小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

ブログのトップページ

整体

整体とは腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘など、代表的な痛みや凝りなどの症状を楽にすることをしていくのが整体ですから、歪んだ体を整えていくことで色々な痛みや凝りを改善することをしています。

多くの痛みやコリというのは、歪みやズレから起きていますので、歪みやズレを矯正して整えていくことをしていけば楽になっていく訳ですけど、歪みやズレを整えなくても楽にすることはできます。

歪みやズレ矯正しなくても楽にしていく方法というのは、湿布を貼っても楽になる場合もあるでしょうし、家族の方に揉んでもらっても楽に感じてしまうこともありますし、お風呂に入っても楽になることもあるでしょうし、専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になっていることもありますし、低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

しかし、必ず痛みやコリというのは原因があって起きていますので、単純に歪みやズレが本当の原因ではありませんので、歪みやズレがどうして起きたのかという理由があります。

対症療法と整体

対症療法という治療法がありますが、対症療法という治療法は原因なんかは見つけることもなく、ただ楽にすることをしていくのが対症療法という治療法ですが、対症療法ばかりして楽にしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

対症療法というやり方は、普通一般的に例えばですけど、低周波治療器さえ持っていれば患者さんの症状のある部分に当てることができますので、強さとタイマーをセットすれば誰でもできるのが低周波治療器のやり方です。

低周波治療器というのは、低い電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流すことで電気で筋肉を刺激して運動させるやり方が低周波治療器のやり方ですが、いいところもありますのでいい所というのはリンパの働きが改善されて老廃物が流れていくということで循環は良くなるということもありますが、これも1時的なことです。

しっかりとした原因があるのに1時的に筋肉の流れを良くしてリンパの働きを解消することで老廃物が多く流れていくということはありますが、原因が残ったままになっていますので、原因が残ったままだとまたすぐに戻ったり、痛みやコリが感じない時間があっても原因はしっかりと残ったままになっています。

対症療法という治療法は

対象療法という治療法は多くの治療院で行われている治療法ですから、病院に行って注射を打ったりすることや、膝の痛みで水を抜いたり、ヒアルロン酸を刺したりすることでも対症療法のひとつですから、原因なんかは関係なく原因を見つける検査もしないで楽にすることばかりしていると楽にはなるかも分かりませんが、原因もいつまでも同じままではないということなんです。

原因も年齢以上に進行していきますので、進行したものがいつかは大変な結果を招いてしまうということが起こるということです。

単純に考えても体は年齢以上に老化したものが色々な症状を起こしていますので、年齢以上に老化して最終形態は病気だということに繋がっていきます。

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら65キロもの水分が出てきますので、体重の半分以上は水分だということですけど、水分が何かを起こすということはないと思いますので、後残った35キロの中に体の痛みやコリの原因になる歪みやズレを作るものがあるということなんです。

あと35キロの中には皮膚の重さと神経と血管と重さとリンパの重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと中枢神経系、大脳と脳幹と脊髄の重さと内臓の重さになります

この中で痛みや凝りになりやすいということは、中枢神経系の大脳、脳幹、脊髄というのは内臓の1部でもありますから、内臓と筋肉ということになります。

内臓の中に多くの疲れやストレスが溜まる

毎日毎日の生活や仕事をすることや、精神的な緊張やストレスを与えられることや、運動することやジョギングをすることやショッピングをすることや車の運転をすることや旅行をすることや歩いたりすることやテレビを見たりする時でも、映画を見たりする時でも疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきますが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではなく、内臓に疲れやストレスがたまるということで、体の内側から崩れていき、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスが溜まっていないという方は、いませんので、どこかしら何らかの歪みやズレが起きていますが、痛みやコリになっていない程度だということで判断してください

運動選手がいくらストレッチをしても、筋肉ばかり伸ばしていますので、筋肉はほぐれているかも分かりませんが、内臓の状態を確認をしていませんので、内臓に多くの疲れやストレスが溜まるといくら筋肉を伸ばしても痛めることが多くなります

基本的なものは筋肉ではなくて、内臓にたまった疲れやストレスが原因なんです

運動選手がどこかに張りや痛みを感じる時には、必ず内臓が関係していますが、内臓の検査というのは病気の検査しかありませんので、病気の判断しかできません

病気ではない内蔵

色々な症状が起きる時には、病気ではない状態で起きていますので、病気の検査をすることは該当しません。

病気の検査というのは、病気になったら検査すれば陽性反応が出て病名がついて何らかの治療が始まるということになりますので、なんでもかんでも健康な細胞から即病気になることはありませんので、病気になっていく過程というものを考えるようにしてください

病気になっていくためには1年や2年ではなく10年、15年、二十年かけながら病気の細胞になっていきますので、健康な細胞から半年や1年で病気の細胞に変化するというのはありません。

疲れやストレスというのは、人の弱い部分に溜まっていきますので、弱い部分が筋肉だったり、関節だったり、内臓だったりという風に疲れやストレスがたまるところが違います

疲れやストレスが多く、たまればたまるほど弱い部分は急速に老化していきますので、どうかしたものが筋肉だったり、関節だったり内臓だったりという関係で色々な症状を起こしやすくなっていきます。

体を整えるということは

体を整えていくということは、色々な症状を良くしなければいけませんので、背骨のズレや骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというものではなく、その中にある内臓を正常な状態に、または元気な状態に持っていかなければ、歪みやズレを矯正すればいいというわけではありません。

多くの整体院が単純に骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを矯正することに注目しているのでさえして当院の整体の治療というのは、その先にあるものまで関係することを確認します。

内臓に疲れやすですが、溜まると説明していますので、筋肉にもたまにながらということなので筋肉をほぐして疲れやスレスを軽くしていくことはもちろんなんですが、内臓の働きの低下から起きた、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正して整えなければいけませんし、歪みやズレが起こしたのは内臓ですから、内臓疲労を減らしていくことをしなければいけません。

しかし、何回も言いますけど、内臓疲労ですから内臓の病気とは違いますので注意をしてください。

北九州市小倉で整体で体を整えていくことをしているので、ボキボキもしないし、痛くもない整体をしています。

猫背矯正、姿勢矯正

猫背矯正姿勢矯正をしています。どうして猫背になるのか姿勢が悪くなるのか背中が丸くなるのか色々な姿勢があると思いますが全てにおいて原因がありますので原因を見つけ出すことなく運動しても筋トレしても姿勢矯正ベルトをはめても効果的には一時的で正しく姿勢をとることできません。

姿勢が悪かったり、猫背になったりする方は無理に猫背にしないように姿勢を正しくしようとしますが、無理な姿勢なので長くは持つことはなく、意識した時だけまっすぐしても意味はありませんので、どうして姿勢が悪くなっているのか猫背になるのかということを見つけ出さなければ何も解決にはなりません

猫背になったり、姿勢が悪くなったりするのは、体の状態に関係していますが、体がどうなっているのかということに深く関係がありますので、それを見つけ出すことをしなければいけません。

猫背になったり、姿勢が悪くなったりすると、内臓を圧迫していると言われていますが、逆なんです。

もちろん前かがみになって姿勢が悪くなったり、猫背になるということは内臓を圧迫することは当然なんですが、ちょうど状態が正常な状態になっているということなんです。

悪い姿勢が正常というのは変な話なんですが、その時の体の状態でそれが正常な状態だから猫背になって背中が丸くなるということで姿勢が悪くなっています。

正しい姿勢が悪い姿勢

逆に正しい姿勢をした方が無理な姿勢になっています

正しい姿勢の方が無理な姿勢というのには原因があります。

それはどうして、猫背になるのか、姿勢が悪くなるのかということに原因がありますので、その原因から解決することをしないと何も解消になっていきません。

なんでもかんでも見た目だけで猫背になっているから、姿勢が悪くなっているからといって姿勢を正せばいいというわけではなく、どうして猫背になるのか姿勢が悪いの悪くなるのかというのを見つけ出さなければ解決にはならないということなんです。

何も原因がなくて悪くなるということはないので、どこから悪くなっているのか猫背になっているのかということは見つけ出すことをしなければいけないということを言っています。

猫背になる時には何が原因なのか姿勢が悪くなる時には何が影響を起こしているのかということを見つけ出すことをしていくためには、検査することをしています。

姿勢が悪くなる原因、猫背になる原因

姿勢が悪くなる原因や猫背になる原因は、毎日毎日の疲れで多くのものが蓄積していきます。

人は日々生活していくことで生きていくことをしていますが、生活すると疲れというのが多くなっていきますので、疲れがどこに溜まるのかということが、姿勢が悪くなったり、猫背になる原因を作っています。

生活したりすることでも仕事をしたりすることでも、食事を作ったりすることでも、食事を食べたりすることでも、車の運転をしたりする時でもカラオケに行って歌ったりすることでもショッピングをしたりして歩いたりすることでも運動したりすることでも普通に歩いたりすることでも味は仕事をすることでも色々なことで多くなるのが疲れなんです。

