小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

Category: 姿勢矯正

猫背矯正、姿勢矯正

猫背矯正姿勢矯正をしています。どうして猫背になるのか姿勢が悪くなるのか背中が丸くなるのか色々な姿勢があると思いますが全てにおいて原因がありますので原因を見つけ出すことなく運動しても筋トレしても姿勢矯正ベルトをはめても効果的には一時的で正しく姿勢をとることできません。

姿勢が悪かったり、猫背になったりする方は無理に猫背にしないように姿勢を正しくしようとしますが、無理な姿勢なので長くは持つことはなく、意識した時だけまっすぐしても意味はありませんので、どうして姿勢が悪くなっているのか猫背になるのかということを見つけ出さなければ何も解決にはなりません

猫背になったり、姿勢が悪くなったりするのは、体の状態に関係していますが、体がどうなっているのかということに深く関係がありますので、それを見つけ出すことをしなければいけません。

猫背になったり、姿勢が悪くなったりすると、内臓を圧迫していると言われていますが、逆なんです。

もちろん前かがみになって姿勢が悪くなったり、猫背になるということは内臓を圧迫することは当然なんですが、ちょうど状態が正常な状態になっているということなんです。

悪い姿勢が正常というのは変な話なんですが、その時の体の状態でそれが正常な状態だから猫背になって背中が丸くなるということで姿勢が悪くなっています。

正しい姿勢が悪い姿勢

逆に正しい姿勢をした方が無理な姿勢になっています

正しい姿勢の方が無理な姿勢というのには原因があります。

それはどうして、猫背になるのか、姿勢が悪くなるのかということに原因がありますので、その原因から解決することをしないと何も解消になっていきません。

なんでもかんでも見た目だけで猫背になっているから、姿勢が悪くなっているからといって姿勢を正せばいいというわけではなく、どうして猫背になるのか姿勢が悪いの悪くなるのかというのを見つけ出さなければ解決にはならないということなんです。

何も原因がなくて悪くなるということはないので、どこから悪くなっているのか猫背になっているのかということは見つけ出すことをしなければいけないということを言っています。

猫背になる時には何が原因なのか姿勢が悪くなる時には何が影響を起こしているのかということを見つけ出すことをしていくためには、検査することをしています。

姿勢が悪くなる原因、猫背になる原因

姿勢が悪くなる原因や猫背になる原因は、毎日毎日の疲れで多くのものが蓄積していきます。

人は日々生活していくことで生きていくことをしていますが、生活すると疲れというのが多くなっていきますので、疲れがどこに溜まるのかということが、姿勢が悪くなったり、猫背になる原因を作っています。

生活したりすることでも仕事をしたりすることでも、食事を作ったりすることでも、食事を食べたりすることでも、車の運転をしたりする時でもカラオケに行って歌ったりすることでもショッピングをしたりして歩いたりすることでも運動したりすることでも普通に歩いたりすることでも味は仕事をすることでも色々なことで多くなるのが疲れなんです。

毎日毎日の生活で多くなる、疲れがどこに溜まっていくのかということが一番の問題になりますので、多くの方はどこに溜まっているかということも知らないで生活しています。

疲れやストレスの蓄積というのは、体に溜まっていきますが、体のどこに溜まるのかで姿勢が悪くなったり、猫背になるのが決まってきます。

疲れやストレスを感じていない方はいないと思いますが最近わからない方が多くなっていますので分からない方は睡眠負債状態が重なって起きている方が多くいます。

姿勢が悪かったり、猫背になるのは

姿勢が悪かったり、猫背になるのは疲れやストレスが溜まっている関係で起きていますので、疲れやストレスが溜まっている体をどうにかしなければいけませんが一般的にストレス発散と言っても本当の意味でストレス発散にはなっていませんので、ストレス発散と言っても精神的なストレス発散だけなってしまって、肉体的には逆に疲れが溜まっているということが多く見受けられます。

疲れやストレスというのは、蓄積したものが色々な状態を起こすのが疲れやストレスと言う意味になりますが、疲れやストレスというのは同じ意味ですから疲れが蓄積したものがストレスという意味になります。

