小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をして行く時にはボキボキもしないし痛くもないし強くもない小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正です。

当院の小顔矯正は特徴のある小顔矯正ですから他の小顔矯正をしている治療院とは全然やり方と小ささが違います。 小顔矯正をしていくときには必ずご自分の手を顔に当てて大きさなど覚えてもらうことをして小顔矯正に入るようにしていますので顔が小さくなったのが自分でもわかるように比べることができるのが特徴なんです。

小顔矯正をして顔が小さくなっても持続することができるのか維持させることができるのかという疑問があると思いますが、これにもお答えをしていきますので説明をしっかりと聞いて考えるようにしてください。

小顔矯正をしていく時には初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念をしていきますが小顔矯正と言っても顔だけが顔に影響を出すものではありません。

そのため顔だけ触って初回は顔を小さくすることをしていきますが二回目か3回目の時には顔だけではなく体の調整もしていかないと持続する力もありませんし維持することはできませんし顔がもし小さくなっても体がぶよぶよしていたり背骨がガタガタになっていたりすると綺麗に見えることはありませんし顔が小さいなと思うこともありません。

顔と体というのは深い関係がありますから顔だけ小さくしても意味はありませんし小さくなったねと言われることもありませんから体を整えていくことが一番なんですが体を整えて行くと身体全体も細く引き締まっていくということが多くある小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときにも顔から体にも影響がありますので顔だけ触ってしているのにウエストが細くなってきたということもあります。

小顔矯正をしていくときに顔しか触っていないのに下半身が引き締まってきた浮腫みが取れたということもあります。

小顔矯正をする時には顔だけではなく全体的に影響を出しているのが頭の問題なんです。

他の治療院ことはあまりよくは知りませんが小顔矯正と言うと顔だけ無理に押さえつけたりボキボキしたり電気などをかけたりすることが多く見受けられますが当院では小顔矯正をしている時には手の技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

小顔矯正をして行く時には

小顔矯正をしていく時には小顔矯正に入る前に顔の触り方を2度ほど練習をします。

1度目の練習は院長と机の前で向かい合って触り方を教えますのでその通りに触って覚えて欲しいんですが簡単なようで簡単なものではありませんので簡単に触ってしまった方ほど小さくなってもわからないという方はいます。

小顔矯正をする時には顔の大きさが10 CM を20 CM も変わることはありませんので一センチ変わっただけでも大きく変わっていますので1 CM 変わったのが分かるようにしておいて欲しいんです。

人においては1 CM 以上変わるということもありますので当院ではメジャーなどで測っていることはありませんので手の感覚神経を利用して触ってもらうようにしていますから大きさの変化は実際には分かりません。

スタッフの方がメジャーなどの測定する機械などを用いたりして顔の大きさを測ることをしている治療院もあるようですがそんなことをしなくても一番自分の手の感覚を 大事にすることで顔の小さくなったということがわかるようにしていますので自分で比べることができるのが一番だと思います。

小顔矯正をする時の顔の触り方は両方の手首を合わせて顎の部分に当てます。

顎の部分に両方の手首を合わせて開けたら手のひらと指で顔を密着させるようにして触ってください。 浮いた部分がないようにできるだけ手のひらと指を顔に密着させます。

密着させることができたら 顔の左右差を感じ取るようにして触ってください。

目をつぶって顔の左右差を感じようとすると手の集中力だけではなく頭の感覚神経が働き出しますので頭の感覚神経で手の集中力が向上して今現在の顔の左右差がしっかりと分かって記憶することができます。

しかし誰でも顔を触ることはできますが頭を働かせることができなかったり集中力が手になかったりするとどんなに小さくなっても分かりません。

当院で2度ほど練習するというのは分からない方がいる関係です。 顔が小さくなってもわからなければ意味はありませんのでしっかりと触って幅や左右さなどを覚えるようにしてください。

顔は左右が違うように形成されていますので同じ形はいませんので右側が全体的に出っ張っているとか左側が一部分だけが出っ張っているとか位置が違うとか色々な顔の状態がありますので、これを分かるように手で触っておいて欲しいんです。

2度目の小顔矯正の触り方は 小顔矯正に実際に入る直前に治療する際に植え向きで寝てもらって顔を触ることを院長とともに練習をします。

小顔矯正とは

小顔矯正に入る時には機械などを使うこともなくボキボキもすることもなく痛いこともなく怖いこともなく力を抜いて寝ているだけで顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感覚で顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていく特殊な小顔矯正をしていますので本当に他人の目から見てもマッサージをしているような感じでしか小顔矯正をしているとは思えませんが実際に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていくと説明しましたがマッサージをして顔が小さくなるということはありません。

しかし本当に専門家の先生が見ても顔を揉んだりマッサージをしているような感じで徐々に顔が小さくなってむくみや脂肪が減っていくという顔が小さくなる子顔矯正をしているのが事実です。

小顔矯正をして行く時には顔にできたむくみや脂肪を減らすことも顔が小さくなる要素だと思いますのでむくみが脂肪を減らして顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をしている時にはそれだけではダメなんです。

それ以上のことができないと本当の意味で小顔矯正とは言えません。

小顔矯正をしていく時には当院では検査することをしていますので検査をしてみると顔にも異常のある部分が多く見つかります。

顔の異常というのは顔にも疲れやストレスが溜まるということなんです。

これも当院では検査することができるから発見されたことですが毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧役列車などで多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

この疲れやストレスというのはどこにたまるのかという疑問がありますが疲れやストレスがたまるところは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので疲れやストレスは誰でも多く蓄積していきますが 疲れやストレスが溜まるところが問題になります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中ぎゅーっと絞れば水分が出てきます。 その水分というのは 65 kg が水分の量になります。 つまり体の半分以上は水分になりますがこの水分は骨の中にも筋肉の中にも血液の中にも 色々な所に水分があります。

体重が100 kg で65 kg が水分ですから後残った35 kg は骨の重さであり皮膚野面であり筋肉の重さであり人体の重さであり脂肪の重さでありあとは神経と血管とリンパ管しかありません。

そして残ったものは 中枢神経系と内臓になります。

中枢神経系というのは大脳と脳幹と脊髄です。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓と中枢神経系です。

疲れやストレスは 内臓に蓄積していきます

疲れやストレスは筋肉にも多くたまりながら内臓に蓄積していきますので雷蔵に蓄積した疲れやストレスが原因で必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

体に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で顔にも脂肪や浮腫が大きくなります。

体に多くの疲れやストレスが溜まるということは中枢神経系にも疲れやストレスが溜まりますので中枢神経系と言うと大脳や納棺や脊髄にも疲れやストレスが溜まると考えてもおかしくはありません。

顔に疲れやストレスが溜まるというのは生きているから骨にも疲れやストレスは溜まりますので骨が炎症を起こしたりハレたり左ということが起こります4代脳も疲れやストレスを溜めてしまうと炎症や腫れや肥大しながら晴れたり大きくなったりということで顔が肥大して大きくなります。

これらを改善していくためには疲れやストレスを軽くしなければいけませんが軽くしていくと顔が小さくなってむくみが取れていきます。

 

北九州市小倉 初回から顔が小さくなると評判の良い 小顔矯正 をしています。

コメント

error: Content is protected !!