毎日毎日の生活で多くなる、疲れがどこに溜まっていくのかということが一番の問題になりますので、多くの方はどこに溜まっているかということも知らないで生活しています。

疲れやストレスの蓄積というのは、体に溜まっていきますが、体のどこに溜まるのかで姿勢が悪くなったり、猫背になるのが決まってきます。

疲れやストレスを感じていない方はいないと思いますが最近わからない方が多くなっていますので分からない方は睡眠負債状態が重なって起きている方が多くいます。

姿勢が悪かったり、猫背になるのは

姿勢が悪かったり、猫背になるのは疲れやストレスが溜まっている関係で起きていますので、疲れやストレスが溜まっている体をどうにかしなければいけませんが一般的にストレス発散と言っても本当の意味でストレス発散にはなっていませんので、ストレス発散と言っても精神的なストレス発散だけなってしまって、肉体的には逆に疲れが溜まっているということが多く見受けられます。

疲れやストレスというのは、蓄積したものが色々な状態を起こすのが疲れやストレスと言う意味になりますが、疲れやストレスというのは同じ意味ですから疲れが蓄積したものがストレスという意味になります。

疲れが蓄積したものがストレスですから、ストレスを発散させるためには何をすればいいのかということになりますが、精神的なストレス発散というのはカラオケに行っても飲みに行っても気分転換になってしまい、ストレスが発散したような状態になりますが、肉体的には何もストレスが発散できていないのが現状なんです。

ストレス発散ができてない

ショッピングをしても、ストレス発散と言いますが、歩いたりすることでもストレス発散ができますし、旅行に行ったり温泉することもストレス発散と言いますけど、旅行に行ったりする時でも疲れが多くなりますし、ショッピングをして歩いたりする時でも疲れが多くなってしまいますので、何も肉体的にはストレスを溜まった状態にしかなっていません。

ストレスを発散するためには、ストレスがどこに溜まるのかということを知らなければいけませんので、抽象的になりに何も分からずにストレス発散するような状態ではなく、どうしたらストレスが発散できるのかということを考えないと姿勢が悪いままだし、猫背になったままです。

ストレス発散と言っても色々なストレスがありますので、その色々あるストレスがどこに溜まるのか体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこなのかということになります。

ストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張や色々な物事や運動することで、多くなったりするものが溜まっていきますが、例えば体重100キロの方がいるとしたら100キログラム重65キロの水分が体をぎゅっと搾ったら出てきます。

体重の多くは水分だということなんですが、水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

あと残った35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系脳大脳と脳幹、脊髄と内臓の重さになります。

この中で疲れやストレスが溜まるというところは、中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄も内臓-1部ですから、内臓と筋肉に疲れストレスがたまるということです。

疲れやストレスの蓄積が猫背や姿勢を悪くする

疲れやストレスというのは簡単に減らすことができないし、内臓にたまった疲れやストレスが簡単に減る訳はありませんので、ストレス発散というのは現実にはできていなくて、内臓に多くの疲れやストレスがたまることが原因で色々な状態を起こしていきます。

疲れやストレスが全体の内臓に溜まりながら姿勢を悪くしていき、内臓の働きを余計に悪くした状態で猫背になっていきます。

内臓が疲労すると特に心臓が疲れると猫背になりますが、猫背になって心臓を守る役目で前屈みになって猫背になります。

心臓が弱った時には胸を張る姿勢が負担になるから、背中を丸くして心臓を守ろうとしています。

しかし、内臓や心臓と言っても病気ではありませんので、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください

疲れやストレスというのは、内臓にたまりながら内臓疲労を起こしながら猫背になり、姿勢が悪くなっていきます。

内臓に疲れ休めずが溜まっていると内臓の不全状態が起きたりすることもありますから、そういう時に姿勢を正そうとするのは良くありません。

北九州市小倉で猫背矯正、姿勢矯正をしています。

生理痛

生理痛を解消

生理痛を解消していくためには、何をしたら解消できるのかということを考えなければ何も考えずに痛み止めの生理痛の薬ばかり飲んでいても意味はありません。

生理痛

どうして毎月生理痛が起きて色々な症状が起きるのかということを考えなければいけないということを説明していますが、多くの方が単純に薬を飲んだりして痛み止めを使ったりしているだけだし、抑えているだけですから何も変わっていませんし、変えることをしていません。

生理痛になるのは原因があるから生理痛になっている訳ですから、誰でも起きているものではありませんし、何かの原因があるから起きているわけですけど、病院というところは病気の検査をしていますので生理痛というのは病気ではありませんので、病院に行っても検査をしてもホルモンの異常があるとか言う感じにしか言われないと思いますので、痛み止めかホルモンの薬をもらうことしかしていないと思います。

何が原因なのか

しかし、まず生理が起きる時にはどういう状態の時に起きているのかということが一番の問題になる訳ですけど、生理になると下腹部が重たくなったり、腰が痛くなったり色々な症状が起きたり、胃もたれや肩こりや頭痛が起きたり、首の痛みや首のコリが起きたりという関係があると思いますが、精神的に不安定なあたりとか眠れなくなったりという感じでホルモンのバランスが悪いという風に言われますが、どうしてホルモンのバランスが悪くなったり色々な症状が起きるのでしょうか。

同じ年齢の女性でも生理痛が軽かったり、生理痛がなかったりという方がいますので、どうしてなのかということを考えなければいけませんから、生理痛を当たり前だと思わないでください。

何かの原因があるから生理痛になっている訳です。

生理痛になる原因

生理痛になる時にも毎月毎月同じような症状が起きてしまう方もいますし、症状が変わってしまう方もいますから、どうして同じ症状が繰り返し起きるのか症状が変わる部分に起きるどうかということが問題だと思いますので、人の身体というのは毎月毎月の生活することや仕事をすることや運動することや学生生活を送ったりすることでも疲れやストレスが多くなってしまいますので、疲れやストレスがどこに溜まるのかというと、筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水分が65キロに戻りますので、体重の大半が水分だということなんです。

随分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

あと残った35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと中枢神経系の大脳と脳幹、脊髄の重さ、内臓の重さになります。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、筋肉と内臓が主になりますので、生理痛を起こしている原因の部分が子宮だったり、卵巣だったりすることもあるかも分かりませんし、どこかのホルモン系に疲れやストレスが溜まっているという感じもあると思います。

疲れやストレスの蓄積が生理痛に

内臓にも疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることが原因で生理痛が起きたりするのは当たり前だと思います。

内臓にも日々の生活や仕事や色々な物事で疲れ休めずがたまることが多くありますので、なんでもかんでも病気というのは関係付けることなくしっかりと説明を聞いてください。

毎日毎日の生活する事で仕事をすることで色々な物事で疲れやストレスは溜まるばかりですから、自分の弱い内臓に疲れやストレスが溜まるということがあります

弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく、疲れやストレスを内蔵がためてしまうことが原因で働きが悪くなってしまい、生理痛になります。

生理痛が起きやすい方は、病気ではなく、卵巣や子宮や生理痛に関係するホルモンのバランスが悪い方が生理痛になっています。

それを痛み止めや症状を抑えていくためにも、薬を使ってばかりいると弱い内臓もいつまでも同じままではいられません。

弱い内臓が生理痛に

弱い内臓に疲れやスレスが溜まることが原因で進行していきます。弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めてしまうと、細胞の変化が起きてしまいますので、細胞の変化が卵巣の病気になりやすくなったり、子宮の病気になりやすくなったりという感じになる可能性があるということなので、あくまでも可能性です。

可能性が多くある方ほど、生理痛になりやすくなっているという事実があります。

しかし、可能性の時にはいくら病院で検査をしても病気ではありませんし、病気として完成しているわけではありませんので、検査をしても健康で異常はなしだと思います。

生理痛が起きるのは

生理痛が起きるのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている状態なんですが、何も関係なく骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることもなく、姿勢や猫背でも骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありません。

主に体全体に疲れ、ストレスがたまることが原因でゆがみやズレが起きますので、歪みやズレが骨盤に歪みやズレを起こしていきます。

そして最近多くの方が眠れていません

睡眠負債と生理痛

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠れていないということは特に大脳が弱っていきますので、大脳が呼ばれることが原因で大脳の支配下の直接的なものが働きや悪くなることは考えられますので、大脳の直接的な支配下というのは下垂体です。

脳下垂体というのは、全てのホルモンの命令系統を受け持っているホルモンですから、睡眠負債状態があると大脳は弱ってしまいますし、脳下垂体ホルモンも正しく働くことができませんので、正しく働けない時に生理になると生理痛が起きてしまうということもあります。

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目覚めないから出ていると単純に考えているだけです。

目が覚めないから寝ているという感じではありません。

眠りというのは一番大切なことなんですが、目が覚めなければ寝ていると思っている方がいかに多くいるかです

本当に多くの方が寝ているようで、眠れていないのに気が付いていないという方が多くいます。

ホルモン系統と生理痛

内臓に疲れやストレスが多く、たまっているのに内臓が正しく働けるわけはありませんし、大脳が弱って睡眠負債状態になっているのに全てのホルモンの制御をしている脳下垂体の働きの低下が起きているのに、生理痛が起きているのは当然だし、ホルモンのバランスが悪くなっている状態が多くあると体の影響がどれほど大きいのかということがあります。

