小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

腰痛

腰痛を解消

腰痛を解消するなら基本から。

腰痛を改善しようと思うなら 原因から解消することをしていかないと1時押さえばかりしていると痛みがない時でも原因は進行していきますから腰痛をこじらせるか、椎間板狭窄症になるか坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになることもあります。

腰痛には腰痛になる原因があるから腰痛になっているわけですから原因から改善して整えていくことをしないと繰り返しやすく戻りやすく、また腰痛や腰の痛みがない時でも原因が残ったままになっていると違う形として出てきます。

腰痛と言うと対症療法が多く見受けられますから 対症療法ばかりしていると原因の治療が遅れてしまう形になります。

対症療法というやり方は 原因なんかは関係なくただ腰の痛みを楽にしていくという治療法が対象療法というやり方ですから 一番簡単で 原因なんかは見つけることもなく検査を必要とすることもなくただ湿布を貼ったりすることが代表的なことになります。

確かに痛みが強い時には冷やしたり薬剤で鎮痛効果を用いたりすることは大変良いことだと思いますが単純にそれだけでは腰痛が楽になることはあっても治るということはありません。

腰痛を楽にすることと腰痛を治していくということは根本的に意味が全然違います。

確かに腰痛と言うとドラッグストアなどに売っている湿布を痛いところに貼ったりすることが多く見受けられますから楽になる方法だと思いますが単純にそれだけでは 治るということはありません。

痛みを抑えるというだけですから また繰り返し安くを取りやすく痛みがない時でも形が違った状態で出てきます。

腰痛を起こす原因は

腰痛を起こす原因というのは誰でも少しはあるものなんですが日々それが変化しています。

常に変化しているものというのは骨盤の歪み、骨盤の開きそして背骨のズレです。

特に骨盤の歪みや骨盤の開きがあると 骨盤が不安定になりますので骨盤の不安定状態から体を支えることができませんので体支えることが出来ない時に重たいものを持ったりしてバランスを崩してしまったりすると急激に腰が痛くなったり腰痛になります。

重たいものを持ったりすることが悪いわけではなく持つ姿勢が悪いわけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に悪い姿勢をして 重たいものを持った時に体が支えられない状態になれば誰でも痛みになります。

また腰痛や腰の痛みというのは 前かがみになって何かを取ろうとした時に急激に腰が痛くなるということもありますので、この時でも骨盤の歪みは骨盤の開きがある状態の時に何かを取ろうとして手を伸ばして前かがみになることで体を支えられない状態で急激に腰が痛くなります。

また腰痛や腰の痛みというのはには仕事をしていて座って畑を耕していたり草取りをしたりする時に急に立とうとしたら骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくを着た状態の時に 筋肉バランスの崩れからまっすぐ立つことができなくなって腰が痛くなります。

車の運転を長くしていると体がどんどん疲れをためていき骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい骨盤の歪みは骨盤の開きから骨盤が不安定になって腰がズキズキ疼いたり腰痛や腰の痛みになります。

ズボンや靴下を履こうとしたりする時に前かがみになることで骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている時に前かがみになって体を支えることができないと急激に腰が痛くなったり腰痛になります。

布団や 色々な ベッドのマットレスを変えたりしたり腰痛を改善しようとしても布団のせいではなく自分の体が骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている状態ではどんな姿勢でも腰痛や腰の痛みになります。

長年使用している敷布団であればまたベッドのマットレスであれば交換した方がいいと思いますがそんなにいいという布団はありませんし低反発であろうと高反発であろうとあまり変わりはないと思います。

つまり腰痛や腰の痛みは布団やマットレスのせいではないということなので自分の体に原因があります。

毎日やすいように寝ることが一番ですから上向きがいい人はうえ向きで横向きがいい人は横向きで下向きがいい人は下向きで寝ることが一番だと思います。

眠りが取れない状態の寝方では よくありません。

何よりも眠りが取れていることが一番だと思います。

体調と腰痛

体調というのは腰痛に深く関係していますので毎日毎日の仕事や生活することや睡眠負債状態で眠りが足りない時でも疲れやストレスは多く溜まっていき疲れやストレスが多くなった状態で体調が落ちていきますので奈落の底のような体調をしている方やどん底のような体調している方が多くいます。

こんな状態の体調では骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていますが 歪みが開きが起きているだけでは腰痛や腰の痛みにはなりません。

誰でもそうなんですが腰痛の時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのが当然なんですが骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているからといって痛みに直結しているわけではなく 歪みや開きが起きていると生理痛や生理不順または便秘や膀胱炎や尿漏れを起こしたりすることが多く見受けられます。

腰痛を起こしている時には必ずあるのが骨盤の歪みは骨盤の開きです。

しかし疲れやストレスというのは焼肉を美味しく食べても減ることもなくうなぎを食べても食欲は増進して行きますが疲れやストレスは減ることはありません。

運動しても疲れやストレスは循環はよくできますが疲れやストレスは逆に増えていきますし筋トレしてもストレッチをしても疲れやストレスは多くなるばかりだしじっとしていても疲れやストレスは多くなります。

何もしなくても疲れやストレスは多くなります。

何もしなくても疲れやストレスは減ることはありません。

腰痛と睡眠負債

腰痛と睡眠負債というのはかなり密接に深い関係がありますから夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているんだと思っている方が多くいますがね無理というのは脳が休養とって眠ることですから体がグーグー寝ていても横たわっていても気持ち良さそうな眠りをしているように見えても脳の中の言葉でわかっていないのに 寝ているとは言えません。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。

体が横になって目をつぶってスースー寝息を立てていることが眠りではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り 覚えていますが夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり1分だったり2分だったりという感じです。

長く夢を見ていたという記憶があっても脳が起こすトリックでありたった数秒の場合もありますから。

しかし眠りが浅いと寝ながら考え事をしていることをの睡眠になりますから寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠になり日々疲れやストレスを減らすどころではなく逆に眠りが浅いことが原因で疲れやストレスは多くなっていき骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきます。

毎日毎日の疲れやストレスが体に蓄積していきなおかつ睡眠負債状態で眠りが深く取れないことが原因で脳がどんどん弱っていくと限界まで疲れやストレスを溜めてしまわないと分からないという方がいます。

唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけです。

当院では検査することができますので検査をしてみると当院に訪れている方は全員が眠りが浅く脳細胞がすごく弱っています。

眠りが深く取れないと脳はどんどん弱っていきますので脳が弱っていくと脳細胞の急激な減少を招いていきますから大変なことに進行していきます。

最近は多くの方が眠りが浅く寝ながら考え事をしていますが寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

夢は記憶に残りますが寝ながら考え事をして睡眠は記憶に残ることはあまりありません。

そのためにていると思う方が多くいますが寝ているんだったら腰痛なんかは起こりません。

疲労もストレスもしっかりと取れているので骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレが起きて背骨がガタガタしているということはありません。

北九州市小倉から腰痛を解消する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!