疲れが蓄積したものがストレスですから、ストレスを発散させるためには何をすればいいのかということになりますが、精神的なストレス発散というのはカラオケに行っても飲みに行っても気分転換になってしまい、ストレスが発散したような状態になりますが、肉体的には何もストレスが発散できていないのが現状なんです。

ストレス発散ができてない

ショッピングをしても、ストレス発散と言いますが、歩いたりすることでもストレス発散ができますし、旅行に行ったり温泉することもストレス発散と言いますけど、旅行に行ったりする時でも疲れが多くなりますし、ショッピングをして歩いたりする時でも疲れが多くなってしまいますので、何も肉体的にはストレスを溜まった状態にしかなっていません。

ストレスを発散するためには、ストレスがどこに溜まるのかということを知らなければいけませんので、抽象的になりに何も分からずにストレス発散するような状態ではなく、どうしたらストレスが発散できるのかということを考えないと姿勢が悪いままだし、猫背になったままです。

ストレス発散と言っても色々なストレスがありますので、その色々あるストレスがどこに溜まるのか体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこなのかということになります。

ストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張や色々な物事や運動することで、多くなったりするものが溜まっていきますが、例えば体重100キロの方がいるとしたら100キログラム重65キロの水分が体をぎゅっと搾ったら出てきます。

体重の多くは水分だということなんですが、水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

あと残った35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系脳大脳と脳幹、脊髄と内臓の重さになります。

この中で疲れやストレスが溜まるというところは、中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄も内臓-1部ですから、内臓と筋肉に疲れストレスがたまるということです。

疲れやストレスの蓄積が猫背や姿勢を悪くする

疲れやストレスというのは簡単に減らすことができないし、内臓にたまった疲れやストレスが簡単に減る訳はありませんので、ストレス発散というのは現実にはできていなくて、内臓に多くの疲れやストレスがたまることが原因で色々な状態を起こしていきます。

疲れやストレスが全体の内臓に溜まりながら姿勢を悪くしていき、内臓の働きを余計に悪くした状態で猫背になっていきます。

内臓が疲労すると特に心臓が疲れると猫背になりますが、猫背になって心臓を守る役目で前屈みになって猫背になります。

心臓が弱った時には胸を張る姿勢が負担になるから、背中を丸くして心臓を守ろうとしています。

しかし、内臓や心臓と言っても病気ではありませんので、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください

疲れやストレスというのは、内臓にたまりながら内臓疲労を起こしながら猫背になり、姿勢が悪くなっていきます。

内臓に疲れ休めずが溜まっていると内臓の不全状態が起きたりすることもありますから、そういう時に姿勢を正そうとするのは良くありません。

北九州市小倉で猫背矯正、姿勢矯正をしています。

猫背矯正

猫背矯正、姿勢矯正

猫背矯正姿勢矯正とは 姿勢が丸くなって猫の背中のようになることを猫背と言いますし姿勢が悪くなることを猫背や姿勢が悪いと単純に言います。

猫背矯正や姿勢矯正をして体をまっすぐにしてあり綺麗に美しくなるためには 姿勢矯正ベルトや運動や筋トレなどのことをしている方が多く見受けられるようですが当院ではどうして猫背になるのかどうして姿勢が悪くなるのかということを見つけ出すことをしています。

猫背になったり姿勢が悪くなったりということが起きるのは原因があるから起きていると考えた方が自然だと思いますし誰でも猫背になりたかったり姿勢が悪くなったりすることはないと思いますので 原因があると考えた方がいいと思います。

この姿勢が悪くなったり猫背になる原因は見た目で見ても分かりませんので当院では検査することをして状態を確認しながら矯正に入っていきます。

どうしても体をまっすぐにしたくても自然といつのまにか姿勢が悪くなったり猫背になる方が多くいますがどうして姿勢を保つことができないのかという原因があるということなので原因から探してみてくださことをしていかなければいくら矯正ベルトをしても運動してもストレッチをしても筋トレをしても結果は同じことです。