生理痛の方が来院すると検査をしてみると、検査が異常と思えるほどの数値を示しています。

体調がむちゃくちゃと言っていいほど悪いんです。

体調がむちゃくちゃ悪いと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていることは当然ですし、腰椎の5番目の骨というのも連れていますので、腰椎の5番目は膀胱と子宮に関係する骨でもありますし、卵巣に関係する骨は腰椎-3番目が卵巣に関係する骨ですから、卵巣の働きが悪い時には腰椎-3番目がズレを起こしているし、子宮自体の問題があると腰椎-5番目の骨はずれを起こしています。

 

北九州市小倉生理痛を解消することをしています。

整体

整体とは

整体とは痛みや凝りが起きる時には、必ず歪みやズレが起きているということに注目して、歪みやズレを整えて矯正することをするのが整体です。歪みやズレというのは、風邪を引いてもずれが起きていますので、風邪に関係する背骨というのは7番目の骨と3番目の骨になります。

3、番目の背骨の骨は灰に関係する部分であり7番目の骨は免疫に関係する骨ですから、風邪を引くと3番目の骨と7番目の骨はずれを起こしています。

膝が痛くなったり、花粉症や湿疹などを起こしやすい方は、背骨-8番目の骨がズレを起こしていますので、背骨-8番目の骨のズレと肝臓が関係しています。

内臓の名称が出てきますが、病気と言ってる訳ではなく、内臓に疲れやすいですが、溜まることが原因で症状を起こすということを説明していますので、なんでもかんでも病気というのを結びつけることなくしっかりと説明を聞いてください。

花粉症が起こりやすい方は、肝臓が深く関係をしていますので、肝臓が弱い方であり、肝臓の弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で花粉症になりやすく、膝の痛みなども起こしやすくなります。

人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。

弱い部分が症状と関係する

人の体には弱い部分と強いわけではありませんが、そうでもない部分がありますので、そうでもない部分は症状を起こすことはあまりありませんので、関係ないんですが、弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく弱い部分に疲れやすいですが、溜まることが原因で症状を起こすことが多くあります。

この弱い部分というのは、生まれつき弱い部分ということですから、避けようがない弱さになりますので、生まれつき弱いという時には遺伝が深く関係しているということです。

例えばですけど、分かりやすく説明をしますが、勘違いをしないでほしいんですが。

親が肝臓の病気を持っている場合は、その親から生まれた子供や孫は全て代々、肝臓が弱いという家系になります。もちろん、年齢が若い時には病気というのは関係なく進行していくと関係が見せずに出てくるというものなんです。人の体は1年で1歳、年をとるというわけではなく、内臓年齢というのが存在しています。

内臓年齢

内臓、年齢というのを考えている方は少ないと思いますが、暦暦でいうと1年に1歳だけ歳をとっていきますが、体とは関係がありません。

暦は暦暦であり、人の体は暦とは関係がありませんので、1歳年を取るということではありません。暦は地球が一周することが1日という風に決まっていますが、これが365日あるということですから、地球が365回転する事が1年だという風に決まっています。

しかし、人の体にこれは全然該当しませんので1年に1歳年をとるということはありません。ヒトの体というのは、誕生月が1年に1回あるように1歳だけ年を取っていきますが、内臓に対しては該当しませんので1年に1回だけ歳をとるということではなく、疲れやストレスが多く貯めてしまった方ほど細胞の老化が徐々に起きていき、起きていきながら時々痛みやコリを起こしています。

しかし、病院では病気として完成した細胞ではないといくら尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査やMRI検査などをしても分かりませんので、これらの検査は病気の検査になっています。

病気として完成したものは、検査をすると異常な数値が出てしまい、病気として分かりますが、病気として完成していない限りは分かりません。例えば1年に1回だけ病院の検査をしても完成してしまわないと分からないということですから、完成する前では健康だという判断が下ります。

零の細胞から一気に1年や2年ぐらいで病気の細胞に変化するということはありませんので、病気の細胞になっていく過程があるということなんです。

体を整えるとは

体を整えていくということは、歪みやズレだけを解消すればいいというわけではありませんし、歪みやズレがどうしてどこから起きているのかということを見つけ出さない限りは、表面上の歪みやズレを矯正することだけをしたら、意味もありません。

普通の整体院の背骨矯正や骨盤矯正というのは、表面上のズレや歪みだけを矯正しているだけですから、本当の意味で治しているわけではなく、楽にすることを中心にしているということです。

ボキボキしても体が治るわけではなく、本当の意味で背骨の矯正が出来ているわけでもありません。背骨の矯正をする時に体をひねったりすることで、ボキボキという音がすると思いますが、ボキボキする音というのは矯正している音ではなく、骨と骨の間にある椎間板に空気の泡ができたのがはじける音がボキボキと聞こえるだけです。

これと同じ現象がありますが、手の指をボキボキする音をさせて矯正していると思う方はいないと思います。ですから、整体院などでボキボキする方法というのは、骨の矯正をしているわけではなく、椎間板に溜まってしまった気泡を減らしている音がボキボキ音ということで聞こえます

本当の意味で矯正する時にはボキボキしても矯正をしているわけではありませんし、骨が動いたりすることはありませんから、そんなに簡単に動いたりすることはありません。

ボキボキ音は

ボキボキ音というのは、椎間板の中に空気の泡ができて気泡が大きくなったものがボキボキ音と聞こえますので、骨が動いてる訳ではないのですが、多少気泡が大きくなった時に骨が少しは傾いていますが、本当の意味で骨を矯正しているわけではないということなので、骨の矯正も二段階あると言えます。

一段階目の骨のズレというのは、体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので、毎日毎日の生活や掃除をすることや食事をすることや買い物することや運動することや歩いたりすることやジョギングをすることや車の運転をすることやテレビを見ているだけでも疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスが溜まるということは知っていると思いますが、どこに溜まるのかと考えたことがある方は少ないと思います。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりながら体に溜まっていきますが、体のどこに溜まるのかということが問題になります。

疲れやストレスの蓄積

本当に体には多くの疲れやストレスが溜まっていますが、筋肉にもたまりながらある部分に何10倍も筋肉よりも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば65キロの水分が出てきます。

水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、後残った35キロの中に何かの疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

疲れやストレスが溜まる所というのは、皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系統と内臓しか体にはありませんので、この部分のどこなのかということなんです。

中枢神経系も内臓の1部ですから、疲れやストレスというのは筋肉と内臓に蓄積していくということが分かると思いますし、運動することでも走ったりすることでも歩いたりすることでも掃除をすることでも食事を作ることでもお風呂に入ることでもうカラオケに行くことでも疲れやストレスは身体に蓄積していきながら多くは内臓に蓄積していくということです。

筋肉よりも何10倍も多くの疲れやすレストを食べているのが内臓ですが、内臓が日々動いてくれているから人は生活したり生きたりすることができます。

人が動いたり、何かをしたりする時には、必ず疲れやストレスが溜まっていきますが、この疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっている訳なんですが、溜まるところというのは簡単に言えば二つあるということです。

普段から感じているものを一つとすると、もう一つ別だ所にも疲れやストレスがたまるところがあると思った方がいいと思います。

一つ目の疲れやストレスというのは、日々感じている疲れやストレスを溜まったなと思うことだし、痛みやコリになっていくことが一つ目のものになります

しかし2番目の溜まるところというのは、細胞の変化が起きると感じなくなっていくのが疲れやストレスの蓄積で起こります。

一番怖いのは2番目の疲れやストレスがたまるところが細胞の変化が起きるというのが一番の怖さになります。

疲れやストレスが内臓に溜まったら、溜まっただけではなく、細胞の急激な変化が起きていき、内臓の病気に近づこうとしていきます。

内臓の蓄積で痛みやこりに

本当に体には疲れやストレスが多く、蓄積していきますが、疲れやストレスが溜まったところも考えずに生活していますし、運動していますし、色々なことをしていますが、疲れやストレスが溜まる所というのは内臓に溜まっていますので、内臓の細胞が急激に徐々に変化していきながら病気の細胞になっていき、最終的には病名がついた状態になります。

病名がついた状態になるのがいつになるのかということなんですが、生まれた時点で零の方はいませんので生まれてすぐから十だったり20だったりというふうに数字は上がっている状態で生まれてきます。

生まれつき零の方はいませんので、生まれてすぐから何かの病気を起こしたり、子供病院に入院するような状態の内蔵ということは親からもらった遺伝子に関係があるということなんです。

必ず子供の体は親からもらった遺伝子の状態に関係していますので、元気な子を見なければ、遺伝子操作をしなければいけませんし、遺伝子操作をしてしまうと自分の子供とは言えなくなってしまいます。

