きているものではありませんし、何かの原因があるから起きているわけですけど、病院というところは病気の検査をしていますので生理痛というのは病気ではありませんので、病院に行っても検査をしてもホルモンの異常があるとか言う感じにしか言われないと思いますので、痛み止めかホルモンの薬をもらうことしかしていないと思います。

何が原因なのか

しかし、まず生理が起きる時にはどういう状態の時に起きているのかということが一番の問題になる訳ですけど、生理になると下腹部が重たくなったり、腰が痛くなったり色々な症状が起きたり、胃もたれや肩こりや頭痛が起きたり、首の痛みや首のコリが起きたりという関係があると思いますが、精神的に不安定なあたりとか眠れなくなったりという感じでホルモンのバランスが悪いという風に言われますが、どうしてホルモンのバランスが悪くなったり色々な症状が起きるのでしょうか。

同じ年齢の女性でも生理痛が軽かったり、生理痛がなかったりという方がいますので、どうしてなのかということを考えなければいけませんから、生理痛を当たり前だと思わないでください。

何かの原因があるから生理痛になっている訳です。

生理痛になる原因

生理痛になる時にも毎月毎月同じような症状が起きてしまう方もいますし、症状が変わってしまう方もいますから、どうして同じ症状が繰り返し起きるのか症状が変わる部分に起きるどうかということが問題だと思いますので、人の身体というのは毎月毎月の生活することや仕事をすることや運動することや学生生活を送ったりすることでも疲れやストレスが多くなってしまいますので、疲れやストレスがどこに溜まるのかというと、筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水分が65キロに戻りますので、体重の大半が水分だということなんです。

随分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

あと残った35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと中枢神経系の大脳と脳幹、脊髄の重さ、内臓の重さになります。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、筋肉と内臓が主になりますので、生理痛を起こしている原因の部分が子宮だったり、卵巣だったりすることもあるかも分かりませんし、どこかのホルモン系に疲れやストレスが溜まっているという感じもあると思います。

疲れやストレスの蓄積が生理痛に

内臓にも疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることが原因で生理痛が起きたりするのは当たり前だと思います。

内臓にも日々の生活や仕事や色々な物事で疲れ休めずがたまることが多くありますので、なんでもかんでも病気というのは関係付けることなくしっかりと説明を聞いてください。

毎日毎日の生活する事で仕事をすることで色々な物事で疲れやストレスは溜まるばかりですから、自分の弱い内臓に疲れやストレスが溜まるということがあります

弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく、疲れやストレスを内蔵がためてしまうことが原因で働きが悪くなってしまい、生理痛になります。

生理痛が起きやすい方は、病気ではなく、卵巣や子宮や生理痛に関係するホルモンのバランスが悪い方が生理痛になっています。

それを痛み止めや症状を抑えていくためにも、薬を使ってばかりいると弱い内臓もいつまでも同じままではいられません。

弱い内臓が生理痛に

弱い内臓に疲れやスレスが溜まることが原因で進行していきます。弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めてしまうと、細胞の変化が起きてしまいますので、細胞の変化が卵巣の病気になりやすくなったり、子宮の病気になりやすくなったりという感じになる可能性があるということなので、あくまでも可能性です。

可能性が多くある方ほど、生理痛になりやすくなっているという事実があります。

しかし、可能性の時にはいくら病院で検査をしても病気ではありませんし、病気として完成しているわけではありませんので、検査をしても健康で異常はなしだと思います。

生理痛が起きるのは

生理痛が起きるのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている状態なんですが、何も関係なく骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることもなく、姿勢や猫背でも骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありません。

主に体全体に疲れ、ストレスがたまることが原因でゆがみやズレが起きますので、歪みやズレが骨盤に歪みやズレを起こしていきます。

そして最近多くの方が眠れていません

睡眠負債と生理痛

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠れていないということは特に大脳が弱っていきますので、大脳が呼ばれることが原因で大脳の支配下の直接的なものが働きや悪くなることは考えられますので、大脳の直接的な支配下というのは下垂体です。

脳下垂体というのは、全てのホルモンの命令系統を受け持っているホルモンですから、睡眠負債状態があると大脳は弱ってしまいますし、脳下垂体ホルモンも正しく働くことができませんので、正しく働けない時に生理になると生理痛が起きてしまうということもあります。

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目覚めないから出ていると単純に考えているだけです。

目が覚めないから寝ているという感じではありません。

眠りというのは一番大切なことなんですが、目が覚めなければ寝ていると思っている方がいかに多くいるかです

本当に多くの方が寝ているようで、眠れていないのに気が付いていないという方が多くいます。

ホルモン系統と生理痛

内臓に疲れやストレスが多く、たまっているのに内臓が正しく働けるわけはありませんし、大脳が弱って睡眠負債状態になっているのに全てのホルモンの制御をしている脳下垂体の働きの低下が起きているのに、生理痛が起きているのは当然だし、ホルモンのバランスが悪くなっている状態が多くあると体の影響がどれほど大きいのかということがあります。

