小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

Category: 小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし、痛くのもない方法で小顔矯正をすることをしています。当院の小顔矯正は顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、電気を使ったりすることもなくの技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

今まで多くの方を顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが、小顔矯正をする時には二つの重要な関係するものがあります。顔小さくしていく時にも、ただ顔を小さくすればいいというわけではありません。

顔というのは多くの部分に関係を密接に持っていますので、関係するところがありすぎるぐらいある訳です。小顔矯正をしていく時には、小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴でもあります。

小顔矯正をする時には、小顔矯正に入る前に自分の両方の手のひらを顔に当てて覚えてもらうことをしていますが簡単な方法なんですが、簡単だと思って触ってしまった方ほど小さくなってもわからないということがありますのでわからないということがないように小顔矯正に入る前に二度ほど練習することをして覚えてもらっています。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正の触り方がありますので一番わかりやすいと思われる、触り方を説明するようにしていますが、簡単に触ったりすることなく集中して触らないと簡単なようでもわからないという方がいますので注意してください。

小顔矯正をする時の触り方というのは、単純なんですが、顎の部分に両方の手首を合わせるようにして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。

しかし、ただ触っただけでは分かりませんし、手を置いただけでは分かりませんので感じようとしてください。

感じようとする時に左右さを感じようとして触るようにしてください。

基本的には自分の顔を鏡で見て右側が大きいのか、左側が大きいのか出っ張っているのかということを確認してください。

そして次に目を閉じて、自分の顔を触ってみて、同じように感じるのかということを試してみてください。

鏡で見た幅や大きさや出っ張り度合いと目を閉じて触った顔の大きさや幅や出っ張り度合いが同じかどうかを比べます。

同じように感じるかどうかを試してみてください。

顔を触る時には

小顔矯正をする時には、必ず位置を動かさないようにして顔を触るようにしてください。顔を触ってくださいという風に言うとたまにいるのが手を動かしてペタペタと顔に手を当てるだけの方がいますので、ペタペタと顔に手を当てるだけの方は全然感じていませんし、分かろうともしていません。

手を動かすことなく、同じ位置で感じようとした方がよりしっかりとわかりますから、触るだけではないし、手を置くだけではありませんので触るだけやっておいただけでは顔が小さくなったのが分かりません。

しっかりと左右差を感じようとするということが一番、顔が小さくなったのが分かると思いますので、左右差を感じるようにして触ってみてください。

小顔矯正に入る前には二度ほど練習をしますので1度目は院長と机の目の前で向かい合って触り方を説明するのと二度目は小顔矯正に入る直前に触り方を院長とともに覚えてもらうようにしています。

本当に小顔矯正で顔が変わるから二度も練習するわけです。

小顔矯正の方法

小顔矯正をしていく時の方法というのは、ボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしていますので、実際に力を抜いて寝ているだけで院長が顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることをしています。

しかし、マッサージをするような感じで顔を小さくするという説明をしましたが、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして顔が小さくなることはないと思いますので、ではどうやって顔を小さくしているのかということになりますが、当院の院長は検査することをしていますので、検査してみると顔の異常のある方が多く見受けられますので、顔の異常を正常に戻していると顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

今まで30年間、小顔矯正をしてきて、顔が小さくならなかったという方は、1人もいませんので、全員の方が顔が小さくなっているということなんですが、小顔矯正を希望されて訪れた方全員に対して院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が体調は悪くありませんとか調子が悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが、検査してみるとわかることがあります。

院長が体調を検査してみると、体調というのは体に高まった疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や掃除をすることでも多くなるし、食事を作ることでも多くなるし、洗濯をすることでも多くなるし、仕事をすることでも多くなりますし、ショッピングをすることでも歩くことでも運動することでも疲れやストレスは多くなるばかりだし、精神的な緊張やストレスを与えられた時でも疲れやストレスは多くなるのに痛みや凝りがないというだけで体調がいいのかというとそうではないということなんです。

疲れやストレスと小顔矯正

体には自分でもわからずに疲れやストレスが多く、たまっていますが、疲れやストレスが溜まることも多く見受けられるのに、たまった疲れやストレスを減らすことを考えていません。

多くの方が簡単に考えていますが、疲れやストレスというのは大変蓄積してしまうと厄介なものになってしまいます。

疲れやストレスが多くなればなるほど、年齢以上に急速に老化現象が進んでしまうからです。体に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていきますが、単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレだけではすまない現象が起きていきます。

小顔矯正とむくみ

歪みやズレだけではなく、顔にもむくみや脂肪が多くなったりすることも疲れやストレスで起きているからです。

疲れやストレスが多く、蓄積すればするほど、顔にも変形が起きたり歪みが起きたりすることが起きたり、脂肪やむくみが多くなるということもありますので、特に脂肪というよりもむくみが一番体調の状態を表わしています。

浮腫みと脂肪は違いますので、浮腫みというのは顔の浮腫みや体の浮腫みや足のむくみに代表されるムクミなんですが、浮腫みというのは体調の悪さを表しています。

特に顔のむくみというのが体調の状態を表わしていたり、睡眠負債状態を表わしていたりしています。

どうして顔のむくみが起きるのかという重大な問題が潜んでいるから、単純にむくんでいるということだけで考えることなく、朝から浮腫んでいるということは一番大変な結果が隠れているかも分かりません。

むくみというのは、リンパの流れが単純に悪いという訳ではなく、体調が無茶苦茶悪い時にしか顔が浮腫んだりすることは起こりませんので、体調の悪さというのは睡眠負債状態が多くあったりすると感じ取ることができなくなってしまっている方がいるからです。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積だけではなく、睡眠負債状態も深く関係を持っていますので、疲れやストレスが関係している歪みやズレむくみなども起きてしまっていますが、睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが原因なんです。

睡眠不在状態が多くある方は、大脳が弱ってしまっている方が多くいますので、大脳が弱るということは脳疲労に繋がり脳疲労が脳衰弱になったよ、状態の段階まで陥っていると痛みやご利用感じなくなってしまい、風邪の細菌が体内に多く侵入して増殖していることも感じなくなってしまうし、熱が上がるということもないということなんです。

大脳が元気だから、最近を減らそうとして脳が頑張って熱を上げてくれて、細菌を減らしてくれます。

細菌で熱があげるわけではなく、細菌で熱が上がるわけではなく、脳が元気だから熱を上げて細菌を減らそうとしてくれています。

ウイルスや細菌で熱が上がるわけではなく、大脳が元気だからウイルスや細菌が体内に入って増殖したら熱を上げることをしてくれている訳ですから、大脳が元気ではないと熱を上げることもできなくて、ウイルス細菌が増殖しても肌荒れぐらいは起きる可能性もありますが、何も感じ取ることができなくなってしまいます。

眠りが浅い

寝ているようで眠りが浅いのが大脳を弱らせている原因になっていますので、大脳が弱ってしまうと大変な結果になってしまいますので、小顔矯正どころではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えている方が多くいますか、眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので、体が寝ていることではありません。

もうすぐに気を立てているような眠りをしていても、脳の中のことまで考えていませんし、大脳の中まで見えているわけではありませんので、格好だけを見て寝ていると判断しているだけです。

体は横になってスースーに寝息を立てているような状態でも寝ているかどうかは分かりませんので、単純に目が覚めないから寝ているというわけではありません。

眠りというのは、脳が休養とって寝ていることだけを言います。

不眠症というのでしたら、夜寝ようとするとなかなか目が覚めた状態で1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目が覚めたりする方が不眠症でしたが、睡眠負債は目が覚めることは少ないんです。

浅い眠りをしていると

眠りというのは簡単に考えることなく、しっかりと考えなければいけないものなんですが、多くの方は簡単に考えてしまっている方が多くいますので、目が覚めないから寝ていると単純に判断するのは間違いだと思います。

眠りというのは、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳が休養とって寝ている数分の時間が一番大事だと言われています。

つまり、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳がいかに深く熟睡を取って寝ていることができるのかということが一番大切だということなんです。

大脳が寝ていることが眠りですから、眠りが浅いということは、体を急激に悪くしてしまいますが、睡眠負債状態の方は脳が弱ってしまいますので、脳が弱ると脳内麻薬というホルモンが分泌される時もありますので、脳内麻薬のホルモンが多く分泌されてしまうとモルヒネに似た物質ですから痛みや凝りを感じにくくなるということも起きているみたいです。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をする時には一番、重要なもので、顔が小さくなりにくく維持することができないものは疲れやストレスの多さと睡眠負債に関係しています。

体に多くの疲れやストレスがたまることが原因でも歪みやズレが起きていますか、顔にも疲れやストレスが溜まるということが分かったのが最近の研究なんです。

顔に疲れやストレスが溜まるというのは変な話かも分かりませんが、実際に顔に疲れやストレスが溜まっている方が多くいるために疲れやストレスを解消して減らすことをしていけば顔が小さくなっていきます。

検査をしてみると、顔にも疲れやストレスが溜まっているということで、顔に疲れやストレスが溜まると顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨がありますので、その全部が炎症や腫れを起こしたりして変形を起こして肥大しているということが分かったからです。

顔に炎症や腫れを起こしていると顔面の骨が変形を起こしながら大きく膨れ上がって腫れ上がりますので顔が大きくなってしまうということになります

小顔矯正をするときには

小顔矯正をしていく時には、顔を小さくすることを初回からしていきますので、必ず小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形などを触って覚えてもらうことをして小顔矯正をしていきます。

小顔矯正をする時には、実際に自分で顔の大きさを触って覚えておかないとしっかりと分からないと思いますので、分かるように触ってもらうことをしています。

小顔矯正をしていく時には、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、痛いこともなく、電気や機械を使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には、マッサージをするような感覚だと思ってもらえばいいと思いますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

体質改善と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には維持する力や持続させる力を上げることができますので、そのあげる施術というのは体質改善という施術になります。

体質改善という施術は、若返りの成立でもありますので、細胞から若返りさせていくことが顔が小さくなった状態を維持することができます。

 

 

