肩こり

2020年4月2日

肩こり を楽にすることは色々な方法があります。

肩こりを楽にしていくなら、多くの方が筋肉を揉んでほしいとか、筋肉のコリを解消するために、運動したりストレッチしたり、筋トレしたり、腕立て伏せをしたり、肩こりに効果があるサプリメントを飲んだり、肩こりを解消しようとして色々な方法があります。

当院では北九州市小倉南区で30年の経験があることと、臨床経験を多く積んでいるだけではなく、研究もしているので肩こりの実態が良く分かっています。

当院では肩こりの方が訪れると、すぐに筋肉を揉んだりすることはなく検査することから始めていきます。すぐに、揉んでしまうと色々な状態が判断できなくなります。

多くの専門家の先生は正確な検査することもなく、筋肉を揉んでいこうとしています。と言うのも専門家の先生でさえ肩こりは筋肉だと思っているからです。

その理由は検査ができないからですし、していないからです。

検査と言っても肩を触って『肩が張っていますね』とか、『肩が固いですね』とか、『肩の筋肉がこわばっていますね』とか、と言うことは検査とは違います。

多分、マッサージとかに行くと言われることだと思います。

肩こりとは多くの方も、専門家の先生も筋肉のコリだと決めつけている節があります。筋肉のコリだと決めつけないで、ありとあらゆる可能性を考えなければいけません。肩こりを筋肉のコリだと決めてけないで検査することができるようになれば、本当に肩こりと言うのは筋肉だけで起きていることはないと言うことが、わかります。

 

 

 

北九州市小倉南区で30年になる肩こりの矯正の専門家です。肩こりを解消したいです。

肩こりは多くの場合、筋肉のコリだと思われていますので、まずは筋肉から柔らかくしていきます。

マッサージですか?

マッサージは筋肉だけを対象としています。

しかし、まずは筋肉を・・と言いましたので筋肉だけではありません。

肩こりは筋肉を柔らかくすればいいじゃないんですか?。

違います。

院長の私が検査していますが筋肉だけで肩こりは起きていませんが、筋肉を揉んでしまうと楽に感じることは事実です。

 

じゃ、それで良いじゃないですか??

 

筋肉を刺激して楽にばかりしていると、その先にあるものを見つけることができなくなります。

 

先にあるものとは何ですか??

背骨のズレです。

筋肉がコリを起こすときは背骨のズレがあるから起こしている場合も多くあります。

背骨のズレが起きると、どうして筋肉に影響があるんですか?

 

筋肉は骨から骨へ引っ付いていますので、背骨がズレて動くことで筋肉は引っ張られたり、反対は緩んでいますのでバランスが悪くなり、悪くなることでリンパの流れも悪くなり老廃物が多くたまって循環が悪くなります。

へ~そんなことが起きるんですか?

そうなんです。

どうして背骨のズレが起きるんですか?

背骨のズレが起きるのは原因があるんですか?

 

そこなんですよね~。

 

なんだかポイントをついたみたいですね。

 

背骨のズレが起きるのは複雑なんですが、だた簡単に言えば姿勢や猫背で背骨のズレが起きることはありません。

肩こりとは

肩こりを起こしている筋肉のコリがどうして起きるのか、何かの原因があるから筋肉のコリが起きているわけですから、それを探さなければ筋肉ばかり揉んでも柔らかくしても、マッサージをしても凝りを感じていない時でも、原因はそのままではいられません。

肩こりには原因があるのに原因を見つける事は簡単な方法では無いために多くの肩こりを解消する方法と言うのは筋肉ばかりに注目して楽にすることをしています。

考えなければいけないのは、どうして筋肉のコリが起きるのか、どうして筋肉のコリを感じるのかと言う事の問題です。

多くの場合、筋肉のコリが起きるのは特別なものが原因ではなく、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーや眠りの問題で多く生み出されていくものが、体に蓄積していくのが原因です。

肩こりが強くなったり軽く感じたりするときには何が起きているのかということも深く関係しているものですから、24時間いつの時間も肩こりを感じている方もいるでしょうが、時々は肩こりを感じなくなったり、急に強く感じてしまったりと言うことがありますので原因がしっかりとあります。

