小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

腰痛

腰痛を解消

腰痛を原因から解消いたします。

急に起きてしまう腰痛も原因があるから腰痛になってしまいますので原因を早めに改善していかないと少し痛みが治まったからといって安心してはいられません。

普通は腰痛も少し痛みが治まった時にそのままにして放置していたものが徐々に悪化していき、急に痛みが強くなったりすることが起き椎間板ヘルニアになって長く患う結果になったり坐骨神経痛になって足の痛みやしびれということもありますから早く腰痛の原因を矯正して整えていくことをしていくということは一番大切な腰痛の治療法になります。

腰痛を起こす時には色々な物事があって起きているということがありますが代表的なものを言えば重たいものを持ったりして腰が痛くなって腰痛になったりくしゃみをしただけで腰痛になったり朝起きようとしたら腰が痛くて動けなくなったり靴下を履こうとして腰が痛くなったり横座りをしていて腰が痛くなって腰痛になったり 前かがみで何かを取ろうとしたら腰が痛くなって腰痛になったり洗濯物を干そうとして腰痛が起きてしまったり車の運転をしていると腰が痛くなるということもいろいろな原因がありますが、これらは全て原因ではありません。

腰痛を起こす原因が別にあるから後は姿勢などのきっかけで腰が痛くなって腰痛になります。

腰痛の切っ掛け

きっかけが色々あるために惑わされてしまうことが多くありますけど 急激な痛みと言うと急性状態を保つようにして湿布を貼ったりすることでも楽になることもありますしマッサージをして腰痛が楽になるということもありますし電気治療器などをして腰痛が楽になるということもありますしサプリメントなどを飲んでも腰痛は楽になることもあるかも分かりませんし病院に行ってブロック注射だと打ってもらって楽になるということもあるかも分かりませんがすべては原因のために起きているものなんですけど原因を見つけることもなく原因を矯正して減らすこともなくしている対症療法にしか過ぎません。

対症療法というやり方が非常に多く原因なんかも関係なく単純に検査することもなく痛みを少しでも和らげていくという治療法が対象療法ですが対処療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではないために進行していき一気に腰の痛みがない時でも坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアを長期間患う結果になってしまっています。

腰痛というのは整体やカイロプラクティックの専門分野ですから 起きている原因もわからないということも多くあるためですが何もわからなくても湿布を貼ったり電気を当てたりマッサージをすることは出来ると思いますので対処療法ばかりして原因を見つけることもなく矯正することもなく痛み止めにしかなっていないということがあります。

腰痛は専門分野で

腰痛を改善しようと思うなら専門分野の整体やカイロプラクティックでも痛くない治療法もありますので そういうところをお勧めしていますが当院でも腰痛の治療をしていますが遠いの治療は検査することを重要視していますので検査をしてどういう風な原因で腰痛が起きてしまったのかということを見つけ出して強制することからしています。

原因を見つけるためにも、まずは腰痛を楽にしていくことから始めていかなければ 行けませんので腰痛を楽にすることをして原因を見つけ出すということの2段階の治療法です。

腰痛を楽にするということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを整えていかなければいけませんが背骨のズレや骨盤の問題というのも原因があるから起きているものなんです。。

原因がなくて骨盤が歪んだり開いてありさぼり図がずれたりということは起こりませんので姿勢などで起きるということもなく背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に歪んだり曲がったりしたら大変なことが起こりますけど体の内部のある現象が起きてしまうと 歪みやズレが起きてしまいます。

歪みやズレが起きたりするのは体に蓄積していくものが原因なんですがこの蓄積していくものは筋肉にもたまりながらあるところに多く溜まっていきます。

ストレスの蓄積が原因

歪みやズレというのは 筋肉にもたまりにながら内臓に蓄積していきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいもの持ったりしたら体をさせることができませんので体を支えきれない状態で腰が痛くなったり椎間板ヘルニアになっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがある状態で骨盤が不安定になっていると長く座ってる姿勢で腰が痛くなりますので車の運転や椅子に座っているだけでもまた横座りをして座っているだけでも腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときにくしゃみをしただけでも腹圧が多くなって弱い部分にかかりますので弱い部分に関わると腰が痛くなったり腰痛になります。

疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど 骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなっていきますので大きくなった時に中腰したりして仕事をしたり畑仕事をしたりしていて立とうとした時に立てないくらい腰が痛くなっていきます。

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに柔らかい布団に寝ているとまた眠りが浅いと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなりますので大きくなると朝目が覚めた時に腰が痛くて動けなくなります。

骨盤の歪みがある時に靴下を履こうとして前かがみになっただけで腰が痛くなります。

骨盤の歪みがある時に何かをすると歪みが大きくなっていき腰の痛みや腰痛になるということです。

強い痛みというのは湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気治療器をしても少し楽になることはありますが骨盤の歪みは残ったままになっていますので骨盤の歪みがどこから起きているのかという裏側にある原因は進行していき痛みがない時でも悪化させていきます。

骨盤の歪みが起きる原因は内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓がどんどん悪くなっていく病気ではない状態で数値的な異常が出ない状態でも悪化させていきますので悪化した状態が色々な長期間のトラブルになります。

内臓といっても病気ではありませんので注意して欲しいんですが何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスは溜まっていきます。

例えば体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg つまり65%は水分です。 あとの残りは骨の重さ脂肪の重さ筋肉の重さ皮膚の重さ、神経、血管とリンパの重さしかありませんし後残ったものは内臓です。

内臓に溜まる疲れやストレス

つまり内臓に蓄積していく疲れやストレスというのがあるということが分かると思います。

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと蓄積すると Y が多くなりますから多くなると内臓の働きも低下していき骨盤の歪みや背骨のズレになります。

そうすると骨盤の歪みや背骨のズレが大きくなりますので大きくなった時に何か押したら痛みになります。

内臓にたまる疲れやストレスというのは毎日の生活でも大変多く起きていきますので多くなればなるほど歪みは大きくなっていくということでいつかは痛みやコリになり長期間改善しない痛みやコリになります。

疲れやストレスというのは限界なく溜まっていきますので限界なく貯まれば貯まるほど骨盤の歪みは言葉の開きが起きて大きくなっていきます。

骨盤の歪みは骨盤の開きが少しであれば何も感じませんが 大きくなればなるほど腰痛になる確率が増えていきますので程度と言うか段階があります。

 

北九州市小倉腰痛を解消いたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!