生理痛

生理の時に生理痛になって色々な症状を起こしているのは、原因がありますので、原因から見つけ出して改善していくことが一番重要だと思いますので薬を飲んで、一時しのぎをするのは構わないと思うんですが、生理痛薬というのは一時的に色々な症状を抑えているだけです。

生理痛とは

原因から変えることを考えないと、いつまでたっても生理痛の薬を飲むようになり生理痛になっている原因も徐々に進行していくということがある可能性も存在しますので、生理痛が、どうして起きるのかということを問題として考えなければいけないと思います。

生理痛は変えられる

女性の多くは生理痛が起きてしまったら当然のように思っていますが、当然のように思う結果は、生理の、なり始めから生理痛になっている方もいれば、しばらくした後に生理痛が徐々に起こりだすという方がいるからです。

いつも生理痛が起きてしまうため当然だと思う方が多くいますので考えていない方もいますから生理痛というのはしっかりとした原因があるのに原因から変えていくことは難しいため多くの治療法というのは一時しのぎにしか過ぎなくなっています。

ひどい生理痛・生理痛がひどい

生理痛になっている方は毎月毎月ひどい生理痛を起こすかと思いますし、ひどい時もあれば悪い時もあるという感じで変化していると思うんですが、変化しているものが何なのかということを見つけ出さなければいけませんので変化しているものは体調です。ひどい生理痛

体調というのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く満たされていくものが、体に蓄積しているものなんですが、いつも変化しているため毎月毎月の生理痛が変化していることが伺えます。生理痛に関係するものは体調と体質が関係しています。

根底にあるものは体質的な弱さですから弱さがある部分に積み重なるものがありますので積み重なるものは生活や運動や仕事をする事や精神的な緊張で積み重なっていくものです。

生理痛と薬

生理痛とサプリメント、薬

生理痛と言うと多くの方がドラッグストアで売っている生理薬を飲んで痛みを緩和しようとしているんですが一時的に緩和しているということも考えなければいけませんので生理痛を起こしている原因を検査して見つけ出すこともしていませんし解消していることもしていませんので生理痛であろうと頭痛薬であろうと同じ結果だということです。

生理痛とツボを押す、指圧

生理痛とツボ

生理痛を起こした時には、良いツボがないのかという特集をやってることもあるんですがツボを押すことよりも、直接に検査することをしなければ、間接的に経略を使って刺激をしても効果はどうなのかなと思います。

ツボというのは実際に刺激をしているだけであり、内臓をツボを刺激することで遠回しに直していると思いますので直す時も直接的に見つけ出さなければいけませんので検査することをして生理痛になっている原因を見つけ出すことをしています。

生理痛と頭痛、腰痛、腹痛は

生理痛と腹痛

生理痛を起こした時にはか腹部の問題が多く見受けられますが、下腹部には何があるのかと言うと膀胱や子宮や卵巣があったり大腸や小腸がありますので、大腸や小腸のトラブルがある可能性もありますし膀胱や子宮の問題がある可能性もありますし卵巣の問題もあるでしょうし骨盤のゆがみは骨盤の開きの問題もあると思います。

腰痛を起こす時も腰椎の5番目と3番目というのは子宮と卵巣に関係する部分ですから生理には子宮と卵巣が関係していますので、腰椎の5番目のズレと腰椎3番目のズレがあると思いますので腰痛になるのは当然です。

生理痛の原因

生理痛の緩和

生理痛はまず緩和しなければいけませんので今、現在進行中で、生理の方も来院していますが体調を検査してみると異常と思えるほど落ちていることがありますので、体調からあげて整えていくということが必然的に必要になります。

全員の方ではありませんが生理痛で入れるの症状が起こしてるかも数回の治療で楽になることもありますので楽になったら終わりではなくて、そこから原因を見つけ出さなければいけませんのでしばらくの通院も必要になります。

生理痛と体調

疲れやストレスと生理痛

先ほどの説明で生理痛が起きているような症状が起きるのは体調が深く関係していると説明しましたので体調というのは毎日毎日生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで、多く生み出されて生み出されたものが弱い部分(体質的に)にたまる傾向があります。