肩こりを感じているときには毎日毎日、生活することや掃除をすることや洗濯物干すことや料理を作ったりすることや買い物することや荷物を持つことや車の運転をすることや仕事をすることやデスクワークをすることやパートで働いたりすることや歩いたり走ったり階段を登ったり降りたりすることや食事で噛むことや食べることで、内臓が働いたり食べたものを消化したりアルコールを分解したりすることで多くの疲れが生み出されて生み出された疲れが体に溜まっていきます。

疲れが生み出されていくのに人は疲れを減らすことをしていませんので、疲れが、どんどん積み重なって多くなっていくと疲労になり、疲労から大きくなっていくと蓄積疲労になっていきますので蓄積疲労が体のダメージを多くしてしまいいろいろな症状を起こしていきます。

蓄積疲労と言うのは何よりもダメージが大きくありますので、蓄積疲労が溜まっていくと全身の筋肉が緊張したり筋肉疲労を起こしたり、リンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まって代謝が悪くなってしまったり筋肉の緊張がより強くなっていき凝りを起こしています。

蓄積疲労が起きたときには蓄積疲労の溜まるところに原因があるんですが、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを必ず起こしています。

疲れが大きくなって蓄積疲労になっていくとどんどん積み重なっていけばいくほど限界なく積み重ねることができますので骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしながらさらに背骨のズレを起こすと筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから背骨がずれて動くことが原因で筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりしてリンパの働きが悪くなり老廃物が多く溜まって代謝を落としてしまうことになり肩こりになっていきます。

肩こりになってしまったら多くの方は何をしたらいいのかということを迷ってしまう方もいますので単純に湿布を貼ったりしても良くなることもありますので色々な治療法があります。

肩こり、肩の痛みとは

肩こり、肩の痛みとは

肩こりになってしまったら、何をしていいのか、どうしたらいいのかと言うことを考える必要がありますが、単純に筋肉のコリという決めつけは良くありません。

普通は一般の方や専門家の先生も筋肉のコリという決め付けを行って筋肉ばかりマッサージしたり揉み解したり柔らかくしたりということをしていますが本当にそれだけでいいのかということを考えなければいけません。

肩こりの状況を検査するという方法はありませんので筋肉を触ってみて筋肉が硬くなっていますねとか筋肉が硬く張っていますねという感じで言われることもあるでしょうが、それだけでは検査はできていません。

もっと詳しく検査する必要がありますので触ってみたり揉んでみたりをしてみたりするだけでは検査しているわけではありませんので、肩こりで訪れているわけですから、当然、筋肉に何らかの問題を起こしているということは、当然だと思いますので触ってわかるものではありません。

肩こりを検査して原因を見つけ出したり、状況判断するということは大変、難しいことですから、誰でもどこでもできることではありませんが、当院では検査することで見つけ出すことをしています。

肩こりというと多くの治療法があると思うんですが、色々な治療法と当院の治療法を説明していきたいと思います。

肩こりと湿布を貼ること

肩こり、肩の痛みと湿布を貼る

肩こりと言うと湿布を貼ることが多くあると思うんですが鎮痛効果があり炎症や腫れを抑えてくれたりコリを解消してくれることもあるんですが冷たいシップや温かい湿布入れるのしっぽがあると思うんですが湿布を貼って良くなる程度と肩こりであれば楽になってくれます。

しかし肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから原因から改善していかなければ湿布を貼っていつまでも、ごまかしていても意味がないような気がします。湿布を貼るということは一番簡単な方法なんですが原因を見つけ出すこともなく、ただ貼っているだけですから鎮痛効果で肩こりを解消することが出来るでしょうけど。

肩こりに原因があるとしたら原因はいつまでも同じままではいられませんので進行するということも考えなければいけませんので、どうして肩が凝るのかということを検査して見つけ出すことをしています。

肩こりの代表的な対処法として湿布を貼ることがあるんですが湿布を貼って炎症や腫れやコリが治る程度の肩こりであれば楽になることがあります。 湿布というのも鎮痛効果があったりインドメタシンというスースーする 薬剤が入っていますので、それなりの効果はあります。 急性状態で一時的に肩こりを楽にする可能性はありますが湿布を貼って楽になる程度であれば楽になるということです。