生理痛の方が来院すると検査をしてみると、検査が異常と思えるほどの数値を示しています。

体調がむちゃくちゃと言っていいほど悪いんです。

体調がむちゃくちゃ悪いと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていることは当然ですし、腰椎の5番目の骨というのも連れていますので、腰椎の5番目は膀胱と子宮に関係する骨でもありますし、卵巣に関係する骨は腰椎-3番目が卵巣に関係する骨ですから、卵巣の働きが悪い時には腰椎-3番目がズレを起こしているし、子宮自体の問題があると腰椎-5番目の骨はずれを起こしています。

 

北九州市小倉生理痛を解消することをしています。

生理痛

生理痛を楽にしていくためには

生理痛 を改善して楽にしていくためには原因から改善していて直す必要があります。

薬ばかり使っていることなく、薬と言うのは一時的に症状を緩和したり、おさえているだけですから原因は変わっていませんので原因はどんどん進行していきますので生理痛がひどくなるといいわけではなく原因が別にあるということを言っています。

生理痛と言うのは原因として考えられているものを説明すると大変強いことがわかります。

生理の時に生理痛がひどい方もいれば、ひどくない方もいますし生理痛自体が全くないと言うかと思いますのでそういうこと自体をしっかりと考えていく必要があります。

生理になったら生理痛が起きるのは当たり前だと言う事は考えないようにしてください。

生理痛になるのは何かの原因があって起きていますのでその原因を見つけてその原因から改善して支えていくことをしていきたいと思っています。

生理痛になる原因

生理痛を起こす時にはいろいろな症状が起きていますが生理の時に起きる色々な辛い症状のことを言いますけど多くの場合痛み止めや 薬で抑えている場合が多いので生理痛を治すことは、あまり考えられてないし、それらしい治療というのはあまりありません。

当院では生理痛の原因になっているものから見つけて改善していく治療をしていますけど多くの場合、生理痛が起きている方は骨盤の歪みや骨盤の開き から改善していかなければいけません。

生理痛になるためには生理痛になる原因がありますのでその原因から見つけていくことをしていくためにはまず骨盤のゆがみや骨盤の開きというものを改善していかなければ原因は判断できませんから 骨盤の状態を整えていくという治療が優先されます。

生理痛を原因から

生理痛を原因から改善して直していくことをしていきたいと思っていますので一時抑えではなく 生理痛の原因になっているものから 直していくということをしています。

症状を抑えるということと症状を原因から治すということは全然意味が違います。

当院では症状を抑える事ではなく、原因から見つけて 変えていくことも治療ができるのが当院の治療の特徴です。

生理痛の原因になっているものを直していくためには 体調からあげて整えていかないと骨盤が揃いませんので体調を上げることで骨盤のゆがみや骨盤の開き背骨のズレ、ホルモンのバランス内臓の働きを最低限上げていくことで体調をあげて整えていくということをしていきます。

体調が悪くなって落ちているとホルモンのバランスが悪くなって悪くなったり内臓の働きも悪くなっているのは当然起きていますので体調を上げていくということは一番大切なことです。

体調が上がらない限りは子宮の働きの低下や卵巣の働きの低下またホルモンの働きの低下は 良くなりませんので体調を上げていくことが、それらを改善していく方法でもあります。

体質改善の治療

体調が上がってきたら 体質改善の治療で生理痛の原因になっているものから変えていく治療をしています。

体質改善の治療は強い治療ですから体調が上がって来るまで、できない治療法ですから 体調が上がって体が整ってきたら出来る治療になります。

体質改善の治療でホルモンの分泌に関係するところを直したり子宮や卵巣を直したりということをしていきますので体質改善という治療はアンチエイジングにあり若返りの治療でもありますので内臓から体を変えていくということができる唯一の方法です。

平日の方が先将来、子宮、卵巣の病気になる可能性があったりホルモンのバランスが悪い病気になったりすることも多くありますのでその一端が 生理痛になっています。

今現在は病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても分からないと思いますし病院という所は病気として完成してしまわないと検査をいくらしても分かりません。

もちろん病院で検査をしたらホルモンのバランスが悪くなってますとか言うに言われてしまって薬を服用している方も多いと思いますけどそういうものではありません。

当院では色々なものを整えていくことをしていますが薬などを使うことなく薬を使わずに治療することをしていますのでどうしてホルモンのバランスが悪くなったり子宮や卵巣の状態の問題が起きているのかという事を考えながら体の治療にあたります。

薬と言うのは薬害もありますので長期に飲んでいても良いと言うわけではありませんので異常のある部分を見つけて改善していくことをしないと同じことの繰り返しだしどんどん原因は悪くなっていく場合も多いようですから。

当院の治療はボキボキしない痛くない体に優しい治療なのでマッサージをするようにして治療をすることをしていますがマッサージではありませんので、ここでご注意申し上げておきます。

 

福岡市北九州市小倉南区と 小倉北区と戸畑区と八幡東区や 八幡西区と 行橋市と 若松区と門司区と 下関市と 飯塚市と直方市と 古賀市と宗像市と田川市 などから多くの方が生理痛を改善するために訪れています。

生理痛 を楽にしていくためには原因から改善していきます。

error: Content is protected !!