小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

小顔矯正

小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし、痛くのもない方法で小顔矯正をすることをしています。当院の小顔矯正は顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、電気を使ったりすることもなくの技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

今まで多くの方を顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが、小顔矯正をする時には二つの重要な関係するものがあります。顔小さくしていく時にも、ただ顔を小さくすればいいというわけではありません。

顔というのは多くの部分に関係を密接に持っていますので、関係するところがありすぎるぐらいある訳です。小顔矯正をしていく時には、小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴でもあります。

小顔矯正をする時には、小顔矯正に入る前に自分の両方の手のひらを顔に当てて覚えてもらうことをしていますが簡単な方法なんですが、簡単だと思って触ってしまった方ほど小さくなってもわからないということがありますのでわからないということがないように小顔矯正に入る前に二度ほど練習することをして覚えてもらっています。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正の触り方がありますので一番わかりやすいと思われる、触り方を説明するようにしていますが、簡単に触ったりすることなく集中して触らないと簡単なようでもわからないという方がいますので注意してください。

小顔矯正をする時の触り方というのは、単純なんですが、顎の部分に両方の手首を合わせるようにして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。

しかし、ただ触っただけでは分かりませんし、手を置いただけでは分かりませんので感じようとしてください。

感じようとする時に左右さを感じようとして触るようにしてください。

基本的には自分の顔を鏡で見て右側が大きいのか、左側が大きいのか出っ張っているのかということを確認してください。

そして次に目を閉じて、自分の顔を触ってみて、同じように感じるのかということを試してみてください。

鏡で見た幅や大きさや出っ張り度合いと目を閉じて触った顔の大きさや幅や出っ張り度合いが同じかどうかを比べます。

同じように感じるかどうかを試してみてください。

顔を触る時には

小顔矯正をする時には、必ず位置を動かさないようにして顔を触るようにしてください。顔を触ってくださいという風に言うとたまにいるのが手を動かしてペタペタと顔に手を当てるだけの方がいますので、ペタペタと顔に手を当てるだけの方は全然感じていませんし、分かろうともしていません。

手を動かすことなく、同じ位置で感じようとした方がよりしっかりとわかりますから、触るだけではないし、手を置くだけではありませんので触るだけやっておいただけでは顔が小さくなったのが分かりません。

しっかりと左右差を感じようとするということが一番、顔が小さくなったのが分かると思いますので、左右差を感じるようにして触ってみてください。

小顔矯正に入る前には二度ほど練習をしますので1度目は院長と机の目の前で向かい合って触り方を説明するのと二度目は小顔矯正に入る直前に触り方を院長とともに覚えてもらうようにしています。

本当に小顔矯正で顔が変わるから二度も練習するわけです。

小顔矯正の方法

小顔矯正をしていく時の方法というのは、ボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしていますので、実際に力を抜いて寝ているだけで院長が顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることをしています。

しかし、マッサージをするような感じで顔を小さくするという説明をしましたが、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして顔が小さくなることはないと思いますので、ではどうやって顔を小さくしているのかということになりますが、当院の院長は検査することをしていますので、検査してみると顔の異常のある方が多く見受けられますので、顔の異常を正常に戻していると顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

今まで30年間、小顔矯正をしてきて、顔が小さくならなかったという方は、1人もいませんので、全員の方が顔が小さくなっているということなんですが、小顔矯正を希望されて訪れた方全員に対して院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が体調は悪くありませんとか調子が悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが、検査してみるとわかることがあります。

院長が体調を検査してみると、体調というのは体に高まった疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や掃除をすることでも多くなるし、食事を作ることでも多くなるし、洗濯をすることでも多くなるし、仕事をすることでも多くなりますし、ショッピングをすることでも歩くことでも運動することでも疲れやストレスは多くなるばかりだし、精神的な緊張やストレスを与えられた時でも疲れやストレスは多くなるのに痛みや凝りがないというだけで体調がいいのかというとそうではないということなんです。

疲れやストレスと小顔矯正

体には自分でもわからずに疲れやストレスが多く、たまっていますが、疲れやストレスが溜まることも多く見受けられるのに、たまった疲れやストレスを減らすことを考えていません。

多くの方が簡単に考えていますが、疲れやストレスというのは大変蓄積してしまうと厄介なものになってしまいます。

疲れやストレスが多くなればなるほど、年齢以上に急速に老化現象が進んでしまうからです。体に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていきますが、単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレだけではすまない現象が起きていきます。

小顔矯正とむくみ

歪みやズレだけではなく、顔にもむくみや脂肪が多くなったりすることも疲れやストレスで起きているからです。

疲れやストレスが多く、蓄積すればするほど、顔にも変形が起きたり歪みが起きたりすることが起きたり、脂肪やむくみが多くなるということもありますので、特に脂肪というよりもむくみが一番体調の状態を表わしています。

浮腫みと脂肪は違いますので、浮腫みというのは顔の浮腫みや体の浮腫みや足のむくみに代表されるムクミなんですが、浮腫みというのは体調の悪さを表しています。

特に顔のむくみというのが体調の状態を表わしていたり、睡眠負債状態を表わしていたりしています。

どうして顔のむくみが起きるのかという重大な問題が潜んでいるから、単純にむくんでいるということだけで考えることなく、朝から浮腫んでいるということは一番大変な結果が隠れているかも分かりません。