肩こりとマッサージ

肩こりとマッサージ

肩こりを解消しようと思うなら家族の方に肩を叩いてもらったり揉んでもらったり、また専門の先生にマッサージをしてもらうこともいいと思いますが、本当に肩こりが筋肉のコリだけで起きている場合は有効ですが、当院の院長が検査した結果、多くの肩こりは筋肉だけでは落ちていません。

どうしても肩こりと言うと筋肉のコリというイメージが強いために多くの治療が筋肉のコリを解消しても楽になることがあるために筋肉の解消止まりになっています。

筋肉のコリの先には何があるのかということを見つけ出すことはしていません。

肩こりと言うとマッサージするという方法を考える方も多くいますがマッサージというのは筋肉の緊張や筋肉疲労や筋肉の一時的に硬くなった現象を解消してリンパの働きを良くして老廃物を流すことをしています。肩こりの代表的なものでマッサージは筋肉に対して筋肉を癒しているだけですから、その先にあるものを見つけて進めていかなければいけないのに、そこで終わってしまっているのが残念なような気がします。

当院でもその先にあるものを見つけ出すためにも筋肉のコリや筋肉疲労を解消することはしていますが、目的は筋肉をほぐしたりマッサージをすることではなく、その先にある原因を見つけ出して進めていくことです。当院では検査することをしていますので、検査をしてみると筋肉のコリの程度が、どれぐらいあるのか本当に筋肉をほぐしたりして、解消ができたのかという検査をすることをしています。

最近は筋肉の疲労やコリだけではなく筋肉自体が炎症や腫れを起こしている方もいますので炎症や腫れを解消しなければいけませんので筋肉のコリどころではない方もいます。普通では筋肉の炎症や腫れというのは起こらないものなんですが最近、時々、コリ以上の問題を起こしている方が多くなっています。

肩こりとサプリメント、薬

肩こり、肩の痛みとサプリメント

肩こりを解消しようと思うならサプリメントや薬という手段もあるんですが薬というのは中和しているだけであり改善して直しているわけではありませんし痛み止めという感じで薬を持ちいる方も多くいます。

サプリメントでも栄養やミネラルやビタミンや何かのエキスが入っているということがあり肩こりを解消する可能性もあるんですが原因を見つけ出すことをしていかなければいつまでたってもサプリメントを飲んでいても 進行するとサプリメントでも効果がなくなっていくということもありますので注意しなければいけないところです。

肩こりを感じてしまったらドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んだり薬を飲んだりするということがあると思うんですがサプリメントには、何が入っているのか考えるようにしてみるとミネラルやビタミンや何かのエキスなどが、入っていて肩こりを解消できるという感じだと思いますが、原因を探し出す検査もしていないし原因を解消することなくしているような気がします。

全てのサプリメントを知ってるわけでもありませんので一概に言うことはできませんがなんとなくそういう気もします。そういう方面の方法もあっていいと思いますが当院では原因を見つけ出すことをしていますので表面上の栄養を含ませたにミネラルを考えたりということをしているわけではありませんので体の中の状態から確認しなければいけないと思います。

肩こり解消グッズ

肩こり解消グッズというのも多くのお店で売られていることなんですが運動したりストレッチをしたりという効果があり代謝を良くしたりリンパの働きを促して老廃物を流してしまうことで肩こりを解消しようというやり方なんですが運動療法の一環ですから肩こりが本当に解消できればと思います。

肩こりと体操、運動、ストレッチ、水泳、筋トレ肩こりとストレッチ

肩こりを解消しようとしてストレッチをすることも構わないと思いますが筋肉や靭帯を伸ばして代謝を良くしてリンパの働きを解消する事や老廃物を流す効果はあると思うんですが、普通はストレッチをしなくてもいいくらいなんですけどスレチをしなければいけない問題があるということで、問題から改善していかなければいけないと思いますのでストレッチをしても、毎日毎日ストレッチをしなければいけなくなってしまいますしストレッチをしても効果がなくなることもあるかも分かりません。