北九州市小倉小顔矯正をしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正とは初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが、今まで多くの方が30年間で小顔矯正を希望されて訪れましたが、検査をしてみると全員の方が体調がすごく悪く、体調が悪いということも分かっていないという方が多くいました。

院長から体調は、どうですかと聞くと多くの方は体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんとか答えていますが、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが多くあるという状態で背骨なんかもガタガタ状態になっている方が多くいましたが、骨盤の歪みや開き、そして背骨のズレがあると体調の悪さを表していますので、体調が悪ければ悪いほど歪みやズレが大きくなっていき、痛みやコリになっている場合が多くあるんですが、それを感じていない方が多くなっています。

小顔矯正をしていく時には一番邪魔になるものが二つありますが一つ目は疲れやストレスです。

当院では小顔矯正をしていく時にはスタッフや機械で顔の大きさを測ったりすることはありませんので、自分の両方の手で顔を触って覚えてもらうことをしています。

しかし、自分の手で顔を触って大きさや幅などを覚えてもらうということは、簡単なようで簡単ではありませんので、簡単に触ってしまった方ほど小さくなっても分からないという方がいます

小顔矯正をしていく時には触り方がありますので、上手な触り方をしてもらうと顔が小さくなったのがしっかりとわかります。

小顔矯正をする時の触り方は、両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。

顎の部分に手を当てたまま手のひらと指を顔に密着させて触るだけですけど、ただ触っただけでは顔の変化を比べることはできません。

この時に顔の左右を感じようとして触ってください。顔には左右差がありますので、左右差が分かるようにして触ってほしいんですが、例えばですけど右側の顔の方が左側よりも大きいとかどちらかが1部分だけでパッているとか、左右差が必ず存在していますので、左右差を感じようとして触るということが一番大事なことだと思います。

左右差を感じようとする時に、脳の感覚神経が働き出します。

左右差を分かろうとする時に、脳の感覚神経が働いて分かるようになります。

左右差を分かろうとしないと、ただ手を当ててただけになってしまいます。

左右差を感じようとして触り方が甘くなっているから大脳が働きにくい方がいますので、働きにくい方が顔が小さくなってもわかりません。

小顔矯正をしていく時には、顔が10センチも20センチも変わることはありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じで顔が小さくなっていきますし、特に顎のラインは細く引き締まっていくと全体的な顔のイメージが変わっていきますので、顎の部分を中心に触るように覚えてください。

顔を小さくするには

小顔矯正をしていく時には、ボキボキもしないし、痛くもないし怖くもないと思う、小顔矯正をしていますので、当院の小顔矯正はマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができます。

しかし、実際にマッサージをしたりすることで、顔が小さくはないと思っていますので、マッサージをしているわけではありませんが、当院の小顔矯正を誰がみてもマッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚と説明するようにしています。

本当に当院の小顔矯正は特殊な技術がありますから、顔をマッサージするようにしてもんでいくと顔が徐々に小さくなっていきます。

小顔矯正というと、顔を無理やり押さえつけたりする小顔矯正がありますが、効果がなかったり痛いだけだったりという感じで持続する時間が一番短いのが無理矢理のことです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査することをしていますので、検査をしてみると顔にも異常があるという部分が多く見つかります。

顔の異常というと大変変な話なんですが本当のことですから異常のある部分を見つけて正常に戻していくと顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので小顔矯正というよりも顔の治療といった方がいいかも分かりませんが特に顎のラインは異常があることが多く見受けられますので顎の部分を矯正することで、顎の部分はすっきりして引き締まっていきます。

今まで小顔矯正を希望されて訪れた方は、全員の検査をしてみて異常がないという方は1人もいませんので、異常がある方ばかりなんですが、どこをどんな風な異常があるのかが違います。

毎日毎日の疲れやストレスが体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこにたまるのかということが一番の問題になります。

疲れやストレスというのは減らさない限りは減ることはありませんので、疲れやストレスが溜まっていくばかりなんですから、疲れやストレスというのがどこに溜まるのかということが一番の小顔矯正をしていく時の問題になるんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ったら65キロも水分が出てしまいます。

つまり、体の半分以上は水分だということですから、血液だったりリンパ液だったり、体液だったり内臓の核の中にも水が存在しています。

水分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、他に疲れやストレスが溜まること所があるはずなんです。

疲れやストレスが溜まる所というのは、筋肉にもたまにながらある部分に筋肉よりも多く蓄積していきます。

疲れやストレスというのが筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。

内臓に溜まる疲れやストレスというのは、多くの方が知っているわけではありませんので、専門家の方の中でもごく1部の方しか知ることはありません。

疲れやストレスというと、内臓に蓄積していきますので、内臓というと病気というのを関係付ける方が多くいますが、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく疲れやストレスが内臓に溜まると言っていますので、説明をよく聞いてください。

内臓に疲れやストレスがたまる時には生活することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどでも疲れやすレスは多くなってしまいますので、それらも全て内臓にたまっていきます。

また焼肉などをおいしいものを食べても油っこいものを食べてもアルコールを飲んでも消化することでも内臓が働いてくれているからエネルギーをつくり、人は動くことができます。

内臓が働くということは、疲れやストレスが生じないわけはありませんので、内臓に蓄積していく疲れやストレスは二つあるということです。

内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で内臓というのは一番体の中にありますので、中から崩れを起こしていき、体の歪みや骨盤の歪みや背骨のズレになっていきます。

内臓に疲れやストレスが溜まるということは、内臓の1部である中枢神経系も疲れやストレスが溜まるということがありますので、大脳や脳幹などに疲れやストレスが溜まってしまうことが原因で顔のむくみや顔の脂肪、又は顔が大きくなるということが起きてしまいます、

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠りが浅いと睡眠負債状態になっていきます。

夜寝ている時に目が覚めないから寝ていると単純に勘違いしている方が多くなっていますので、眠りというのは脳が寝ていることだけを眠りといいます。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢というのは長時間夢を見ていたような記憶があってもたった数分だったり数秒だったりという短時間の時間で夢を見ることしかできません。

そのため、夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が3時間も4時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くなっています。

そのため、大脳が極端に弱ってしまっていますので、大脳が弱るとイライラしやすくなったり、頭がぼーっとしたりということが起きたり、脳内麻薬のようなものが分泌されてしまい、モルヒネに近い物質が出てしまって体にどんなに痛みやコリが起きているような状況があっても感じ取ることができないという方が多くなっています。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが、院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員と言っていいほど体調は悪くありませんとか調子が良いですと簡単に答えてしまっていますので、検査をしてみると骨盤の歪みが無茶苦茶だったり、背骨のズレが大きくてガタガタになっていたりという方ばかりいます。

ですから、痛みや凝りがないと言っても感じないと言っても体調が良いとは限りません。

体質改善と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には二通りの小顔矯正がありますので一つ目の小顔矯正は初回からできる小顔矯正ですから、初回からできる小顔矯正というのは体調を上げて顔を小さくしていくことです

初回から体調が良い方はいないと説明したように、多くの方の体には疲れやストレスが溜まっていますから、大脳や顔の表面上の部分にも疲れやすいですが、溜まっています。

最近分かったことなんですが、筋肉にも疲れやすいですが、溜まったり脂肪にも疲れやストレスが溜まったり骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかっています。

当院でも今まで気が付きませんでしたが、研究成果で骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

骨に疲れやストレスが多くなると、蓄積状態に応じて骨が厚みを増したり、形を違ったりして変形上体を起こしていきます。

つまり、人が生きているように骨も生きているんだということです。

お願い、生きているし、脂肪が生きているから増えたりしますので、骨も生きているから骨が飛来して肥大というのは厚みを増すということですが、厚みを増したり変形しながら大きく膨らんでいきます。

小顔矯正とは

小顔矯正と言っても、体の方から調整をしないと持続する力もありませんし、維持する力なんかはありません。

体に多くの疲れやスベスが溜まっているのに、また基本的な内臓に疲れやストレスが多く蓄積しているのに顔にも影響が出てしまうぐらい体調が悪いということが多く見受けられますので、体調が悪いと顔はむくみや脂肪が多くなったり、顔を自体が肥大していきますので、顎の部分は大きく膨らんでいきます。

これらを正常に近づけて戻していくことで、顔がスッキリしていき、特に顎のラインはスッキリ細く引き締まっていきます。

 

北九州市小倉小顔矯正を。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をする為には、ボキボキもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は小顔矯正というようにも小顔の治療といった方がいいかも分かりません。

小顔矯正をする時には、どうやって顔を小さくしていくのかというと、簡単なようで大変難しい技術で顔を小さくしていくことをしています。

小顔矯正をする時には、マッサージをするような感覚で顔を小さくすることをしていますが、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージで顔が小さくなることはないと院長も思っています。

小顔矯正をする時には、顔を揉んだりマッサージをするような感じで顔を小さくすることができますが、マッサージをしているわけではないと言っているように特殊な技術があるから顔を揉んだりマッサージをしたりすることで顔が小さくなるという、小顔矯正をしています。

本当に小顔矯正をする時には、顔をマッサージするようにして顔を小さくすることをしていますが、簡単にしているように見えますが、簡単な技術ではありませんので誰でもできることではありません。

当院は小顔矯正をする時には検査をする事をしていますので、検査をしてみると問題が色々見つかりますので問題を解消したりすることで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時には本当に顔が小さくなるのかということと、顔が小さくなっても維持することや持続させることができるのかということが一番、気になることだと思いますので、当院ではその説明もしています。

当院では検査をすることが出来ますので、検査をしてみると多くの方が問題を持っていることがわかりますので問題を解消していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。当院では小顔矯正をする時には必ず小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形を覚えてもらっています。

自分で顔の大きさを比べることができますので、小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし、簡単な触り方のようであって、簡単ではありませんので簡単に触ってしまった方ほど顔が小さくなっても分からないという方がいますが、特に睡眠負債状態が多く気がつかないである方ほど変化がわかりにくいということがあります。