映画にあるように、遺伝子操作をしてしまえば、病気になりにくい体になったり、100歳ではなく200歳でもいけられる可能性もあるわけなんです。

体の歪みを整えていくためには

体の歪みを整えていくためには、色々な方法があるかも分かりませんが、湿布を貼っても楽になることもありますし、サプリメントを飲んでも楽になることもありますし、痛み止めを飲んだら生理痛や頭痛が良くなるような感じがしますけど、治ったわけではありません。歪みやズレがどうして起きたのかということも考えずに矯正していたんでは意味ありませんので。

どうして歪みやズレが起きているのか、どこから痛みやコリの原因があるのかということを見つけ出さなければいけませんので、当院では検査をする事をしています。

 

 

 

 

 

北九州市小倉整体

小顔矯正

小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし、痛くのもない方法で小顔矯正をすることをしています。当院の小顔矯正は顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、電気を使ったりすることもなくの技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

今まで多くの方を顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが、小顔矯正をする時には二つの重要な関係するものがあります。顔小さくしていく時にも、ただ顔を小さくすればいいというわけではありません。

顔というのは多くの部分に関係を密接に持っていますので、関係するところがありすぎるぐらいある訳です。小顔矯正をしていく時には、小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴でもあります。

小顔矯正をする時には、小顔矯正に入る前に自分の両方の手のひらを顔に当てて覚えてもらうことをしていますが簡単な方法なんですが、簡単だと思って触ってしまった方ほど小さくなってもわからないということがありますのでわからないということがないように小顔矯正に入る前に二度ほど練習することをして覚えてもらっています。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正の触り方がありますので一番わかりやすいと思われる、触り方を説明するようにしていますが、簡単に触ったりすることなく集中して触らないと簡単なようでもわからないという方がいますので注意してください。

小顔矯正をする時の触り方というのは、単純なんですが、顎の部分に両方の手首を合わせるようにして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。

しかし、ただ触っただけでは分かりませんし、手を置いただけでは分かりませんので感じようとしてください。

感じようとする時に左右さを感じようとして触るようにしてください。

基本的には自分の顔を鏡で見て右側が大きいのか、左側が大きいのか出っ張っているのかということを確認してください。

そして次に目を閉じて、自分の顔を触ってみて、同じように感じるのかということを試してみてください。

鏡で見た幅や大きさや出っ張り度合いと目を閉じて触った顔の大きさや幅や出っ張り度合いが同じかどうかを比べます。

同じように感じるかどうかを試してみてください。

顔を触る時には

小顔矯正をする時には、必ず位置を動かさないようにして顔を触るようにしてください。顔を触ってくださいという風に言うとたまにいるのが手を動かしてペタペタと顔に手を当てるだけの方がいますので、ペタペタと顔に手を当てるだけの方は全然感じていませんし、分かろうともしていません。

手を動かすことなく、同じ位置で感じようとした方がよりしっかりとわかりますから、触るだけではないし、手を置くだけではありませんので触るだけやっておいただけでは顔が小さくなったのが分かりません。

しっかりと左右差を感じようとするということが一番、顔が小さくなったのが分かると思いますので、左右差を感じるようにして触ってみてください。

小顔矯正に入る前には二度ほど練習をしますので1度目は院長と机の目の前で向かい合って触り方を説明するのと二度目は小顔矯正に入る直前に触り方を院長とともに覚えてもらうようにしています。

本当に小顔矯正で顔が変わるから二度も練習するわけです。

小顔矯正の方法

小顔矯正をしていく時の方法というのは、ボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしていますので、実際に力を抜いて寝ているだけで院長が顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることをしています。

しかし、マッサージをするような感じで顔を小さくするという説明をしましたが、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして顔が小さくなることはないと思いますので、ではどうやって顔を小さくしているのかということになりますが、当院の院長は検査することをしていますので、検査してみると顔の異常のある方が多く見受けられますので、顔の異常を正常に戻していると顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

今まで30年間、小顔矯正をしてきて、顔が小さくならなかったという方は、1人もいませんので、全員の方が顔が小さくなっているということなんですが、小顔矯正を希望されて訪れた方全員に対して院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が体調は悪くありませんとか調子が悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが、検査してみるとわかることがあります。

院長が体調を検査してみると、体調というのは体に高まった疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や掃除をすることでも多くなるし、食事を作ることでも多くなるし、洗濯をすることでも多くなるし、仕事をすることでも多くなりますし、ショッピングをすることでも歩くことでも運動することでも疲れやストレスは多くなるばかりだし、精神的な緊張やストレスを与えられた時でも疲れやストレスは多くなるのに痛みや凝りがないというだけで体調がいいのかというとそうではないということなんです。

疲れやストレスと小顔矯正

体には自分でもわからずに疲れやストレスが多く、たまっていますが、疲れやストレスが溜まることも多く見受けられるのに、たまった疲れやストレスを減らすことを考えていません。

多くの方が簡単に考えていますが、疲れやストレスというのは大変蓄積してしまうと厄介なものになってしまいます。

疲れやストレスが多くなればなるほど、年齢以上に急速に老化現象が進んでしまうからです。体に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていきますが、単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレだけではすまない現象が起きていきます。

小顔矯正とむくみ

歪みやズレだけではなく、顔にもむくみや脂肪が多くなったりすることも疲れやストレスで起きているからです。

疲れやストレスが多く、蓄積すればするほど、顔にも変形が起きたり歪みが起きたりすることが起きたり、脂肪やむくみが多くなるということもありますので、特に脂肪というよりもむくみが一番体調の状態を表わしています。

浮腫みと脂肪は違いますので、浮腫みというのは顔の浮腫みや体の浮腫みや足のむくみに代表されるムクミなんですが、浮腫みというのは体調の悪さを表しています。

特に顔のむくみというのが体調の状態を表わしていたり、睡眠負債状態を表わしていたりしています。

どうして顔のむくみが起きるのかという重大な問題が潜んでいるから、単純にむくんでいるということだけで考えることなく、朝から浮腫んでいるということは一番大変な結果が隠れているかも分かりません。

むくみというのは、リンパの流れが単純に悪いという訳ではなく、体調が無茶苦茶悪い時にしか顔が浮腫んだりすることは起こりませんので、体調の悪さというのは睡眠負債状態が多くあったりすると感じ取ることができなくなってしまっている方がいるからです。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積だけではなく、睡眠負債状態も深く関係を持っていますので、疲れやストレスが関係している歪みやズレむくみなども起きてしまっていますが、睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが原因なんです。

睡眠不在状態が多くある方は、大脳が弱ってしまっている方が多くいますので、大脳が弱るということは脳疲労に繋がり脳疲労が脳衰弱になったよ、状態の段階まで陥っていると痛みやご利用感じなくなってしまい、風邪の細菌が体内に多く侵入して増殖していることも感じなくなってしまうし、熱が上がるということもないということなんです。

大脳が元気だから、最近を減らそうとして脳が頑張って熱を上げてくれて、細菌を減らしてくれます。

細菌で熱があげるわけではなく、細菌で熱が上がるわけではなく、脳が元気だから熱を上げて細菌を減らそうとしてくれています。

ウイルスや細菌で熱が上がるわけではなく、大脳が元気だからウイルスや細菌が体内に入って増殖したら熱を上げることをしてくれている訳ですから、大脳が元気ではないと熱を上げることもできなくて、ウイルス細菌が増殖しても肌荒れぐらいは起きる可能性もありますが、何も感じ取ることができなくなってしまいます。

眠りが浅い

寝ているようで眠りが浅いのが大脳を弱らせている原因になっていますので、大脳が弱ってしまうと大変な結果になってしまいますので、小顔矯正どころではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えている方が多くいますか、眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので、体が寝ていることではありません。

もうすぐに気を立てているような眠りをしていても、脳の中のことまで考えていませんし、大脳の中まで見えているわけではありませんので、格好だけを見て寝ていると判断しているだけです。

体は横になってスースーに寝息を立てているような状態でも寝ているかどうかは分かりませんので、単純に目が覚めないから寝ているというわけではありません。

眠りというのは、脳が休養とって寝ていることだけを言います。

不眠症というのでしたら、夜寝ようとするとなかなか目が覚めた状態で1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目が覚めたりする方が不眠症でしたが、睡眠負債は目が覚めることは少ないんです。

浅い眠りをしていると

眠りというのは簡単に考えることなく、しっかりと考えなければいけないものなんですが、多くの方は簡単に考えてしまっている方が多くいますので、目が覚めないから寝ていると単純に判断するのは間違いだと思います。

眠りというのは、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳が休養とって寝ている数分の時間が一番大事だと言われています。

つまり、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳がいかに深く熟睡を取って寝ていることができるのかということが一番大切だということなんです。

大脳が寝ていることが眠りですから、眠りが浅いということは、体を急激に悪くしてしまいますが、睡眠負債状態の方は脳が弱ってしまいますので、脳が弱ると脳内麻薬というホルモンが分泌される時もありますので、脳内麻薬のホルモンが多く分泌されてしまうとモルヒネに似た物質ですから痛みや凝りを感じにくくなるということも起きているみたいです。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をする時には一番、重要なもので、顔が小さくなりにくく維持することができないものは疲れやストレスの多さと睡眠負債に関係しています。