同じ生理になっても生理痛が軽い方もいれば生理痛がないかと思いますので体質的に弱い方がホルモン系や子宮や卵巣などに疲れやストレスが多く溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こして行きます。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたら腹痛が起きることも当然ですし、骨盤が歪みや骨盤の開きを起こして背骨がズレると腰の痛みとして感じてしまうということです。

多くの方が、これを聞いた時に『そんなことがあるのか』と思うかも分かりませんが事実なんです。

眠りのトラブルと生理痛

眠りとは

最近は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張だけではなく眠りのトラブルを抱えている方が多くなっていますが、眠りというのは気が付いていない方が多くいるんですが眠りというのは、大脳が休養とって寝ていること、つまり熟睡の時間だけです。

例えばですが睡眠時間が8時間ある方が熟睡時間が最高に取れても30分以内になりますので30分のうちどれぐらいの時間が熟睡ができているのかということになりますので寝ていても脳が熟睡をしていなければ眠れていません。

生理と眠りには深い関係がありますので眠れていなければ大脳が急激に弱るだけではなく全てのホルモン系の親分みたいな脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなりホルモン経の乱れを起こして行きます。

もちろん脳に関係する部分の問題が起きていますので自律神経の働きも見られていますので自律神経失調症というわけではありませんが自律神経が乱れたままになっています。

不眠症と生理痛

不眠症と生理痛

不眠症というのは夜寝ようとする時に1時間も2時間も眠れないのが、不眠症の特徴なんですが夜中に何回も目を覚ましてすぐ眠れる方も不眠症になりますので、不眠症だと思っていない方も多くいるため長く眠ることができない方が不眠症だと考えてください。

不眠症の方は体調が異常に落ちていて悪くなっているんですが、自分の悪さを気が付いていない方が多くいますので気が付いていない方は、ただ生理痛が起きていると思うでしょうが実は体には大変なことが起きています。

生理痛のある方で不眠症の方は体調が、むちゃくちゃと言って良いほど落ちていますので簡単に引き上げることができない方も多くいますし、体質改善の治療で体を直していかないと、いくら体調をあげたり体を整えたりしても上がる事が無い方が多くいます。

不眠症というのは夜に目が覚めてしまうのが不眠症です。

すぐに眠れるかなと言って不眠症ではないと思わないでください。

不眠症の方は骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあるだけではなく背骨がずれてガタガタ状態になっていても気が付いていない方が多くいるんですが脳の問題を起こすと脳内ホルモンの分泌が過剰に行われて脳内麻薬が多く出てしまいモルヒネに似た物質を出しますので痛みやコリを感じなくなって行きますが限界まで悪くしたものは何かの症状として感じています。

もし何かの症状を感じる時にこれが生理痛だったら、かなりひどい生理痛になっています。

ひどいというのは、自分が感じている生理痛のひどさではなくて状態のひどさです。

睡眠負債と生理痛

睡眠負債と生理痛

不眠症とは違って朝まで目が覚めることがない睡眠負債という言葉がありますが、睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて浅場に目が覚めないから寝ていると勘違いしているんですが、眠りが浅い睡眠しかできていないため不眠症と同レベルの悪さだと言えます。

睡眠負債の方は夜寝ようとする時にすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事をしている睡眠になってしまい寝ながら考え事をして睡眠が3時間も4時間も5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に数秒間だけ夢を見ていますから夢しか記憶に残りません。

自分がどれだけ浅い睡眠をしていたのかということがわからなくなってしまうのが目が覚める瞬間に夢を見ることなんです。

睡眠負債の方も骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨がズレて、ガタガタ状態になっていても気が付いていないぐらい脳内麻薬が多く出てしまっている方もいますので自分でも気が付かないですごくガタガタ状態になっているか違います。

 

体質改善と生理痛

当院では体調をあげて体を整えていくことで骨盤の歪みは、骨盤の開き背骨のズレを解消する治療と体質改善の治療がありますので体質改善というのは、弱い部分に疲れやストレスが溜まると説明しましたが弱い部分を少しずつでも変えていくことができる治療になります。

