小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をする為には、ボキボキもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は小顔矯正というようにも小顔の治療といった方がいいかも分かりません。

小顔矯正をする時には、どうやって顔を小さくしていくのかというと、簡単なようで大変難しい技術で顔を小さくしていくことをしています。

小顔矯正をする時には、マッサージをするような感覚で顔を小さくすることをしていますが、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージで顔が小さくなることはないと院長も思っています。

小顔矯正をする時には、顔を揉んだりマッサージをするような感じで顔を小さくすることができますが、マッサージをしているわけではないと言っているように特殊な技術があるから顔を揉んだりマッサージをしたりすることで顔が小さくなるという、小顔矯正をしています。

本当に小顔矯正をする時には、顔をマッサージするようにして顔を小さくすることをしていますが、簡単にしているように見えますが、簡単な技術ではありませんので誰でもできることではありません。

当院は小顔矯正をする時には検査をする事をしていますので、検査をしてみると問題が色々見つかりますので問題を解消したりすることで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時には本当に顔が小さくなるのかということと、顔が小さくなっても維持することや持続させることができるのかということが一番、気になることだと思いますので、当院ではその説明もしています。

当院では検査をすることが出来ますので、検査をしてみると多くの方が問題を持っていることがわかりますので問題を解消していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。当院では小顔矯正をする時には必ず小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形を覚えてもらっています。

自分で顔の大きさを比べることができますので、小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし、簡単な触り方のようであって、簡単ではありませんので簡単に触ってしまった方ほど顔が小さくなっても分からないという方がいますが、特に睡眠負債状態が多く気がつかないである方ほど変化がわかりにくいということがあります。

そのためには、顔だけ調整すればいいというわけではなく、関係するところも色々調整する必要がありますので、その為の検査をするということなんです。

ただ、顔を小さくすればいいというわけではなく、顔というのは全体に関係していますので、色々なものが関係していますから、それらを検査しなければ見つかることができません。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時には、顔の触り方がありますので、顔の触り方を院長から直接説明をするようにしていますので、説明した通りに触るだけなんですが、簡単に触ってしまった方ほど本当にわからないという方がいますので、そういうことがないようにしっかりと触るようにしてください。

実は顔というのは体全体のことを表わしている場合がありますので、体全体の関係するものをすべて矯正することで維持する力や持続させる力が向上します。

小顔矯正をして顔が小さくなっても維持することや持続させる事は、自分の体調に全て関係をしています。

小顔矯正をする時には、両方の手首を合わせて顎の部分に充てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

しかし、ただ顔に手を当てて触っただけでは分かりません。

顔が小さくなっても分からないという方は、睡眠負債状態で頭の働きが低下しているというよりも、感覚神経の低下がうかがえる方がわかりません。

小顔矯正をする時には、両方の手首を合わせて顎に当て、手のひらと指を密着させるようにして触りますが、顔に密着させるようにして触ったら左右差を感じるようにすると手の集中力と頭にある感覚神経が働き出しますので働くとしっかりと分かると思います。

しかしての集中力と大脳にある感覚神経を働かせるということは大変簡単なことではありませんので難しいことの1つですから感じようとするとわかります。

今でも説明文を読んでいる時に鏡を見て目を閉じて顔を触ってみてください。

顔というのは左右差がありますので、右側が大きいとか左側の1部が大きいとか形がすべて違いますし、ほほ骨でも位置が違ったり顎のラインでも位置が違ったり形が違います。

左右差がわからない方は場合によっては顔が左右が同じなのかも分かりませんが、今まで30年間、小顔矯正をしてきて小顔矯正を希望される方の顔を見たら左右が同じ方は1人もいませんでした。

顔というのは体の状態や色々なものを表わしていますので、顔の左右差が違う方が多くいますが、それがわからないという方は睡眠負債状態があるということを調整していかない限りはしっかりとわかることができません。

大脳にある感覚神経を働かせる時には大きさを分かろうとする感じようとすることが大切ですから、それが出来る方が小さくなったのがしっかりとわかります。

しかし、簡単なことではありませんので、簡単だと思ってしまった方ほど感じようとすることができていなかったり、わかろうとすることが分かっていなかったりということがありますので、クエスチョンマークが浮いてしまう方もいます。

当院では小顔矯正を受けている方の中で、家族の方や友人の方から顔が最近小さくなったねと言われることをよく聞きますので、本当に顔が小さくなっていきます。

小さくなったのが分からなければ、小顔矯正をした後の笑顔が違いますので、しっかりと触って覚えることをしていますので二度ほど練習をします。

二度も練習をするのは本当に顔が小さくなるからです。しかし、本当に顔の触り方が悪く分からないという方がいるからです。

触り方の練習は1度目は院長から机の前で触り方を簡単に言いますので、同じようにして触るだけなんです。二度目は矯正する台の上に寝てもらって、院長が顔に手を当てて、さっきと同じように触ってくださいと言いますので、触ってもらっている時に患者さんのご自分の手の上から院長が手を重ねてこういう風に言う触るんですよと説明をします。

