小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティック というのはての記述を用いて体を整えていくことがカイロプラクティックの語源です。

電気や機械などを用いることなくての技術だけで体を整えて歪みを矯正したり痛みやコリを楽にしたり 小顔矯正や骨盤矯正などで小さくしたりすることをしているのがカイロプラクティックなんですが 矯正をする前には 歪みはずれの検査をしなければいけません。

検査をするということは大変難しく 目で見て判断できないのが歪みやズレなんですが 多くのカイロプラクティックの先生というのは 足が短かった足が短かったり長いということを整えていくことで矯正をしているまたは矯正が出来ているというふうに考えています。

初回は足の長さが違うのが当然なんです。

足の長さが 右足が短かったり左足が長かったりまた 逆だったりするということはどうして起きるのかということがありますが初回から揃っている方はあまりいません。

ですから足だけで検査できることはありませんので足を揃えれば調整がうまくいったかということは判断できるものではありません。

どうして足の長短や 骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのかという原因がありますからその原因からあげて整えていかなければ本当の意味で矯正をしている矯正ができているとは言えないんです。

単純にマッサージをしたり体を揉んだりまた背骨をボキボキしたりまた電気治療器や低周波治療器をかけるということはすごく簡単なのかも分かりませんが簡単な方ばかりに逃げてしまって 体の状態を検査できない方や 矯正をうまくできない方が多くなっています。

単純に筋肉ばかりに注目して 痛みやコリを楽にすることができますが筋肉だけで起きている本当の歪みやズレまたは痛みやこりの原因というのは少なくもっと奥底に本当の原因があります。

どうして歪みやズレが起きるのかということを見つけていかなければ痛みはゴリゴリの原因がどこから来ているのかということを考えないとただ闇雲にマッサージをしたり体を揉んだり電気治療器をしたり低周波治療器をしたりサプリメントを飲んだり薬を飲んだりということだけでは本当の意味で解決はできない子いくら元気になるという楽になるという栄養があるサプリメントなどを飲んでも 一時的には効果がありますが原因もいつまでも同じままではいられません。

確かに色々な痛みやこりが起きた時にはおいしい焼肉を食べても鰻を食べても楽になることはあります。

確かに湿布を貼ったりしても鎮痛効果やインドメタシンの効果で炎症や腫れが治まって痛みやこりがラクになることはありますがどうして痛みやコリが起きたのかどうして炎症が起きたのかということまで解消していません。

マッサージは体を揉んだりしても楽になることはありますが どうして痛みやコリが起きたのかどうして筋肉の問題が起きたのかということまで考えて体を整えていくことをしていませんから原因もいつまでも同じままではいられませんので原因はどんどん痛みやコリがない時でも進行していきます。

痛みやコリなどの症状が楽になるというサプリメントや医学部外品などの薬を飲んでも栄養は取れるかも分かりませんが栄養の低下から起きる痛みやコリなど不調状態が改善されることもあるでしょうか痛みやコリ、不調上体を起こした原因は残ったままになっています。

多くの専門家の先生が用いている低周波治療器なども楽になることはありますが当院では以前低周波治療器などの機会を多く使用していましたが今では一切使っていません。

ある時低周波治療器を研究することを押してきましたが低周波治療器というのは低周波の電流を体に流してプラス端子からマイナス端子へ電気を流して 筋肉を刺激して痛みやコリを散らしているだけだということが分かったからです。

低周波治療器というのは痛みやコリを散らしているだけで痛みやコリをわからなくしているだけなので一番簡単な方法なんですが近い任せにしてしまえば感謝祭開けてしまえばタイマーをセットするだけであとは強さのセットをするだけで寝ているだけで楽になっていくこともありますが原因は残ったままになっていますので原因を残したままだといつのまにか痛みやコリをこじらせたり悪化させたり違う形として表面上に出てしまっていきます。

カイロプラクティックというのは

痛みやコリが起きる時には毎日毎日の生活や仕事や精神的なプレッシャーや緊張などと寝不足状態が全ての原因にあります。

毎日毎日の生活をしたり仕事をしたり寝不足状態をしたりすることで体には疲れやすレスが溜まっていき疲れやストレスというのはお酒を飲みに行ってもパチンコに行っても競馬に行っても温泉に入っても旅行に行ってもショッピングをしても精神的には楽になるかも分かりませんがこの精神的に楽になることと は逆に体にはどんどん蓄積していきます。

精神的にストレス発散ということをしてしまえば気分が変わってしまい気分転換になりますからそれが楽になったように感じてしまいますが実は温泉に入ったりすることでも歩いたりすることでも疲れやストレスは多くなりますから疲れやストレスの上塗りをしているしか過ぎません。

唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけなんですが最近は多くの方が眠りが浅く異常と思えるほど眠れていない方が多くなっています。

眠りというのは脳が休養取って寝ていることが眠りなんですが脳が休んでいない限りは眠れているとは言えません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を見ている前の時間が5時間も6時間もどういう状態の時間なのかということは寝ているから分からないと思います。

例えばですけど6時間の睡眠がある方が 寝付く時間と目が覚める時間と夢の時間が10分ぐらいで後の時間が5時間50分の寝ている時間というのは脳が活性化している状態で寝ながら考え事をしています。

体にもお疲れやストレスが溜まるけど

体にも疲れやストレスが多くたまる毎日なんですが寝ている時に眠れていないとさらにその何十倍も疲れやストレスが多くなっていき眠りが浅いということが原因で脳が弱っていき脳衰弱までを聞いた方は痛みは栗を感じにくく限界まで食べてしまわないと痛みやコリを起こさないということもあります。

眠りが浅いと脳が弱っていき 痛みやこりは脳が感じることができるので脳が元気ではなくなって弱っていくと痛みやコリを感じにくく 寒さや暑さにも鈍感になっていきます。

体内にインフルエンザウイルスが入っていても普通はインフルエンザウイルスが体内に入っていくと脳が元気だから熱を上げたり咳やくしゃみや鼻水を出してウイルスを減らそうとしますが脳が元気ではなくて衰弱状態まで落ちていると 人には完成させてしまいますが本人は熱を上げることもなく鼻水やくしゃみは少しは出るか分かりませんがその程度だけで済みます。

この事を隠れインフルエンザという言葉が初めて今年 内科の先生が言っていましたが脳が弱っている状態でウイルス感染していても熱を上げる元気もないということが 多くなっています。

熱を上げる元気がないということは大変なことなんですがなってしまったかは分からないので隠れ心筋梗塞という言葉まで出ているようです。

普通は感じなければいけない痛みやコリが脳が弱ったために感じないまたは感じにくいということが起きているということなんです。

脳が弱ると

脳は弱ると脳幹網様ありますので脳幹というのは生命機能の中枢であり体温調節をしている部分であり脳内ホルモンの分泌を行うところであり内臓を支配している自律神経に関係するものですから それらのバランスが悪くなるということが起こりますのでバランスが悪くなると自律神経失調症というよりも痛みやコリを感じない状態でバランスが悪くなっていきますのでバランスが悪くなるということは内臓の急激な低下が起きていきますが低下を感じることはなく限界まで悪くしてしまっています。

脳が弱るということは大変多くの方に起きている問題なんですが脳が弱った方ほどわかっていないくらい体調が悪く奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしていますがそれをダイレクトに感じ取ることができていません。

 

 

北九州市小倉カイロプラクティックなら。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!