肩こり

肩こり

肩こり を楽にする

肩こり を改善していくためには筋肉のコリから改善してほぐすようにしていきますが単純に肩こりと言うと筋肉のこりだけで起きている肩こりはあまりありませんので原因を追求していかなければいけませんが筋肉のコリだけを揉んだりほぐしたりして行くと肩こりは楽になって治ったように装うことはできます。

肩こりを楽にするという対症療法という治療法がありますが対象療法というのは原因を見つけることもなく原因を検査して判断することもなくただ楽にすればいいという治療法が対象療法という治療法です。

肩こりには肩こりを起こす原因があります。

しかし対症療法という治療法をしてしまえば肩こりは楽になることが多く見受けられるために対処療法ばかりして肩こりを楽にしている方が多くいます。

肩こりを対症療法で

対症療法という方法は病院に行って痛み止めの注射を打ってもらったり 湿布を貼ったりすることが対症療法の一つになります。

病院に行って痛み止めと言うかこり止めの注射を打ってもらったりブロック注射をしたりすることで肩こりが楽になる場合がありますので 対症療法という項目の方になりますので原因何かを確認しながら見つけ出すことをしているわけではありませんから単純に痛みやコリを分からなくチラシているということだけです。

特に ブロック注射というのは麻酔下の薬が入っていますので分からなくしているだけですからいつまでも分からなくしているだけでは根本的には肩こりを改善しているとは言えません。

また肩こりと言うと湿布を貼ったりしてても楽になることがありますので湿布を貼ってスースー鎮痛効果があるものを貼ったりすることで肩こりを楽にする方法がありますが先ほども書いたように筋肉だけでコリを起こしているということはありませんので鎮痛効果があるスースー気持ちいいと言う湿布を貼ったりしても炎症や腫れを抑えているだけですからこりを改善できているということはありませんので鎮痛効果を起こしていることをいつまでも使っていると原因もいつまでも同じままではありません。

特に 湿布を貼ったりすることでインドメタシンという鎮痛効果がある薬剤を用いてスースー気持ちがいい状態を感じさせるような湿布が多く見受けられますがなにかの配合を多くしたりということで売っているようですが本当の原因は筋肉だけにあることはないので筋肉だけを対象にして楽にしていると進行してしまいます。

肩こりと言うとマッサージをすることでも楽にすることができますが先ほども何回も書いたように筋肉だけを揉んだりマッサージをすることでも肩こりは楽に感じてしまいますが原因が残ったままになっていますので繰り返しやすく肩こりを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うとマッサージ足やつをしたりツボを使ったりすることでも楽になることはありますがこれらも筋肉を対象にしているだけですから筋肉のコリをほぐしても楽になるまたは楽に感じることはできますが肩こりを根本的に原因から追求して改善したり減らしたりしていることではありません。

家族の方や専門の方にマッサージをしてもらうことで筋肉はほぐれていくと思いますがどうして筋肉のコリが起きたのかという原因まで改善して減らすことはしていませんしそこまで検査することができませんから表面上の筋肉ばかりもみほぐしているだけなんです。

多くの治療院が低周波治療器は電気などを使っていますがいくらどんなに電気を重ねても低周波治療器を重ねてもその時だけ気持ちよさを作るだけでコリを散らしてしまっていますのでこれが散ってしまっても肩こりの原因は残ったままになっています。

当院でも昔は分からずに低周波治療器や色々な電気を使用していましたから使用しているぶんだけしっかりとよくわかっています。

今では電気や機械を用いることなくての技術力のみで肩こりを楽にすることをしていきます。

針でもお灸でも同じことが伺えますので肩こりを起こしてる本当の原因を追及することはできないと思います。

肩こりを起こしている原因

肩こりを起こしている原因は背骨のずれが原因なんですが背骨がずれたりすると筋肉は骨から骨にくっついていますので何で動いてしまうことで 筋肉は引っ張られたり緩んだりしてることが起こります。

骨がズレることで筋肉は引っ張られたり緩んだりしていると流れも悪くなりますのでリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

しかし骨のズレというのは中枢神経系を骨は守っていますので簡単に姿勢や猫背などで歪んだりずれたりすることはありませんのでゆがんだりすると守れなくなります。

中枢神経系を守っている背骨のズレがどうして起きるのかなぜずれが起きるのかなぜ筋肉を骨がずれて引っ張ってしまうのかということを考えて見つけた去るためにも検査することができなければ、どうなっているかは判断できませんから当院では検査することをしています。

肩こりと言うと筋肉のこりということが多く見受けられますので表面上の筋肉のコリから改善するようにしていますので当院でも対症療法という方法は用いますが筋肉のコリがほぐれてきたら背骨の歪みやズレを確認しながらまたさらに悪化した方は椎間板ヘルニアも起きている場合が多くは見受けられますので椎間板ヘルニアが検査でわかればそれを減らすことをして生きながらさらにどうして背骨の歪みが起きたのかどうして背骨のズレが起きたのかということを見つけ出す先の治療をしていきます。

肩こりとは

肩こりというのは毎日毎日の生活でまた仕事でまた睡眠負債状態が重なった状態で体に疲れやストレスが蓄積していき疲れやストレスが筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていくと体の内部から崩れを起こしその崩れが背骨の歪みとして起きていくことで肩こりになります。

毎日毎日の生活で疲れやストレスが多くなるばかりなんですが唯一疲れやストレスを減らすことができるのはアルコールを飲みに行ったり美味しいものを食べたり焼肉を食べたりうなぎを食べたりすることではなく眠りが疲れやストレスを減らす最大のものです。

しかし最近は多くの方が 眠れているようで眠れていない方が多くなっていますので眠りというのは脳から休養とって寝ていない限りは寝ているとは言えません。

脳が休養をとることが寝ているまたはねむりということですから体が横になって気持ちよさそうにスースー寝息を立てている人を見ても寝ていると勝手に判断しないでください。

見た目で見て大脳が寝ているということは誰が見ても分からないからです。

人は寝ている人を見たら気持ち良さそうな眠りをしているなとか眠っているなという風にしか思いませんから大脳の中まで見ることをしていませんし考えていません。

肩こりと眠り

眠りが浅い形は睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態になっていれば脳が弱っていきますので脳が弱ることで、脳に支配される内臓も弱っていきますから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きたり背骨のズレが悪化した状態が椎間板ヘルニアということまで起きて肩こりになっている方もいます。

脳が弱っていくこと限界まで疲れやストレスを溜めた状態で初めて肩こりとして感じて限界までためた肩こりは何をしても直らなかったり楽にならなかったり繰り返しやすくなります。

特に毎日毎日の疲れというのは体に蓄積していき筋肉にも溜まっていきますがある部分に多く溜まっていくことが原因で骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていきますのでこの蓄積してある部分から疲れやストレスを減らすことをしていかない限りは繰り返しやすく戻りやすく肩こりを起こしていないまたは肩こりを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられません。

 

 

北九州市小倉 肩こり を楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが肩こりというのは筋肉の凝りだけで起きていることはあまりないと30年の経験をしている院長が言っています。

コメント

error: Content is protected !!