小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正 をして行く時には初回から顔が小さくなると評判のいいボキボキもしないし痛くもないと人気がある小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる小顔矯正をしていますので顔を無理やり押さえつけたりすることもない小顔矯正ですから安心で顔を小さくすることができます。

多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが多くの方は小顔矯正の意味を知らないで ただ顔を小さくしてほしいという希望だけを伝えてきますので小顔矯正の説明をしていきたいと思います。

当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正というよりも顔が小さくなる治療と言った方がいいと思いますのでどういう意味があるのかということを説明するということなんです。

他の小顔矯正をしているところでは顔ばかり触って小顔矯正をして効果がなかったり戻りやすくなっているという感じですが当院では小顔矯正をしていくときにも検査することをしています。

今まで多くの方の 顔を小さくすることをしてきましたが全員と言っていいほど体調が良い方は一人もいませんでしたので院長が体調はどうですかとか調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞いてみると全員が体調は悪くありませんと言います。

検査をしてみると ご自分で評価される自分の体調が違うということがわかります。

小顔矯正と体調

どうして自分が評価する体調が違うのかということも理由がありますので最近多くの方が睡眠負債状態になっていますから夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に思っている方が多くなっています。

寝りというのは目が覚めないから寝ているというわけではなく寝ているということは脳が休養とって寝ていない限りは眠りとは言えません。

他の方が寝ている方を見てもスースー気持ち良さそうな眠りをしていても脳の中のことまで考えていませんし実際に見た目だけで判断していることが多くあります。

眠りというのがなんたるものなのかと言うと脳から休養とって寝ていることだけを眠りと言いますので体がいくらスースー寝息を立てていても気持ち良さそうな眠りをしていても脳が休養とって寝ていない限りは眠っていません。

眠りの問題というのはもう一つありますが寝ようとすると目が冴えて眠れないとか夜中に何回も目が覚めてしまうとか夢ばかり見ている感じがするとか色々な状態が不眠症でしたが睡眠負債というのは違った状態で出ています。

睡眠負債というのは自分でも分かりづらく夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 寝ながら考え事をしている時間が多くなっているということが一番重大なものになります。

寝ている本人に聞いてもわかるわけはありませんし目が覚めないから寝ていると思っているだけですから。

小顔矯正をしていくときにも一番邪魔なものがありますが邪魔なものというのは睡眠負債状態の強い方です。

小顔矯正をしていくときにどんなに体を整えたり顔を小さくする小顔矯正をしても立った瞬間に崩れやすいからです。

睡眠負債と小顔矯正

どんな歪みやズレよりも睡眠負債状態というのは急激な脳の活力の低下を招きハイテンションになります。

ハイテンションになっている方は朝からすぐに動けますしあくびが昼間も少しは出るかも分かりませんが昼間もあまりあくびをすることはありません。

夜寝ようとする時にハイテンションの方は時間だから寝ている感じで寝る前にあくびなんかが出る理由は少ないようです。

眠る時にはあくびが出ているか出ていないかということが一番重要になりますのであくびが出るということは脳が休養を取りたいと言っています。

あくびが出ないということは眠る準備が脳にできていない状態ですからノーも興奮状態や緊張状態が強くハイテンションになっている状態なんですがこんな状態でも一応は目を閉じて寝ることができますが脳は夢を見ているか寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間も7時間も8時間もあります。

最近はこういう睡眠負債状態の方が異常に多く睡眠負債状態になれば痛みやこりは感じにくくのうは弱っていると麻痺した状態になっています。

脳が元気だから痛みやコリを感じることができます。

脳が元気だから 風邪の細菌が体内に入って増殖したら脳が熱を上げて最近を減らそうとします。

インフルエンザウイルスが体内に入っても脳が元気だから細菌やウイルスを殺そうとしてまたは減らそうとして熱を上げて細菌やウイルスを減らそうとしますがどうが元気じゃないと隠れインフルエンザ隠れ、風邪になります。

細菌やインフルエンザウィルスなどのウイルスが入っても脳が元気じゃないと何も起こりませんし何も感じ取ることができません。

脳が元気だから顔が小さくなった状態を維持することができます

いくら小顔矯正で顔を小さくすることができてもいいした瞬間から崩れていくような体の状態では持続性がある理由はありませんしどんなに良い最高の小顔矯正をする先生も無理だと思います。

自分の疲れやストレスの度合いも深く関係しますので毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどが多く溜まっていると疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスが多くなったものが歪みやズレを起こし体に多くの疲れやストレスが溜まっていき小顔矯正をしても維持する力なんかはありません。

そして疲れやストレスが多く溜まった方ほど脂肪が多くなりむくみが多くなっていき太りやすくなります。

疲れやストレスというのは色々な部門から溜まって多くなっていきますので疲れやストレスを減らすことから始めると顔が小さくなっていき維持する力が上がったり大きな効果が出てきます。

小顔矯正をする時には初回は顔だけ触って小さくすることをしていますが初回の顔の小ささを維持することも大変難しく少しは戻りがありますが完全に元に戻ることはないと思います。

しかし一度で終わる小顔矯正はありませんのでまだまだ整えなければまだまだ調整しなければいけないところが多くあります。

一回や二回で体が整えられるほど疲れやストレスの蓄積が軽ければまた少なければ いいですが。

一番厄介なものは睡眠負債状態だと考えられますので睡眠負債上体が起きるところは大脳や中枢神経系に深く関係を持っていますので大脳の力を上げたりすることに神経の中枢神経系である脳幹の部分の改善も必要になります。

小顔矯正とは

本当に今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をする前にはご自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の幅が大きさを覚えてもらうようにして練習することを二回しますので覚えてもらいながら小顔矯正に入って小顔矯正をした後を比べてもらうことをしています。

他人がメジャーなどで測ったりすることもいいかも分かりませんが当院ではご自分の両方の手のひらの顔を触ってもらうことで判断してもらうことが一番最高だと思いますので自分で比べることをしてもらいます。

しかし顔を触るということは自分の顔でも簡単なものではありませんので小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も顔が小さくなるということはありません。

小顔矯正をしていくときに顔が小さくなるのは1 CM か2 CM か3 CM ぐらいだと考えてください。

もちろん顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことはもちろんですが最近はそれだけではなく顔の歪みだけではなくいろいろな状態のものが積み重なっていますから積み重なったものを少しずつでも減らしていくと顔が小さくなって皮膚も引き締まっていきます。

こういう意味から当院では小顔矯正というよりも小顔治療と言った方がいいかも分かりません。

そのためにもしっかりとした検査をして異常のある部分を見つけていき異常のある部分を正常に戻すことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

 

北九州市小倉 で顔が小さくなる 小顔矯正が人気がある徳力整体院は三十周年になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!