骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正 をして行く時には 痛くもないボキボキもしない 初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

今まで30年間で骨盤矯正を色々な方にしてきましたが 多くの方の骨盤を確認してみると骨盤のゆがみや骨盤の開きが多くある方や骨盤周辺にむくみや脂肪が多くあって減りにくくなっている方も多くいます。

骨盤矯正と言うと骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことをしていくと骨盤が小さくなります。

しかしそれだけでは持続する力もなく維持することもできなくて崩れやすくなります。

ただ言葉を小さくすれば良いという骨盤矯正ではダメなんです。

骨盤矯正をする前に骨盤がどうして歪みを起こしているのか骨盤がどうして開きが起きているのかということを見つけ出さなければいくら骨盤の歪みや開きを解消することをしても、また元に戻ってしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは何か原因があって歪みや開きを起こしていますので歪みや開きが起きることで 骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなったりリンパの働きを悪くなって老廃物が多く溜まって循環が悪くなったりすることがあります。

どこから骨盤の歪みが起きているのか どうして骨盤の開きが起きているのか 原因を見つけ出さない限りはいくら骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えることをしても立った瞬間に崩れてしまう方もいます。

骨盤矯正をしていく時には一番、最初に整えていかなければいけないのは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが、それだけでは効果もあまりなく維持することができません。

ではどうすれば骨盤が小さくなって維持することができるのかということを探さなければいけません。

そのために検査することをしています。 当院では何事にも何も考えずに何も検査を することもなく治療することはありませんので全て検査をすることでどうなってるのかということを見つけ出すことをしています。

骨盤矯正を希望されて訪れる方が多くいますが骨盤に何らかの問題を抱えている方が多くいます。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には 骨盤矯正に入る前にご自分の両方の手のひらを骨盤に当ててもらい幅を確認して覚えてもらうようにしています。

当院では必ず全員に対して骨盤の幅を覚えてもらうようにしていますが 簡単な方法ではありません。

簡単な方法ではありませんが簡単に見えてしまうために簡単に触ってしまった方ほどどんなに小さくなっても分からないという方がいます。

骨盤矯正をしていくときには 骨盤が10 CM も20 CM も小さく変わるということはありませんので骨盤矯正をしても1 CM だったり2 CM だったり3 CM 簡単な触り方ですが簡単な方法ではありません。

骨盤矯正に入る時に 右手は右側を、左手は左側を触って位置は股関節のあたりか股関節の上の辺りを触るようにします。 骨盤矯正をする時に骨盤の幅を院長がここを触るんですよと言っても多くの方が同じ位置を触ることができません。

骨盤矯正の意味をわかっていないからだと思いますが骨盤矯正というのは骨盤の幅を変えていくことですから前から見た幅と後ろから見た幅の部分が骨盤の幅ですから幅を変えることが骨盤矯正です。

骨盤矯正で骨盤の幅を変えて小さくしていくことをしていきますのでズボンがゆるくなったりスカートがゆるくなったりという方がいますが当院ではご自分の両方の手の感覚を大切にしていますので他人がメジャーで測ったりすることもなくスタッフが機械で測ることなく自分の両方の手のひらを骨盤に当ててもらい幅を測るようにして触ってもらっています。

自分の両方の手のひらを骨盤の幅の部分に当ててもらいながら 目を閉じて左右さを感じようとします。

左右差というのは右側が大きいとか左側が出っ張っているとか骨盤は左右が対称ではありませんので左右が対称じゃない状態を触って覚えてもらうことをすると手の集中力が増して 脳にある感覚神経が働き出してしっかりと幅を把握することができます。

これができないといくらどんなに小さくしてもピンとこなかったり分からないという方はいます。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正というのは骨盤の歪みと骨盤の開きを矯正しても少し小さくなるかも分かりませんが単純に考えてどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因を見つけ出さない限りはいくら骨盤を整えてもすぐに崩れていきます。