そのためには、顔だけ調整すればいいというわけではなく、関係するところも色々調整する必要がありますので、その為の検査をするということなんです。

ただ、顔を小さくすればいいというわけではなく、顔というのは全体に関係していますので、色々なものが関係していますから、それらを検査しなければ見つかることができません。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時には、顔の触り方がありますので、顔の触り方を院長から直接説明をするようにしていますので、説明した通りに触るだけなんですが、簡単に触ってしまった方ほど本当にわからないという方がいますので、そういうことがないようにしっかりと触るようにしてください。

実は顔というのは体全体のことを表わしている場合がありますので、体全体の関係するものをすべて矯正することで維持する力や持続させる力が向上します。

小顔矯正をして顔が小さくなっても維持することや持続させる事は、自分の体調に全て関係をしています。

小顔矯正をする時には、両方の手首を合わせて顎の部分に充てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

しかし、ただ顔に手を当てて触っただけでは分かりません。

顔が小さくなっても分からないという方は、睡眠負債状態で頭の働きが低下しているというよりも、感覚神経の低下がうかがえる方がわかりません。

小顔矯正をする時には、両方の手首を合わせて顎に当て、手のひらと指を密着させるようにして触りますが、顔に密着させるようにして触ったら左右差を感じるようにすると手の集中力と頭にある感覚神経が働き出しますので働くとしっかりと分かると思います。

しかしての集中力と大脳にある感覚神経を働かせるということは大変簡単なことではありませんので難しいことの1つですから感じようとするとわかります。

今でも説明文を読んでいる時に鏡を見て目を閉じて顔を触ってみてください。

顔というのは左右差がありますので、右側が大きいとか左側の1部が大きいとか形がすべて違いますし、ほほ骨でも位置が違ったり顎のラインでも位置が違ったり形が違います。

左右差がわからない方は場合によっては顔が左右が同じなのかも分かりませんが、今まで30年間、小顔矯正をしてきて小顔矯正を希望される方の顔を見たら左右が同じ方は1人もいませんでした。

顔というのは体の状態や色々なものを表わしていますので、顔の左右差が違う方が多くいますが、それがわからないという方は睡眠負債状態があるということを調整していかない限りはしっかりとわかることができません。

大脳にある感覚神経を働かせる時には大きさを分かろうとする感じようとすることが大切ですから、それが出来る方が小さくなったのがしっかりとわかります。

しかし、簡単なことではありませんので、簡単だと思ってしまった方ほど感じようとすることができていなかったり、わかろうとすることが分かっていなかったりということがありますので、クエスチョンマークが浮いてしまう方もいます。

当院では小顔矯正を受けている方の中で、家族の方や友人の方から顔が最近小さくなったねと言われることをよく聞きますので、本当に顔が小さくなっていきます。

小さくなったのが分からなければ、小顔矯正をした後の笑顔が違いますので、しっかりと触って覚えることをしていますので二度ほど練習をします。

二度も練習をするのは本当に顔が小さくなるからです。しかし、本当に顔の触り方が悪く分からないという方がいるからです。

触り方の練習は1度目は院長から机の前で触り方を簡単に言いますので、同じようにして触るだけなんです。二度目は矯正する台の上に寝てもらって、院長が顔に手を当てて、さっきと同じように触ってくださいと言いますので、触ってもらっている時に患者さんのご自分の手の上から院長が手を重ねてこういう風に言う触るんですよと説明をします。

1度目で分からなくても二度目でわかるという方もいますが、出来たら1度目で分かってほしいところなんですが。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていく時には、体に蓄積してしまった疲れやストレスが一番の大敵になりますので、疲れやストレスが溜まっているところから疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなっていきます。

体には疲れやストレスが溜まるということは知っていると思いますが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということを知っている方は少ないと思います。

疲れやストレスが体に蓄積していくことが原因で顔に影響が出てしまっているんです。特に顔に脂肪やむくみが多くなるのは疲れやストレスが原因の1因もあります。疲れやストレスがどこに泊まるのかということを説明しなければ、小顔矯正と関係づけることができませんので、疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが、ある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスが多く、蓄積していくところというのは重要な部分なんです。

例えばですけど、体重が百kgの方がいたら体をぎゅっと絞ったら水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分だということです。

しかし、水分が何かを起こすということはないと思いますし、水分に疲れやすいですが、溜まるということはないと思いますので違うものが関係しているということです。

あと残った35キロの部分というのは、皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さと神経と血管とリンパなどの重さになりますが、これだけではなく中枢神経系と内臓も関係することが起こります。

疲れやストレスというのは、この中で多く貯まるものというのは筋肉と内臓です。中枢神経系も内臓の1部ですから、筋肉と内臓に蓄積していくことが原因で色々なものが起きているということがあります。

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることでも多くなったりしますし、運動や筋トレやジョギングなどでも疲れやストレスが多くなっていますが、それらを減らすことは考えていません。

例えばストレスが溜まったと言ったら、飲みに行ったり、カラオケに行ったり旅行に行ったり、温泉に行ったりショッピングをしたりということなんですが、それらは逆に精神的なストレスは発散できるかも分かりませんが、肉体的なストレスは溜まるばかりです。

精神的なストレス発散と肉体的なストレス発散は全然意味が違いますので、精神的なストレス発散は色々なものでできるかも分かりませんが、肉体的に溜まる疲れやストレスというのは発散を考えていません。

肉体的に溜まる疲れやストレスというのは大変多く、蓄積していますので、肉体的に溜まる疲れやストレスは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきます。

肉体的に溜まる疲れやストレスが小顔矯正をする時に一番邪魔になるものだし、維持する力を無くしてしまい、持続させる力が出ません。

疲れやストレスが肉体的に溜まれば溜まるほど、顔のむくみや顔の脂肪が多くなったり、体のむくみや体の脂肪も多くなったりします。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をする時には、もうひとつ疲れやストレスとは違って邪魔なものがあります。小顔矯正をしていく時には邪魔なものというのは睡眠負債状態なんですが、多くの方が寝ているようで眠れていません。

単純に目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるのが現状なんです。

眠りというのは、大脳が寝ていることだけを言いますので、目が覚めないから寝ているとは言えません。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、長い時間夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり、短時間でしか夢を見ていません。

最悪の睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠なんですが、寝ながら考え事をしている睡眠は大脳を弱らせていき、痛みやコリを感じにくくしていきますので、院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞かれると小顔矯正を希望されてきた全員が同じ言葉を答えます。

その言葉というのは、体調は悪くありません、とか調子は悪くありません、とか同じような言葉を発散していますが、検査をしてみると骨盤の歪みやズレが大きくあったり、背骨ガタガタで無茶苦茶だったりということなんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きまた背骨のズレというのは体調の悪さを表わしています。

体調が悪いから骨盤が歪んだり開いたりして背骨がずれています。

体調が悪いからむくみが多くなったり、脂肪が多くなったり、便秘や生理痛になります。

体調が悪いから吹き出物が多くなります。

体調が悪いから顔色が悪くなり、目の下のクマができます、

睡眠負債状態が多くなると、大脳から麻薬のような物質が出てしまいますので、麻薬のようなモルヒネのような物質が出ると痛みはコリを感じなくなります。

しかもそれ以上に大脳が弱ってしまうとハイテンション状態になってしまいますので、ハイテンション状態では痛みやご利用感じませんし、疲れたということも感じにくく、風邪をひくこともありません。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には検査をしていますので、小顔矯正をしていく時には異常のある部分を見つけ出すことをして顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には、顔を正常に戻すことをしていますので、顔にも疲れやストレスが触るということが最近わかりました。

顔というのは皮膚だったり、しかし脂肪だったり、筋肉靭帯やったり、顔の骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

特に顔の骨に疲れストレスがたまると炎症や腫れを起こしますので、炎症や腫れが起きると顔が大きくなり骨まで大きくなっていきます。

顔にも疲れやストレスが溜まると骨にもたまるということがこれに溜まった疲れやストレスは炎症や腫れを起こし、顔をむくみ状態というよりも大きくなってしまうということで、骨まで大きくなってしまいます。

北九州市小倉で、初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。

小顔矯正

小顔矯正は

小顔矯正をする時には初回から顔が小さくなるし、ボキボキもしないのに顔がスッキリしてくる、小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は本当に初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正というよりも顔の治療といった方が正しい言い方かもしれません。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが、検査をしてみると全員に何らかの顔の異常があるということが分かったからです。

顔の異常というのは、顔の作りというわけではなくて、顔自体に炎症や腫れやそれ以上のものがあるということなんです。

今まで多くの方を顔を小さくすることをしてきたんですが、院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞くと全員が体調は悪くありません。調子は悪くありませんと答えていますが、検査をする事をしていると逆のことが起きているということが分かります。

検査をして、逆のことが分かるというのは、体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ばかりなんです。

単純に検査を出てみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりすることは体調や調子が良ければ起きているはずはありません。

そして、背骨の検査をしてみると、背骨が歪みすぎてガタガタしているような状況になっているのに、体調はいいですと答えること自体が逆のことだということです。

背骨のズレがある方や背骨がズレすぎて、椎間板ヘルニアになっている方も多くいますので、背骨がずれていること自体、体調が悪いことを表しています。

体調の悪さや調子の悪さが骨盤の開きや歪みを起こし、背骨のズレを起こしていますので、検査をしてみると体調の悪さが分かりますが、それを感じていない方が多くいますので、感じていないと顔が大きくなって肥大をしています。

顔というのは体調や調子でかなり変わりますので、朝から浮腫んでいたり、脂肪が多くなったね。色々な状況がわかっていきます。

朝が一番、調子が良くなければいけませんので、朝からむくみが起きるということは、逆のことが起きているということが分かります。

朝が一番、顔が引き締まっていなければいけません。

毎日の生活することや仕事をすることでも色々な疲れやストレスが溜まっていきますので、疲れやストレスが溜まるとむくみが起きたり、疲れやストレスが多く蓄積していくということが大きいますが、朝というのは回復をしていなければいけませんので、顔が一番、引き締まっている状態が朝なんです。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていく時には最大の問題になるのは体に溜まっている疲れやストレスの多さにあります。

