小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

腰痛

腰痛を楽に

腰痛を楽にする為には、腰痛の原因になってるものから改善していただければいけませんが、腰痛の原因として一番に挙げられるものは筋肉靭帯ていうよりも、骨盤の歪みや骨盤のズレが原因になっています。

しかし、腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正しなくても楽になる方法があるために中和させて治しているという感じの治療法もあります。

腰痛の原因である骨盤の歪みや背骨のズレを見つけることもなく、検査をすることもなく、楽にする方法というのは対症療法という方法です。対症療法という治療法は原因を見つけることもなく、ただ湿布を貼ったり、電気をかけたり、マッサージをしたりすることなどを対症療法という治療法です。

一番簡単な方法が対症療法という治療法なので、原因を見つけることもなく、検査をすることもなく楽にすることをしていく方法です。

腰痛や腰の痛みを起こしている時には、必ず原因がありますので、原因から改善していかないと原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛や腰の痛みを起こしている方は、切っ掛けと骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレから起きています。

腰痛や腰の痛みを起こしている方は、重たい物を持ったりしたのが原因だと言いますが、実はそれが切っ掛けなんです。

同じきっかけをしても、腰痛や腰の痛みが起きないのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが少ない時です。

しかし、何も原因がないのに骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きることはありませんので、何かの原因があって、歪みやズレが起きるということなんですが、その原因が何なのかということなんです。

特に骨盤や背骨の中には中枢神経系が入っていますので、姿勢で曲がったり、猫背で曲がったりすることはありません。

簡単に歪んだり、曲がったりしていると、中枢神経系が一番大事だもんですから、守ることができません。

骨盤の歪みや骨盤の開きの原因

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレっていうのは誰でも起きているものなんですが、誰でも起きているものが痛みやコリになっていないだけで歪みやズレはあります。

背骨の歪みや骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると、骨盤自体が不安定になりますので、不安定になった時に何かをしたら腰痛が起きてしまいます。

骨盤が不安定な状態の時に重たいものは持ったりすると重たいもので、バランスが悪くなってしまいますので、バランスが悪くなった状態の骨盤と上肢をつなげている関節が支えることができませんので、支えることができないと腰痛になります。

多くの腰痛というのは、骨盤が不安定状態で体を支えることができないほど開いたり歪んだりしている時に腰痛や腰や腰の痛みとして起こります。

では、どうして骨盤の歪みや背骨のずれが起きるのかということになりますが、それは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動や筋トレをすることやジョギングをする事やお風呂に入ったりすることでも多くなったり、買い物をして重たいものを持ったりすることで多くなったり、旅行に行っても多くなったりするものなんです。

人は生活することで、多くの疲れやストレスを生んでしまいますので、疲れをストレスを多くしている割にはそれを減らすことは考えていません。

疲れやストレスを減らすことは、カラオケに行ってもストレス発散と言っていますが、逆にエネルギーを消費してしまっていることで発散しているように勘違いしているだけです。

旅行に行っても景色を見たり、温泉に入ったりすることで気分が変わることでいいような感じがしますが、旅行に行く疲れというのを考えていませんので、旅行に行っても列車で行っても車で運転して行っても疲れは溜まるばかりです。

ショッピングに行って買い物する時でも重たいものを持ったり歩いたりすることや、洋服を見ている時でも試着する時でも疲れてしまいますので、疲れやストレスは溜まるばかりなんです。

運動することでも筋トレすることでも、ジョギングをしても筋肉は鍛えられるかも分かりませんが、筋肉を鍛える代わりに疲れが多くなってしまいますが、この疲れをどうやって解消すればいいのかということを考えていませんし、ストレッチをしても疲れは減ることはありません。

疲れやストレスと腰痛

毎日毎日の生活をすることや、仕事をすることでも多くの疲れやストレスが溜まっているのに、それ以上に運動したり、筋トレしたり、プールで泳いだにアスレチックをしたり、ストレッチをしたりといろいろに疲れやストレスを溜めてしまうことをしてしまいています。

何をすることでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですが、多くの方が疲れやストレスを減らそうとしませんし、疲れやストレスが溜まっていることが分からない方もいます。

疲れやストレスが体に溜まっていると、どこに溜まっているのかということが問題になるのですが、どこに溜まってもいいことはありません。

しかも疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっているわけですけど、どこに溜まるの日で腰痛が起きてしまう方と腰痛が起きない方に分かれてしまいます。