簡単な方法で短期で変わることはありませんので、しばらくの通院が必要になるんですが、変わらないものを変えることができる治療ですから状態に応じて変えていくことができますので期間をあけてしまうと体質改善の矯正はできません。

期間をあけてきたかは体質改善の治療ができない理由として、また体が崩れているからです。

せっかく歪みやいろいろな疲れやストレスが溜まって体が整ってきたのに期間をあけてしまうと生活や運動や仕事をすることでダメージを受けていき体が歪みを起こしていくからです。

眠りと体

生理痛の治療を受けた方の感想

生理痛を改善するなら薬ばかり飲んでいないで、そろそろ原因を見つけていきませんか。毎月の生理に億劫になる事もなく原因から改善することができるかも知れません。

生理痛になると下腹部が重たくなったりだるくなったり吐き気が起きたり頭痛が起きたり腰痛が起きたり、肩こりがあったりありとあらゆる症状が起こりやすいのが、生理痛なんですが生理痛と言うのはしっかりとした原因がありますので、原因から改善していかなければいくらどんなに薬で緩和しても、また繰り返されます。

 

生理痛のある方が当院に来られると体調もすごく悪く特に下腹部を触らせてもらうと、下腹部がぶブヨブヨしているような状況になっている場合がありますので、ブヨブヨした状態になっているのは下腹部に炎症や腫れが起きているということもありますので検査することでそれらを改善していくことができますから改善していくと徐々に楽になっていくということが多くあります。

生理痛と言うのは

生理痛と言うのは体調と体質から起きていますので生理痛が起こりやすい体質というのが関係して根底にあるのは体質なので体質レベルから変えていかなければどんなに良い薬を飲んでも変わる事はありません。

体質を説明する前にまずは体調も深く関係していますので、体調と言うのは意味不明な言葉でもありますので自分でも体調が良いと思えば、体調が良いことになりますが、当院では検査することができますので、ご本人とは違った状況がしっかりと分かります。

生理痛は体質と体調から

体調と生理痛

体調と言うのは調子を落としているとか体調悪くしていると言う意味になりますのでどういう状況が起きているのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあって内臓の働きも、すごく低下状態になっているんです。

例えばですけど骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたときには、下腹部の恥骨と言う骨が前側にありますが、恥骨の骨の位置がずれたり開いたりすることがありますので、恥骨周辺にある内臓はすべて影響を受けていきますので影響を受けたものが、卵巣や子宮や膀胱の関係を持ってしまうと生理痛になりやすくなるということです。

体調が悪くなるとか調子を落とす体状態は、どういう状態の時で起きるのかと言うと、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く満たされたものが体に溜まっていくんです。

溜まっていくときには、その人の弱い部分にたまる傾向がありますので、生理で関係する部分が弱ければ生理痛になると言うことで、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がずれると言う現象が起きています。

疲れやストレスと生理痛

疲れやストレスの蓄積と生理

誰だって同じなんですが疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので、弱い部分が生理関係する部分であれば生理痛になっていき、いろいろな症状を起こしていくということが起きると言う事なんですが、生理痛だけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がズレると言う現象も同時に起きています。

背骨で言うと生理に関係するのは子宮と卵巣が主ですから、子宮に関係する骨は腰椎の碁盤目であり、卵巣に関係する骨は腰椎の3番目です。腰椎の3番目、5番目がズレると言う事は腰の痛みが起きると言うことです。

もちろんこの時には骨盤の歪みや骨盤の開きもあります。だから下腹部が重たくなったり、張ったり腰の痛みが起きるのは当然です。

生理痛と骨盤の歪みと背骨のズレ

眠りの問題と生理痛

眠りの問題と言うのも整理深く関係していますので、眠りができていなければ、また熟睡ができていなければ体調が、凄く悪くホルモンのバランスも見られているのは当然ですし、内臓の働きの低下や骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨がズレています。

眠りと言うのは熟睡ができていることを言いますので目を閉じてスースー寝息を立てているからと言って寝て寝ているとは言いません。

眠りと言うのは、大脳が寝ていることつまり熟睡状態のことだけを言いますので、6時間の睡眠時間があっても、たった30分の熟睡しかできないと言われているくらい少ない時間なんですが、この30分の時間があるのかないのかで熟睡していると言う状態で眠れているといいます。

本当に熟睡しているのかどうかは寝ている本人はわかりません。

眠りの問題と生理痛

不眠症と生理痛

最近は多くの方が睡眠のトラブルを抱えていますので睡眠の中でも1番悪いのが不眠症ですから不眠症と言うのは夜寝ようとするときに、寝付きが悪く1時間も2時間も3時間も眠れないと言うのが不眠症の特徴ですし夜中に何回も目を覚ましたりトイレに行くと言うことも不眠症の特徴でもあり夢ばかり見て寝た気がしないと言うのも不眠症の特徴です。

不眠症がある方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって、ホルモンの働きが低下してバランスが悪くなっていますし、それだけではなく、すべての内臓の働きが低下状態を起こし背骨がずれてガタガタ状態になっていて、大脳が急激に弱って、弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になっています。

不眠症の方は生理痛だけではなく大脳がかなりトラブルを起こしていきますので記憶の問題やうっかりや物忘れが多くなり精神的にイライラしたりぼーっとしたりと言うことが繰り返されたり脳細胞の急激な減少を招いて行きますから家大変なことになっていきます。不眠症の方は生理痛だけではなく大脳がかなりトラブルを起こしていきますので記憶の問題やうっかりや物忘れが多くなり精神的にイライラしたりぼーっとしたりと言うことが繰り返されたり脳細胞の急激な減少を招いていきますから大変なことになっていきます。

不眠症と生理痛

睡眠負債と生理痛

睡眠負債と言うのも不眠症と同じような問題を起こしていきますが、睡眠負債と言うのは夜寝ようとするときに、すぐ眠れて朝まで目が覚めないのが、特徴で眠りが浅い睡眠しかしていないんです。

睡眠負債と言うのは夜、寝ようとすると、すぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなって、妄想状態のような時間が長くなり目が覚める瞬間に、夢を見るから、夢しか記憶に残りません。そのため睡眠負債の方が寝ていると思っています。

睡眠負債と言うのは大変厄介な状況になっていますので大脳が急激に弱っているだけではなく疲弊状態になっていて衰弱状態になっている方も多くいますし生きていく中枢である生命気道の脳幹の部分がやられてきている方も多くなっていますのですごく厄介な状況です。

睡眠負債と生理痛

熟睡と生理痛

  • どうして生理痛になるのか。
  • 生理痛がどこから起きるのか。

必ず原因があるはずです。生理だからとあきらめないで下さい。

そして生理痛になる原因を見つけ出して改善する事をしています。

生理痛を改善する

婦人科系の問題で生理痛というのは大変多くの問題を持っている方が多くなっていますが 生理痛というのは原因があって起きていますので 原因から改善するようにしていかないと 根本的には生理痛は良くなりませんので 薬などや痛み止めや ホルモンの問題というわけではありません。
0939629133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