肩こりと病院・病気

肩こり、肩の痛みと病院

肩こりを感じて治らなかったら病院に行くことも一つの方法なんですが病院というところは病気であれば行くところですけど最近テレビの特集などでも、肩こりは実は病気が原因だったというのもありますので検査することもお勧めしていますが、多くの肩こりは病気という状態ではない状態で起きていますので病院に行ったら注射を打ってもらったりレントゲンを撮ったり湿布をもらったり、または電気をかけたりということが多いと思います。

肩こりがもし病気に関係するようなものであれば病院に行かなければいけませんし病院に行って検査をしてみて判断を仰がなければいけないということがありますので、何でもかんでも筋肉だけで起きている肩こりはありませんし特に心臓の問題がある方が肩こりを左側に起こす方が違います。

昔からよく言われていることなんですが、心臓の問題を持った方は、左側の肩が凝りやすいと言われています。

もちろんその場合は病院に、行って検査をしてみなければいけませんので、確認のためにも病院に行く必要はありますが、病院に行って異常がなければ、当院が専門だと思います。肩こりと病気

最近のテレビなのでは肩こりの左側が特に、コリを起こす場合は、狭心症や心筋梗塞のリスクの高い方や高血圧や糖尿病や、その他の問題で解答する可能性があると、特集でも言っていますが、全員の方が該当するわけではありません。しかし病気というのはある程度、完成してしまわないと検査しても分からず、進行途中や、なり始めている時には検査しても異常なしと済まされてしまいます。 繰り返している肩こりが治りにくい肩こりというのは原因がありますので原因を確認して改善していく方法があります。 そのため当院では低周波治療器などの、ごまかしを行うことはしていませんので検査して確認して改善を進めていきます。

当院ではマッサージをしているわけではありませんので、マッサージというのは、筋肉に対してだけ揉んだりほぐしたり、柔らかくしたりしていることがマッサージですから。 もちろん筋肉も柔らかくしなければいけませんので筋肉を揉んだり柔らかくしたりすることはしていますが、その先にあるものが重要です。

肩こりと言うと多くの方が検査もしていませんし状況確認ができていないから、ただ揉んだりマッサージをしたり低周波治療器などをかけていることが多く見受けられます。

普通一般的に肩こりで訪れているわけですから肩を触られて、『固くなっていますね』とか『張っていますね』と言われることは、当然のことなので誰だってわかっています。 それを検査とは言いません。

肩こりと整体

肩こりと整体

マッサージ以外でも整体やカイロプラクティックでも肩こりを強制することをしているんですが整体院に行くと骨の矯正を目的として行いますので骨の矯正を行う前に筋肉を揉んだりほぐしたりマッサージをしたりして調整をして矯正した後に低周波治療器や電気などをかけるということが多くあります。

当院でも昔はマッサージベッドや低周波治療器は電気屋ホットパックなどいろいろな電気は使っていましたが今では一切の電気は使わないのは意味があります。

電気や機械というのは痛みやコリを散らしてしまうことばかりしているので直しているわけではないからです。

肩こりと整体には関係がありますが整体というのは身体を整えていくことなんですが筋肉が中心の整体もあれば骨格から歪みを矯正していく整体というのもありますので色々な整体院が存在しています。 電気や機械の物量ばかりに頼ってしまって肩こりを解消している整体もあります。

多くの整体院ではあまり検査をしているところはないと思っていますので当院ではしっかりと状況判断を確認のために検査することをしています。 検査と言っても病院の病気の検査のようにデータで一気に出ることはありませんので一つ一つずつ改善することをしています。

整体と言うと、普通は、ボキボキしたり、専用の矯正台を使いながらドスンという感じで矯正したり、アクチベーターテクニックというのを用いてパチンとさせたり、という感じが主に矯正手段になっています。

あとは、主に電気や低周波治療器やホットパックやローラーなどを用いて物量で体を癒しています。

肩こりが、どうして起きるのかということを考える必要がありますので、単純に湿布を貼ったりして楽になることもあるために多くの方が、筋肉のコリから肩こりが起きていると思っているんですが、実は大きな問題が存在しています。