体に多くの疲れやストレスがたまることが原因でも歪みやズレが起きていますか、顔にも疲れやストレスが溜まるということが分かったのが最近の研究なんです。

顔に疲れやストレスが溜まるというのは変な話かも分かりませんが、実際に顔に疲れやストレスが溜まっている方が多くいるために疲れやストレスを解消して減らすことをしていけば顔が小さくなっていきます。

検査をしてみると、顔にも疲れやストレスが溜まっているということで、顔に疲れやストレスが溜まると顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨がありますので、その全部が炎症や腫れを起こしたりして変形を起こして肥大しているということが分かったからです。

顔に炎症や腫れを起こしていると顔面の骨が変形を起こしながら大きく膨れ上がって腫れ上がりますので顔が大きくなってしまうということになります

小顔矯正をするときには

小顔矯正をしていく時には、顔を小さくすることを初回からしていきますので、必ず小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形などを触って覚えてもらうことをして小顔矯正をしていきます。

小顔矯正をする時には、実際に自分で顔の大きさを触って覚えておかないとしっかりと分からないと思いますので、分かるように触ってもらうことをしています。

小顔矯正をしていく時には、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、痛いこともなく、電気や機械を使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には、マッサージをするような感覚だと思ってもらえばいいと思いますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

体質改善と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には維持する力や持続させる力を上げることができますので、そのあげる施術というのは体質改善という施術になります。

体質改善という施術は、若返りの成立でもありますので、細胞から若返りさせていくことが顔が小さくなった状態を維持することができます。

 

 

北九州市小倉小顔矯正をしています。

整体

整体とは

整体とは痛みやコリが起きる時には必ず歪みやズレが起きていますので、歪みやズレを矯正して整えていくことをしないと楽にすることばかりしていると痛みや凝りが残ったままになっていますので進行していきます。

楽にすることと原因を見つけ出して解消していくということは全然意味が違いますので、多くの治療法が楽にすることを対象として、対症療法ばかりしています

対症療法というのは原因を見つけることはなく、ただ楽にすることばかりに注目している治療法のことですから、多くの治療法が対症療法ということになります

何も原因を見つけ出すこともなく、ただ楽にすることをばかりしていく治療法というのは、湿布を貼ったりしても楽になることがあるために、対症療法の1つでもあります。

サプリメントを飲んだりしても痛みやコリが楽になることもありますから、対象療法という治療法の1つになります。

楽にする事とは

病院で注射を打ったりすることで、痛みはコリが楽になることもありますが、痛みや凝りが楽になることと原因を見つけ出して治すということは全然意味が違います。

マッサージをしても痛みやコリが楽になることがありますが、マッサージというのは筋肉に対して保護することを目的としてしますので、筋肉が硬いとか凝っているとか言うには言われるかも分かりませんが、筋肉の凝りを起こしたり緊張したりということで硬くなっていきますが、主に原因は筋肉ではありません。

低周波治療器などをかけても痛みやコリが楽になることもありますが、痛みやこりを電気を流すことで、刺激をして筋肉を疲れさせているだけですから、疲れた筋肉の上に、さらに疲れを重ねていくと、凝りを感じなくなるということが起こりますので、低周波治療器で痛みやコリを散らしているだけです。

整体院やカイロプラクティック院などで多くの治療として挙げられる、背骨をボキボキする治療法というのも対症療法という治療法の1つにしか過ぎませんので、どうして背骨の歪みやズレが起きるのか、骨盤の歪みが起きるのかということを見つけ出すこともなく、ボキボキしていますが、ボキボキする音というのは矯正している音というか、椎間板の中に気泡が溜まって気泡が弾ける音がボキボキとする事に聞こえるだけです。

指をボキボキする音と同じですから、指をボキボキして矯正していると思う方は1人もいませんので、同じ音を背骨をボキボキしても矯正しているというのは、おかしいと思います。

痛みやコリは

痛みや凝りが起きる時には歪みやズレが起きている時ですから、歪みやズレもどうして起きるのか原因がありますから何も原因がなくて姿勢が悪かったり、猫背などでも起きることはありません。

歪みやズレが起きる時には重たい物を持ったりして、歪みやズレが起きることもありませんし、車の運転をして長く座っているだけでも歪みやズレが起きることはありませんが、くしゃみをしただけでも歪みがずれが起きたり変な姿勢をしていたら骨が外れたりすることもありません。

歪みやズレというのも起きる原因があるから、起きている訳ですから。

歪みやズレが起きる原因は、毎日毎日の生活の中にあるものが体に蓄積しているのが原因なんですが、生活しているだけで疲れやストレスが多くなっていくことが原因です

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することなど色々なことをすると必ず疲れやストレスが多く、体に溜まっていきますが、体に溜まるということを知っている方は多くいますが、どこに溜まるのかということを知っている方は少ないと思います

疲れやストレスというのは、筋肉にも溜まって乳酸などが多くなるということは、テレビなどでも言っていますが、筋肉ばかりではありません。

疲れやストレスというのは、例えばですが、体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分だということなんです。

水分が何かを起こすということはありませんし、水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残ったものの中の35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと中枢神経系の重さと内臓の重さしかあげません。

疲れやストレス

この中で疲れやすいですが、溜まりやすい所というのは中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉に疲れやストレスがたまるということになります。

筋肉よりも奥にあるのが内臓ですし、内臓がいつも働いてくれているので、食事をすることでも分解したり、消化したりということを内蔵がしてくれていますが、内臓も働いてくれていますので、働けば疲れやストレスが内臓からも起こりますし、日常的に体動かすことでも疲れやストレスは内臓に溜まっていくということなんです。

内臓には日常的に体を動かすことと、食べたものを消化したり分解することで疲れやストレスが多く、たまってしまう傾向をしますが、疲れやストレスを溜めてしまっている割には減らそうとしていることはしていません

疲れやストレスが溜まったら減らすことをしなければ減りません。

しかし、多くの方が疲れやストレスを減らすことはしていません。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますが、筋肉の疲れやストレスはマッサージをした揉んだり、ストレッチをすることでも多少は改善して減っていきますが、内臓はどうやって疲れやストレスを解消すればいいのでしょう。

なんでもかんでも筋肉を中心に考えていますが、筋肉を揉めば筋肉疲労が取れるのかということが考えられますが、揉んでも筋肉の疲労は取れないと思いますし、循環は良くなってリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていくということは起きるでしょうが、本当にマッサージをした人、問題にすると筋肉疲労は取れるのかということは疑問があります。

楽になることと、筋肉疲労が取れるということは意味が違いますので、本当に筋肉疲労が取れているのかということがありますが、筋肉に疲れやストレスが溜まることが筋肉疲労ですから筋肉疲労が多くなると筋肉の細胞は徐々に硬くなっていきます。

筋肉も固くなったり、靭帯も硬くなったりすることがありますので、筋肉や靭帯が硬くなることが原因で特に膝関節に痛みを起こす場合が多く見受けられます。

体を整える整体とは

体を整えていくためには、筋肉をほぐしながら解消を目指していきますが、それだけではなかなかうまくいきませんので、どうして筋肉が緊張したり解さなければいけなくなったのかということを解消していかなければいけません。

何も原因がなくて筋肉がコリを起こしたり緊張したりすることはないと思いますので、何かの原因があるから筋肉が緊張を起こしたり、コリを起こしているということがあると思います。

筋肉の緊張をほぐす為にも原因を見つけ出さなければいけませんが、筋肉が緊張を起こすと体の中からホルモンが分泌されて筋肉の緊張をほぐしてくれているはずなんです。

普通は筋肉疲労が起きるとそのまま放置をしている場合が多くあり、寝ている時に筋肉は緊張やこりをほぐしてくれていると思いますが、最近多くの方が睡眠負債状態になっている方が増えていて寝ているようで眠れていないということが多くあります。

睡眠負債と整体

最近は多くの方が睡眠負債状態という言葉があるように、不眠症とは違って寝ているようで眠れていないということが多くありますので、目が覚めなければ寝ていると単純に考えていると思いますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが。

寝ている時に夢を見る場合が多くありますが、夢というのは目が覚める瞬間に数秒間だけ見ている場合が多くあり、長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり、たった数秒という感じなんです。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えています。

誰が見てもスースー寝息を立てているような睡眠をしていても、脳の中のことまで考えてみていません。

夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に3時間も4時間も5時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているという場合が多くあります

最悪の睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、脳が寝ながら考え事をしている状態になってしまい、夢よりも一番浅い睡眠になります

寝ながら考え事をしていると睡眠になると、脳細胞の急激な減少が大きい痛みやコリを感じになります。

脳細胞の急激な減少があると痛みやコリを感じにくくなって麻痺した状態になっていきます。

痛みや凝りを感じないし、風邪の細菌が多く、体内に入っていても熱を上げることはできませんので、熱を上げてウイルス細菌を減らすということができなくなってしまいますので、風邪をひかなくなったなと思っている勘違いをしている方も多くいます。

