小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正とは初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが、今まで多くの方が30年間で小顔矯正を希望されて訪れましたが、検査をしてみると全員の方が体調がすごく悪く、体調が悪いということも分かっていないという方が多くいました。

院長から体調は、どうですかと聞くと多くの方は体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんとか答えていますが、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが多くあるという状態で背骨なんかもガタガタ状態になっている方が多くいましたが、骨盤の歪みや開き、そして背骨のズレがあると体調の悪さを表していますので、体調が悪ければ悪いほど歪みやズレが大きくなっていき、痛みやコリになっている場合が多くあるんですが、それを感じていない方が多くなっています。

小顔矯正をしていく時には一番邪魔になるものが二つありますが一つ目は疲れやストレスです。

当院では小顔矯正をしていく時にはスタッフや機械で顔の大きさを測ったりすることはありませんので、自分の両方の手で顔を触って覚えてもらうことをしています。

しかし、自分の手で顔を触って大きさや幅などを覚えてもらうということは、簡単なようで簡単ではありませんので、簡単に触ってしまった方ほど小さくなっても分からないという方がいます

小顔矯正をしていく時には触り方がありますので、上手な触り方をしてもらうと顔が小さくなったのがしっかりとわかります。

小顔矯正をする時の触り方は、両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。

顎の部分に手を当てたまま手のひらと指を顔に密着させて触るだけですけど、ただ触っただけでは顔の変化を比べることはできません。

この時に顔の左右を感じようとして触ってください。顔には左右差がありますので、左右差が分かるようにして触ってほしいんですが、例えばですけど右側の顔の方が左側よりも大きいとかどちらかが1部分だけでパッているとか、左右差が必ず存在していますので、左右差を感じようとして触るということが一番大事なことだと思います。

左右差を感じようとする時に、脳の感覚神経が働き出します。

左右差を分かろうとする時に、脳の感覚神経が働いて分かるようになります。

左右差を分かろうとしないと、ただ手を当ててただけになってしまいます。

左右差を感じようとして触り方が甘くなっているから大脳が働きにくい方がいますので、働きにくい方が顔が小さくなってもわかりません。

小顔矯正をしていく時には、顔が10センチも20センチも変わることはありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じで顔が小さくなっていきますし、特に顎のラインは細く引き締まっていくと全体的な顔のイメージが変わっていきますので、顎の部分を中心に触るように覚えてください。

顔を小さくするには

小顔矯正をしていく時には、ボキボキもしないし、痛くもないし怖くもないと思う、小顔矯正をしていますので、当院の小顔矯正はマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができます。

しかし、実際にマッサージをしたりすることで、顔が小さくはないと思っていますので、マッサージをしているわけではありませんが、当院の小顔矯正を誰がみてもマッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚と説明するようにしています。

本当に当院の小顔矯正は特殊な技術がありますから、顔をマッサージするようにしてもんでいくと顔が徐々に小さくなっていきます。

小顔矯正というと、顔を無理やり押さえつけたりする小顔矯正がありますが、効果がなかったり痛いだけだったりという感じで持続する時間が一番短いのが無理矢理のことです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査することをしていますので、検査をしてみると顔にも異常があるという部分が多く見つかります。

顔の異常というと大変変な話なんですが本当のことですから異常のある部分を見つけて正常に戻していくと顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので小顔矯正というよりも顔の治療といった方がいいかも分かりませんが特に顎のラインは異常があることが多く見受けられますので顎の部分を矯正することで、顎の部分はすっきりして引き締まっていきます。

今まで小顔矯正を希望されて訪れた方は、全員の検査をしてみて異常がないという方は1人もいませんので、異常がある方ばかりなんですが、どこをどんな風な異常があるのかが違います。

毎日毎日の疲れやストレスが体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこにたまるのかということが一番の問題になります。

疲れやストレスというのは減らさない限りは減ることはありませんので、疲れやストレスが溜まっていくばかりなんですから、疲れやストレスというのがどこに溜まるのかということが一番の小顔矯正をしていく時の問題になるんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ったら65キロも水分が出てしまいます。

つまり、体の半分以上は水分だということですから、血液だったりリンパ液だったり、体液だったり内臓の核の中にも水が存在しています。

水分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、他に疲れやストレスが溜まること所があるはずなんです。