むくみというのは、リンパの流れが単純に悪いという訳ではなく、体調が無茶苦茶悪い時にしか顔が浮腫んだりすることは起こりませんので、体調の悪さというのは睡眠負債状態が多くあったりすると感じ取ることができなくなってしまっている方がいるからです。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積だけではなく、睡眠負債状態も深く関係を持っていますので、疲れやストレスが関係している歪みやズレむくみなども起きてしまっていますが、睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが原因なんです。

睡眠不在状態が多くある方は、大脳が弱ってしまっている方が多くいますので、大脳が弱るということは脳疲労に繋がり脳疲労が脳衰弱になったよ、状態の段階まで陥っていると痛みやご利用感じなくなってしまい、風邪の細菌が体内に多く侵入して増殖していることも感じなくなってしまうし、熱が上がるということもないということなんです。

大脳が元気だから、最近を減らそうとして脳が頑張って熱を上げてくれて、細菌を減らしてくれます。

細菌で熱があげるわけではなく、細菌で熱が上がるわけではなく、脳が元気だから熱を上げて細菌を減らそうとしてくれています。

ウイルスや細菌で熱が上がるわけではなく、大脳が元気だからウイルスや細菌が体内に入って増殖したら熱を上げることをしてくれている訳ですから、大脳が元気ではないと熱を上げることもできなくて、ウイルス細菌が増殖しても肌荒れぐらいは起きる可能性もありますが、何も感じ取ることができなくなってしまいます。

眠りが浅い

寝ているようで眠りが浅いのが大脳を弱らせている原因になっていますので、大脳が弱ってしまうと大変な結果になってしまいますので、小顔矯正どころではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えている方が多くいますか、眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので、体が寝ていることではありません。

もうすぐに気を立てているような眠りをしていても、脳の中のことまで考えていませんし、大脳の中まで見えているわけではありませんので、格好だけを見て寝ていると判断しているだけです。

体は横になってスースーに寝息を立てているような状態でも寝ているかどうかは分かりませんので、単純に目が覚めないから寝ているというわけではありません。

眠りというのは、脳が休養とって寝ていることだけを言います。

不眠症というのでしたら、夜寝ようとするとなかなか目が覚めた状態で1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目が覚めたりする方が不眠症でしたが、睡眠負債は目が覚めることは少ないんです。

浅い眠りをしていると

眠りというのは簡単に考えることなく、しっかりと考えなければいけないものなんですが、多くの方は簡単に考えてしまっている方が多くいますので、目が覚めないから寝ていると単純に判断するのは間違いだと思います。

眠りというのは、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳が休養とって寝ている数分の時間が一番大事だと言われています。

つまり、目が覚めないから寝ている訳ではなく、大脳がいかに深く熟睡を取って寝ていることができるのかということが一番大切だということなんです。

大脳が寝ていることが眠りですから、眠りが浅いということは、体を急激に悪くしてしまいますが、睡眠負債状態の方は脳が弱ってしまいますので、脳が弱ると脳内麻薬というホルモンが分泌される時もありますので、脳内麻薬のホルモンが多く分泌されてしまうとモルヒネに似た物質ですから痛みや凝りを感じにくくなるということも起きているみたいです。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をする時には一番、重要なもので、顔が小さくなりにくく維持することができないものは疲れやストレスの多さと睡眠負債に関係しています。

体に多くの疲れやストレスがたまることが原因でも歪みやズレが起きていますか、顔にも疲れやストレスが溜まるということが分かったのが最近の研究なんです。

顔に疲れやストレスが溜まるというのは変な話かも分かりませんが、実際に顔に疲れやストレスが溜まっている方が多くいるために疲れやストレスを解消して減らすことをしていけば顔が小さくなっていきます。

検査をしてみると、顔にも疲れやストレスが溜まっているということで、顔に疲れやストレスが溜まると顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨がありますので、その全部が炎症や腫れを起こしたりして変形を起こして肥大しているということが分かったからです。

顔に炎症や腫れを起こしていると顔面の骨が変形を起こしながら大きく膨れ上がって腫れ上がりますので顔が大きくなってしまうということになります

小顔矯正をするときには

小顔矯正をしていく時には、顔を小さくすることを初回からしていきますので、必ず小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形などを触って覚えてもらうことをして小顔矯正をしていきます。

小顔矯正をする時には、実際に自分で顔の大きさを触って覚えておかないとしっかりと分からないと思いますので、分かるように触ってもらうことをしています。

小顔矯正をしていく時には、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、痛いこともなく、電気や機械を使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていく時には、マッサージをするような感覚だと思ってもらえばいいと思いますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

体質改善と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には維持する力や持続させる力を上げることができますので、そのあげる施術というのは体質改善という施術になります。

体質改善という施術は、若返りの成立でもありますので、細胞から若返りさせていくことが顔が小さくなった状態を維持することができます。

 

 

北九州市小倉小顔矯正をしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!