姿勢が悪くなったり猫背になる時には原因が体の中にありますので体の中の状態を見つけ出していくことが必要になりますがそのためには検査ができないと見つけ出すことはできませんし単純に目で見てわかるものではありません。

どうして姿勢が悪くなるのか。

どうして猫背になるのか。

姿勢が悪くなったり猫背になるのは原因があると説明しましたがではどうやって検査をしてるのか検査ができるのかということになります。

代表的な検査を言えば病院で行う検査ですが尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などいろいろな検査法がありますがこれらの検査法は病気の検査法ですから単純に病気として完成していれば陽性反応が出て数値に異常が出てしまい見つかります。

しかし猫背や姿勢が悪くなるのは病気ではありませんので、いくら病院で検査をしても見つからないわからないということが多くあります。

病気になっていれば病院に行って何らかの検査をすることで陽性反応が出て数値に異常を示し病名がついて薬や手術ということになりますが猫背や姿勢が悪いだけでは病気ではありませんので病院に行ってもどうすることもできません。

ではどうすればいいのかということを説明していくと昔からある姿勢矯正ベルトや猫背矯正ベルトというのがありますがこれらを肩に固定して背骨を剃るようにしても無理なことになりますので無理なことは長く続くわけはないし原因を見つけ出すこともしないで単純にベルトを巻いて胸を張り出しても意味はありません。

猫背や姿勢が悪いのはもっと重大な原因が潜んでいるからなっています。

この重大な原因を見つけ出さなければ猫背は解消しませんし姿勢が悪いのも悪いままで元に戻ることはありません。

猫背や姿勢が悪い原因

猫背になったり姿勢が悪い原因は毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで多くなるものです。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をキュッと絞れば水分が65 kg になります。 つまり人というのは体重の半分以上は水分です。 水分と言っても色々な水分がありますので血液も水分出しリンパ液も水分だし骨の中にも水分がありますし細胞にも水分がありますのでいろいろな部分に水分がありますのでそれらを全て合わせたものが65 kg になります。

水分つまり水が何かの問題を起こすということは考えにくいので違う原因が体の中にあるということなんですがこれを消去法という方法でやってみようと思います。

100 kg の体重ですから65 kg が水分ということは後残ったものは35 kg ですから皮膚の重さ筋肉、靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さ、とあとは神経と血管とリンパ管の重さなどです。あと残ったものは 中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です

この中で何かがたまりやすい部分というのは筋肉や中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

ではそれらに何がたまるのかということを考えてください。 先ほども説明したように毎日毎日の生活や仕事や精神的なトラブルなどや運動したり筋トレをしたり歩いたり走ったりジョギングをしたり車の運転をしたり旅行に行ったりする事でも疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスの蓄積

誰でもお疲れやストレスの蓄積はありますが疲れやストレスがどこにたまるのかということを考えた方は少ないと思いますので疲れやストレスがたまるところは筋肉にもたまりながら大部分は中枢神経系と内臓に溜まっていきます。

内臓に溜まっていく疲れやストレスと説明していますので病気というわけではなく何でもかんでも病気というのを関係付けるのはやめてください。

多くの方が内臓と聞くと病気というイメージしか湧かないと思いますが 病気になる前に内臓にも疲れやストレスが溜まっていき疲れやストレスが溜まることが多くなっていくと弱い内臓ほど老化が急速に進み老化が進んだ状態の完成形態が病気だからです。

しかし今は病気というわけではありませんが疲れやストレスというのは弱い内臓に溜まっていきますので弱い内臓に溜まった疲れやストレスが多くなると老化が急速に進み細胞の変化が起こります。