そして最近は骨盤矯正に訪れている方 全員に対して体調はどうですかとか調子は悪くないですかと質問すると全員の方が体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが検査をすることをしていますので検査をしてみると骨盤のゆがみや骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨の歪みがガタガタ状態で多くあったりということが起きていますのでこういう方は体調が落ちている状態なんですがそれが感じていないのか分かっていないという方が多くなっています。

骨盤矯正をしていく時には一番、邪魔なものが二つあります 一つは疲れやストレスの蓄積です。

体には毎日毎日の生活で仕事で精神的なプレッシャーや緊張などで多くの疲れやストレスが溜まっていています。

疲れやストレスと骨盤矯正

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中、ぎゅーっと絞れば水分が65 kg あります。

つまり体重の半分以上は何かしらの水分つまり水になります。

血液も水出しリンパ液も水出し細胞の中にあるのも水です。

後残ったものは35 kg 中に皮膚の重さ、筋肉の重さ、靭帯の重さ、骨の重さ、神経と血管とリンパ管の重さと中枢神経系と内臓です。

この中で一番疲れやストレスが溜まりやすいと考えられるのは筋肉と中枢神経系と内臓しかありません。

内臓といっても病気というわけではなく内臓にも疲れやストレスがたまるということですから何でもかんでも内蔵=病気というのを関係付けることなくしっかりと説明を聞いてください。

毎日毎日の生活で疲れやストレスは溜まるばかりなんですが唯一内臓に溜まった疲れやストレスを減らすことができるのは眠りだけです。

しかし最近は眠りができていない方が多くいますし眠れていないことさえ気がついていないという方が多くなっています。

内臓と言うと油文を紹介したりアルコールを分解したり弁を作ったり肺で酸素を混ぜて大脳へ送ったりする事など色々な働きをしていますので働いてくれているから動いたり生活したり運動したりすることができると思います。

内臓が働くということは疲れやストレスが生じると考えても不思議ではありません。

内臓が消化することでも働いてくれていますし生活する上で運動したり筋トレしたりする上でも疲れやストレスは重なっていきますから両方から重なる疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

唯一内臓に溜まった疲れやストレスを減らすことができるのは眠りだけです。

しかしこれを聞いて眠れていると思った方も多くいると思いますが、そこに勘違いが生まれています。

睡眠負債と骨盤矯正

夜に寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠りというのは脳から寝ていることしか眠れているとは言えませんので脳が休養とって寝ていることが眠りです。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残る覚えていますが夢は短時間しか見ていませんので夢を見る前の眠りというのは寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に多くなっているのが大変なことを招いています。

眠りが浅い言い方は骨盤矯正で骨盤をいくら整えても断った瞬間に終わった瞬間にまたしばらくすると徐々に骨盤が開いたり骨盤が歪んだりしていきます。

脳の力があれば維持することができますし脳の力があるから持続させることができますが眠りが浅いと脳が弱ってい機能が衰弱状態になっている方も多くいます。

どんなにいい上手い専門家の先生が骨盤矯正をしても骨盤だけ整えていくような状態の矯正では意味はありません。

骨盤矯正というのは骨盤だけでは済まないんです。

ご自分の体調=疲れやストレスを蓄積や睡眠負債状態が重なって起きていますが これらを分かっていない方が多くなっています。

睡眠負債状態があって脳は弱ってしまっているとどんなに体調が悪くなっていてもハイテンションになっていますので朝からすぐに動きますし疲れ知らずで色々なことができるため元気だと勘違いしてしまいます。

眠れていない状態でハイテンションになると心臓がぶよぶよになっても肥大していても普通は何かの症状を感じていなければいけないものが感じなくなっているという怖さがあります。

眠りが浅いのに夢ばかり見ているのに寝ながら考え事をしているのに体調は良いことはありません。

そんな状態の方は骨盤の歪みが大きく広がっていますし 背骨のズレも起きてガタガタしていますがその痛みも感じていません

 

北九州市小倉 で初回から骨盤が小さくなる 骨盤矯正 が評判が良くて人気があります。