小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

腰痛

腰痛とは

腰痛が起きる時にはまた腰痛が繰り返しやすい方は原因がありますので、原因から改善したいかないと一応おさえばかりしていると原因もいつまでも同じままではいません。

腰痛には腰痛を起こしている原因があるから、腰が痛くなる訳ですから、原因を改善していかないければいくら表面上の痛みばかりおさえて楽にすることをしても原因が残ったままだと進行していくということで、形は違うかも分かりませんが、表面上にいつかは出てきます。

腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は、繰り返しやすい方というのは湿布を貼ったりしても腰痛が楽になることもありますが、マッサージをしても腰痛が楽になることもあるでしょうし、サプリメントなどを飲んでも腰痛が楽になることもありますが、整骨院などで低周波治療器などをかけても腰痛は楽になることがあるかも分かりませんが、原因が残ったままになっていますので、原因を見つけずに楽にすることができますから、逆にすることばっかりしていると原因は進行していきます。

腰痛を楽にする

原因を見つけ出すことなく、楽にする治療というのは、対症療法という治療法なんですが、対象療法という治療法は楽にするためにしているだけであり、原因なんかは関係なく残ったままになっています。

腰痛を起こしている本当の原因を知った方は驚く方もいますが、本当に事実ですから間違えようがありませんので、多くの腰痛や肩こりなどの原因は未だに本当に対症療法ばかりしているところには分かっていない場合が多くあります。専門家の先生でさえも知らない場合が多くあります。たとえ知っていても治療することはできません。

腰痛を起こした方の原因は、腰痛を起こした方が言われますが、重たいものを持ったりしたら急に腰が痛くなったとか庭仕事をしていて、急に立とうとしたら腰が痛くなったとか、靴下は履こうとした時に腰が痛くなったとか何かを取ろうとして手を伸ばしたら腰が痛くなったとか、運動をしていて腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因がありますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

中には車の運転をしていたら、徐々に腰が痛くなるという方もいますし、柔らかい布団に寝ていたら腰が痛くなって朝立ちづらいとか言うことも言われますし、くしゃみをしただけでも腰が痛くなるという、色々な原因だと思われていたものはすべて切っ掛けです。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因として一番に挙げられるものは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが原因でもありますが、本当の原因はもっと更に奥に存在しています。

何も原因がなくて、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんので、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因があるから、骨盤が不安定になって不安定になった時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、前屈をしたりすると体を支えることができないので腰が痛くなり腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因として一番に挙げられるものがありますが、それは疲れやストレスです。

体には多くの疲れやストレスが蓄積していますが、疲れやストレスというのは生活することでも多くなるものですし、仕事をすることでも多くなりますし、精神的なプレッシャーや緊張などを加えられても多くなることも、運動することでも疲れやストレスは多くなるしジョギングをすることでも疲れやストレスは多くなりますし、ストレッチをすることでも疲れやストレスは多くなるし、車の運転をすることでも疲れやストレスは多くなるし、毎日毎日の生活では疲れやストレスの蓄積は避けることはできなくなります。

疲れやストレスが溜まっていないという方は、いませんので、生きている限りは疲れやストレスと隣り合わせで生きていかなければいけません。

しかし、疲れやストレスというのは体に溜まると言うことは分かっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の腰痛を起こす原因になる訳です。

疲れやストレスというのは、人の体の弱い部分に溜まっていきますので、弱い部分が腰痛を起こすところであれば弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい、腰痛になるということなんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば水分が65キロにもなりますので、体重の大半が過ぎるんだということなんです。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますので、それは岐阜の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さであり、あとは神経と血管とリンパの重さと中枢神経系と内臓です。

中枢神経系というのは、内臓の一部ですから、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまりながら最大限内臓に蓄積されていきます。

しかし、内臓と言っても側なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、病気というわけではありません。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に深く多く溜まっていきます。

内臓疲労と腰痛

疲れやストレスが内臓に溜まっていくと説明しましたが、内臓と言っても多くの内臓が存在していますので、どの内臓に疲れやストレスがたまることが原因で腰痛を起こすのかということを説明していきます。

