小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

頭痛

頭痛を楽にする

頭痛 を楽にしていくためには薬ばかり使って一時的に痛み止めを使うことも構いませんが原因を見つけていくことも大切な頭痛を改善する方法になります。

頭痛や頭の痛みを時々起こすことが増えていますので頭痛や頭の痛みというのは原因があって頭痛や頭の痛みになっていますから薬ばかり使っていることなく原因を見つけ出さないと薬というのは 生理痛や歯の痛みなどの痛み止めと同じように一時的に押さえているだけなんです。

頭痛薬に代表される薬というのは一時的に痛みを抑えているだけですから痛みは楽になることもありますが原因が頭痛を起こしていますので原因もいつまでも同じままではなく時々頭痛や頭の痛みを起こしながら進行していきます。

頭痛薬というのは一時的に使う間に合わせでしかなりませんので痛みさえ治まってしまえば楽になるからと持ち歩いている方や常用している方が多くいますがこれらは原因があって頭の痛みは頭痛になりますので原因から見つけたならなければ原因も同じままではいつまでもいてくれません。

最近は多くの方が頭痛を訴えて 改善のために訪れていますが検査をすることができますので検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪くどん底のような体調をしていたり奈落の底のような体調をしていたり体がガタガタだったりということが起きています。

体調が悪くなったり体調を落とす原因として考えられているのは一番にあげられることは生活による疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのは寝ている時に減ることをしますので最近多くの方が寝ているようで眠れていません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているのが最悪な状態を招いていますので目が覚めなければ寝ていると思わないでください。

目が覚めないから寝ていると思うことなく 眠りというのはどういうことなのかということを考えるようにしてください。

眠りと言うのは脳が寝ていないと眠りをとっているとはまたは眠れているとは言えません。

体がどれだけ寝ているように見えても自分で思っていても寝ている本人が分かる理由はありませんしもし分かれば眠れていません。

家族の方が見てもスースーに息を立てていて気持ち良さそうな寝ているような状態でも脳の中はどうでしょう。

体が横になって休んでいる状態でもいびきをかいている状態でも寝ているような感覚で眠れていないということがあるんです。

寝ているようで眠れてない睡眠のことを睡眠負債と言いますので睡眠による負債がどんどん多くなって借金を返せなくなっていくということが起こります。

頭痛とは

最近は多くの方が寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ている けど夢を少し見るとか言われることが多くありますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから 記憶に残り覚えています。

しかし例えばですが6時間の睡眠時間があっても熱きのじかんと夢を見てる時間と目が覚めようとする睡眠時間が10分ぐらいであとの5時間50分の睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠になっている方が多くいます。

つまり5時間50分が脳が活性化した状態で朝を迎えているということです。

脳が緊張していると夜中に目が覚めたり興奮していると寝ようとすると眠れなかったりということが起こりますが脳が疲弊状態や脳が弱ってしまったという方は目が覚めることはありません。

最近は多くの方が脳が弱りすぎていたり疲弊していたり衰弱していたりということで目が覚めない睡眠をしている方が多くいますので目が覚めない代わりに脳の中は寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

この睡眠は妄想に近い睡眠ですから昼間でも誰もいないのに電話をしているわけでもないのに 言葉に出して何かをつぶやいたりということが起こります。

脳疲労は脳衰弱状態の方は記憶力がどんどん落ちてきますので物忘れやうっかり状態が多くなっていきます。

ハイテンションになってるかと思いますのでハイテンションになっていればおかしくないことを言っても笑ったりという感じになります。

脳が弱りすぎているからと頭が痛くなったり頭痛になったりということが起こります。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一応は寝ていますが一番浅い睡眠などで脳は日常と同じ状態になっていますので昼間と同じ目で見てというわけではありませんがあれやらこれやら考え事をしている睡眠をしています。

頭痛や頭の痛みは

頭痛や頭の痛みで起きた時には脳が弱っていき脳が衰弱したり脳が疲弊したりということで頭痛い頭の痛みになる方が多くありますのでこんな状態を続けていたらどう思っている髄膜という膜は固くなったり炎症を起こしたり晴れたりということで急激に脳細胞の減少を招いたりまた脳の中にある脳脊髄液を作る脳室というのがありますが脳質が拡大したりということが起きたりします。

脳を疲弊させていくと脳細胞の急激な減少や脳が硬くなってしまうということまで起きてしまいますので脳が硬くなると頭痛になったり頭が痛くなったり脳細胞の減少を招いたりすることでハイテンションになったり物忘れが多くなったり記憶力が低下したり精神的に病んで行ったりということが起こります。

これらが頭痛の最終形態です。

頭痛と言っても頭痛が起こりやすい方は最近見たテレビの特集で外科の先生が言っていましたが以前頭痛があった方がその多くが脳梗塞に連なっていると言っていましたが半数の方が脳梗塞に進行してしまっているということを言っていました。

脳梗塞にならなくても予備軍的なところまで行ってる方がいますが脳梗塞というのは完成した状態の方がいいますので完成していないかまたは完成しそうな方というのは脳梗塞という判断が下ることはなくそれに近い状態が起きているとことなので全員が脳梗塞に連なっていくということではありません。

頭痛とは

頭痛というのは何かの原因があって起きていますので脳梗塞や脳の病気や脳の血管の病気に繋がっていくという過程で頭痛になったり頭が痛くなったりということが起きているということです。

脳の病気になる時にも細胞の変化が行われたりすることが経過時間でかかりますのでその経過時間というのは3年だったり5年だったり8年だったり10年だったりということで頭痛を繰り返しながら進行して完成状態が脳梗塞などの病気にすらなっていきます。

頭痛が起きたら

頭痛が起きやすいから頭痛持ちの方頭痛を繰り返す形は体調からあげて整えていくことをしていますが脳が疲弊状態を起こしている治療というのが一番難しく体調を上げていくということも大変難しく奈落の底のような体調やどん底のような体調やガタガタしている体では体調をすぐに上げることができません。

当院では体調を上げる治療をしていますが元来、体調をあげるという治療があるわけではありません。

体調を上げるということは病院で行う点滴でも体調が上がることはありませんし薬でも体調が上がることはありませんしマッサージをしても体調が上がることはありませんしサプリメントを飲んでも薬を飲んでも体調が上がることはありませんし 栄養やビタミンやミネラルをとっても体調が上がることはなく電気治療器をしてもボキボキしても何をしても上がらないのは体調です。

体調を上げるためには 体調を落としている原因である内臓の働きを良くすることができれば体調を上げていくことができますが簡単なことではありません。

疲れやストレスというのは内臓に蓄積していきますが雷蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因で体の崩れが起き歪みが起き体調を落としていきさらに内臓の働きが低下状態を招いていくということで体調が奈落の底のような状態になっていきます。

 

 

北九州市小倉 頭痛 が楽になる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!