浮腫みを解消

2019年6月17日

北九州市小倉南区で浮腫みを解消するなら体を整えることから。

むくみが起きてしまうとリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっているという考えもあるんですがどうしてリンパの働きが悪くなるのかその結果として老廃物が多く蓄積してしまうのかということを考えなければいつまでたってもリンパ療法やリンパマッサージなどをしても本当の改善策にはなりえません。

浮腫みを解消すようと思うなら、まずは、考えなければいけないことがあります。何も考えもなく浮腫みを減らす事はできないと思います。
浮腫みを減らす為には、どうしたら浮腫みを減らす事ができるのか、どうやったら浮腫みを減らす事ができるのか。
しかし浮腫みと言うのは、なぜ、増えてしまうのか、ここが一番のポイントだと思います。

浮腫みの実態

浮腫みと言うとリンパと言うイメージがあります。浮腫みと言うのは水ですが、リンパの水はどうして滞留してしまうのか。
例えばリンパマッサージ、リンパ療法と言うのがありますが、軽いマッサージでリンパを流せば良いと言う事で施術していますが、それだけで良いでしょか??
何も原因がなくてリンパが滞留したりする事はありません。
体に何かの異常が起きているからリンパの流れが停滞していると言うことが起きていると考えた方が良いと思います。
では、何が起きているのか、と言う事です。
その為には浮腫みを知る必要があります。
浮腫みと言うのは多くなるとフシュと言う言葉があります。
浮腫みを検索するとフシュと言う項目が出てきます。
「浮腫み」というイメージと『フシュ』では雲泥の差がありますが、実は関係があります。

浮腫みが多くなるとお腹にたまった腹水になります。浮腫みというリンパ液が大量に腹部にたまると腹膜炎などが起きたり、お腹がパンパンに張った状態で腹部が膨れる腹水と同じなんです。

浮腫みは良くない時に起こります

こう言えば良くないことだと理解してもらえると思います。浮腫みと言うのは何が良くない時に起きるかと言うと体調です。自分でも気が付いていないことが多くあるのが痛みやコリがないから体調が良いとは限らないと言う事です。

浮腫みがあるからと言って体調を改善する事からしないと効果はありません。と言うよりも体調を上げることは簡単ではありませんからサプリメントを飲んでも注射を打ってもマッサージしても揉んでも針、お灸をしても低周波治療器や電器をしてもボキボキしても体調は良くなりません。

押してもマッサージしてもサプリメントを飲んでも低周波治療器や電器をしても刺激にしかなりませんので刺激しても気持ち良さはありますが、体調が上がる訳ではありません。

浮腫みは体調が上がってくると必然的に減っていきます。これは本当です。

当院では体調を上げる施術をしていますが、1回で上がることはありませんし安定する事はありません。

当院では検査する事をしています

当院では検査する事をしていますから検査してみると体の状態が全てではありませんが、ある程度の状態が分かります。

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。最近は多くの方が眠りに問題がある場合が多くなっています。眠りに問題があると大脳が痛みやコリを感じなくなるからです。つまりマヒした状態になると言う事です。マヒしたり鈍感になったりする場合が多くあります。

眠りとは

眠りと言うのは重要なことなんですが大脳が寝ていることだけを言いますから熟睡の状態です。毎日、毎日、どれだけ熟睡ができているのかで脳疲労が違うからです。

逆に寝ているのに浮腫みが多くなれば大変なことが起きています。それこそ病気かも知れません。

眠りと言うのは不眠症とは違います。不眠症というのは利用とするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

しかし睡眠負債や睡眠障害という言葉がありますので睡眠負債や睡眠障害というのは寝ているのですが眠りが浅い睡眠になりますので眠りが浅い状態で寝ていることを寝ながら考え事をしている睡眠と言いますので寝ながら考え事をしてる睡眠が多くなればなるほど一番、浅い睡眠になりますので大脳が急激に弱っていきますので脳疲労が強くなり痛みやコリに麻痺した状態で鈍感になって行きます。

夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいますが眠りの深さを考えている方はあまりいないと思いますので目が覚めなければ寝ているのかと言うとそうではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていられますが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をして睡眠の時間が圧倒的で長くなっていけば長くなるほど痛みやコリを感じにくくなり麻痺した状態になりますので麻痺した状態では、風邪もひきにくくなりますので、最近、風邪をひかないなと思うことがあったり強くなったのかなと思うことがありますが全然意味が違います。