しかし内臓の病気になるのも健康な細胞から一気に完成してしまうことは1年や2年では送りません。

10年や20年ぐらいかけながら健康な細胞から徐々に病気の細胞になろうとする働きが起こります。

弱い内臓ほど疲れやストレスが溜まりやすく弱い内臓ほど先将来の病気につながるということなんです。

弱い内臓というのは生まれつき弱い内臓を示していますので一時的なものではなく遺伝的な要素が高く家系的な要素がある部分が弱い内臓です。

弱い内臓が体質と言います。

猫背になるような内臓に疲れやストレスが多く溜まっていくことが原因で猫背になります。 つまり猫背になるような内臓が弱く弱い内臓に疲れやストレスが多く蓄積していくことが原因で猫背になっている理由なんで何も考えないで背骨をまたは体を伸ばそうとまっすぐしたりすると負担になっています。

姿勢が悪くなるような内臓に疲れやストレスが多く溜まって行くと姿勢が悪くなります。

猫背になることや姿勢が悪くなることは単純に痛みに見て分からないと思いますが原因は弱い内臓に疲れやストレスが溜まったことが原因なんです。

猫背矯正と姿勢矯正

しかし弱い内臓というのは病気ではありませんので検査しようがないし検査する方法がありません。

当院では昔から体調の検査する事をしたり色々な状態の検査することをしてきましたので30年間の治療技術の成果で色々な状態の検査することをできます。

体の状態を目で見て判断することなくいろいろなものを検査することで判断できるものが多くありますのでどうして猫背が起きたのかどうして姿勢が悪くなったのかということを見つけ出すことをしています。

そのためには全体的な体調を判断しながら個別に内臓の状態を判断していき、どうして猫背になったのか、どうして姿勢が悪くなったのかということを見つけ出すことをしていきます。

疲れやストレスというのは内臓に蓄積していくと言いましたが中枢神経系の大脳も脳幹も脊髄も内臓の一部ですから疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが筋肉に溜まる疲れストレスよりも何十倍も多くの疲れやストレスが内臓に溜まっています。

内臓に疲れやストレスが溜まると一番猫背になりやすいのは中枢神経系の問題で眠りが浅い場合と心臓と肺が主な原因だと考えられます。

最近は多くの方が眠れているようで寝ていません。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので目が覚めないから寝ているということは言えません。

最近は多くの方が勘違いしていますが目が覚めないから寝ていると。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 夢を見ている時間というのは長く見ているような状態でも1分だったり2分だったりという短時間なんです。

寝ている時間が6時間あるとしたら 寝付く時間が6分、目覚めようとする時間が1分、夢を見ている時間が3分としたら 後残った5時間50分の時間というのは寝ながら考え事をしてる時間が多くなっています。

寝ている方を他の方が見てもスースー寝息を立てて寝ているような状況でも頭のことまでは考えていませんし見えていません。

スースー寝息を立てている方もいびきをかいている方も眠りが浅いかもわからないのに寝ていると単純に判断しています。

眠りというのは脳が休養とって寝ていない限りは寝ているとは言えません。

猫背矯正と姿勢矯正を解消

眠りが浅いということは脳が弱っていきますから脳が弱った日々が長いと脳疲労になっていきます。

最近は多くの方が会長がわからなくなるぐらいのを弱らせていますので脳が衰弱状態になったかたや脳が弱った肩は痛みやコリを感じにくく何もわからなくなりますが背骨や骨盤を見てみると 骨盤が大きく開いていたり骨盤が大きく歪んでいたり背骨が歪みすぎてガタガタしていたりということで普通では痛みやコリなどの体調の悪さを感じますが頭が弱った肩は痛みやコリや体調の悪さも感じません。

感じないために自分では体調がいいと思っているし風邪もひかないと思っています。

しかも眠れていない方ほど 目が覚めた瞬間からすぐに動けますし疲れ知らずで動くことができます。

疲れることをしても疲れを感じてもすぐに回復してしまうわけではありませんがわからなくなるだけなんです。

こんな状態の方がレコーダーになったり姿勢が悪くなったりしているのは当然だと思いますから猫背や姿勢が悪くなるのは危険信号です。

 

 

北九州市小倉 猫背矯正 姿勢矯正 で人気がある カイロプラクティック 徳力整体 です

error: Content is protected !!