頭痛を解消

2020年1月11日

今まで多くの頭痛や偏頭痛などの頭の痛みを解消してきましたが、痛みがある方は痛み止めの薬ばかり飲んでいたりすることがありますので、1ヵ月に1回でも2回でも起きる痛みと言うのは、必ず原因が存在しますので、原因を見つけ出すことも考える必要があります。

頭痛が起きたり偏頭痛が起きたり頭が痛くなったりするときには、ドラッグストアで売っている痛み止めを飲むことが多くあるんですが、痛み止めを飲んでも一時的に緩和しているだけであって直しているわけでもないし、原因を解消しているわけではありませんから、1ヵ月に1回でも2回でも強い痛みが起きてしまうと進行すると言うことも考えなければいけません。

頭の痛みや頭痛や偏頭痛

痛みの原因

痛みが起きる時には必ず原因があるんですが病院に行ってもMRIを撮ってもレントゲンを撮ってもエコー撮っても病気ではなければ、痛みの原因を見つけ出すことができませんので病院で処方された薬を飲んだりすることもドラッグストアで売っている痛み止めを飲むことも原因を直しているわけではありませんので原因も進行することもあります。

頭が痛いからと言って病院に行く方が少ないと思いますが、多くの方がドラッグストアで売っている痛み止めを飲むことで、緩和するため薬ばかり飲んでいることが多くあると言う事なんですが原因もいつまでも同じままではいられませんので、進行していくと言う怖さがあります。

頭痛や偏頭痛や頭の痛みが起きるときには必ず体調や調子を落としているときに強く反応していきます。

当院の治療は

当院で頭痛や偏頭痛や頭の痛みを治療するときには、総合的な全体の体調から検査することをしていますが、多くの方が検査をしないでも、わかる位体調としているんですが体調と言うのは意味不明な言葉ですから自分で体調が良いと思えば良いことになりますので、勘違いしやすくなります。

まず当院では予約するときに、ご自分が来院できる日にちと希望する時間を決めてお電話してください。その時に必ず「ホームページを見ました」とか、「初めてです」と言う言葉を付け加えるようにしてください。

そして当日に時間に遅れることがないように5分前に来院してください。当院にこられたらカルテに必要事項を記入してもらいますので住所とお名前と年齢は必要になりますので書いたら頭痛の項目に◯をしてください。

カルテに必要事項を記入してもらったら待合室から中に入ってもらえますので院長と向かい合って机に座ってお話を聞かせて下さい。話すときには「今も頭が痛い」とか「今は痛くないけど時々痛くなる」と言う感じで説明してもらえればわかります。

お話を聞いたあとに院長が、「治療する台に寝て下さい」と言いますので、多分、下向きに寝てもらうようになると思います。

頭痛や偏頭痛とは

痛みを治療するには

痛みを治療するときには肩や首から解すこともありますが多くの痛みの場合、脳自体に問題がある場合がありますので脳自体といっても病気ではありませんけど、脳自体が弱っていたり弱ったどころではなくなって、疲弊したり衰弱したりと言うことで、脳の緊張状態が高くなり興奮した状態で痛みになっていることもありますし、血管を圧迫していると言うこともあります。

頭の痛みが起きるときには不眠症も関係する

最近は多くの方が自分でも気がついていない方が多くいるんですが寝ているようで、眠れていないため、不眠症状態になっていても、自分が不眠症になっていることさえわからずに気がつかずに眠っている方が多くいます。

眠りと言うのは人が横になって目を閉じてすす寝息を立てていれば出ていると言うわけではなく動画休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは眠れていません。

脳が寝ていることを熟睡といいますので6時間睡眠時間があっても脳が休養とって寝ている時間は30分未満なんです。

この30分未満の時間が取れていないことを不眠症や睡眠負債といいます。

眠りのトラブルが起きると頭が痛くなる

不眠症と頭痛

不眠症と言うのは夜、寝ようとするときに寝付きが悪く、夜中に何回も目を覚ましてしまったりトイレに行くことが多かったり、夢ばかり見て寝た気がしないというのが、不眠症の特徴なんですが、不眠症と言うのは目が覚めることが多いのが特徴でもあります。

夜寝ようとするときに眠りが浅かったり寝付きが悪かったりすることがどんなことを招いていくのかと言うと脳が緊張したり興奮したり圧縮したり硬くなったり、いろいろなことが起きていきますので、こういう状態が起きていると頭が痛くなったりするのは当然、起きると思います。

不眠症がある方は自分でも気がつかないくらい体調として行きますので体調と子と脳から麻薬のような物質が出てしまい、モルヒネに似た物質が出ますので、痛みやコリを感じにくくなっていき自分の体調さえもわからなくなっていき、目一杯限界まで悪くなった状態で頭の痛みや偏頭痛になっている方が多くいます。

