小顔矯正

人気の小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある 小顔矯正をしています。

当院ではボキボキもしないし痛くもない怖くもない危険なこともない顔が小さくなる小顔矯正をしています。

小顔矯正をしている時には 小顔矯正に入る前に顔の大きさを確認して覚えてもらうことをして小顔矯正をしています。

小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴なんですが最近多くの方が小顔矯正に訪れていますが基本的なことが全然整っていないません。

基本的なことというのは小顔矯正をするときも体の状態や体調が深く関係するということなんです。

小顔矯正をする時には多くの方が体調はどうですかと聞かれると体調はいいですと答える方が多くいますが調べてみて検査すると大変なことがわかります。

小顔矯正をする時には体調が良いことが持続力や維持する力また変わる力がありますから体調が良いか悪いかということを検査することを必要になりますが多くの方が体調がいいと勘違いしてる状態で小顔矯正を受けている場合が多くあります。

小顔矯正をする時には体調が良いか悪いかで持続する力維持する力小顔矯正をした後にだるくなりにくいということがありますので検査することをしてみると全員と言っていいほど体調が悪く落ちていることさえもわからないという方が多くなっています。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には体調が良いか悪いかということで持続する力や維持する力が大きく変わり小顔矯正をした後にだるくなるという方も体調や体力が落ちている状態で起きていますので体調が良いか悪いかということを検査することで判断していかなければいけません。

そのため体調はどうですかと聞かれたら体調はいいですと言われる方も検査することで正確に状態を判断しながらしていきますが最近多くの方が眠りが浅く寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているという感じに思い込んでいる方が多くなっています。

目が覚めないから寝ていると思わないでください。

目が覚めないから 眠れていると思わないでください。

多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思いていますので夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし夢を見る前の時間がどういう風になっているかも考えもせず夢というのは目が覚める瞬間に見ていて1分もかからないうちに見ているのが長く感じているというのが脳のトリックで起こります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないということで目が覚めないことが寝ていると思っていますが眠りというのは脳が寝ていないとまた脳が休養とっていないと眠りとは言えません。

体が横になってグーグー寝息を立てている状態でも脳の状態がどうなのかということは見た目見て判断できる人はいません。

寝息を立てていたりいびきをかいていたりまた夢を見たりしている時には眠りが浅いということは知っている方もいると思いますがそういう状態でもない時に脳は寝ながら考え事をしているという意味になっている方が多くなっているのが最悪な状態を招いています。

寝ながら考え事をしている睡眠が長くなればなるほど体調はいいわけではありませんし体調が奈落の底のような状態を示していたりどん底のような体調を示していても脳が弱って脳疲労になっていますので脳疲労になれば痛みやコリも感じないし体調が良いか悪いかということもわからなくなりますし風邪を引くこともできません。

風邪やインフルエンザウイルスの細菌が入ってきた時には脳が元気だから熱を上げて風邪やインフルエンザの症状を起こしますが脳が疲労してしまっていると発熱をすることもなく 体は麻痺した状態になっていきますので麻痺したままでいくら顔を小さくしても綺麗に見えることもなくすぐ戻ってしまい持続する力や維持する力がないのは当然です。

体にたまる疲れやストレス

毎日毎日の生活や仕事でも精神的なプレッシャーや緊張でも寝不足状態でも疲れやストレスは溜まっていきますので疲れやストレスを感じていないということになります。

疲れやストレスを感じていないだけで体には多く 蓄積しているという方が多くなっていますので疲れやストレスが溜まっていくと歪みやズレが起きていき痛みやコリになるのが当然なんですが頭が弱ってしまっているとこれを感じ取ることができないで積み重なった状態で 体調を悪くしているということです。

こんな状態でいくら顔を小さくしても持続する力や維持する力や回復させる力というのはあるわけはありません。

いくら顔だけ小さくすることをできても 終わった瞬間に戻っていくというのはご自分の体調や体の状態に関係があります。

持続する力というのは人から与えられるものではありませんので自分で維持する力や持続する力がないという方は戻っていくのは当然なんです。

寝ている時にどんなに顔を小さくすることができても立った瞬間に戻っていたり時間の経過と共に踊っていたりするのはご自分の状態に関係があります。

普通は体に疲れやストレスが

普通は毎日の生活や仕事で疲れやすいですがたまりその疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありません。

例えばですけど体重100 kg の方がいるとしたら65%つまり65 km は水分ですから水に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので後残ったものは筋肉や骨の重さや人体や脂肪の重さや神経と血管とリンパ管などの重さしかありませんしあとの残りは内臓しかありません。

つまり疲れやストレスというのは内臓に多く蓄積していき体の内部から崩れていくことで歪みやズレを起こしていくのが当然なんです。

歪みやズレを起こすと痛みやコリになるのが普通なんですが脳が弱っている都道麻痺になってしまい痛みやコリを感じませんしどんなに歪みが起きていても平気で何も感じていなく少しストレスが溜まっているとか少し疲れがあるとかいう感じしかわからなくなります。

最近は体調が悪い方が多く

最近は多くの方が体調が悪くどん底のような体調を示している方が体調はどうですかいいですかと聞くと体調はいいですと帰ってきて検査してみたり体を触ってみたり頭を触ってみたり顔を触ってみたりするとすごい状態になっている方が多くいますのでその説明をしていくと他人のような感じで私がですかという感じで聞く方が多くいます。

他人の話をしているわけではなく小顔矯正をしている時に説明をしているのでご本人の説明などに他人のような感覚で聞いている方が多くいます。

小顔矯正をしている時に同時に説明をしています

小顔矯正をしている時には20分ぐらいの時間で集中して小顔矯正をしていますので時間を長くすればいいわけでもなく時間を長くしても変わるわけではなく時間を長くすれば顔が小さくなるわけではありませんので集中して顔を小さくすることが一番なんです。

外では顔を小さくすることが分かってもらうために顔を中心にして 小さくすることをしていきますが二回目からは顔だけではなく体も少し暑かっていかなければいけませんがあまり顔を小さくしすぎたり体を買いすぎると体調や体力のない方ほどダルくなります。

顔が小さくなったことに体調や体力が取られてしまうと今ある体調や体力がなくなってしまいだるくなるということが起こりますので、あまり変えすぎるのも良くありません。

しかし多くの方は顔を小さくしたいというだけでだるくなるといっても言葉だけでしか聞いていませんので後でだるくなってもいいですかと言うとほとんどの方がいいですと言いますけど、だるくなったら悪いようなイメージしか残りません

北九州市小倉で人気がある小顔矯正

コメント

error: Content is protected !!