小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

腰痛

腰痛を楽にしていくためには

腰痛 というのは切っ掛けと原因から起きていますので 両方が重なった時に腰の痛みとして起きてしまうのが腰痛です。

腰痛が起きる時には何気なくしたことが原因として 腰痛を起こしていきますが腰痛を起こす時にはあることが起きています。

腰痛を起こす時にはどうして起きたのかということを患者さんに聞いてみると共通するものはなく 皆さん違う原因で起きている方が多くなっていますので一般的には腰痛を起こしやすい方は、 重たいものを急に持ったりした時に腰が痛くなるというのが多くの腰痛を起こしている原因として考えられていますが重たいものを急激に持ち上げたりしたりして腰が痛くなるという感じがありますが重たいものが原因ではありません。

重たいものを持ったりすることなく 腰が痛くなったり腰痛になるということもありますから。

何もしていないのに腰が痛くなったりするという方もいます。

どうして腰が痛くなったり腰痛になるのかということの原因を見つけ出さなければ一時的に腰の痛みを楽にする治療ばかりしていると悪化させることにつながっていきます。

腰痛を起こすきっかけ

腰痛を起こす切っ掛けというのがあります。 普通一般的には原因だと思われていることが実は切っ掛けにしか過ぎません。

腰痛を起こすきっかけというのは 普通一般的に誰でも多くの方がしているものです。

腰痛を起こすきっかけというのは 重たいものを体を曲げて持ち上げようとしたりすることが一番の特徴だと言えます。

下にある箱などや重たいものを 膝を曲げないで腰を曲げただけで持ち上げようとすると腰には荷物以上の負担がかかっています。

このように何気なくしている動作というのがかなりの腰の重圧になって腰に軋轢が起きています。

腰というのは下肢と上肢をつなぐところなので下肢と上肢をつなげてるためには支えがないと保持することができません。

上肢と下肢をつなぐ腰ですが支えることができないくらいのことが起きていると支えられないで腰痛や腰の痛みになっています。

車の運転などを長時間や短時間しているだけでも腰が痛くなったりするときもあります。

夜寝ようとすると朝起きた時に腰が痛くて動けなかったりすることもあります。

くしゃみをしただけで腰が痛くなることもあります。

同じ姿勢で立っているだけでも腰が痛くなって疼く方もいます。

靴下を履こうとしただけでも腰が痛くなる方もいます。

庭仕事をしたり畑仕事をしたりして座って仕事をしているだけでも立とうとした時に腰が痛くなって伸ばせない方もいます。

掃除機をかけているだけでも前かがみになって体を支えることができないために腰が痛くなる方がいます。

洗濯物を干そうとする動作でも何回も下にあるものの洗濯物を取ろうとしたり手を伸ばして洗濯物を干そうとする時に腰が痛くなる方もいます。

野球などをしていてバットを振った時に腰が痛くなったという方もいます。

テニスをしている時に足のバランスを崩して腰が痛くなったと言うかと思います。

色々な腰痛や腰がを悪くする原因は日常的に多くのことがありますからどれ押したら痛くなるかということではなく体がどういう状態になっていることが原因だと思います。

何かをすることではなく体がどうなっている時に引っ掛けをすると腰が痛くなるのかということに関係しています。

腰痛を起こす原因は

腰痛を起こす時には切っ掛けと原因の両方が揃った時に起こります。

原因というのは骨盤の歪みです。

骨盤の歪みというのも段階がありますので程度の軽いものから程度のひどいものから最大のものからいろいろな段階があります。

日常生活的に言うと骨盤の歪みや骨盤の開きというのは常日頃に起きているものです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは 軽くなったり大きくなったりして変化しているものです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは 日常生活をすることであるものが多くなったり少なくなったりすることで程度や段階が違います。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因というのは体に蓄積していく疲れやストレスの多さで違います。

日常生活で動いたり体を 使うことで疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスが多くなれば、なるほど骨盤の歪みや背骨のズレになっていきます。

日常生活だけでなく仕事上でも疲れやストレスが多くなって多くなったものが改善できないと骨盤の歪みや背骨のズレになっていくので骨盤の歪みや背骨のズレが大きければ大きい時ほど切っ掛けが重なった状態で腰が痛くなります。

疲れやストレスというのは何もしなくても生きているだけで寝ているだけでたまったりすることが多くなります。

何かをしたら疲れやストレスが溜まるということではなく食事をすることでも美味しいものを食べることでも体を動かすことだけでもなく食事をするということは噛むことでも疲れやストレスは多くなりますし 食道を通っていて消化するわけですから胃が働くことでも疲れやストレスは多くなっていきます。

体を動かすことだけではなく内臓が動いたりすることでも働くことでも疲れやストレスは蓄積されていきます。

体を動かすことばかり中心で考えていますが内臓も動いたり働いたりということをしていますので内臓が動いたり働いたりするだけでもまた消化器官で 消化することでもエネルギーが消費されていき疲れやストレスがそこで生まれていきます。

そして最近は多くの方が眠りが浅くなっていますので眠りが浅いと最大の疲れやストレスが多く蓄積していき疲れやストレスというのは寝ている間でしか解消したり減らすことができませんので眠りが浅いと寝ている間に疲れやストレスが溜まっていきます。

最近多くの方が眠りというのを考えていない方が多くなっていますので 眠りというのは脳が寝ている睡眠のことです。

体が横になって寝息を立てていることが眠りではありません。

誰が見てもスースー寝ている状態でも 脳が緊張したり脳が活性化していたりすると眠れているわけではありません。

昔でしたら寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れない方や夜中に何回も目を覚ます方や寝付きが悪いという方や夢ばかり見るという方が不眠症という状態でしたが最近の不眠症の方は状態が変わってきています。

今の不眠症の方は夜に寝たらすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方の多くが不眠症の状態になっています。

もう自分自身が不眠症だとも気づかない状態で日常生活を送っている方が多くなっています。

検査してみるとすぐにわかる

当院の院長は患者さんの頭を触ってみると眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということもすぐにわかることができますし体調の状態や色々な検査をすることで眠りがどれだけできているのかということがすぐに分かります。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方の多くはどういう睡眠をしているかというと夢を見るというよりももっとさらに最悪な睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

ながら考え事をしている睡眠というのは妄想に近い睡眠ですから 妄想に近い睡眠が多くなればなるほど道は日増しに弱っていき脳細胞を減らすことになっていきますので脳細胞が減っていたり悪くなることが認知症や痴呆につながっていきます。

認知症や地方というのは 完成してしまわないと病院でも分かりませんが 関西途中や進行途中というのは大変診断するということも難しく ほとんどの方ができていません。

進行途中である脳の状態の時に眠りが浅くなったり寝ているようで寝ていないという状態の寝ながら考え事をしている睡眠になっていきます。

 

 

北九州市小倉 で腰痛を楽にしていくためには。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!