疲れやストレスはどこに溜まるのか筋肉にももちろん貯まるわけですけど筋肉以外に多くの疲れやストレスがたまるところがあるんです。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞れば65kgが水分になりますので、体重の半分以上は水分で占められています。

あと残った35キロというのは、皮膚の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さとあとは神経と血管とリンパになります。

あと残ったものというのは、中枢神経系と、内臓になります。

中枢神経系の部分は内臓の一部ですから、疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきますが、この蓄積する疲れやストレスというのは日常生活で動かすための疲れやストレスなんですが、内臓も働くことをしていますので内臓が働けば内蔵自体にも疲れやストレスは溜まっていきます

内臓が働くという事は、食事をすることでも消化することでも働いていますし、脂分の分解でも内臓は働いてくれますし、アルコールの分解でも内臓は働いてくれています。

そしてさらに呼吸をすることでも肺が働いて血液の中に酸素を混ぜてくれていますので、血中酸素が増えるという役目を負っています。

内臓が勝手に働いてくれていることでも、色々なものを分解したり、消化したりしてくれていますが、これらも勝手に働いているだけで疲れを溜めてしまいます。

内臓が勝手に働いてくれていることや生活したり、運動したりすることでも疲れやストレスが多くなるのに、その疲れやストレスがどこに溜まるのかも、人は知ることもなく生活しています。

腰痛の原因

腰痛を起こしている原因の多くは、疲れやストレスが内臓に蓄積していくことが原因で、身体の内側から崩れを起こし、骨盤の歪みやズレになり、背骨のズレになるということで、骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったら腰が痛くなるのは当然だと思います。

しかし、疲れやストレスというのは減らすことができる唯一の方法があります。

疲れやストレスを気分転換でもなく、本当の意味で体の中の内臓に蓄積したものを減らすことが出来る時には寝ている時だけなんです。

しかし、最近は多くの方が眠りが足りていないのと、睡眠負債状態になっています。睡眠負債というのは、寝ているようで眠れていないのが原因なんですが、眠りというのは大脳が休養とって寝ている時だけ寝ているまたは眠りといいます。

誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても、大脳が眠っていない限りは眠れていませんので、見た目だけ見て分かるものではありません。

夢っていうのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢を見ている時間というのは数秒だったり、数分だったりという短時間なんですが、長く夢を見ていたという記憶があっても本当は短い時間で見ていて脳が起こすトリックを感じています。

夢を見ている時間よりも、もっと最悪な睡眠があるんですが、この最悪な睡眠も浅い睡眠-1つなんです。

夜寝ようとするとすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事を知る睡眠を3時間も4時間も5時間もしていて目が覚める瞬間に夢を見ているということが多くあります。

単純に寝ている方は寝ているから記憶にあるものしかわからないため、夢しかわからないということが多くありますので、目が覚めないから寝ているという事はありません。

最悪の睡眠と腰痛

最近は多くの方が最悪の睡眠をしていることに気がついていなくて、最悪の睡眠というのは寝ながら考え事をしてる睡眠なんですが、寝ながら考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

目が覚めた瞬間に忘れてしまう、睡眠ですから、多くの方が気が付いていませんので、目が覚めなければ寝ていると勘違いしていますが、検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪くなっている方が睡眠負債状態になっています。

不眠症でしたら、夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりという方が不眠症、夜中に何回も目を覚ます方が不眠症だということで目が覚めるから分かっていますが。

最近の睡眠負債状態というのは、目が覚めないんです。

目が覚めないから寝ていると勘違いしている状態なんですが、目が覚めない状態で寝ながら考え事をしている時間が圧倒的なんですが脳から出る脳内ホルモンの麻薬のような物質が出てしまって痛みを感じなくなったり、どんなに体調が悪くなっているのかということもわからんなっていくんです。

脳があまりにも弱りすぎていると、脳内ホルモンの麻薬のような物質が出てしまって、モルヒネのような痛み止めになってしまいますので、痛みが起きている状況でもわからなくなっていき、ハイテンション状態も重ねて起きれば疲れ知らずで動けることができますが、どんなに負担になっているかということもわからずに動いてしまって危険な状態になっているという方までいます。

 

 

北九州市小倉腰痛を楽にしていくためには。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!