小顔矯正をしている専門家の先生でさえ知りませんが、小顔矯正をする時には体に蓄積した疲れやストレスが一番の大敵になります。

小顔矯正をしていく時には、体に蓄積した疲れやストレスというのは、蓄積状態が多くなればなるほど、顔に影響を出していくほど疲れやストレスというのは小顔矯正をしていく時には邪魔なものになります。

疲れやストレスが体に溜まるということは知っていると思いますが多くの方は小顔矯正をしていく時に関係するという事を知らない方が多くいます。

しかし、疲れやストレスと言っても体にどこの部分に溜まっていくのかということが問題になるわけですけど、もちろん筋肉にもたまりますが、ある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体を全て絞れば体重が65キロにもなりますので、半分以上が水分になります。体重の半分以上が水分、というわけですけど、水分と言っても色々な水分がありますから、血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水分だったりという色々な水分があります。

後の残り-35、キロというのは、皮膚の重さであり、筋肉靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さであり、残ったものは中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、大脳、脳幹、脊髄と内臓です。

しかし、かなり体調の悪さが重なった方は皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨まで炎症を起こしたり、晴れたりということが起きるということがわかったことも小顔矯正に深く関係をしています。

普通は大脳と脳幹と脊髄と内臓に疲れやストレスが溜まると言いたかったのですが、研究をしてみると本当に骨まで炎症や腫れが起きるぐらい疲れやストレスが溜まっている方が多くなっています。

普通では考えられないことなんですが、筋肉でも靭帯でも脂肪でも骨まで炎症や腫れが起きたりすることがあるということが分かったのが小顔矯正に影響をしています。

骨なんかは普通では炎症や腫れが起きることもあんまないと思いますし、そんなことが起きるとしたら大変なことなんですが、最近は多くの方が顔の骨まで炎症やハレを起こして肥大しています。

顔の骨まで疲れやストレスが溜まるということが分かったのも、小顔矯正をする時に効果を出す最大のものになっていますが、骨が炎症を起こしたり、ハレたりということまで起きるということは普通では考えられないし、どうやってそれを解消できるのかということもあります。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが、全員と言っていいほど体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く調子を落としていますが、それを感じていない方も多くなっていますので、感じていない方ほど大脳が弱ってしまっていますから、顔を小さくしても維持する力がなく、持続させることができない方が多くいます。

顔を小さくしても維持することをや持続させる力というのは、自分の中になければいけないのですが、大脳まで弱ってしまっていると維持する力なんかあるわけはありません。

大脳が弱ってしまうと痛みやコリが起きているような状況でも感じることができませんので、感じない限りは体調がいいと思っていますが、とんでもない状態になっています。

最近は多くの方が寝ているようで、眠りが浅く、睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債になるということは、寝ているけど眠りが浅いという状態が睡眠負債状態です。

睡眠負債状態の方は小顔矯正をしても大脳がかなり弱ってしまっていますので、維持することはできなくて持続させることもできなくて、むくみや脂肪が多くなっているということが見受けられます。

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目指さめないから寝ていると思っている方が大きな勘違い状態をしています。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。どんなに寝ている人を見ても、スースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても大脳のことまで見えていませんし、わかっていないのに寝ていると言っています。

夢っていうのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残って覚えていますが、夢を見ている時間というのは1秒だったり一秒だったりという短時間の夢が多く長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックでたった1秒ということもあるぐらいです。

夢を見るのは5時間も6、時間も夢見ることはありませんので、たった数秒の時間だったり数分の時間だったりという夢を長く感じているだけなんです。

後の残った時間というのが問題になるんですが、残りの時間は寝ながら考え事を知る時間が3時間も4時間も5時間も6時間もあります。

寝ながら考え事をしてる時間というのは、大脳が活性化している状態ですから、夢を見るよりも更に最悪の睡眠なんです。

寝ながら考え事をしてる時間ていうのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠で記憶に残ることはあまりありません。

ですから、寝ながら考え事をしている睡眠をしていたという記憶に残ることはあまりないと思います。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠という一番まずい睡眠ですから、大脳を極端に弱らせていき、体が疲弊したり衰弱したりという状態まで落ちている方が多いのは睡眠負債状態が原因です。

寝ているようで眠れていないということは、大脳が極端に弱っていきますので、大脳というのは一番大切なことですから、大脳が弱ると全ての身体は調子を落とさなければいけません。

しかし、大脳が極端に弱っていくと大脳からモルヒネみたいな麻薬の物質を分泌されてしまい、痛みやコリを感じなくなっていきます。

大脳から出るモルヒネというのは大変強く麻痺させた状態のようになりますので、どんなに痛みやコリが起きているような歪みやズレが起きていても感じ取ることはできません。

痛みやコリ感じ取ることができなくなっても実際には起きている訳ですから、体のトラブルが多くなったりすることが急速に起きて進行していきますし、大脳の問題も起きると認知症や痴呆などの問題を起こしたり、精神疾患のイライラしたりとか頭がボーッとするとか言う程度ではない状態で鬱やパニックなどが起こるという方までいます。

痛みやコリが起きているにも関わらず、感じないということは大変なことが起きています。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をする時には、小顔矯正をする前にご自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを覚えてもらうようにして、自分でお顔が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後を比べることができるので、小さくなったのがしっかりと分かるように触り方まで指導しています。

触り方の指導は院長と机で向かい合って触り方を指導したりすることはもちろんですが、小顔矯正に入る前の直前に院長と共に顔を触って覚えてもらうようにして小顔矯正に入っていきます。

小顔矯正をする時に二度程練習をしますので、しっかりと覚えるようにしてほしいのですが、触り方は簡単だため簡単に触った方ほど顔が小さくなっても分からないという方がいますので分からないということがないようにしっかりと触って覚えておいてください。

触り方は凄く簡単なんですが、まずは顎の部分に両方の手首をくっつけて手のひらと指を顔に密接させるようにして触りますが、ただ触っただけでは感じ取っていませんので小さくなってもわかりませんから左右差を感じ取るようにしてください。

左右差を感じようとする時に手だけではなく大脳の感覚神経が働き出しますので、感覚神経を集中させて手に集めることで小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありませんので、小顔矯正で変わる範囲というのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じで顔が小さくなっていきますので、たとえ1センチが変わっても判るように触っておいてほしいんです。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には無理やりな小顔矯正をすることはなく、元気や機械を使うこともなくての技術力のみで顔を小さくすることをしていますので、顔をマッサージしたり顔を問題にすることで顔が小さくなるという超がつくぐらい特殊な小顔矯正をしています。

当院のような小顔矯正ができない方は、無理な顔を押さえつけたり、痛い思いをさせるような小顔矯正をするしかありませんので、当院ではそういう小顔矯正はしていません。

 

北九州市小倉で、初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をしていくときにはできるだけ初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はボキボキすることもなく顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正なんですが 小顔矯正をする時にはどうやって顔を小さくすることをしているのかということを説明しなければいけませんし顔が小さくなっても持続力があるのか維持することができるのかということを多くの方に聞かれますので説明をしていきたいと思います。

説明をする前に当院の小顔矯正は小顔矯正に入る前に全員にあることをして覚えてもらうようにしています。小顔矯正に入る前にしてもらうということは顔を触って小顔矯正に入る前の大きさを覚えてもらうことです。

小顔矯正に入る時には全員が自分の顔を触って覚えてもらうことをして小顔矯正に入りますので直前で触った顔の大きさを覚えてもらいながら小顔矯正に入り 小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴です。

つまり小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし比べるのは自分で確認ができるように比べてもらうことをしていますのでそのためには小顔矯正に入る前の顔の大きさと小顔矯正をした後の顔の大きさが変化が分からなければ意味はありません。

小顔矯正に入る前に2度ほど顔の触り方を院長と共に練習をします。

顔の触り方には小さくなったのがわかる触り方がありますので 触り方を一緒に練習をします。

顔の触り方は単純で簡単なんですが大変、難しい触り方です。

小顔矯正をする時に触る触り方というのは 顎の部分で手首を合わせて手のひらと指を顔に密着させるだけなんです。

しかしただ密着させただけでは 顔を触っているだけで小さくなったのがわからないという方がいます。

できるだけ当院ではわからないということがないようにしていますが100%とはいきませんので必ず顔の触り方をしっかりと覚えるようにしてください。

小顔矯正の触り方は顎の部分に手首をくっつけて位置を決めるようにして手のひらと指を顔に密接して鏡などで見て浮かないように注意しながら触り左右さを感じようとしてください。

多くの方の顔の場合、左右差が必ずありますので左右差を感じながら触るとどちらが大きいとか一部分だけが大きいとかいうことが分かると、より小さくなったのが分かります。

一番大事なことは左右差を感じようとすることで集中力が増し脳にある感覚神経を働かせることができるのが理由です。

ですから手を当てただけでは分かりません。

左右差をわかろうとすると分かります。

左右差を感じようとすると 分かりやすくなります。

しかしあることが多く起きている方は大変失礼なんですがどんなに小さくなっても分かりにくいと思います。

小顔矯正と言っても10 CM 20 CM も顔が小さくなるということはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなりますので1 CM 変わっても顔が小さくなっているわけですから一cm 変わってもわかるような触り方をしてください。

特に 顎のラインはすっきり細く引き締まっていきますので多くの方がびっくりするぐらい 変わる方もいますので しっかりと触ることをお勧めしています。

小顔矯正は

顔を小さくしていく小顔矯正は初回から変わる小顔矯正ですから初回から小さくなったのが分かるようにしていきますので必ず触り方に注意しながら覚えておくようにしてください。

小顔矯正をしていくときには どういう風にして顔を小さくしていくのかと言うと電気や機械を使うこともなく院長の手の技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の院長は30年の小顔矯正の経験と臨床がありますので今まで多くの方を小顔矯正をしてきましたが一人も顔が小さくならなかったという方はいません。

しかし顔が小さくなっても、わからないという方がいますので分からないことがないように努力をしています。

小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくしていくのかと言うと誰でも真似ができない小顔矯正をしていますが一番簡単で単純で痛くない怖くない方法です。

小顔矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで顔を小さくすることができますので単純にマッサージをしているわけではありません。