大脳が元気だから、細菌やウイルスが入ってきて、増殖したら熱を上げて減らそうとしますから、ウイルス細菌が熱を上げているわけではありません。

体質改善と整体

整体というのは体調を上げることをしていくのが主に歪みやズレの矯正をしているだけではありませんので疲れやストレスが溜まったところを検査しながら見つけ出すことをして疲れやストレスを解消することをしています。

整体というのは歪みやズレを矯正すればいいというわけではなく、どうして歪みやズレが起きたのかということを見つけ出さなければいけませんので、そのためには検査が出来ないといけません。

目で見て見えないものを見つけ出さなければ、歪みやズレの原因を見つけ出すことはできません。

 

北九州市小倉整体なら徳力整体院。

腰痛

腰痛とは

腰痛が起きる時にはまた腰痛が繰り返しやすい方は原因がありますので、原因から改善したいかないと一応おさえばかりしていると原因もいつまでも同じままではいません。

腰痛には腰痛を起こしている原因があるから、腰が痛くなる訳ですから、原因を改善していかないければいくら表面上の痛みばかりおさえて楽にすることをしても原因が残ったままだと進行していくということで、形は違うかも分かりませんが、表面上にいつかは出てきます。

腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は、繰り返しやすい方というのは湿布を貼ったりしても腰痛が楽になることもありますが、マッサージをしても腰痛が楽になることもあるでしょうし、サプリメントなどを飲んでも腰痛が楽になることもありますが、整骨院などで低周波治療器などをかけても腰痛は楽になることがあるかも分かりませんが、原因が残ったままになっていますので、原因を見つけずに楽にすることができますから、逆にすることばっかりしていると原因は進行していきます。

腰痛を楽にする

原因を見つけ出すことなく、楽にする治療というのは、対症療法という治療法なんですが、対象療法という治療法は楽にするためにしているだけであり、原因なんかは関係なく残ったままになっています。

腰痛を起こしている本当の原因を知った方は驚く方もいますが、本当に事実ですから間違えようがありませんので、多くの腰痛や肩こりなどの原因は未だに本当に対症療法ばかりしているところには分かっていない場合が多くあります。専門家の先生でさえも知らない場合が多くあります。たとえ知っていても治療することはできません。

腰痛を起こした方の原因は、腰痛を起こした方が言われますが、重たいものを持ったりしたら急に腰が痛くなったとか庭仕事をしていて、急に立とうとしたら腰が痛くなったとか、靴下は履こうとした時に腰が痛くなったとか何かを取ろうとして手を伸ばしたら腰が痛くなったとか、運動をしていて腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因がありますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

中には車の運転をしていたら、徐々に腰が痛くなるという方もいますし、柔らかい布団に寝ていたら腰が痛くなって朝立ちづらいとか言うことも言われますし、くしゃみをしただけでも腰が痛くなるという、色々な原因だと思われていたものはすべて切っ掛けです。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として一番に挙げられるものは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが原因でもありますが、本当の原因はもっと更に奥に存在しています。

何も原因がなくて、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんので、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因があるから、骨盤が不安定になって不安定になった時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、前屈をしたりすると体を支えることができないので腰が痛くなり腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因として一番に挙げられるものがありますが、それは疲れやストレスです。

体には多くの疲れやストレスが蓄積していますが、疲れやストレスというのは生活することでも多くなるものですし、仕事をすることでも多くなりますし、精神的なプレッシャーや緊張などを加えられても多くなることも、運動することでも疲れやストレスは多くなるしジョギングをすることでも疲れやストレスは多くなりますし、ストレッチをすることでも疲れやストレスは多くなるし、車の運転をすることでも疲れやストレスは多くなるし、毎日毎日の生活では疲れやストレスの蓄積は避けることはできなくなります。

疲れやストレスが溜まっていないという方は、いませんので、生きている限りは疲れやストレスと隣り合わせで生きていかなければいけません。

しかし、疲れやストレスというのは体に溜まると言うことは分かっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の腰痛を起こす原因になる訳です。

疲れやストレスというのは、人の体の弱い部分に溜まっていきますので、弱い部分が腰痛を起こすところであれば弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい、腰痛になるということなんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば水分が65キロにもなりますので、体重の大半が過ぎるんだということなんです。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますので、それは岐阜の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さであり、あとは神経と血管とリンパの重さと中枢神経系と内臓です。

中枢神経系というのは、内臓の一部ですから、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまりながら最大限内臓に蓄積されていきます。

しかし、内臓と言っても側なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、病気というわけではありません。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に深く多く溜まっていきます。

内臓疲労と腰痛

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと説明しましたが、内臓と言っても多くの内臓が存在していますので、どの内臓に疲れやストレスがたまることが原因で腰痛を起こすのかということを説明していきます。

腰痛を起こす原因として一番に挙げられる内臓がありますが、それは腎臓です。

内蔵というのは、生まれつき弱い内臓とそうでもない、内臓に分かれて存在しています。

そうでもない、内臓はあまり関係を持ちませんが、弱い内臓というのはそうはいきません。

弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めやすく溜めると炎症や腫れを起こしたりしますが、炎症や腫れというのも病気ではありません。

弱い内臓に疲れやストレスが溜めてしまいますので、腎臓に疲れ休めずがためると腎臓に関係する筋肉がありますので、筋肉に影響を出してしまって骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしてしまいます。

腎臓疲労から筋肉に影響を出してしまって、骨盤が歪みや開きを起こしていきますので、骨盤の歪みや開きが起きることが原因で骨盤が不安定になりますので不安定状態から腰痛や腰の痛みとして感じてしまいます。

開きや歪み、そして不安定状態を悪化させたものが椎間板ヘルニアであり、坐骨神経痛というのになります。

人の体は生まれつき弱いところと、そうでもないところが決まって生まれてきますので、生まれつき弱いところというのは老化が急速に進んでいき、急速に弱くなっていきます。

弱くなったものが疲れやすいそう、溜めやすく腰痛になる腎臓に疲れやストレスがたまると腰痛を起こしたりすることが原因です。

腎臓が弱くない方は腰痛を起こすことはなく、ぎっくり腰になることになることもありません。

しかし、腰痛というのは腎臓だけでなることが8割なんですが、あと残った2割というのは膀胱や子宮や前立腺が関係していることがあるからです。

主に痛みが起きる時にはどこの痛みであろうと内臓が関係して起きていますので、弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと歪みやズレになっていきます

腰痛を繰り返したり、腰痛になりやすい方は背中の部分を自分の両方の手のひらで触ってみてください、背中の部分だったり、旅行の部分だった人が異常に張っていることが多くいますので、腰の部分や腰のもう少し上の部分を触ってみると硬く張っているということがあります。

睡眠負債と腰痛

睡眠負債と腰痛には深い関係があります。

最近は多くの方が寝ていると思っていますが、目が覚めないから寝ているということにはなりません。

眠りというのは、脳が寝ていることを言いますので、脳が寝ているということは、単純に6時間睡眠があっても数分だったりという時間が脳が唯一寝ることができる時間なんです。

しかし、最近の方は寝ても眠りが浅く、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていますので、寝ながら考え事をする時間というのは大脳が働いている時間ですから寝ている時間ではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしていることが多くありますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることが眠りですから夢を見たりすると寝ている訳ではありませんし、寝ながら考え事をしてる時間は1時間も2時間も3時間も4時間も5時間もありますからねているわけではありません。

大脳を休めておかないと24時間365日働きっぱなしという感じになりますので、大脳が休めない状態では脳が弱っていきますので、脳が弱ると大変なことになります。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠であります。

誰が見てもスースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても、本当に大脳が寝ている睡眠をしているのかということではわからないのに格好だけ見て寝ていると思っています。

一番大事なのは寝ている格好ではなく、脳の中が本当に入れているのかどうかなどです。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠ですから、記憶にあまり残ることもなく、大脳を徐々に弱らせていき、弱らせると脳内麻薬が多く分泌されてしまいますので、脳内麻薬が多く出れば出るほどハイテンション状態になっていきます。

ハイテンション状態になっていくと、疲れ知らずで動くことができますが、どれだけ内臓に負担が起きているのかということも分からずに風邪をひくこともなく生活することができますから、元気がいいと思っているだろうし、体調が悪くないと思っているのは当然なんです。

しかし、何事も限界は存在しますので、感じない時に悪くしてしまったものが多く存在していますので、簡単に腎臓の疲れやストレスだけではすみません。

最近はこういう方が多くなっています。

睡眠負債状態で大脳が弱ってしまうと、脳細胞の急激な現象が進行してしまいますから、初めはうっかりが多くなったり物忘れが多くなったり記憶のトラブルが起きていきます。

睡眠負債状態というのは、取り返しがつかない負債状態ですから、借金を返すことはできません。

睡眠負債で眠りが浅い時間があると脳細胞の急激な現象が起きたり、内臓の老化の進行が急速に早くなっていきますので、速くなればなるほど病気へと近づく可能性も多くなります。

