小顔矯正とは

小顔矯正 をしていくときにはできるだけ初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はボキボキすることもなく顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正なんですが 小顔矯正をする時にはどうやって顔を小さくすることをしているのかということを説明しなければいけませんし顔が小さくなっても持続力があるのか維持することができるのかということを多くの方に聞かれますので説明をしていきたいと思います。

説明をする前に当院の小顔矯正は小顔矯正に入る前に全員にあることをして覚えてもらうようにしています。小顔矯正に入る前にしてもらうということは顔を触って小顔矯正に入る前の大きさを覚えてもらうことです。

小顔矯正に入る時には全員が自分の顔を触って覚えてもらうことをして小顔矯正に入りますので直前で触った顔の大きさを覚えてもらいながら小顔矯正に入り 小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴です。

つまり小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし比べるのは自分で確認ができるように比べてもらうことをしていますのでそのためには小顔矯正に入る前の顔の大きさと小顔矯正をした後の顔の大きさが変化が分からなければ意味はありません。

小顔矯正に入る前に2度ほど顔の触り方を院長と共に練習をします。

顔の触り方には小さくなったのがわかる触り方がありますので 触り方を一緒に練習をします。

顔の触り方は単純で簡単なんですが大変、難しい触り方です。

小顔矯正をする時に触る触り方というのは 顎の部分で手首を合わせて手のひらと指を顔に密着させるだけなんです。

しかしただ密着させただけでは 顔を触っているだけで小さくなったのがわからないという方がいます。

できるだけ当院ではわからないということがないようにしていますが100%とはいきませんので必ず顔の触り方をしっかりと覚えるようにしてください。

小顔矯正の触り方は顎の部分に手首をくっつけて位置を決めるようにして手のひらと指を顔に密接して鏡などで見て浮かないように注意しながら触り左右さを感じようとしてください。

多くの方の顔の場合、左右差が必ずありますので左右差を感じながら触るとどちらが大きいとか一部分だけが大きいとかいうことが分かると、より小さくなったのが分かります。

一番大事なことは左右差を感じようとすることで集中力が増し脳にある感覚神経を働かせることができるのが理由です。

ですから手を当てただけでは分かりません。

左右差をわかろうとすると分かります。

左右差を感じようとすると 分かりやすくなります。

しかしあることが多く起きている方は大変失礼なんですがどんなに小さくなっても分かりにくいと思います。

小顔矯正と言っても10 CM 20 CM も顔が小さくなるということはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなりますので1 CM 変わっても顔が小さくなっているわけですから一cm 変わってもわかるような触り方をしてください。

特に 顎のラインはすっきり細く引き締まっていきますので多くの方がびっくりするぐらい 変わる方もいますので しっかりと触ることをお勧めしています。

小顔矯正は

顔を小さくしていく小顔矯正は初回から変わる小顔矯正ですから初回から小さくなったのが分かるようにしていきますので必ず触り方に注意しながら覚えておくようにしてください。

小顔矯正をしていくときには どういう風にして顔を小さくしていくのかと言うと電気や機械を使うこともなく院長の手の技術力のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の院長は30年の小顔矯正の経験と臨床がありますので今まで多くの方を小顔矯正をしてきましたが一人も顔が小さくならなかったという方はいません。

しかし顔が小さくなっても、わからないという方がいますので分からないことがないように努力をしています。

小顔矯正をしていくときにはどうやって顔を小さくしていくのかと言うと誰でも真似ができない小顔矯正をしていますが一番簡単で単純で痛くない怖くない方法です。

小顔矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで顔を小さくすることができますので単純にマッサージをしているわけではありません。

院長もマッサージをして顔が小さくなるとは考えていませんので院長の手の技術 で顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

本当に小顔矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなる小顔矯正なんです。

実際に毎日、小顔矯正をしている時にはマッサージをするような感覚でマッサージを ているわけではありませんが顔を小さくしています。

本当にマッサージをしているような感じで小さくしているのでそれ以上のことをはありません。

しかし院長は検査することを小顔矯正で行いますので検査をしてみると多くのことが分かってきます。

今まで小顔矯正に訪れた方の全員が院長が体調はどうですかとか調子が悪くないですかと聞かれると 体調は良いです調子は悪くありませんという答えを全員が返してきますが検査をしてみると無茶苦茶な状態がわかります。