院長もマッサージをして顔が小さくなるとは考えていませんので院長の手の技術 で顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

本当に小顔矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなる小顔矯正なんです。

実際に毎日、小顔矯正をしている時にはマッサージをするような感覚でマッサージを ているわけではありませんが顔を小さくしています。

本当にマッサージをしているような感じで小さくしているのでそれ以上のことをはありません。

しかし院長は検査することを小顔矯正で行いますので検査をしてみると多くのことが分かってきます。

今まで小顔矯正に訪れた方の全員が院長が体調はどうですかとか調子が悪くないですかと聞かれると 体調は良いです調子は悪くありませんという答えを全員が返してきますが検査をしてみると無茶苦茶な状態がわかります。

無茶苦茶な状態というのは検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくはあったり背骨がずれてガタガタになっているという方なんですが特に背骨のズレは内臓の疲れやストレスが原因で内臓に蓄積したものが多くなっているのが理由です。

そんな状態の方が体調は良い理由はありませんし調子が悪くないという理由はないと思うんですが。

睡眠負債と小顔矯正

しかしこれにもあることが理由で起きている現象なんです。

自分で体調がいいと思う方は睡眠負債状態の方が多くいます。

睡眠負債状態というのは寝ているけど眠りが浅いということです。

多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝までぐっすり眠れているから眠れているんだと思っていますが、これが大きな間違いなんです。

眠りというのは脳が休養取って寝ていることを言います。

脳が休養とっている時間が長くなればなるほど寝ているわけです。

最近の睡眠負債の方は夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ているとだけ単純に考えていますので眠りというのは脳から出ていない限りは眠れていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 夢を見ている時間というのは短時間ですから1時間も2時間も夢を見ている方はいません。

夢を見ている時間は 1秒だったり2秒だったりまたは1分だったり2分だったりという短時間で夢を見ています。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていれば寝ているなと思うでしょうが 脳の中のことまで考えていませんし大脳が寝ているかどうかは目で見てわかりません。

大脳が寝ていることが眠りです。

いくら体が横になってスースー寝息を立てていても大脳が寝ていなければ眠れていません。

不眠症でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めておしっこに行くとかが不眠症でしたが睡眠負債は違います。

睡眠負債は目が覚めないけど 負債状態に眠りがなっています。

睡眠負債が多くなると 大脳が弱っていきますので大脳が弱ってしまうと顔を小さくしても維持することができなくて持続させることができないということが起こります。

小顔矯正で顔を小さくすることをしているのでその場で顔が小さくなっても持続させることができるのは自分の状態に関係があります。

睡眠負債状態が多くなると脳は弱っていきますのでのうがいはあると痛みやコリを感じにくくなりますので体調は良いと思っていますしハイテンションになるかと思いますのでハイテンションになれば疲れ知らずで動けると思います。

ハイテンションという状態はどんなに危険なことかも分からずに。

ハイテンション になった脳というのは物忘れやうっかりが多くなりますし言葉の会話が徐々に成り立たなくなって会話ができなくなります。

最近は多くの方がハイテンション状態になっていますので面白くない時にも笑ったり変な時に笑ったりという感じの方が時々いますのでハイテンション状態の脳というのは大変、怖いところがありますが自分ではわからなくなっています。

本当にハイテンションになっている方は体調が良いと思っていますし疲れ知らずで動き回ることができます。

歪みやズレが起きていないわけではありません。

痛みやコリが起きていないわけではありません。

感じないしわからないだけなんです。

どんなにいくら小顔矯正をして顔を小さくしても大脳が弱っていたり疲れやストレスが溜まっていると持続させることはできません。

小顔矯正というのは

小顔矯正をしていくときには初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていきますので必ず顔の大きさを覚えるようにしてください。

しかし最近は毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが体に溜まっていますので体に溜まるということは知っていてもどこにたまるのかということを知っている方は少ないと思います。

疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓なんですが内蔵と言っても何でもかんでも病気というのを関係付けることなく内臓に疲れやストレスが溜まっているということです。

内臓に疲れやストレスがたまると中枢神経系である大脳と脳幹も内臓の一部ですから大脳や脳幹にも疲れやストレスが溜まり脳幹というのは生命機能の中枢ですから生命機能の中枢が落ちていけば身体全体が ダメージを被ります。

そして顔にも疲れやストレスが溜まっていきますので顔に疲れやストレスがたまると皮膚が炎症を起こしたりハレたり脂肪が炎症起こしたり腫れたり筋肉靭帯が炎症を起こしたりハレたり顔面の骨まで炎症を起こして肥大しながら変形起こし大きくなっていきます。

これらを正常に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

ですから小顔矯正と言っても正常に戻していくことをしていく小顔矯正です。

 

 

 

 

 

北九州市小倉 で初回から顔が小さくなることで人気がある 小顔矯正をしています。

小顔矯正

小顔矯正は

小顔矯正 押をして行く時には初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますのでボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる小顔矯正をしているのが当院の特徴です。

当院の小顔矯正の特徴は ボキボキもしないけど電気や機械を使うこともしないけど手の技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときには小顔矯正というよりも顔の治療という意味合いが多くあるのが当院の特徴なんですが顔の治療というのは顔の形とかではなく検査をすることで見つけ出すことができる顔の異常なんです。

当院の小顔矯正は顔をマッサージするような感覚で揉んで行くと顔が小さくなるという小顔矯正をしていますがただ単に顔をマッサージするような感じで揉んでいくだけで顔を小さくしているわけではなくそんなことができるわけではありません。

顔をマッサージするようにして揉んで行くの 顔が徐々に小さくなっていきますがそれには理由があるんです。

理由ありますからマッサージをして顔が小さくなることはありませんし顔を揉んで顔が小さくなることはありません。

顔をマッサージするようにして揉んで行くと顔が小さくなる特殊な技術を院長は持っているから初回から顔が小さくなる小顔矯正ができるんです。

当院の院長も小顔矯正をして30年以上になりますので色々な研究や色々な臨床から 上手な小顔矯正ができますが上手な小顔矯正というのはマッサージをするような感覚で顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるという小顔矯正なんです。

しかし何回も言いますがマッサージをして顔が小さくなることはありませんし顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるというのは全然不可能だと思いますのでそこには秘密の技術があるからできる技です。

小顔矯正をする時には本当にマッサージをするような感じで顔を小さくすることができます。

そしてどんなにいい顔が小さくなる機械を用いてもできないレベルをしていますので多くの方が当院の小顔矯正を受けられるとびっくりしていますが院長は簡単にしているようにして特殊な技術を持っているからできる技ですから誰でもどこでも真似できるものではありませんし同じようにマッサージや顔を揉んだりしても顔が小さくなることは他の方がしてできることはありません。

当院の院長だけができる小顔矯正の技です。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていく時に一番、邪魔なものと言うか多くなると障害となるものがありますがその一つは疲れやストレスの蓄積です。

小顔矯正をする時には一番、関係がないように思えるかも分かりませんが実は疲れやストレスというのは大変小顔矯正に深く関係を持っているんです。

小顔矯正をしていくときに 例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅーっと下では水分が65%つまり65 kg にもなります。

あと残った35 km というのは皮膚の重さであり筋肉と靭帯の長であり脂肪の重さであり骨の重さであり後は神経と血管とリンパ管と中枢神経系と内臓しかありません。

中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄にあたりますがこれらも内臓の一部ですから内臓と筋肉つまり疲れやストレスがたまるというところは内臓と筋肉になります。

内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まりながら 体の歪みやズレが起きていきますので体のズレやゆがみが多くあると小顔矯正をする時に障害になります。

体に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で顔や体にもむくみや脂肪が多くなってしまいますのでむくみや脂肪が多くなるとそれを減らすことから優先して変えていかなければいけませんが減らすことでも顔が小さくなるという効果はあります。

しかし顔にできたむくみや脂肪を減らすことをしても 身体全体がぶよぶよしていたり歪みやズレがあったり骨盤の歪みが開きが大きくあると顔を小さくしてもきれいに見えることはありません。

そのため当院ではトータル的に前進的に小顔矯正をしていきます。

しかし初回からはいろいろな小顔矯正をすることができませんので小顔矯正に訪れているわけですから顔を小さくしていくことに専念していきます。

初回から顔が小さくなるという小顔矯正をしていますので顔を小さくしないと納得してもらえません。

しかし疲れやストレスというのは内臓に蓄積していくということを説明したと思いますが先ほども説明に書いたように中枢神経系にも疲れやストレスは溜まっていきます。

疲れやストレスというのは中枢神経系に溜まっていきますので中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄という一番大事な部分になります。

中枢神経系の脳幹と言われるところは生命機能の維持に一番大事なところですし内臓の自律神経を支配してるとこだし体温を調節したり呼吸中枢に関わることでも知られている部分が 中枢神経系脳脳幹です。

眠りと小顔矯正

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますがその方全員が院長から質問されると同じことを彼と答えています。

小顔矯正をしていくときには 体調などを検査するようにしていますが体調はどうですかとか調子は悪くないですかと院長が効くと小顔矯正を希望される方全員が体調はいいですとか調子は悪くありませんと簡単に考えていますがこれは何かの症状を感じていないという状態のことだと思いますけど検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃ大きくはあったり背骨がずれてガタガタしていたりという状態で決して体調が良いとは思えない状態の方が多いからです。

体調が悪い方は骨盤の歪みが大きくあったり骨盤が開いて大きく開いていたり背骨がずれてガタガタしていたりということが必ず起きています。

それでもなおかつ体調は良いと思う方がいるとしたらそれは睡眠負債状態になっているからです。

睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方なんですが普通に考えればこれは良い睡眠なんです。

しかし眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが最悪の睡眠の寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い睡眠ですから妄想状態で寝ていると目が覚める瞬間に忘れて記憶には残りません。

寝ている方を誰かが見てもスースー寝息を立てていれば寝ていると思います。

しかし頭の中の事まで見えてませんし考えていません。

昔でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり 夜中に何回も目を覚ましてトイレに行くなどのことが不眠症という状態でしたが最近の睡眠負債の方は形が違います。