北九州市小倉腰痛を解消。

骨盤矯正

小顔矯正とは

骨盤矯正をする為には、どうすれば骨盤を小さくすることができるのかということを見つけ出さなければ、電気をかけても骨盤を締め付けるストッキングや下着を着けても1時的なものでしかなりません。運動やストレッチなどをしても、骨盤は小さくなることはありませんし、運動をすればするほど筋肉は鍛えられますが、骨盤矯正とは言えません。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤周辺に多くなってしまった脂肪やむくみも減らすことをしていますが、むくみや脂肪を減らしただけでは骨盤矯正とは言えません。

そして、骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することは勿論なんですが、歪みや開きを矯正しただけでは骨盤は少ししか小さくできなくて維持することはできません。

本当に骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができるのか。

骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても持続力があるのか、維持することができるのかということを説明しています。

当院の骨盤矯正を受けてみた方が他でも骨盤矯正を受けている方が多くいますが、当院の骨盤矯正を受けてみた方が簡単にしているように見えますので驚く方もいます。

しかし、簡単にしているように見えるだけで簡単な骨盤矯正ではありません。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正に入る前に自分で骨盤の部分を触って幅などを覚えてもらうようにして、小さくなったのが分かるようにしているのが特徴です。

自分の骨盤の幅が骨盤矯正で変わったのが分かるようにしていますので、そのためには骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅や大きさを触って覚えておかないと小さくなったのがわかりません。

そのため、骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触る練習を2度ほどします。

自分の骨盤の幅を触って覚えるという事は、普段もしていませんので、触り方は簡単なんですが、幅を覚えるということは簡単ではありません。

簡単に幅を触ったほど手だけで触っていますので、骨盤が小さくなっても分からないという方がいます。実際に触るのは手で触るわけですけど、単純に手であてただけではわからないということです。

手を当てただけでは分かりません

手を当てるのだけではなく、感じようとしてください。

自分の骨盤の幅を触って感じようとする時に手の集中力が増しますし、脳にある感覚神経が働きますので、感覚神経と手の集中力で分かろうとすると小さくなったのが分かります。

今まで多くの方の骨盤矯正をしていきましたが、骨盤の横に手を当てて骨盤の幅を覚えてもらうことをしていますが、骨盤の幅を触ってというと違うところを触ったりしていますので、骨盤の幅ですから、股関節の部分を触るということですけど、骨盤は真横を触ってください。

骨盤矯正に来ている割には、骨盤が分かっていません。

骨盤の幅を変化させるのが骨盤矯正です。

ただ単純に骨盤矯正という感じで来るよりも骨盤というのをしっかりとわかって骨盤矯正を受けてほしいんです。

本当に骨盤矯正をして骨盤が小さくなるから、しっかりと触って欲しいから言っています。

骨盤矯正というのは、骨盤の幅を細くしていくことです。

骨盤の幅を細くするということは、骨盤が、小尻になることができます。しかし骨盤が小さくなった分だけ骨盤の中に入っている内臓はどうでしょう。

骨盤が小さくなった分だけ内臓を圧迫してしまう場合が多いのではないでしょうか。

骨盤矯正をして生理痛がひどくなったり、生理不順になったり、便通が余計に悪くなったり、膀胱炎が起こりやすくなったりという方がいる可能性もありますし、股関節が痛くなるということもあるかも分かりません。

単純に骨盤矯正と言っても、骨盤を小さくすればいいというわけではありません。

多くの骨盤矯正を押している治療院では、正確な検査をしていないことも多くあります。

当院では何よりも検査することをして、骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をしていく時には一番、骨盤矯正に影響を与えているものが二つあります。骨盤矯正に影響を与えている一つ目は、疲れやストレスの蓄積です。今まで多くの方の骨盤矯正で骨盤を小さくすることをしていますが、骨盤矯正を希望されてきた全員が院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると同じ答えを全員が答えています。

同じ答えというのは、調子は悪くありませんとか体調はいいですという風に答えますが、検査をすることが出来ますので、検査をしてみると逆のことが分かります。

検査をして、逆のことが分かるというのは、体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く調子を落としているにも関わらずわからないということです。

検査をしてみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが凄くあったり、背骨がずれてガタガタしているにも関わらず、体調がいいという返事をします。

検査をして見ると骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあると体調は悪いわけです。体調の悪さが歪みやズレを起こしています。骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレというのは体調の悪さを起こしていますので、体調が悪いと歪みやズレが大きくなっていますが、歪みやズレが起きると普通は痛みやコリなどの何かの体調の悪さを感じなければいけません。

しかし、それが逆のことが起きていると言うことは、睡眠負債がある方です。睡眠負債はこれから説明をしていきます。

体にも疲れや、ストレスが溜まるという風に説明をしましたが、疲れやストレスというのはどこに溜まるのか溜まるところがあるから溜まっている訳です。

疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ったら水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分だということですけど、ただの水ではなく血液だったリンパ液だったり、体液だったり、組織の中に入っている水だったりという風に水分が65キロにもなります。

あと残った35キロというのは、皮膚の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さでもあり、骨の重さでもありますし、後残ったものは中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスを溜めてしまうというところは、中枢神経系も内臓の1部ですから、つまり筋肉と内臓に多くの疲れやストレスがたまるということです。

内臓に疲れやストレスが溜まると特に骨盤矯正に関係する説明をすると骨盤の中には大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣などが入っていますから、生理痛があんなに便秘である方は骨盤が歪んでいたり、骨盤が開いているという風になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがどうして起きるのかということは理由があるから起きていますので、単純に骨が歪んだり開いたりズレたりすることはありませんので、中に入っている内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤が歪んだり開いたりしていますので、骨盤が中心なんです。

背骨が中心でもなく、骨盤が中心でもなく、体の1番、奥にあって、いつもいつも働いているものが深く関係していますので、関係しているものは内蔵ということになりますが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、なんでもかんでもないぞと聞くと病気というのを関係づけることなく疲れやストレスがたまるということで歪みやズレになります。

しかし、最近の研究で分かったことなんですが、最近まで私も筋肉と内臓に疲れやストレスが溜まると説明していきましたが、最新の研究では筋肉や靭帯や脂肪や骨まで疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

骨盤というのは大きな骨ですから、骨に疲れやストレスが溜まると骨が炎症を起こしたりハレたり肥大したり、変形したりということが起きるということがわかりました。

つまり、骨盤の骨が炎症を起こしたり、ハレたりすると大きくなるということで、大きくなった分だけ、骨盤が大きくなるということですから骨盤周辺にも浮腫みや脂肪が多く、たまっていきます。

これにも疲れやストレスが溜まって肥大したり、変形したりするということは、真ん中の仙骨という中央の骨も炎症を起こしたり、ハレたりすると全体的に骨盤が横に広がってしまいます。

そうすると、骨盤つまりお尻が大きくなります。

骨盤矯正と睡眠負債

最近は多くの方が眠れていると思っていますが、睡眠負債状態の方が多くなっていますので、寝ているようで眠れていません

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることを言いますので、熟睡状態の時間が多ければ多いほど良いわけですけど、熟睡というのはそんなに長く取れることはありませんので、数分の時間なんですが、大脳にとっては数分の時間が最高の時間で寝ているんです。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢も長く見ていると思ってもたった数秒の時間ということがあります。

脳が寝ていることを、眠りといいますので、寝ている人を見てスースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても寝ているとは言えません。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

単純に目が覚めないからと思っています。

夜寝ようとするとすぐ眠れるけど、寝ながら考え事をしてる睡眠が圧倒的に長く目が覚める瞬間に夢を見ています。

睡眠負債状態で眠りが浅いのに気が付かないで寝ていると脳細胞の急激な減少を進行させてしまいます。年齢以上に進行したものが脳細胞に起きると初めは、うっかりが多くなったり、物忘れが多くなったり、イライラしやすくなったりします。

年齢以上に脳細胞の減少が起きたものがどうなるか想像をしてみてください。

脳細胞の急激な減少や疲れやストレスが多く、蓄積した方ほど、どんなにいい骨盤を小さくしてもたった瞬間から崩れていくほど酷い方もいます。

骨盤矯正をして骨盤を小さくしてもご自分の状態が全体的なものが良くないと持続することなんかできるわけはありません。

自分の体調が悪いから維持することはできません。

脳の力が弱っているのに、持続力はありません。

脳が元気だから骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正しても維持することができます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正というのは、骨盤だけを小さくすればいいというものではなく、体も整えていくことをしないと骨盤だけを小さくしても本当は意味がありません。

しかし初回から色々なことはできませんので、骨盤だけを小さくすることを骨盤矯正でしていきます。

一番厄介なのは疲れやストレスが溜まった内臓の部分と睡眠負債状態から起きてしまった大脳の疲弊状態です。

大脳が弱ってしまった方ほど酷い状態になってくると、ハイテンション状態になっている方もいますので、ハイテンションになれば疲れ知らずで動くこともできるし、風邪をひくこともありませんので何も感じなくなります

あまりでも脳が弱ってしまった方ほど、脳内麻薬も分泌されますので、脳内麻薬というのはモルヒネに似たホルモンですから麻痺した状態になっていき、自分がどんだけ体調が悪いのかということも分からずに調子は良いと思うだろうし動けます。

