肩こりを解消して楽にするために

肩こりを解消して楽にしていくためにはいろいろな方法があると思うんですが多くの治療法と言うのは筋肉を中心にしていく解消法だと思いますので肩こりに効果があると言うサプリメントを飲んだり湿布を貼ったりと言うことが一般的に多く行われている方法なんですが原因が残ったままになっていますので筋肉だけを揉んだりマッサージをする方法でも効果が上がりますが中途半端な状態で一時的な楽な状態を作っているだけです。

肩こりを楽にしていくためには楽にするだけではなくまたは揉んだりマッサージをするわけではなく原因を突き詰めなければいけないんですが多くの治療法と言うのは原因をつきつめるまでは至っていないと言うことで中途半端です。

しかし中途半端といっても筋肉を揉んだりマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽に感じさせてしまうことができるんですが原因が残ったままになっていると肩こりを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことがあるんです。

筋肉のコリが肩こり
筋肉のコリが肩こり

肩こりと言うのは体で起きている異常ですから何かが体に異常を起こしていると言うことがありますので肩こりといっても単純に筋肉のコリだけだと思う事はやめたほうがいいと思います。

肩こりといっても何かの原因があって起きている事ですから原因を見つけ出すこともしないといけないと思います。

肩こりの原因とは

肩こりを起こすときには原因がありますので原因から改善していくことをしないといつまでも原因は同じままではいられませんので進行してしまいます。

肩こりといってもいつもいつも方に荷物を持ったりスマートフォンを使うことや文字を書いたりすることなどでも多く肩や腕や指先を使うことがありますので使うためには筋肉に力が入っていると言うことが起きてしまいます。

肩や指や腕先に力が入ることが原因で筋肉疲労を起こしていくわけです。

日常的に多く使うことがありますので肩や腕や指先を使うことで力が入っていて力が入ってることが普通は解消できたければいけないんですが解消できないほどの問題が起きたときに積み重なった状態で肩こりを起こしていきます。

普通であれば方や指先や腕を使うことをすると筋肉のコリが起きてしまいますので筋肉のコリが解消されるのは自然と改装されている場合が、多くあるんですが自然の力も働くのも限界がありますので限界を超えた疲れが溜まってしまうことが原因で筋肉疲労を起こしていきます。

肩こりの原因

肩こりの原因と言うのは日常的にものを持ったりバックを下げたり、指先を使ったで腕を犯したり方を動かしたりすることで、筋肉に力が入った現象で起きていきます。

普通は運動したりすることで筋肉痛が生じてしまうことと同じでいつの間にか筋肉痛はなくなっていると思いますのでどうして肩の部分だけ筋肉の問題が残ってしまうのかと言う問題があります。

肩こりを起こすのは

肩こりを起こしているのは

普通であれば運動したときの筋肉痛はなくなってしまうのに、コリとは違ってくると言っても筋肉の問題には変わりないと思います。

どうして肩の部分だけ筋肉の凝りが解消できないのかと言う問題が1番大事だと思います。

肩こりを起こしている方も軽い時もあればひどい肩こりを起こして感じてしまっている場合もありますので日で違ったり、午前中と午後で違ったりと言うことで変化すると言うことがありますので変化するのは何なのかって言うことを思い出してください。

しかし肩こりと言うのは何かを集中的にしているときには感じないこともありますし終わった途端に肩こりをひどく感じてしまうことがあります。

この指と言うのは疲れが深く関係しています。

しかし疲れと言うのは本人が感じているものだけしかありませんので検査することができないのが疲れです。

疲れの蓄積から肩こり

疲れの蓄積から肩こりになる場合があり疲れと言うのは限界なく溜まる後傾向がありますので疲れがここまでしかたまらないと言う事はありませんので、疲れたと何かをして感じてもいつの間にか疲れは感じなくなってしまっていますがその疲れの多くが残ったままになっています。

仕事をして『あー今日は疲れたなぁ』と思ってもいつの間にか疲れを感じなくなっていると言うことなんです。

疲れの多くは残っているものが多くあり消えないうちにまたその次の日の疲れを多く占めてしまう現象で日に日に疲れが積み重なっていったものがストレスです。

疲れが多くなってストレスに変換されてしまいストレスから体はありとあらゆるダメージを受けていきます。

ダメージを受けるのは筋肉の問題だけではなく神経や血管やリンパも働きが悪くなり内臓の働きも低下してしまい骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていきます。

日常的に多くなってしまう疲れがストレスに変換されてしまいストレスが多くなればなるほどストレスも限界なくため込んでしまうため骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていく結果筋肉の問題も起こりやすく解消できなくなっていきます。

眠りの問題と肩こり

肩こりを起こしているときには眠りの問題も関係しています。

眠りの問題といっても不眠症と睡眠負債と言う言葉がありますが不眠症は寝付きが悪く寝ようとするだけで1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ました回することが不眠症です。

不眠症に対して睡眠負債、それは全然違います。

睡眠負債と言うのは夜にようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚める事はありません。

夜に目が覚めることがないため寝ていると思っている睡眠です。

多くの方が夜寝ようとするときにすぐ眠れて頭で目が覚めないから寝ていると思っています。

眠りと肩こり
眠りと肩こり

しかし、よく考えてみてください、眠れているのに肩こりが起きると言うのは大変だしだと思いませんか。

夜寝ようとするときにすぐ眠れるけど夢を見ると言うよりも寝ながら考え事してる睡眠というのがあります。

寝ながら考え事してる睡眠と言うのは脳が働いていることになりますので日中と同じ状態だと言う事ですから寝ているのにのだけど眠れていないと言うことなんです。

眠りと言うのは大脳が寝ていることだけをいますのでどれぐらいの時間寝ているのかということが問題になりますが大脳が寝ている状態のことを熟睡といいます。

熟睡と言うのは本人が分かる事はありませんし寝ている状態で熟睡が取れているのかということを意識することはありません。

熟睡が取れていない方は大脳が弱ってストレス多く溜めてしまっていますので、頭痛なども起きやすくなっているかもわかりませんし感覚麻痺で痛みやコリを感じにくい状態になっていることもあります。

また体調が悪い方は大脳の問題と生きていく中枢の脳幹の部分の問題も起きやすくなってきますので骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレも多くあるんですが痛みやコリとして感じていないこともあります。

肩こりを筋肉のコリだけだと思わないで自分の状態を確認する必要がありますので自分の状態が分かりにくいことも多くなっています。

検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨のズレが起きていて方々状態なってるかと思いますし歪みや開きがズレを起こす原因も体に溜まった疲れやストレスが原因で起きている現象なんです。

当院では検査することをしていますので検査する状況の方が正確に判断することができると思います。

背骨の前と肩こり
背骨のズレと肩こり

北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区と八幡西区の戸畑区と若松区と行橋市などから多くの方が訪れている徳力整体は30年になります。





未分類

Posted by phg42033