睡眠負債というのは夜寝ようとすると朝まで目が覚めることはない場合が多く 目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしている方です。

睡眠負債状態が多くあると大脳が弱って脳細胞の急激な減少起こし生きていく神経である脳幹の部分も衰弱状態を起こし硬くなるということも起こります。

自律神経の大元である脳幹が弱って衰弱状態になると痛みやコリを感じにくく麻痺状態になります。

痛みやコリを感じにくく麻痺状態になると体調は良いと思っていますし最近なんとか風邪ひかないなと思っている状態でも風邪やインフルエンザウイルスの細菌がむちゃくちゃ多く体内に入って増殖しているけど脳が弱っているから発症しきれないという方までいます。

風邪の細菌が体内に入って増殖していても大脳が弱ってしまっていると何も感じません。

どんなに歪みやズレが起きていて痛みや凝りになっているような状態でも大脳が弱ってしまっていると何も感じません。

大脳が元気だから最近の増殖が発見されると熱を上げることを大脳がしています。

つまり脳が弱ると熱を上げる元気もないということです。

最近は多くの方がこんな方が多くいますが 頭を触ることでも単純に分かりますし検査をすると大脳が反応してしまっていますので大脳の中でも脳幹や伝統やが反応する方が多くなっています。

小顔矯正

小顔矯正をする時には体調や疲れやストレスや睡眠負債状態が深く関係しますので顔にも疲れやストレスは溜まっていきます。

顔に疲れやストレスが溜まることで 皮膚や筋肉や靭帯や骨まで炎症を起こしたりハレたりということで肥大して変形起こして行きます。

疲れやストレスというのは どこにもたまりますしたまらないというところはありません。

疲れやストレスは顔の皮膚にもたまり筋肉にもたまり骨まで溜まっていきますので骨が炎症を起こしたりハレたりということが起きるのが最近多くなっていますがそれも検査することで判断できますので特に顎のラインは多くの方が炎症や腫れを起こしています。

それらを減らして正常に戻していくことでも顔が小さくなります。

当院の小顔矯正は小顔の治療といったのがこういう意味がありますので顔を正常に戻すことで顔を小さくしていくという小顔矯正ですが多くの方の顔に何らかの問題を持っていますので今まで30年間、小顔矯正をしてきて問題がないという方は一人もいませんでした。

そして顔を小さくするためには体質改善という小顔矯正もありますので体質改善というのは若返りの小顔矯正でありアンチエイジングの小顔矯正でもありますので細胞レベルからまた体の中から若返りをさせることで顔の小ささを維持することが向上したりさらに顔が小さくなるという小顔矯正の体質改善です。

しかし体質改善の治療は強い治療ですから初回からはできませんし体の状態が整わない限りはできませんから期間を空けずに訪れている方は顔が徐々に小さくなっていきますので受ければ受けるほど顔が小さくなりますし顔だけではなく身体全身が変わってくるようにしてウエストなども細くなり小尻になることもできますがむくみや脂肪も取れて改善していき骨盤の歪みや背骨のズレも整っていくという全身に及ぶ小顔矯正です。

北九州市小倉 で顔が小さくなることで評判のいい 小顔矯正 をしている徳力整体院は30年になります。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をして行く時にはボキボキもしないし痛くもないし強くもない小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正です。

当院の小顔矯正は特徴のある小顔矯正ですから他の小顔矯正をしている治療院とは全然やり方と小ささが違います。 小顔矯正をしていくときには必ずご自分の手を顔に当てて大きさなど覚えてもらうことをして小顔矯正に入るようにしていますので顔が小さくなったのが自分でもわかるように比べることができるのが特徴なんです。

小顔矯正をして顔が小さくなっても持続することができるのか維持させることができるのかという疑問があると思いますが、これにもお答えをしていきますので説明をしっかりと聞いて考えるようにしてください。

小顔矯正をしていく時には初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念をしていきますが小顔矯正と言っても顔だけが顔に影響を出すものではありません。

そのため顔だけ触って初回は顔を小さくすることをしていきますが二回目か3回目の時には顔だけではなく体の調整もしていかないと持続する力もありませんし維持することはできませんし顔がもし小さくなっても体がぶよぶよしていたり背骨がガタガタになっていたりすると綺麗に見えることはありませんし顔が小さいなと思うこともありません。

顔と体というのは深い関係がありますから顔だけ小さくしても意味はありませんし小さくなったねと言われることもありませんから体を整えていくことが一番なんですが体を整えて行くと身体全体も細く引き締まっていくということが多くある小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときにも顔から体にも影響がありますので顔だけ触ってしているのにウエストが細くなってきたということもあります。

小顔矯正をしていくときに顔しか触っていないのに下半身が引き締まってきた浮腫みが取れたということもあります。

小顔矯正をする時には顔だけではなく全体的に影響を出しているのが頭の問題なんです。

他の治療院ことはあまりよくは知りませんが小顔矯正と言うと顔だけ無理に押さえつけたりボキボキしたり電気などをかけたりすることが多く見受けられますが当院では小顔矯正をしている時には手の技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

小顔矯正をして行く時には

小顔矯正をしていく時には小顔矯正に入る前に顔の触り方を2度ほど練習をします。

1度目の練習は院長と机の前で向かい合って触り方を教えますのでその通りに触って覚えて欲しいんですが簡単なようで簡単なものではありませんので簡単に触ってしまった方ほど小さくなってもわからないという方はいます。

小顔矯正をする時には顔の大きさが10 CM を20 CM も変わることはありませんので一センチ変わっただけでも大きく変わっていますので1 CM 変わったのが分かるようにしておいて欲しいんです。

人においては1 CM 以上変わるということもありますので当院ではメジャーなどで測っていることはありませんので手の感覚神経を利用して触ってもらうようにしていますから大きさの変化は実際には分かりません。

スタッフの方がメジャーなどの測定する機械などを用いたりして顔の大きさを測ることをしている治療院もあるようですがそんなことをしなくても一番自分の手の感覚を 大事にすることで顔の小さくなったということがわかるようにしていますので自分で比べることができるのが一番だと思います。

小顔矯正をする時の顔の触り方は両方の手首を合わせて顎の部分に当てます。

顎の部分に両方の手首を合わせて開けたら手のひらと指で顔を密着させるようにして触ってください。 浮いた部分がないようにできるだけ手のひらと指を顔に密着させます。

密着させることができたら 顔の左右差を感じ取るようにして触ってください。

目をつぶって顔の左右差を感じようとすると手の集中力だけではなく頭の感覚神経が働き出しますので頭の感覚神経で手の集中力が向上して今現在の顔の左右差がしっかりと分かって記憶することができます。

しかし誰でも顔を触ることはできますが頭を働かせることができなかったり集中力が手になかったりするとどんなに小さくなっても分かりません。

当院で2度ほど練習するというのは分からない方がいる関係です。 顔が小さくなってもわからなければ意味はありませんのでしっかりと触って幅や左右さなどを覚えるようにしてください。

顔は左右が違うように形成されていますので同じ形はいませんので右側が全体的に出っ張っているとか左側が一部分だけが出っ張っているとか位置が違うとか色々な顔の状態がありますので、これを分かるように手で触っておいて欲しいんです。

2度目の小顔矯正の触り方は 小顔矯正に実際に入る直前に治療する際に植え向きで寝てもらって顔を触ることを院長とともに練習をします。

小顔矯正とは

小顔矯正に入る時には機械などを使うこともなくボキボキもすることもなく痛いこともなく怖いこともなく力を抜いて寝ているだけで顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感覚で顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていく特殊な小顔矯正をしていますので本当に他人の目から見てもマッサージをしているような感じでしか小顔矯正をしているとは思えませんが実際に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていくと説明しましたがマッサージをして顔が小さくなるということはありません。

しかし本当に専門家の先生が見ても顔を揉んだりマッサージをしているような感じで徐々に顔が小さくなってむくみや脂肪が減っていくという顔が小さくなる子顔矯正をしているのが事実です。

小顔矯正をして行く時には顔にできたむくみや脂肪を減らすことも顔が小さくなる要素だと思いますのでむくみが脂肪を減らして顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をしている時にはそれだけではダメなんです。

それ以上のことができないと本当の意味で小顔矯正とは言えません。

小顔矯正をしていく時には当院では検査することをしていますので検査をしてみると顔にも異常のある部分が多く見つかります。

顔の異常というのは顔にも疲れやストレスが溜まるということなんです。

これも当院では検査することができるから発見されたことですが毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧役列車などで多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

この疲れやストレスというのはどこにたまるのかという疑問がありますが疲れやストレスがたまるところは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので疲れやストレスは誰でも多く蓄積していきますが 疲れやストレスが溜まるところが問題になります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中ぎゅーっと絞れば水分が出てきます。 その水分というのは 65 kg が水分の量になります。 つまり体の半分以上は水分になりますがこの水分は骨の中にも筋肉の中にも血液の中にも 色々な所に水分があります。

体重が100 kg で65 kg が水分ですから後残った35 kg は骨の重さであり皮膚野面であり筋肉の重さであり人体の重さであり脂肪の重さでありあとは神経と血管とリンパ管しかありません。

そして残ったものは 中枢神経系と内臓になります。

中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄です。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓と中枢神経系です。

疲れやストレスは 内臓に蓄積していきます

疲れやストレスは筋肉にも多くたまりながら内臓に蓄積していきますので雷蔵に蓄積した疲れやストレスが原因で必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

体に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で顔にも脂肪や浮腫が大きくなります。

体に多くの疲れやストレスが溜まるということは中枢神経系にも疲れやストレスが溜まりますので中枢神経系と言うと大脳や納棺や脊髄にも疲れやストレスが溜まると考えてもおかしくはありません。

顔に疲れやストレスが溜まるというのは生きているから骨にも疲れやストレスは溜まりますので骨が炎症を起こしたりハレたり左ということが起こります4代脳も疲れやストレスを溜めてしまうと炎症や腫れや肥大しながら晴れたり大きくなったりということで顔が肥大して大きくなります。