 

当院の骨盤矯正は骨盤が初回が人気がある骨盤矯正をしています。

 

北九州市小倉骨盤矯正をしています。

肩こり

肩こりとは

肩こりを解消する為には、何をしたらいいかというと、色々な方法があると思いますが一番は筋肉の緊張や筋肉疲労から改善するようにすると楽になることも多くあるために、いよいよな治療法があるようです。

しかし、肩こりというとどうしても筋肉のコリというイメージが強いために筋肉のコリばかり解消するようにして楽にすることばかりしていますが、楽にすることと肩こりを原因を見つけ出して直していくという事は意味が全然違います。

肩こりを楽にすることは楽にすることですし、肩こりを原因を見つけ出して解消していくということは、根本療法という意味があります。

肩こりを楽にする方法というのは、湿布を貼っても楽になることもありますし、ドラッグストアなどに売っているサプリメントや肩こりに効くという薬などを貼ったり飲んだりしても効果がある時もありますし、家族の方に肩を揉んでもらうことで楽になることもあるでしょうし、専門家の先生にいマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などの電気を当てることでも肩こりが楽になることはあるでしょう。

しかし、何回も言いますが、楽になることと治すということは違います。

どうして肩がこるのか、肩こりが起きるのかという原因を見つけ出さなければいけませんが、原因を見つけ出すということは大変、難しく簡単な方法ではない為に表面上の筋肉の凝りばかりに注目してしまって楽にすることばかりをして治したと言っていることが多く見受けられます。

肩こりを解消というよりも、直していくことを重要視しないと何も変わっていませんし、肩こりを起こした原因も変わっていなくて、原因もいつまでも同じままではいられませんので、徐々に進行していきます。

肩こりというのは、筋肉のコリというイメージが強いですが、あまりにも筋肉のコリが長期間あると慢性化というよりも筋肉自体も年齢を重ねるように老化していくことがありますので、老化していくと固くなっていきます。

人は1年で1歳年をとるのではなく、コヨミ暦では1年に1歳なんですが、人の身体というのは1年で1歳年を取ることはなく1年で2歳も3歳も5歳も6歳も歳をとっていきます。

筋肉も老化する

年を取るということは、老化することですから、老化するのは関節だけではなく筋肉や靭帯も老化していくということが起きていきますし、内臓も老化していくことが起こると病気ということで完成してしまうことがあります。

人の年齢というのは1年で1歳しか歳をとりませんが、体には弱いところとそうでもないところというのがありますので、弱いところほど歳をとりやすく老化が急速に進んでいき、いつかは何かの症状を起こしていくということが起こります。

人の体は生まれつき親と似ているところがあって、目元がそっくりだと下顎の部分がそっくりだとか、口元がそっくりだとか、鼻の部分がそっくりだとか言われるように似ているところがあるのですが、これは体の中もにも影響を出しています。

人の体には遺伝子が必ず関係をしていますので、遺伝子が関係しているということが親子関係を関係づけていることになりますので、親が弱い部分があれば子供もその影響を受けているということなんですが、遺伝子の状態がどれくらい変化しているかでもらう設計図が違います。

遺伝子というのは、人の体を作る設計図と同じですから、設計図が完璧であれば100歳でも200歳でも生きることができると思いますが、完璧な設計図、つまり完璧な遺伝子というのはありません。

例えばですけど、親が肩こりを起こしやすくなっていれば、子供も肩こりになる確率が多くなります。

親が糖尿病を持っていれば、子供も膵臓が弱く、糖尿ではありませんが、膵臓の弱さがあるということです。子供のうちは糖尿病というよりも、アトピーで出る可能性もありますし、膵臓が弱いと下痢をしやすくなります。

親が肝臓病を持っていれば、子供も肝臓が弱く、肝臓から起きる湿疹などが起きやすくなったり、アレルギーを持っていたり、花粉症になったり、膝の痛みになることが多く、確率的に上がります。

親が肩の何らかの部分が弱ければ、子供も肩こりになりやすくなります。

これは可能性を示していますので、なると断言できるものではありません。

疲れやストレスと肩こり

肩こりが起きる時にはどうして起きるのかというのを検査をしてみると、体調が悪い時なんですが、体調が悪いというのは疲れやストレスが多くたまっている時なんですが、疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっています。

多くの方はただ肩が凝ってるとか、肩こりが起きているという風にしか考えていませんが、全身に疲れやストレスが溜まりながら一番弱っている部分に何かの症状を起こすことが多くあります。

一番弱ってる部分が腰であれば腰痛になっている訳であり、肩であれば肩こりとして起きていることです。

弱い部分がそれぞれで違いますので、腰痛の方は腰痛が起きているだろうし、肩の方は肩が凝っているということで肩こりになっているということです。

単純に肩こりというと筋肉のコリばかりほぐしてしまって、それ以外のものを検査しようともしませんし、見ようともしていません。

実は先程も言ったように肩こりの表面上にあるのは筋肉ですから、筋肉のコリさえほぐしてしまえば楽になったように思うためにコリばかりほぐしています。

当院では肩こりの原因になっているものを見つけ出すことから始めていきますので、始めるためにもまずは筋肉のコリから緊張をほぐさなければいけませんので、筋肉のコリをほぐしてさらにその先にあるものを見つけ出すことをしています。

多くの肩こりの方の治療を30年間していきましたが、筋肉のこりだけで起きている方は1人もいません。

今まではですが。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、精神的なプレッシャーや緊張などと同じように、多くなるものがあります。

運動する時でもジョギングをする時でも歩いたりする時でも多くなるものがあります。

カラオケになりする時でも飲みに行ったりする時でも旅行に行ったりする時でも温泉に入ったりする時でも多くなるものがあります。

多くなったりするものというのは疲れやストレスです。

例えば人というのは気分転換をすることが疲れやストレスを発散していると思っていますが、疲れやストレスの発散は精神的なものだけであり、気分的なものだけでありますので、肉体的には逆に疲れやストレスを溜めてしまっていることを忘れてしまっています。

肉体的な疲れやストレスを多く貯めてしまっているのに、精神的に解放状態をすることで疲れやストレスがなくなったような感覚を得ています。

例えば美味しいものを食べても焼肉などを食べてもアルコールを飲んでもどれだけ内臓が働いて色々なものを分解したり、消化したりしているかということを我々は考えていません。

体というのは100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと搾ったら65キロが水分になりますので、体重の半分以上が水分だということですから、水分が何かを起こすということは考えられませんので、あと残った35キロの中に何かがあるということなんです。35キロのうちに皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さと、あとはリンパを血管と神経の重さになります。

あと残ったものは中枢神経系と内臓です。

この中で疲れやストレスを多く貯めてしまうというところは内臓と筋肉です。

中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉ということだけになります。

筋肉にも疲れやストレスが溜まりますが、内臓の方が何10倍も疲れやストレスを溜めてしまっていますので、内臓が主に体の中に中心部にあるために骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを起こしていきます。

筋肉が緊張したり硬くなったりということで、背骨をずらしたり、骨盤を歪ませたりということも起きないわけではありませんが、少ないと思います。

主に内臓の疲れやストレスが原因で歪みやズレが起きていきます。

内臓と言っても病気というわけではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

人は生活したり、運動したり、仕事をしたりすることで疲れやストレスを多くためてしまっています。

疲れやストレスというのは1度蓄積してしまったらなかなか減らすことが困難になるぐらい厄介なものなんです。

しかも多くの人の場合、疲れやストレスを減らそうとすることは考えません。

疲れやストレスが、どこに溜まったのかもしれないで減らすことはできません。

疲れやストレスを唯一減らすことができるのは、寝ている間だけです。

睡眠負債と肩こり

しかし、最近は多くの方が眠りが浅く眠りが浅いということも分かっていない方が多くなっていますので、全員と言っていいほど眠りが浅く、睡眠負債状態になっています。

しかし、眠りが浅いということも目が覚めないから寝ているとだけ判断しています。

眠りというのは、脳が休養とって寝ていることだけを言います。

人が見てスースー寝息を立てて気持ちよさそうな眠りをしていても、脳のことまで分かっていませんし、見た目だけで寝ているとだけ判断しています。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢は長く夢を見ていたと思っても数秒だったり数分だったりという短時間でしか夢を見ていることはありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事を知る時間が1時間も2時間も3時間も4時間も5時間もあります。そして、目が覚める瞬間に夢を見ています。

肩こりとは

肩こりを感じたら、何をしたらいいかというと、疲れやストレスを減らすことと、睡眠負債状態が関係していれば睡眠負債状態を解消することを必要なります。

睡眠負債状態が多くなればなるほど、内臓、全てやられていき、自律神経すべて働きも低下した状態になっていきますので、呼吸中枢もやられていきますから寝ている時に無呼吸にもなりやすくなります。

しかし、院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと、多くの方が調子は悪くありませんとか言いますが、検査をしてみると歪みやズレがむちゃくちゃあります。

つまり、これが体調の悪さを代表している印なんです。

北九州市小倉肩こりを解消する。

error: Content is protected !!