不眠症の方は物忘れやうっかりが多くなったりいろいろなものを間違えたり会話が成り立たなかったりいろいろなことが起きていきますので進行していくと言うことが起きてしまって進行する前に時々頭の痛みになったり偏頭痛になったりということが起きています。

不眠症と頭痛と偏頭痛

睡眠負債と頭痛

不眠症とは違って目が覚めることがないんですが夜、寝ようとするとすぐに眠れて朝まで目が覚めることがないけど眠りが浅い睡眠しかできていないことが多くあります。

睡眠負債と言うのは多くの方が勘違いしている睡眠なんですが、朝まで目が覚めなければ寝ていると思っている方が多くいるんですが、睡眠と言うのは、夜、寝ようとするときに寝付きが良く、すぐ眠れるけど、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長く3時間も4時間も5時間もあって、目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しかありません。

寝ながら考え事をしていると言う事は、妄想に近い睡眠をしていますので妄想に近い睡眠をしているんですけど、目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないんです。

睡眠負債の方も不眠症の方も同じようにのをすごく弱らせて行きますので弱らせただけではなく疲弊したり衰弱状態になっていて大変な状況になっているという方はありますが麻痺していれば自分の体調の悪さも痛みやコリもないから感じていませんので限界まで悪くした状態で頭の痛みや頭痛や偏頭痛が起きていることもあります。睡眠性の方も不眠症の方も同じように脳をすごく弱らせていきますので弱らせただけではなく疲弊したり衰弱状態になっていて大変な状況になっていると言う方はいますが麻痺していれば自分の体調の悪さも痛みやコリもないから感じていませんので限界まで悪くした状態で頭の痛みや頭痛や偏頭痛が起きていることもあります。

不眠症と睡眠負債と頭痛

頭痛や偏頭痛が起きるのは原因がありますので原因から改善していく事が重要になりますので原因を見つけ出すためにもまずは体を整えていかなければいけません。

頭痛や偏頭痛の原因と言うのは影に隠れていることがありますのでまずは痛みがある場合は痛みの緩和から図るようにしていますがそれだけでは一時しのぎにしか過ぎませんのでしっかりと原因を見つけ出すことをしていくことをしています。

多くの方の場合、頭痛や偏頭痛が起きてしまうと薬を飲むことが多くありますので薬を持ち歩いたりすることもしている方も多くいますが現実問題として薬と言うのは、一時抑えをしているだけですから本当の意味での改善にはなっていません。

眠っていればのも熟睡が取ることができるし頭痛や偏頭痛や頭の痛みは起こらない

頭痛や偏頭痛には、どうして頭の痛みになるのかと言う原因が必ず存在しますので原因から解消していかないといつまでたっても繰り返しやすくなります。

しかも原因と言うのはいつまでも同じままではなく進行すると言うことがあると言うことです。

頭痛や偏頭痛が起きてしまうと薬ばかり使って一時的に抑えている方が多くいますが、薬と言うのは一時的に痛みを楽にするだけですから、原因も改善しなければいつまでたっても薬を服用することになってしまいますので、薬ばかり使っているんではなくて原因を見つけ出すことをしてください。

頭痛や偏頭痛と言うのは病気のようで病気ではありませんので病院で検査をしても原因が見つかる事はなく、肩こりから頭痛が起きているとか首の痛みや首のコリから頭痛が起きているとか眼精疲労から頭痛が起きているとかいろいろなことを言われるんです。

しかし頭痛と言うのも関連性があるかところから起きる場合もありますが今まで30年間頭痛を解消してきて1人として関連性からくる頭痛と言うのはいませんでした。

と言うのも当院では検査することをしていますので、同時に起きているということがあるんです。同時にいろいろな症状が起きているために、首を揉んだりマッサージをしても圧力が下がってしまって頭痛を和らげる効果があったり、肩こりを揉んだりマッサージをしても圧力が下がって楽になってしまうことがあるためなんです。

頭痛や頭の痛みとは

頭痛や頭の痛みが起きる時や偏頭痛が起きるときには圧力が上がった状態で起きていますのでどうして圧力が上がって起きているのかと言うことを探さなくてはいけませんので原因があると言うことなんです。

頭痛や偏頭痛と言うのは頭の圧力が上がった状態で脳の圧迫状態から起きていますので圧迫されるのは血管だけではなく脳も圧迫されてしまうと言う事ですから大変危険な状態が頭痛や偏頭痛になっています。

しかし病気と言う状態では無いために病院に行っていくら検査をしてもわからないと言う事ですから異常なしと言う判断が下り薬ばかり使って痛み止めをしている方が多くいます。