実は肩こりは筋肉のコリだけで起きていることはないんですが筋肉のコリの原因を見つけ出さなくても湿布を貼ったりマッサージをしたりすると楽に感じてしまうために筋肉をマッサージしたり揉んだりしたら治ったと思う一般の方や専門家の先生も多くいます。

筋肉を硬くするのが肩こり

肩こり、肩の痛みを解消する為には

最近は多くのテレビなどでも肩こりは本当は病気だったという感じで特集されていることもあり多くの方が肩こりは筋肉のコリだけで起きていないことが、わかりやすくなってきているんですが、 多くの肩こりの場合、病気とは無縁でいることはできないぐらい密接に関係はあるんですが今は病気ではない状態で起きている肩こりが多くあります。

しかし病気と言っても完成するか、完成する前であれば病院に行ってわかることもあるんですが、進行途中や、なっていく過程では、どんなに検査をしてもわからないということが多くあります。

肩こり、肩の痛みと指圧、ツボ、鍼

肩こり、肩の痛みとツボ

肩こりを改善する時には指圧をしたりツボを押したり針を刺したりという行為も多くの治療で見受けられますがそれよりも本当の原因を見つけ出すことをしたほうがいいと思いますし直接的に何かをしなければいけないこともあるかと思います。

特にツボを押したり計略を刺激することで何かを解消するという方法が指圧やツボや鍼という方法なんですが、実際に直接に行う方が効果があります。指圧を押してもツボを押しても鍼で刺激をしても骨盤の歪みは骨盤のひらきや背骨のズレが矯正できることはありません。

どちらかと言うと計略で内臓を刺激するということを聞いたことがあると思いますが、内臓が直接的に行った方が効果は大きくなりますので、遠いところかするよりも直接的に何かをしたほうがいいと思います。

肩こり、肩の痛みとネックレス

肩こりとネックレス

肩こりとネックレスも時期が入っていたり他の複合物が入っていたりという感じでネックレスが肩こりに効くという感じで売っていると思うんですが筋肉のコリの緩和はできる可能性もあるんですが原因を見つけ出すことをしないと中和をしてても意味はないと思うんですが。

しかし、それほど肩こりの原因を見つけ出すということは簡単な方法ではありませんのでそういう類のものに頼ってしまうということは構わないと思いますが本当に体のことを思えばしっかりと考える必要があると思います。

肩こり、肩の痛みの解消法は

肩こり、肩の痛みは

当院でも昔は低周波治療器、ホットパック、パルス治療器(針みたいな刺激がある)や金魚運動させる機械や牽引機やローラーやレーザー光線など多くの物量を使っていましたが今では一切使うことはしていません。

手の技術を磨くことをしてきましたので、手の技術を磨きながら向上させながら検査することも向上させるようにしてきましたので、検査をしながら手の技術だけで身体を整えていくことができます。

そして整体院やカイロプラクティック院などで行われているボキボキするやり方もしていませんので安心安全な矯正を行うことができますので年齢に関係なく受けてもらうことができます。

当院の肩こりや肩の痛みの解消法はマッサージをするような感じが一番、近いことだと思いますがマッサージをしているわけではありませんので、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレや椎間板ヘルニアの解消も全てマッサージをするように揉んでいるだけで矯正をすることができる特殊なテクニックを使っています。

当院でも徳力整体院を開業してから、しばらくはボキボキしたりすることは、その時代に電気が機械を多く使用していました。 今では一切、使うことがなくなったのはテクニックの向上検査することが、しっかりとできるようになったからです。

特殊な技術力があるからマッサージをするような感じしか見えないだけで、見えない部分である特殊な技術を使っています。

何もボキボキしなくても、矯正台を使ってドスンと落とさなくても、アクチベーターでパチンとしなくても、矯正することは、特殊な技術があれば、マッサージをするような感じで揉んでいるようにしか見えなくても、骨盤の歪み骨盤の開きを矯正をして、背骨のズレを解消することができるし、さらに椎間板ヘルニアの解消も行なっています。 また、矯正以上の解消もしています