腰痛を起こす原因として一番に挙げられる内臓がありますが、それは腎臓です。

内蔵というのは、生まれつき弱い内臓とそうでもない、内臓に分かれて存在しています。

そうでもない、内臓はあまり関係を持ちませんが、弱い内臓というのはそうはいきません。

弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めやすく溜めると炎症や腫れを起こしたりしますが、炎症や腫れというのも病気ではありません。

弱い内臓に疲れやストレスが溜めてしまいますので、腎臓に疲れ休めずがためると腎臓に関係する筋肉がありますので、筋肉に影響を出してしまって骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしてしまいます。

腎臓疲労から筋肉に影響を出してしまって、骨盤が歪みや開きを起こしていきますので、骨盤の歪みや開きが起きることが原因で骨盤が不安定になりますので不安定状態から腰痛や腰の痛みとして感じてしまいます。

開きや歪み、そして不安定状態を悪化させたものが椎間板ヘルニアであり、坐骨神経痛というのになります。

人の体は生まれつき弱いところと、そうでもないところが決まって生まれてきますので、生まれつき弱いところというのは老化が急速に進んでいき、急速に弱くなっていきます。

弱くなったものが疲れやすいそう、溜めやすく腰痛になる腎臓に疲れやストレスがたまると腰痛を起こしたりすることが原因です。

腎臓が弱くない方は腰痛を起こすことはなく、ぎっくり腰になることになることもありません。

しかし、腰痛というのは腎臓だけでなることが8割なんですが、あと残った2割というのは膀胱や子宮や前立腺が関係していることがあるからです。

主に痛みが起きる時にはどこの痛みであろうと内臓が関係して起きていますので、弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと歪みやズレになっていきます

腰痛を繰り返したり、腰痛になりやすい方は背中の部分を自分の両方の手のひらで触ってみてください、背中の部分だったり、旅行の部分だった人が異常に張っていることが多くいますので、腰の部分や腰のもう少し上の部分を触ってみると硬く張っているということがあります。

睡眠負債と腰痛

睡眠負債と腰痛には深い関係があります。

最近は多くの方が寝ていると思っていますが、目が覚めないから寝ているということにはなりません。

眠りというのは、脳が寝ていることを言いますので、脳が寝ているということは、単純に6時間睡眠があっても数分だったりという時間が脳が唯一寝ることができる時間なんです。

しかし、最近の方は寝ても眠りが浅く、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていますので、寝ながら考え事をする時間というのは大脳が働いている時間ですから寝ている時間ではありません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしていることが多くありますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることが眠りですから夢を見たりすると寝ている訳ではありませんし、寝ながら考え事をしてる時間は1時間も2時間も3時間も4時間も5時間もありますからねているわけではありません。

大脳を休めておかないと24時間365日働きっぱなしという感じになりますので、大脳が休めない状態では脳が弱っていきますので、脳が弱ると大変なことになります。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠であります。

誰が見てもスースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても、本当に大脳が寝ている睡眠をしているのかということではわからないのに格好だけ見て寝ていると思っています。

一番大事なのは寝ている格好ではなく、脳の中が本当に入れているのかどうかなどです。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠ですから、記憶にあまり残ることもなく、大脳を徐々に弱らせていき、弱らせると脳内麻薬が多く分泌されてしまいますので、脳内麻薬が多く出れば出るほどハイテンション状態になっていきます。

ハイテンション状態になっていくと、疲れ知らずで動くことができますが、どれだけ内臓に負担が起きているのかということも分からずに風邪をひくこともなく生活することができますから、元気がいいと思っているだろうし、体調が悪くないと思っているのは当然なんです。

しかし、何事も限界は存在しますので、感じない時に悪くしてしまったものが多く存在していますので、簡単に腎臓の疲れやストレスだけではすみません。

最近はこういう方が多くなっています。

睡眠負債状態で大脳が弱ってしまうと、脳細胞の急激な現象が進行してしまいますから、初めはうっかりが多くなったり物忘れが多くなったり記憶のトラブルが起きていきます。

睡眠負債状態というのは、取り返しがつかない負債状態ですから、借金を返すことはできません。

睡眠負債で眠りが浅い時間があると脳細胞の急激な現象が起きたり、内臓の老化の進行が急速に早くなっていきますので、速くなればなるほど病気へと近づく可能性も多くなります。

北九州市小倉腰痛を解消。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!