無茶苦茶な状態というのは検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくはあったり背骨がずれてガタガタになっているという方なんですが特に背骨のズレは内臓の疲れやストレスが原因で内臓に蓄積したものが多くなっているのが理由です。

そんな状態の方が体調は良い理由はありませんし調子が悪くないという理由はないと思うんですが。

睡眠負債と小顔矯正

しかしこれにもあることが理由で起きている現象なんです。

自分で体調がいいと思う方は睡眠負債状態の方が多くいます。

睡眠負債状態というのは寝ているけど眠りが浅いということです。

多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝までぐっすり眠れているから眠れているんだと思っていますが、これが大きな間違いなんです。

眠りというのは脳が休養取って寝ていることを言います。

脳が休養とっている時間が長くなればなるほど寝ているわけです。

最近の睡眠負債の方は夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ているとだけ単純に考えていますので眠りというのは脳から出ていない限りは眠れていません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 夢を見ている時間というのは短時間ですから1時間も2時間も夢を見ている方はいません。

夢を見ている時間は 1秒だったり2秒だったりまたは1分だったり2分だったりという短時間で夢を見ています。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていれば寝ているなと思うでしょうが 脳の中のことまで考えていませんし大脳が寝ているかどうかは目で見てわかりません。

大脳が寝ていることが眠りです。

いくら体が横になってスースー寝息を立てていても大脳が寝ていなければ眠れていません。

不眠症でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めておしっこに行くとかが不眠症でしたが睡眠負債は違います。

睡眠負債は目が覚めないけど 負債状態に眠りがなっています。

睡眠負債が多くなると 大脳が弱っていきますので大脳が弱ってしまうと顔を小さくしても維持することができなくて持続させることができないということが起こります。

小顔矯正で顔を小さくすることをしているのでその場で顔が小さくなっても持続させることができるのは自分の状態に関係があります。

睡眠負債状態が多くなると脳は弱っていきますのでのうがいはあると痛みやコリを感じにくくなりますので体調は良いと思っていますしハイテンションになるかと思いますのでハイテンションになれば疲れ知らずで動けると思います。

ハイテンションという状態はどんなに危険なことかも分からずに。

ハイテンション になった脳というのは物忘れやうっかりが多くなりますし言葉の会話が徐々に成り立たなくなって会話ができなくなります。

最近は多くの方がハイテンション状態になっていますので面白くない時にも笑ったり変な時に笑ったりという感じの方が時々いますのでハイテンション状態の脳というのは大変、怖いところがありますが自分ではわからなくなっています。

本当にハイテンションになっている方は体調が良いと思っていますし疲れ知らずで動き回ることができます。

歪みやズレが起きていないわけではありません。

痛みやコリが起きていないわけではありません。

感じないしわからないだけなんです。

どんなにいくら小顔矯正をして顔を小さくしても大脳が弱っていたり疲れやストレスが溜まっていると持続させることはできません。

小顔矯正というのは

小顔矯正をしていくときには初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていきますので必ず顔の大きさを覚えるようにしてください。

しかし最近は毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが体に溜まっていますので体に溜まるということは知っていてもどこにたまるのかということを知っている方は少ないと思います。

疲れやストレスが溜まりやすい所というのは内臓なんですが内蔵と言っても何でもかんでも病気というのを関係付けることなく内臓に疲れやストレスが溜まっているということです。

内臓に疲れやストレスがたまると中枢神経系である大脳と脳幹も内臓の一部ですから大脳や脳幹にも疲れやストレスが溜まり脳幹というのは生命機能の中枢ですから生命機能の中枢が落ちていけば身体全体が ダメージを被ります。

そして顔にも疲れやストレスが溜まっていきますので顔に疲れやストレスがたまると皮膚が炎症を起こしたりハレたり脂肪が炎症起こしたり腫れたり筋肉靭帯が炎症を起こしたりハレたり顔面の骨まで炎症を起こして肥大しながら変形起こし大きくなっていきます。

これらを正常に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

ですから小顔矯正と言っても正常に戻していくことをしていく小顔矯正です。

 

 

 

 

 

北九州市小倉 で初回から顔が小さくなることで人気がある 小顔矯正をしています。