小顔矯正は

小顔矯正をする時には初回から顔が小さくなるし、ボキボキもしないのに顔がスッキリしてくる、小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は本当に初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正というよりも顔の治療といった方が正しい言い方かもしれません。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが、検査をしてみると全員に何らかの顔の異常があるということが分かったからです。

顔の異常というのは、顔の作りというわけではなくて、顔自体に炎症や腫れやそれ以上のものがあるということなんです。

今まで多くの方を顔を小さくすることをしてきたんですが、院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞くと全員が体調は悪くありません。調子は悪くありませんと答えていますが、検査をする事をしていると逆のことが起きているということが分かります。

検査をして、逆のことが分かるというのは、体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ばかりなんです。

単純に検査を出てみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりすることは体調や調子が良ければ起きているはずはありません。

そして、背骨の検査をしてみると、背骨が歪みすぎてガタガタしているような状況になっているのに、体調はいいですと答えること自体が逆のことだということです。

背骨のズレがある方や背骨がズレすぎて、椎間板ヘルニアになっている方も多くいますので、背骨がずれていること自体、体調が悪いことを表しています。

体調の悪さや調子の悪さが骨盤の開きや歪みを起こし、背骨のズレを起こしていますので、検査をしてみると体調の悪さが分かりますが、それを感じていない方が多くいますので、感じていないと顔が大きくなって肥大をしています。

顔というのは体調や調子でかなり変わりますので、朝から浮腫んでいたり、脂肪が多くなったね。色々な状況がわかっていきます。

朝が一番、調子が良くなければいけませんので、朝からむくみが起きるということは、逆のことが起きているということが分かります。

朝が一番、顔が引き締まっていなければいけません。

毎日の生活することや仕事をすることでも色々な疲れやストレスが溜まっていきますので、疲れやストレスが溜まるとむくみが起きたり、疲れやストレスが多く蓄積していくということが大きいますが、朝というのは回復をしていなければいけませんので、顔が一番、引き締まっている状態が朝なんです。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていく時には最大の問題になるのは体に溜まっている疲れやストレスの多さにあります。

小顔矯正をしている専門家の先生でさえ知りませんが、小顔矯正をする時には体に蓄積した疲れやストレスが一番の大敵になります。

小顔矯正をしていく時には、体に蓄積した疲れやストレスというのは、蓄積状態が多くなればなるほど、顔に影響を出していくほど疲れやストレスというのは小顔矯正をしていく時には邪魔なものになります。

疲れやストレスが体に溜まるということは知っていると思いますが多くの方は小顔矯正をしていく時に関係するという事を知らない方が多くいます。

しかし、疲れやストレスと言っても体にどこの部分に溜まっていくのかということが問題になるわけですけど、もちろん筋肉にもたまりますが、ある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体を全て絞れば体重が65キロにもなりますので、半分以上が水分になります。体重の半分以上が水分、というわけですけど、水分と言っても色々な水分がありますから、血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水分だったりという色々な水分があります。

後の残り-35、キロというのは、皮膚の重さであり、筋肉靭帯の重さであり、脂肪の重さであり、骨の重さであり、残ったものは中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、大脳、脳幹、脊髄と内臓です。

しかし、かなり体調の悪さが重なった方は皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨まで炎症を起こしたり、晴れたりということが起きるということがわかったことも小顔矯正に深く関係をしています。

普通は大脳と脳幹と脊髄と内臓に疲れやストレスが溜まると言いたかったのですが、研究をしてみると本当に骨まで炎症や腫れが起きるぐらい疲れやストレスが溜まっている方が多くなっています。

普通では考えられないことなんですが、筋肉でも靭帯でも脂肪でも骨まで炎症や腫れが起きたりすることがあるということが分かったのが小顔矯正に影響をしています。

骨なんかは普通では炎症や腫れが起きることもあんまないと思いますし、そんなことが起きるとしたら大変なことなんですが、最近は多くの方が顔の骨まで炎症やハレを起こして肥大しています。

顔の骨まで疲れやストレスが溜まるということが分かったのも、小顔矯正をする時に効果を出す最大のものになっていますが、骨が炎症を起こしたり、ハレたりということまで起きるということは普通では考えられないし、どうやってそれを解消できるのかということもあります。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが、全員と言っていいほど体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く調子を落としていますが、それを感じていない方も多くなっていますので、感じていない方ほど大脳が弱ってしまっていますから、顔を小さくしても維持する力がなく、持続させることができない方が多くいます。