大脳が元気だからウイルスや細菌が体内に入って侵入して増殖してくる傾向があると高熱を上げて熱で細菌やウイルスを減らそうとします 。

大脳が麻痺してしまったり鈍感になってしまったりすると風邪をひくこともできなくなり限界まで悪くなってやっとこ風邪になることやインフルエンザになることがあります。

浮腫みを減らす

浮腫みを減らしたいと思う方は多くいますがどうしたらむくみが減るのか何をしたらむくみを減らすことができるのか。

浮腫みと脂肪は違うと思います。

甘いものを食べることで増えたりするのは脂肪です。

お菓子などを食べて増えたりするのは脂肪が増えていきます。

ご飯などを多く食べ過ぎると 脂肪が増えていき体重が多くなります。

脂っこいものを多く食べたりすると カロリーが多くなりますので脂肪が増えて体重が多くなります。

アルコールなどを飲んでいる時でも、つまんでいるものが多くなればなるほど甘くなればなるほど油っぽくなればなるほど脂肪が多くなって 体重が大きくなります。

運動しても 脂肪が減ることはありますが浮腫みが減ることはありません。

食事を制限しても脂肪が減ることはありますがむくみが減ることは少ないと思います。

ダイエット食品お試しても 脂肪が減ることはあるかも分かりませんが 体重も減体重も減るかも分かりませんが浮腫みはあまり変化がないと思います。

サプリメントを試しても脂肪が燃焼して減ることはあるかも分かりませんがむくみはあまり変化がないと思います。

多くの方が脂肪と浮腫みを勘違いしています。

脂肪は脂肪であり浮腫みは浮腫みです。

脂肪と浮腫みを混同しないでください。

浮腫みを減らしていくには一番、重要なものは、体調と体質です。いくら良いサプリメントや薬で解消するものがあったとして、一時的だし、そんな便利なものはないと思います。

0939629133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

浮腫み を減らそうと努力しても運動してもストレッチしても食事制限をしても表面的なもので、根底的なものではありません。

浮腫みというのは、別名、タルミとも言います。この浮腫みやタルミが起きるには原因があります。何も原因がないのに浮腫みは起こりません。

 

種類があります。

浮腫みにも種類があります。浮腫みが起きる表層で違いますが、普通に浮腫みと言うと皮下脂肪のことを言います。つまり、皮膚の下の脂肪です。皮膚の脂肪が厚くなったことを皮下脂肪の浮腫みと言います。

皮下脂肪

皮下脂肪の浮腫みは皮膚を指の先と先でつまむようにすると、つかんだ厚みで決まります。また、引っ張ってみて、どれくらい引っ張ることができるのか、それで厚みが決まります。

その厚みを減らしていくのが浮腫み解消です。両方ともの厚みを減らしていくのが浮腫み解消ですから、このむくみを減らすには体調から上げて、体質を変えることなんです。

内臓の周辺の脂肪

皮下脂肪とは別に、内蔵の周辺にある脂肪があります。内蔵の周辺というのは大変多くの脂肪も普通にありますが、この脂肪が増えたり多くなることがあります。内蔵の周りに脂肪が増えるとそれだけでも血管を圧迫したり神経を圧迫したり働きを低下させてしまいます。

内蔵の周りに脂肪が増えるだけでもいろいろな状態が悪くなっていきますので内蔵の周りも減らしていくことをしないと根本的には、浮腫みは減りにくくなります。

内蔵の中にも脂肪が

内臓の中には脂肪があるかというと、ある所もありますが、多くの内臓がストレス体調が悪くなると循環や代謝や仕事量が低下しますので大きくなります。

内臓が大きくなったりする現象は最近、多くありますから内臓性異常な状態に戻すだけで体が細くなるということも起こります。内臓というのも働きを悪くなると内臓自体が大きくなります。病気というわけではなく内蔵自体の働きの低下で内臓が大きくなることが最近多くなっています。特に大きくなりやすい内臓は肺と肝臓と胃と膵臓です。

特に肺と肝臓あたりが張っている方が異常に多く、張ると肋骨が浮き出てきています。肋骨が出てくると骨ばって見えるので格好がすごく悪くなります。

骨ばって見える方が最近多くなっていますので、中にはパンパンにろっ骨あたりが張っている方がいます。内臓も働きが悪くなると、横に張ってきますので、そうすると肋骨の下のあたりが大きくなって張ってきます。

大きく分けて浮腫みには、この三つの理由であります。

これらのすべての原因は体調と体質から起きていますのでそれを変えていこうとするのがむくみを解消することになります。

すべての原因は体調が落ちたことが原因で浮腫みが起きやすい体質というのがあります。最終的には体質を変えないと浮腫みが戻りやすくまだ何回も繰り返して、いくら減らしても効果がなくなっていきます。

体質というのは

体質というのは浮腫みが起こりやすい体質ということです。浮腫みが起こりやすい体質の方がいくらも浮腫みを減らそうとしても運動してもストレッチをしても、浮腫みを浮腫みを減らす手段を駆使しても、あまり変わりません。

根本的に浮腫みを減らそうと思うなら浮腫み体質から書いていかないと浮腫みは減っていきません。浮腫み体質を変えていくためには準備が必要になります。

準備をしてパワーを上げないと浮腫み体質を減らすことができませんから、浮腫み体質は変わりません。

しかし体調を上げていくだけでも浮腫みは徐々に減っていきますので体は細くなっていきます。遅くなると同時に浮腫みもタルミも減っていきますので、特にウエストのあたりは一番初めに減り始めます。

しかし ウエストを細くしたり、全身が細くなったりして浮腫みも減っていきますけど持続時間が少なく、戻りがあります。

体質改善の治療というのは体を中から変えることなので根本的な体質改善と言います。持続時間を長くしたり戻りを少なくするためには、体の中から治療して変えていく必要があります。

体の中から変えていく治療ができるのは体質改善の治療だけなので、体質改善というのは根本的に若返りをさせて元気にしていくこと健康にしていくことです。

 

参考までにウィキペディア 浮腫み

 

浮腫みを解消するには浮腫み改善

北九州市小倉南区で人気の浮腫み解消術。

Posted by phg42033