北九州市小倉南区で頭痛を解消するなら薬よりも原因から解消することで評判です。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には原因があります。いつまでも原因を残したまま一時的、抑える事ばかりしていると良くありません。

頭痛の原因も、いっまでも同じままではありません。進行していきます。特に痛みが最近、無いからと言って安心していられないのが頭痛です。以前、起きていた頭痛が治った訳ではないからです。

体に痛みが起きる時には原因があります。痛みには原因がありますから、薬は一時的にする痛み止めです。薬を飲んで痛みが収まれば多くの方は治ったと思うでしょけど。

頭痛を改善するには

最近多くの方が頭の痛みや頭痛で悩んでる方が多くなっています。

痛み止めや頭痛薬を使っている方、また常用している方が多くなっていますが ほとんどの方が、頭痛薬や痛み止めで治っていることが多いようですが、 原因から改善していくことも考えないと 原因はどんどん進行していっています。

頭痛や頭の痛みの原因

最近見たテレビで病院の先生が言っていましたが頭痛や頭の痛みの起きた方の半数が 脳梗塞や脳出血につながっていると言っていました。

頭痛や頭の痛みというのは、予備群といえるので薬などで押さえていることをしないで 必ず何かの原因が起きていますのでその原因から改善するようにしてください。

原因から改善していくためには

そのためにはまず脳から元気にしていことをしなければいけません。

多くの方の頭痛や頭の痛みの起きている方は脳疲労が強くを起きていますのでこの脳疲労を改善していくためにも数回以上はかかります。

最近多くの方が 体調もすごく悪く 体調が悪い方ほど 体調が悪いということがわからなくなっている方が多くなっています。

検査することで

当院では体調の検査もしていますので 体調が悪いということがわかったら 体調がすごく悪いですねということ、を説明していますが、 その人に入っているのにその人しかいないのに、私ですか、ということを言う方がいます。

それほどご自分の体調というのはわかっていません。

体調が悪いということは基本的に考えてもわかるように頭の痛みは頭痛などが起きてもいいという状態になっているということです。

痛みの原因は

頭痛には何も原因がなくて頭痛になったり頭が痛くなったりすることはありませんので、何かの原因があって起きていますからこの原因はいつまでも、同じままではありませんし年齢が重なることでもそれ以上に原因は進行して悪くなっていきます。

原因から治すためにも解消していくためにもまず脳の循環を良くしなければいけませんがただ循環を良くすればいいわけではなく脳が弱っていたり脳疲労が強くなっていると、循環を良くすることもよくありません。

循環を良くしても

脳への循環を良くするということはお風呂に入ったりサウナに入ったりすると血液の流れが良くなりますが、良くなればいいということではなくよくなれば負担になるとこもあります。

ただ単に 循環を良くすればいい 代謝を良くすればいいというものではありませんよくすればするほど 内臓に負担がかかって行きます。

脳にも同じことが言えるので脳が弱っていたり脳にストレスが溜まっていたりすると 血流が悪くなっているので 結果の中に老廃物が多く溜まっています。

脳にたまる老廃物

この脳に溜まっている老廃物が、一気に動き出しますので 血管や脳にかなりの多くの負担を招きますので脳疲労の強い方は、徐々に解消していくようにしなければいけません。

徐々に体調と体の状態確認しながらまた脳の状態を確認しながら改善していくために 脳疲労が少しでも良くなって行けば行くほど色々な表情や頭の痛み頭痛などが取れていきますけど簡単にはいかない症状というのが頭痛や頭の痛みです。

老廃物が流れる

しかし簡単に考えてもわかると思いますけど脳の血管のなかや脳の中に老廃物が多く溜まっていればいるほど詰まってしまいますので集まればどういうことになるのかということが わかると思います。

この詰まった時に急激に圧力をあげたりお風呂に長時間入ったり サウナなどに入ったり暑いところにいたりすると本当に 気を失ったり倒れたりすることもお風呂などで起きています。

脳圧を上げると

当院でも頭痛や頭の痛みというのは すぐに解消できるものではありませんけど今現在起きている頭痛や頭の痛みというのはその時にで 楽になっていきます。

しかし楽になったら終わりというわけではなく楽になってからその先の治療を進む必要があります。

体質改善

その先の治療と言うのは体質改善、若返り、アンチエイジングという治療になりますので 、そこから原因を直していく治療に入って行きます。

体質改善というのは悪くなったところ 循環を良くしても良くならないところを解消していくやり方が体質改善という治療になります。

 

頭痛や頭の痛みというのも何かの原因があって起きていますのでその原因から改善と解消をしていかないと 原因は 痛みがないときでも 進んでしまうということです。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の治療を受けた方の感想

Posted by phg42033