顔を小さくしても維持することをや持続させる力というのは、自分の中になければいけないのですが、大脳まで弱ってしまっていると維持する力なんかあるわけはありません。

大脳が弱ってしまうと痛みやコリが起きているような状況でも感じることができませんので、感じない限りは体調がいいと思っていますが、とんでもない状態になっています。

最近は多くの方が寝ているようで、眠りが浅く、睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債になるということは、寝ているけど眠りが浅いという状態が睡眠負債状態です。

睡眠負債状態の方は小顔矯正をしても大脳がかなり弱ってしまっていますので、維持することはできなくて持続させることもできなくて、むくみや脂肪が多くなっているということが見受けられます。

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目指さめないから寝ていると思っている方が大きな勘違い状態をしています。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。どんなに寝ている人を見ても、スースー寝息をたてて気持ちよさそうな眠りをしていても大脳のことまで見えていませんし、わかっていないのに寝ていると言っています。

夢っていうのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残って覚えていますが、夢を見ている時間というのは1秒だったり一秒だったりという短時間の夢が多く長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックでたった1秒ということもあるぐらいです。

夢を見るのは5時間も6、時間も夢見ることはありませんので、たった数秒の時間だったり数分の時間だったりという夢を長く感じているだけなんです。

後の残った時間というのが問題になるんですが、残りの時間は寝ながら考え事を知る時間が3時間も4時間も5時間も6時間もあります。

寝ながら考え事をしてる時間というのは、大脳が活性化している状態ですから、夢を見るよりも更に最悪の睡眠なんです。

寝ながら考え事をしてる時間ていうのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠で記憶に残ることはあまりありません。

ですから、寝ながら考え事をしている睡眠をしていたという記憶に残ることはあまりないと思います。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠という一番まずい睡眠ですから、大脳を極端に弱らせていき、体が疲弊したり衰弱したりという状態まで落ちている方が多いのは睡眠負債状態が原因です。

寝ているようで眠れていないということは、大脳が極端に弱っていきますので、大脳というのは一番大切なことですから、大脳が弱ると全ての身体は調子を落とさなければいけません。

しかし、大脳が極端に弱っていくと大脳からモルヒネみたいな麻薬の物質を分泌されてしまい、痛みやコリを感じなくなっていきます。

大脳から出るモルヒネというのは大変強く麻痺させた状態のようになりますので、どんなに痛みやコリが起きているような歪みやズレが起きていても感じ取ることはできません。

痛みやコリ感じ取ることができなくなっても実際には起きている訳ですから、体のトラブルが多くなったりすることが急速に起きて進行していきますし、大脳の問題も起きると認知症や痴呆などの問題を起こしたり、精神疾患のイライラしたりとか頭がボーッとするとか言う程度ではない状態で鬱やパニックなどが起こるという方までいます。

痛みやコリが起きているにも関わらず、感じないということは大変なことが起きています。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をする時には、小顔矯正をする前にご自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを覚えてもらうようにして、自分でお顔が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後を比べることができるので、小さくなったのがしっかりと分かるように触り方まで指導しています。

触り方の指導は院長と机で向かい合って触り方を指導したりすることはもちろんですが、小顔矯正に入る前の直前に院長と共に顔を触って覚えてもらうようにして小顔矯正に入っていきます。

小顔矯正をする時に二度程練習をしますので、しっかりと覚えるようにしてほしいのですが、触り方は簡単だため簡単に触った方ほど顔が小さくなっても分からないという方がいますので分からないということがないようにしっかりと触って覚えておいてください。

触り方は凄く簡単なんですが、まずは顎の部分に両方の手首をくっつけて手のひらと指を顔に密接させるようにして触りますが、ただ触っただけでは感じ取っていませんので小さくなってもわかりませんから左右差を感じ取るようにしてください。

左右差を感じようとする時に手だけではなく大脳の感覚神経が働き出しますので、感覚神経を集中させて手に集めることで小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありませんので、小顔矯正で変わる範囲というのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じで顔が小さくなっていきますので、たとえ1センチが変わっても判るように触っておいてほしいんです。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には無理やりな小顔矯正をすることはなく、元気や機械を使うこともなくての技術力のみで顔を小さくすることをしていますので、顔をマッサージしたり顔を問題にすることで顔が小さくなるという超がつくぐらい特殊な小顔矯正をしています。

当院のような小顔矯正ができない方は、無理な顔を押さえつけたり、痛い思いをさせるような小顔矯正をするしかありませんので、当院ではそういう小顔矯正はしていません。

 

北九州市小倉で、初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。