疲れやストレスが溜まる所というのは、筋肉にもたまにながらある部分に筋肉よりも多く蓄積していきます。

疲れやストレスというのが筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。

内臓に溜まる疲れやストレスというのは、多くの方が知っているわけではありませんので、専門家の方の中でもごく1部の方しか知ることはありません。

疲れやストレスというと、内臓に蓄積していきますので、内臓というと病気というのを関係付ける方が多くいますが、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく疲れやストレスが内臓に溜まると言っていますので、説明をよく聞いてください。

内臓に疲れやストレスがたまる時には生活することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどでも疲れやすレスは多くなってしまいますので、それらも全て内臓にたまっていきます。

また焼肉などをおいしいものを食べても油っこいものを食べてもアルコールを飲んでも消化することでも内臓が働いてくれているからエネルギーをつくり、人は動くことができます。

内臓が働くということは、疲れやストレスが生じないわけはありませんので、内臓に蓄積していく疲れやストレスは二つあるということです。

内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で内臓というのは一番体の中にありますので、中から崩れを起こしていき、体の歪みや骨盤の歪みや背骨のズレになっていきます。

内臓に疲れやストレスが溜まるということは、内臓の1部である中枢神経系も疲れやストレスが溜まるということがありますので、大脳や脳幹などに疲れやストレスが溜まってしまうことが原因で顔のむくみや顔の脂肪、又は顔が大きくなるということが起きてしまいます、

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠りが浅いと睡眠負債状態になっていきます。

夜寝ている時に目が覚めないから寝ていると単純に勘違いしている方が多くなっていますので、眠りというのは脳が寝ていることだけを眠りといいます。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢というのは長時間夢を見ていたような記憶があってもたった数分だったり数秒だったりという短時間の時間で夢を見ることしかできません。

そのため、夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が3時間も4時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くなっています。

そのため、大脳が極端に弱ってしまっていますので、大脳が弱るとイライラしやすくなったり、頭がぼーっとしたりということが起きたり、脳内麻薬のようなものが分泌されてしまい、モルヒネに近い物質が出てしまって体にどんなに痛みやコリが起きているような状況があっても感じ取ることができないという方が多くなっています。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが、院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員と言っていいほど体調は悪くありませんとか調子が良いですと簡単に答えてしまっていますので、検査をしてみると骨盤の歪みが無茶苦茶だったり、背骨のズレが大きくてガタガタになっていたりという方ばかりいます。

ですから、痛みや凝りがないと言っても感じないと言っても体調が良いとは限りません。

体質改善と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には二通りの小顔矯正がありますので一つ目の小顔矯正は初回からできる小顔矯正ですから、初回からできる小顔矯正というのは体調を上げて顔を小さくしていくことです

初回から体調が良い方はいないと説明したように、多くの方の体には疲れやストレスが溜まっていますから、大脳や顔の表面上の部分にも疲れやすいですが、溜まっています。

最近分かったことなんですが、筋肉にも疲れやすいですが、溜まったり脂肪にも疲れやストレスが溜まったり骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかっています。

当院でも今まで気が付きませんでしたが、研究成果で骨にも疲れやストレスが溜まるということがわかりました。

骨に疲れやストレスが多くなると、蓄積状態に応じて骨が厚みを増したり、形を違ったりして変形上体を起こしていきます。

つまり、人が生きているように骨も生きているんだということです。

お願い、生きているし、脂肪が生きているから増えたりしますので、骨も生きているから骨が飛来して肥大というのは厚みを増すということですが、厚みを増したり変形しながら大きく膨らんでいきます。

小顔矯正とは

小顔矯正と言っても、体の方から調整をしないと持続する力もありませんし、維持する力なんかはありません。

体に多くの疲れやスベスが溜まっているのに、また基本的な内臓に疲れやストレスが多く蓄積しているのに顔にも影響が出てしまうぐらい体調が悪いということが多く見受けられますので、体調が悪いと顔はむくみや脂肪が多くなったり、顔を自体が肥大していきますので、顎の部分は大きく膨らんでいきます。

これらを正常に近づけて戻していくことで、顔がスッキリしていき、特に顎のラインはスッキリ細く引き締まっていきます。

 

北九州市小倉小顔矯正を。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!