肩こり、肩の痛みになるのは

肩こりや肩の痛みが起きる時にはどうして起きるのかというのを説明しなければいけませんのでもうしばらくのお付き合いお願いいたします。

肩こりというのはいつも肩こりを起こしている方もいますが、ある時になったら肩こりが軽くなっている方もいますので、ひどい肩こりをいつも起こしてる方は少ないと思いますので変化するということがあります。

肩こりを起こしている最大の理由として二つあげるものがありますが一つ目は疲れやストレスの蓄積と眠りに問題があります。

実は腰痛であろうと、肩こりであろうと、頭痛であろうと、生理痛であろうと、便秘であろうと、全てのものに関係するものが、疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスというのは体の弱い部分にたまっていきますので、弱い部分がどこなのかで起きる症状が違うんです。

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在していますので強いというわけではなくそうでもないという部分で存在しています。

人の体の弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まり溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がズレていくことが普通で起きています。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのは誰でも起きている現象なんですが、軽ければ感じることができないで、蓄積が多くなっていくと徐々に歪みやズレが大きくなり、体の不調、痛みはコリとして感じます。

疲れやストレスが溜まっていくとリンパの働きが悪くなり吸収がうまくできないで老廃物が多く蓄積していきます 。何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることもありませんし老廃物が溜まるということは普通では起こらないんです。

だからリンパ療法やリンパマッサージというのは、軽いマッサージであって筋肉をほぐしたりして、流れを解消していると言っていますが、疲れやストレスの蓄積から起きた骨盤の歪みは骨盤の開き、背骨のズレを解消しているわけではありません。

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

肩こりになる時には疲れやストレスを減らすことなくただ筋肉を揉んだりしても効果的には楽になることもありますが楽にならないこともありますのでどこにどれぐらいの疲れやストレスが溜まってしまったのか確認するためにも検査しなければ分かりません。

疲れやストレスがたまるところというのは筋肉にも溜まっていくんですが、多くは筋肉以外のものにたまっていきますのでその場所を限定しなければ減らすことはできません。

先ほども説明したように疲れやストレスというのは弱い部分にたまっていきますので弱い部分がどこなのかで腰痛であろうと肩こりであろうと生理痛であろうと便秘 であろうと起こる部分が違います。

例えばですけど、大腸の働きが弱いから便を送り出すことができない状態が便秘です。 弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まるということは、大腸にも疲れやストレスが溜まっていくと働きが低下してしまい便を送り出す元気がなくなってしまい便通が悪くなり便秘になります。

生理痛でも同じ結果なんですが、生理に関係するホルモン系や子宮や卵巣が弱いと働きの低下から腹部が重たくなったり、腹部が張ったり、骨盤のゆがみや背骨のズレから腰痛が起きたりという結果になって生理痛になります。

ということを考えれば内臓にたまる疲れやストレスもあるということがわかってもらえると思いますので、内臓というのは一番、体の奥にある部分で、重要な部分ですから肩こりを起こす部分に、疲れやストレスが溜まっていくと背骨がズレていきます。しかし内蔵に疲れやストレスが溜まる現象は、病気ではありませんので、病院に行って検査をしても見つからない場合が多くあり数値的な異常が出ることはありません。

一番、初めの説明したように病気と関係があるような事を言っている部分がありますが病気と言ってるわけではなくテレビの特集などで上げられたことですけど、関係がないと言いましたが、密接に関係があるんです。しかし関係があるけど、内臓の病気というわけでは、まだ、ないんです。 昔、テレビで健康食品の宣伝していた『未病』という状態です。

肩こり、肩の痛みと背骨のズレ

肩こり、肩の痛みと背骨のズレ

肩こりの部分というのは骨で言えば、首の骨と胸椎という骨が関係していることがありますので、筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、背骨がズレたりすると筋肉が、引っ張られたり緩んだりしてバランスが悪くなってしまいますので、バランスが悪くなると筋肉周辺を流れるリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくわけです。

背骨のズレの原因

背骨のズレが起きる原因として疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくと、体は限界を超えた状態で蓄積した疲れやストレスを感じたら、背骨のズレを起こして行きます。