これらを改善していくためには疲れやストレスを軽くしなければいけませんが軽くしていくと顔が小さくなってむくみが取れていきます。

 

北九州市小倉 初回から顔が小さくなると評判の良い 小顔矯正 をしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をして行く時には初回から顔が小さくなると評判のいいボキボキもしないし痛くもないと人気がある小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる小顔矯正をしていますので顔を無理やり押さえつけたりすることもない小顔矯正ですから安心で顔を小さくすることができます。

多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが多くの方は小顔矯正の意味を知らないで ただ顔を小さくしてほしいという希望だけを伝えてきますので小顔矯正の説明をしていきたいと思います。

当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正というよりも顔が小さくなる治療と言った方がいいと思いますのでどういう意味があるのかということを説明するということなんです。

他の小顔矯正をしているところでは顔ばかり触って小顔矯正をして効果がなかったり戻りやすくなっているという感じですが当院では小顔矯正をしていくときにも検査することをしています。

今まで多くの方の 顔を小さくすることをしてきましたが全員と言っていいほど体調が良い方は一人もいませんでしたので院長が体調はどうですかとか調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞いてみると全員が体調は悪くありませんと言います。

検査をしてみると ご自分で評価される自分の体調が違うということがわかります。

小顔矯正と体調

どうして自分が評価する体調が違うのかということも理由がありますので最近多くの方が睡眠負債状態になっていますから夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に思っている方が多くなっています。

寝りというのは目が覚めないから寝ているというわけではなく寝ているということは脳が休養とって寝ていない限りは眠りとは言えません。

他の方が寝ている方を見てもスースー気持ち良さそうな眠りをしていても脳の中のことまで考えていませんし実際に見た目だけで判断していることが多くあります。

眠りというのがなんたるものなのかと言うと脳から休養とって寝ていることだけを眠りと言いますので体がいくらスースー寝息を立てていても気持ち良さそうな眠りをしていても脳が休養とって寝ていない限りは眠っていません。

眠りの問題というのはもう一つありますが寝ようとすると目が冴えて眠れないとか夜中に何回も目が覚めてしまうとか夢ばかり見ている感じがするとか色々な状態が不眠症でしたが睡眠負債というのは違った状態で出ています。

睡眠負債というのは自分でも分かりづらく夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 寝ながら考え事をしている時間が多くなっているということが一番重大なものになります。

寝ている本人に聞いてもわかるわけはありませんし目が覚めないから寝ていると思っているだけですから。

小顔矯正をしていくときにも一番邪魔なものがありますが邪魔なものというのは睡眠負債状態の強い方です。

小顔矯正をしていくときにどんなに体を整えたり顔を小さくする小顔矯正をしても立った瞬間に崩れやすいからです。

睡眠負債と小顔矯正

どんな歪みやズレよりも睡眠負債状態というのは急激な脳の活力の低下を招きハイテンションになります。

ハイテンションになっている方は朝からすぐに動けますしあくびが昼間も少しは出るかも分かりませんが昼間もあまりあくびをすることはありません。

夜寝ようとする時にハイテンションの方は時間だから寝ている感じで寝る前にあくびなんかが出る理由は少ないようです。

眠る時にはあくびが出ているか出ていないかということが一番重要になりますのであくびが出るということは脳が休養を取りたいと言っています。

あくびが出ないということは眠る準備が脳にできていない状態ですからノーも興奮状態や緊張状態が強くハイテンションになっている状態なんですがこんな状態でも一応は目を閉じて寝ることができますが脳は夢を見ているか寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間も7時間も8時間もあります。

最近はこういう睡眠負債状態の方が異常に多く睡眠負債状態になれば痛みやこりは感じにくくのうは弱っていると麻痺した状態になっています。

脳が元気だから痛みやコリを感じることができます。

脳が元気だから 風邪の細菌が体内に入って増殖したら脳が熱を上げて最近を減らそうとします。

インフルエンザウイルスが体内に入っても脳が元気だから細菌やウイルスを殺そうとしてまたは減らそうとして熱を上げて細菌やウイルスを減らそうとしますがどうが元気じゃないと隠れインフルエンザ隠れ、風邪になります。

細菌やインフルエンザウィルスなどのウイルスが入っても脳が元気じゃないと何も起こりませんし何も感じ取ることができません。

脳が元気だから顔が小さくなった状態を維持することができます

いくら小顔矯正で顔を小さくすることができてもいいした瞬間から崩れていくような体の状態では持続性がある理由はありませんしどんなに良い最高の小顔矯正をする先生も無理だと思います。

自分の疲れやストレスの度合いも深く関係しますので毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどが多く溜まっていると疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスが多くなったものが歪みやズレを起こし体に多くの疲れやストレスが溜まっていき小顔矯正をしても維持する力なんかはありません。

そして疲れやストレスが多く溜まった方ほど脂肪が多くなりむくみが多くなっていき太りやすくなります。

疲れやストレスというのは色々な部門から溜まって多くなっていきますので疲れやストレスを減らすことから始めると顔が小さくなっていき維持する力が上がったり大きな効果が出てきます。

小顔矯正をする時には初回は顔だけ触って小さくすることをしていますが初回の顔の小ささを維持することも大変難しく少しは戻りがありますが完全に元に戻ることはないと思います。

しかし一度で終わる小顔矯正はありませんのでまだまだ整えなければまだまだ調整しなければいけないところが多くあります。

一回や二回で体が整えられるほど疲れやストレスの蓄積が軽ければまた少なければ いいですが。

一番厄介なものは睡眠負債状態だと考えられますので睡眠負債上体が起きるところは大脳や中枢神経系に深く関係を持っていますので大脳の力を上げたりすることに神経の中枢神経系である脳幹の部分の改善も必要になります。

小顔矯正とは

本当に今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をする前にはご自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の幅が大きさを覚えてもらうようにして練習することを二回しますので覚えてもらいながら小顔矯正に入って小顔矯正をした後を比べてもらうことをしています。

他人がメジャーなどで測ったりすることもいいかも分かりませんが当院ではご自分の両方の手のひらの顔を触ってもらうことで判断してもらうことが一番最高だと思いますので自分で比べることをしてもらいます。

しかし顔を触るということは自分の顔でも簡単なものではありませんので小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も顔が小さくなるということはありません。

小顔矯正をしていくときに顔が小さくなるのは1 CM か2 CM か3 CM ぐらいだと考えてください。

もちろん顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことはもちろんですが最近はそれだけではなく顔の歪みだけではなくいろいろな状態のものが積み重なっていますから積み重なったものを少しずつでも減らしていくと顔が小さくなって皮膚も引き締まっていきます。

こういう意味から当院では小顔矯正というよりも小顔治療と言った方がいいかも分かりません。

そのためにもしっかりとした検査をして異常のある部分を見つけていき異常のある部分を正常に戻すことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

 

北九州市小倉 で顔が小さくなる 小顔矯正が人気がある徳力整体院は三十周年になります。

小顔矯正

小さくなる小顔矯正

小顔矯正 をしていくときには 初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていきます。

今まで多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが当院では全員の方がどこかの部分が顔が小さくなる小顔矯正をしていますので評判が良くて人気があります。

小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけたりすることもなく痛いこともなく怖いこともなく安心安全な小顔矯正をしているのが当院の特徴です。

小顔矯正をして行く時にはご自分の両方の手を顔に当てて大きさや幅を触って覚えてもらうことをしながら小顔矯正に入りますのでご自分で小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べてもらうことをしているのが当院の特徴でもあります。

しかし顔を触ってもらうということは目で見て判断できるわけではありませんので簡単な方法ではありませんしある部分を働かせて触ることをしないと分からないという方がいます。

小顔矯正に入る前に顔を触って覚えてもらうことをしていますので顎の部分で両方の手首を合わせるようにして触り手のひらと指を顔に密着させながら触ります。

触り方はこれで大丈夫なんですがさらに触った後に左右差を感じようとして 目をつぶって触るということが一番だと思います。

特に左右差を感じようとする時に ただてだけで触ってしまった方はわかりませんので頭を働かせながら手に集中してどちらが出っ張っているのかどこが出っ張っているのかということを働かせながら触って覚えると顔が小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても顔の幅が10 CM も20 CM も変わるということはありませんので1 CM でも変わっても2 CM でも変わってもわかるようにして触っておいて欲しいんです。

顔が1 CM でも変わってさらに脂肪やむくみなども改善することをして減らしていきますのでむくみやたるみの度合いを指をつまむようにして触ったり皮膚の感触を感じたりしながら触らないと変化しても分からないと思います。

何よりもを手で触るよりも 左右差を感じようとしたりどこが大きいだろうかということを意識しながら触るということが一番小顔矯正をしていくときに変化が分かる方法だと思います。

他人がメジャーなどで測ったりすることもなく 自分の両方の手のひらを顔にあてることで大きさや幅を覚えてもらうことをしていますので他人がメジャーや計測する機械で測ったりすると位置が違ったり強く測ったり威力測ったりという風に色々な問題が生じてしまいますので自分が触るということが一番確実でわかると思いますのでわかりやすいように触って覚えておいてください。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていく時には当院では マッサージをするような感覚で顔を揉んだりしながら顔を調整しながら顔を小さくしていく小顔矯正ができます。

何よりも痛くない調整をして顔を小さくしていくことをしていますので安心なんですがなぜ顔を揉んだりマッサージをするような感覚をしているだけで顔が小さくなるのかという疑問があると思います。

顔が小さくなっても維持する力があるのか持続させることができるのかということになりますが顔が小さくなっても維持することや持続する力があるかどうかはご自分の体調や睡眠負債状態が多くあればあるほど維持することはできませんし持続力なんかはありません。

マッサージをするような感覚で揉んだりしながら顔を小さくしていくことができる小顔矯正をしていますので 実際に多くの方がマッサージ感覚で小顔矯正を受けることができ喜びの笑顔になっています。