当院では生理痛の方が多く来院されていますがほとんどの方に 共通して起きている問題があります。

生理痛というのは主には月経痛ですがどうして激痛が起きてしまうのかということには理由があるということです。

生理痛や 月経痛 が起きてしまうのは色々な原因がありますから、 その原因から改善していくようにして行くのが当院の治療法です。

原因から解消

生理痛というのは痛む場所をや感じ方は人によって違いがありますが 色々な症状で悩んでる方が多いようです。

一番生理痛を多く感じる場所は、お腹の痛み が下腹部の痛み、下腹部が重い そして腰の痛みや頭痛,、吐き気が多いようです。

これ以外にも色々な症状が起きていますけど疲れやすいとか、だるいとか 、眠たいとか 肩こりとか 色々な症状が生理痛ということで起きています。

いつも生理痛がひどいかと思いますが 隔月で生理痛になる方もいます。

ひどい生理痛の場合 寝込む方も。

また病院でもらう薬などを飲んでいる方もいらっしゃいますし ホルモンの薬や注射などをうっている方も多くいます。

体が成熟するにつれ生理痛は軽くなると言われていますが必ずしもそういうものではありません生活環境やストレスの蓄積から強く感じてしまう場合も多くあります。

場合によっては生理痛の原因が子宮内膜症や子宮筋腫などの病気に関係している場合もあります。

この子宮内膜症や子宮筋腫が原因で生理痛になっている方は産婦人科などに行くと検査してみると すぐわかると思います。

この場合は病院で検査を受けて診察を受けるようにしてください。

しかし多くの場合の生理痛は他に原因がある場合が多いようです。

当院で扱う生理痛の症状は 病気以外の症状からくる生理痛です。

まず第一に 生理が来た時に 骨盤のゆがみが起きていると 確実に生理痛になります。

骨盤の歪みが

骨盤の歪みというのは大変多くの方に起きていますので特別なものではなく 普通に骨盤の歪みを起きています。

骨盤のゆがみが起きれば 骨盤の中に入っている内臓全て影響を受けてきますので特に下の方にある 卵巣や子宮 卵管 膀胱などがもろに影響を受けて行きます。

骨盤の歪みが起きれば骨盤の下の方が開いたり 色々なことが起こりますのでそれらを確認して整えていくことで生理痛は改善されて 良くなっていく場合もあります。

最近多くの方が 体調がめちゃくちゃと言っていいほど悪く こんな状態では骨盤の歪みや骨盤が開いたりしていることは当然怒っているということも思うこともしばしばです。

まず、どういう状態になっているかということを検査してそして体調の段階を検査して 体調が良いのか悪いのかということも判断していきます。

体調の低下で

ほとんどの方は 初診の時には 体調が今まで言い方はいませんでした。病院では体調がいいのか悪いのかというのは自己判断でわかりません。体調が悪いと体の歪みが起きています。体の歪みということは考えてもわかるように 骨盤の歪みがあるということです。

骨盤のゆがみのない方は逆にいませんので その骨盤の歪みの状態を確認して、 どういう風に歪んでいるかということを確認して 、治療に入って 整えていくことから入って行きます。

当院でも病院と同じように 検査をして 治療に入っていくようにしていますので 検査でどういう状態かということをご説明もしています。

まずは どんな症状も 体調からあげていかないと 色々な根底にある原因は見えてきませんので 根底が見えるように 体調からあげて行きます。

順番で軽いものから

体調が悪いということは 色々な状態が起きていますので 、まず軽いものから減らしていくようにしています。

やはり どんなときも ひどいところほど残りやすいもので 、ひどい所を改善していくのはその先になります。

治療自体は先に先に進めていかないと 生理痛が起きている原因が反応しませんし そこの治療ができません。

生理痛を改善したいと思うなら原因を見つけてその原因を変えて行くことです。

原因を見つけたら 内臓の働きを良くするだけで良くなるものなのかということを見極めることができます。

多くの場合 内臓の働きを良くするだけでは よくならない場合もあります。

この場合は

体質改善の治療

体質改善で 内蔵を変えていくことをしています。

内臓をどういうふうにして帰るかと言うと内臓を強くしていくわけです。

内臓が弱いから 生理痛が起きているわけたので 生理痛を起こしているの内臓を 強くしていくことで 生理になっても 生理痛が起こらなくなります。

こういうことをしていくのが 体質改善の治療なので 体質改善というのはアンチエイジングであり 若返りの治療です。

どこを変えるかと言うと ホルモン系や内臓ということになります。

内臓が強くなった分だけ正しく働くことができるので働けば働くほど生理痛は改善されて楽になっていきます。

生理痛を取るのは早めに治しておかないと 子供さんでしたら不妊症になったり する場合も多くあります。

生理痛を原因から直していくようにしていますのでしばらくの治療が必要になります。

生理痛を解消した方の感想

タイトルとURLをコピーしました