疲れやストレスは誰でも溜まっているものですし、弱い部分というのは体質的に弱い部分になりますので、体質的に弱い部分は、誰でもどこでもあります。

もし、人が体質的な弱さがなければ100歳も200歳も生きられるかも分かりません。

肩こり、肩の痛みの治療

当院では肩こりを解消していくためにはまずは筋肉のコリから確認して筋肉を揉んだりマッサージしながら解消を目指していきリンパの働きを解消したり老廃物を減らしたりということから始めていきます。

しかしそれだけではなくて筋肉のコリが解消できたら次に進んでいきます。 筋肉のコリがほぐれたら次にあるものは背骨のズレですかと背骨のズレがあるのかないのかということを確認したり背骨がズレすぎていると椎間板ヘルニアが起きている方もいます。

そして最近、時々いるのが普通では起こらないんですが筋肉が炎症を起こしたり腫れていたり、それ以上のことが起きていることもあります。 背骨や肋骨が炎症を起こしたりハレたりしている方も時々いますので、検査することで見つけ出して解消を目指していきます。

背骨のズレを見つけ出したり椎間板ヘルニアを解消したら内臓疲労から解消しなければいけませんので内臓疲労の部分を見つけ出すことを検査しています。

  • 筋肉を柔らかくする事
  • 背骨のズレを整える事
  • 内臓疲労を解消する事

眠りと肩こり、肩の痛み

肩こりだけに限らず色々な痛みやコリや洗える症状というのは眠りに関係している場合が多くありますので本人が気がついていないでもすごく体調を落としていて悪くしている方が多くいます。 眠りとは

不眠症と肩こり、肩の痛み

不眠症というのは夜に寝ようとする時に寝つきが悪く一時間は2時間まで眠れない方、 夜中に何回も目を覚ましたりトイレに行ったりという形、 夢ばかり見て寝た気がしないという方が不眠症です。

不眠症の方でも夜中に何回か目を覚ましてもすぐ眠れてしまうため不眠症だと思っていない方が多くいます。

不眠症や眠りの浅い形や目を覚ましやすい方は体調がすごく悪くなっていて脳疲労が強く起きていますので脳疲労が起きただけではなく脳が衰弱状態まで陥った方がいます。

不眠症の方は内臓がすごく弱っていますので一番は負担になる部分が肩こりに関係する部分が反応することもあります。

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

睡眠負債の方も異常と思えるほど落ちているんですが睡眠負債というのが一番分かりづらく夜寝ようとすると朝まで目が覚めることがないために入れていると思っている方が多くいます。

肩こり、肩の痛みと背骨のズレ

睡眠負債というのは社会問題になるくらい大きな問題になっているんですが、目が覚めないために寝ていると思っている方が入りますが、寝ている方が本当に寝てるかどうかはわかることはありません。

睡眠負債の方は夜寝ようとするとすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間もそれ以上あって目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか記憶に残っていないため寝ていると思っています

睡眠負債の方や不眠症がある方は肩こりを解消するようにしても戻りやすく効果がなかったりすることがありますので大脳の問題から解消していくことをしなければいけません。

肩こりの原因

疲れやストレスが蓄積される部分

体質改善

体質改善というのは疲れやストレスがたまりやすい部分を強くしていく方法です。

肩こり、肩の痛みの治療を受けた方の感想1

肩こり、肩の痛みの治療を受けた方の感想2

肩こり、肩の痛みの治療を受けた方の感想3

肩こり、肩の痛みの治療を受けた方の感想4

肩こりの矯正を受けた方の感想

30代の女性(北九州市小倉南区)

10代後半から肩こりに悩まされているので今までは、いろいろしてきましたがマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり首や肩や腕を回したり動かしたりいろいろな方法でしてきましたしテレビで特集されるような肩こりを解消する方法は録画して確認しながらやってみましたが、どれもこれも効果がないということがしっかりとわかって専門の先生を探していましたが、整体に行ってもカイロプラクティックに行っても矯正をしてもあまり効果がないと言うことがわかりましたのでどこに行ったらいいか分からなくなっていました。ここの整体の先生は知り合いから紹介されて予約したんですが本当に確認しながら矯正をしてもらうことができますので安心して受けることができるんですが肩こりといってもいろいろなものがあるということがわかりました。

Posted by phg42033