あまりに簡単にしているようにしか見えませんがかなり高度な特殊な技術を有しているから簡単にしているだけです。

30年も小顔矯正をしていると色々経験や臨床テクニックを向上させることができますので実際に無理なく小顔矯正をして顔を小さくすることができます。

小顔矯正をする時には

実際に小顔矯正をしていくときには一番障害になるものがありますが障害になるものというのは体調と睡眠負債です。

最近は多くの方が院長から体調はどうですかと聞かれると体調はいいですとか調子は悪くありませんとか言いますが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると そんな状態じゃないということがしっかりと分かります。

体調が悪い証拠に骨盤の歪みは背骨のズレをチェックしてみると大変多くの方が骨盤がすごく歪んでいたり骨盤が開いていたりそして背骨のズレがあったり背骨がガタガタになっていたりということがありますので、これらは全て体調の悪さを表しています。

体調の悪さというのは疲れやストレスが溜まりすぎた状態で調子を落としている状態なんですが体調の悪さが起きる時には疲れやストレスが溜まりますが疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながら、さらにたまるところというのは内臓なんです。

内臓と言っても即、何でもかんでも病気というのを結びつけることなく 疲れやストレスの蓄積で内臓が弱っているという状態なんです。

ですから病気と結びつけることなく疲れやストレスが溜まっていて 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスが多く筋肉に泊まりながらさらに内臓に蓄積していくと代謝が悪くなったりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき内臓が炎症を起こしたり晴れたり内臓が弱ったりということで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

疲れやストレスというのは内臓に限界なく溜まっていきますので内臓に溜まった状態が多くなればなるほど 内臓もゴツゴツしたりハレたりはったりということが起きていきます。

そしてうえむきになった時に両方の骨盤に沿うようにして両手を当ててください。 右側の手は右側の骨盤に左側の手は左側の骨盤に当てて高さを見ますと多くの方が左右がアンバランスになっている場合が多いようです。

左右の骨盤のアンバランスは歪みやズレても起こりますが多くの方が骨まで炎症を起こしたり内臓が腫れているということもありますが腫れていても病気ではありません。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時に睡眠負債状態の方は脳が弱っていますからろうが弱ると立った瞬間に崩れたり小さくしても戻りやすくなります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているのにと思う方も多くいますが眠りというのは脳から寝ていない限りは眠っているとは言えません。

大脳が休養とって寝ていることが眠りです。

人が寝ている方を見ても気持ち良さそうな眠りをしていたり寝息を立てていたらリグーグー寝息を立てていても脳の中のことまで見ていません。

どんなに眠りをしていても脳が休んで休養とって寝ていないと寝ているとは言えませんし脳が出ていない限りは脳疲労が起きて行きます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢は5時間も6時間も見ていることはありませんので夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり 1分だったりという時間の範囲で見ていることがあります。

長く夢を見ている記憶があっても脳が起こすトリックで1分だったりまたは10秒だったりという感じになります。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をしていく時には初回は顔だけ触って顔が本当に小さくなるということを体験してもらうようにしていますので次回からは顔だけではなく骨盤を歪みを整えたり背骨のズレを解消したり内臓を元気にしたりリンパの働きを良くして老廃物を流したり循環を良くしたり色々な調整が必要になりますので2回目からは調整に入っていきます。

そうするともっと安定した状態で顔が小さくなっていきます。

小顔矯正と言っても顔だけ触って顔が小さくなることもありますが体を調整することだけでも顔を触らなくても顔が小さくなっていくということがあります。

しかし実際に小顔矯正に来たわけですから初回は顔を触って顔が小さくなるという小顔矯正をしていますが当院の院長は検査することができますので睡眠負債状態や体調の低下で起きてしまった顔の骨の炎症や腫れまで改善することができますし むくみや脂肪を減らすこともしていきます。

 

北九州市小倉 で顔が小さくなる事で人気のある 小顔矯正 をしています。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 とは 顔を小さくしていくことが小顔矯正なんですが 顔を小さくしていく小顔矯正とは どういうものを言うのか、どうすれば顔を小さくすることができるのか ということが一番の問題になります。

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには 痛くないのか怖くないのか 顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが多くの方は、ただ顔を小さくしたいと言うだけを想って予約されますが小顔矯正の意味を知ってもらうためにも説明をしていきたいと思います。

小顔矯正というのは顔を小さく見せるのではなく顔を小さくしていくことをしていますがどうやれば顔を小さくすることができるのかまた顔が小さくなっても維持することができるのかという疑問が生まれてくると思います。

小顔矯正をしていくときには顔の骨を小さくすることができないと本当の意味で小顔矯正とは言えません。

顔には何があるのかということを消去法で説明していくと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しかありませんので この五つのうち何をしたら顔が小さくなるのかということを考えなければいけません。

顔の皮膚や皮下脂肪や筋肉などを減らしたり引き締めたりすることでも顔が小さくなります。

顔にできてしまったむくみや脂肪を減らすことでも顔が小さく見えるしかも分かりませんが それだけでは変化は小さく顔が小さくなったと言えるレベルではありません。

ではどうすれば顔を小さくすることができるのか。

当院の小顔矯正は電気や機械を使うことなく手の技術力のみで顔を小さくしていくことができる小顔矯正をしています。

小顔矯正をする前に

小顔矯正に入る前に 当院では必ず顔を触って大きさや幅などを覚えてもらうことをして小顔矯正に入るようにしていますが 他人がメジャーや計測する機械で測ったりすることもなく ご自分の両方の手のひらを顔に当ててもらって大きさや幅を覚えてもらって小顔矯正に入るようにしています。

他人がメジャーなので測ったりすると位置が違ったりきつく測ったりゆるく測ったりという色々なことが起きてしまいますのでご自分の両方の手のひらが一番分かりやすいと思いますし比べやすいと思いますからご自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを覚えてもらえて小顔矯正をした後と比べてもらうことをしています。

しかし、この触り方は簡単なことではありませんのでただ手を当ててしまってわかったつもりになっている方は顔が小さくなってもわからないという方がいますから小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も変わる小顔矯正はありませんので顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという風に顔が小さくなっていくものです。

仮に顔が1 CM 小さくなる小顔矯正をしてその1 CM の変化が分かるように触っておいて欲しいんですがただ手を当てただけでは何も感じていませんから触る時には感じようとして触らないと頭が働きませんから頭が働かないとどんなに小さくなってもわからないという方がいます。

顔を触る時には顎の部分で両方の手首を合わせて 手のひらと指を顔に密着させて手のひらや指が浮いたところがないか鏡で確認をしてください。

手のひらと指がうまくを触ることができたら左右差を感じようとして 目を閉じてください。

目を開けたままでは頭は働きにくく感じることができませんので目を閉じて視界を塞いで顔を触るとわかるようになりますので 目を閉じたら左右差を感じます。

例えばですけど右の顔全体が大きいとか左の一部分の顔が大きいとかさ顔は必ずしも左右が対象ではありませんので左右差があります この左右さをわかるように触っておいて覚えてください。

小顔矯正に入る前に 2度ほど顔の触り方の練習をしています。

小顔矯正

小顔矯正に入る前に2度ほど練習をして小顔矯正に入っていきますが東員の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないし強くもないマッサージするような感覚で顔を揉んで行くと顔が小さくなるという特殊な技術を持っていますがマッサージをしているわけではありません。

実際にマッサージをして顔が小さくなると思ってもいませんしマッサージをしているわけではありませんが本当に誰が見てもマッサージをしているようにして顔を揉んで行くと顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので一番近い説明をするとマッサージ感覚で小顔矯正をしています。

マッサージをするような感覚で顔を小さくしていくことができるので痛くもないと思いますし怖くもないと思いますので安心安全で顔を小さくしていくことができますがマッサージ感覚といっても顔が小さくなる小顔矯正ですから顔のむくみや脂肪を減らすことはもちろんなんですが皮膚を引き締めたりすることも当然ですがそれ以上の小顔矯正ができるのが当院の特徴です。

しかし顔のむくみや顔の脂肪を減らすことも顔が小さくなることになりますがそれ以上に顔を小さくしていくことができるのが当院の特徴なんですが他はどこを調整すれば顔小さくすることができるのかということなんですが顔の骨を小さくすることをしています。

顔の骨を小さくするというのは危険なことと思うかも分かりませんし危ないことと思うかも変わりませんがそれは違います。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていくときには 骨を小さくすることをしていますが多くの今まで来られた小顔矯正を希望されて当院に予約された方の全てが顔にトラブルを抱えています。

どんなトラブルかと言うと骨が炎症を起こして 肥大して変形を起こしているということです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますが検査をしてみると実際に骨の炎症や腫れがあって骨自体が肥大しながら変形しているということが分かったからです。

骨が炎症を起こして肥大して変形していると顔周辺にむくみや脂肪が多くなってしまい肌の荒れ や肌のツヤがなくなってしまったりということがありますので特に顎の部分は大きく変形している方が多くいます。

顎の部分が大きく変形をしていると 顔が大きくなり顎のラインがすっきりしなくなりますので正常に戻していくことができれば顎の部分はすっきり細く引き締まっていきます。

顔の骨の矯正というのも正常に戻しているだけですから 危険なこともなく安心安全で顔を小さくすることができるのが当院の特徴なんですが多くの子顔矯正をしている他の治療院ではこういうこともできないし検査することができなければどういう状態になっているのかということを見つけ出すこともできないと思います。

小顔矯正をする時には検査をすることをしていますので検査をしてみて異常のある部分を見つけてそれを小さくすることができれば顔全体が小顔になって 行きます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をするときには自分の両方の手のひらで顔の大きさを覚えてもらって小顔矯正に入りますがマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができるので検査をしてみて異常のある部分を見つけて正常に整えていくことで顔が小さくなるという小顔矯正で小顔矯正が終わった後に 自分の両方の手のひらをもう一度、顔に当ててもらって小さくなったということが分かるようにしているのが当院の特徴です。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員が顔にトラブルを抱えていることが多くありますので 骨の矯正ができるのは当院だけの特殊な治療技術の成果だと思いますので初回から顔が小さくなり評判のいい 小顔矯正をしています。

 

北九州市小倉 小顔矯正 をするなら ボキボキしない痛くない小顔矯正をしている30周年になる徳力整体院。

error: Content is protected !!