1度目で分からなくても二度目でわかるという方もいますが、出来たら1度目で分かってほしいところなんですが。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていく時には、体に蓄積してしまった疲れやストレスが一番の大敵になりますので、疲れやストレスが溜まっているところから疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなっていきます。

体には疲れやストレスが溜まるということは知っていると思いますが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということを知っている方は少ないと思います。

疲れやストレスが体に蓄積していくことが原因で顔に影響が出てしまっているんです。特に顔に脂肪やむくみが多くなるのは疲れやストレスが原因の1因もあります。疲れやストレスがどこに泊まるのかということを説明しなければ、小顔矯正と関係づけることができませんので、疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが、ある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスが多く、蓄積していくところというのは重要な部分なんです。

例えばですけど、体重が百kgの方がいたら体をぎゅっと絞ったら水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分だということです。

しかし、水分が何かを起こすということはないと思いますし、水分に疲れやすいですが、溜まるということはないと思いますので違うものが関係しているということです。

あと残った35キロの部分というのは、皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さと神経と血管とリンパなどの重さになりますが、これだけではなく中枢神経系と内臓も関係することが起こります。

疲れやストレスというのは、この中で多く貯まるものというのは筋肉と内臓です。中枢神経系も内臓の1部ですから、筋肉と内臓に蓄積していくことが原因で色々なものが起きているということがあります。

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることでも多くなったりしますし、運動や筋トレやジョギングなどでも疲れやストレスが多くなっていますが、それらを減らすことは考えていません。

例えばストレスが溜まったと言ったら、飲みに行ったり、カラオケに行ったり旅行に行ったり、温泉に行ったりショッピングをしたりということなんですが、それらは逆に精神的なストレスは発散できるかも分かりませんが、肉体的なストレスは溜まるばかりです。

精神的なストレス発散と肉体的なストレス発散は全然意味が違いますので、精神的なストレス発散は色々なものでできるかも分かりませんが、肉体的に溜まる疲れやストレスというのは発散を考えていません。

肉体的に溜まる疲れやストレスというのは大変多く、蓄積していますので、肉体的に溜まる疲れやストレスは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきます。

肉体的に溜まる疲れやストレスが小顔矯正をする時に一番邪魔になるものだし、維持する力を無くしてしまい、持続させる力が出ません。

疲れやストレスが肉体的に溜まれば溜まるほど、顔のむくみや顔の脂肪が多くなったり、体のむくみや体の脂肪も多くなったりします。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をする時には、もうひとつ疲れやストレスとは違って邪魔なものがあります。小顔矯正をしていく時には邪魔なものというのは睡眠負債状態なんですが、多くの方が寝ているようで眠れていません。

単純に目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるのが現状なんです。

眠りというのは、大脳が寝ていることだけを言いますので、目が覚めないから寝ているとは言えません。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、長い時間夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり、短時間でしか夢を見ていません。

最悪の睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠なんですが、寝ながら考え事をしている睡眠は大脳を弱らせていき、痛みやコリを感じにくくしていきますので、院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞かれると小顔矯正を希望されてきた全員が同じ言葉を答えます。

その言葉というのは、体調は悪くありません、とか調子は悪くありません、とか同じような言葉を発散していますが、検査をしてみると骨盤の歪みやズレが大きくあったり、背骨ガタガタで無茶苦茶だったりということなんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きまた背骨のズレというのは体調の悪さを表わしています。

体調が悪いから骨盤が歪んだり開いたりして背骨がずれています。

体調が悪いからむくみが多くなったり、脂肪が多くなったり、便秘や生理痛になります。

体調が悪いから吹き出物が多くなります。

体調が悪いから顔色が悪くなり、目の下のクマができます、

睡眠負債状態が多くなると、大脳から麻薬のような物質が出てしまいますので、麻薬のようなモルヒネのような物質が出ると痛みはコリを感じなくなります。

しかもそれ以上に大脳が弱ってしまうとハイテンション状態になってしまいますので、ハイテンション状態では痛みやご利用感じませんし、疲れたということも感じにくく、風邪をひくこともありません。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には検査をしていますので、小顔矯正をしていく時には異常のある部分を見つけ出すことをして顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には、顔を正常に戻すことをしていますので、顔にも疲れやストレスが触るということが最近わかりました。

顔というのは皮膚だったり、しかし脂肪だったり、筋肉靭帯やったり、顔の骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

特に顔の骨に疲れストレスがたまると炎症や腫れを起こしますので、炎症や腫れが起きると顔が大きくなり骨まで大きくなっていきます。

顔にも疲れやストレスが溜まると骨にもたまるということがこれに溜まった疲れやストレスは炎症や腫れを起こし、顔をむくみ状態というよりも大きくなってしまうということで、骨まで大きくなってしまいます。

北九州市小倉で、初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。