腰痛を解消

腰痛 を改善しようと思うなら腰痛の原因になっているものから改善しなければ全ては 一時的に抑えているだけになります。

腰痛と言うと 湿布を貼ったりしても楽になることがあるために何も考えずに湿布を貼ったりして安静状態を保つことが一番大切なんですが人というのは安心した状態で動いたり働いたり生活したりすることをしていますので安静状態を保つことができていませんので安静状態が保てないといつまでも痛みが続きやすく慢性化状態になっていきます。

腰痛と言うとマッサージをしても楽になることがあるためにマッサージをして筋肉をほぐして腰の痛みを楽にしようとする場合が多いようですが腰痛を起こしてる原因は筋肉ではなく骨盤の歪みや骨盤の開きなんですがマッサージをしても一時的に楽になることがあるために 腰痛の治療法として一つとして考えられています。

腰痛というのは病院に行ってレントゲンを撮ってみて骨に何かの異常が無ければ腰の痛みとして湿布を貼ったり痛み止めの薬をもらったり注射をしたりということをしていますが骨盤の歪みや開きを矯正することもなく検査することもできないために一時抑えばかりしていますが一時抑えという限りには一時的には楽になる可能性もあります。

腰痛や腰の痛みというのはレントゲンで撮っても骨の異常が起きていれば分かると思いますが腰痛や腰の原因というのは分かりにくくレントゲンなどをとってもわからないということが多いようです。

もしレントゲンとっても 骨の歪みが分かってもそれを治療する技術を持っていません。

腰痛というのは原因があるんですがレントゲン撮ってもわからないということですから腰痛の原因を見つけ出さない限りは本当の意味で改善しているというのは言えないと思います。

レントゲンでも移ることがない骨盤の歪みは骨盤の開きというのはどうして起きるのか、どうやって起きるのかなぜ起きるのか、色々な原因があるから起きているわけです。

疲れやストレスの蓄積

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが体に溜まっていきますが、体のどこに溜まるのかということが一番の腰痛を起こしている原因になります。

腰痛を起こしている疲れやストレスの蓄積で、ある部分に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をギュッと絞れば水分が65 kg にもなります。 体重の半分以上は 水分だということです。

水分に水が溜まるということは考えにくいので どこに疲れやストレスが溜まっていくのか それが一番の問題になります。

人の体には生まれつき弱いところとそうではないというところがあります。 弱いところというのは内臓なんですが 親が何かの病気を持っていれば子供や孫家系的な繋がりがある人は必ず遺伝的に関係を持っています。

例えば親が肝臓の病気や病気になっていないまでも肝臓が弱いと言う 遺伝子を持っていれば子供や孫も肝臓が弱いということになります。

肝臓が弱くて生まれた子供は 肝臓を急速に老化させていくと先将来いつかはわかりませんが肝臓の病気になる可能性が多くなります。

自分の体の弱さは親や祖父母やまたその上の親を見れば関係が全て分かります。

しかし関係が分かっても全員がその弱さを発症しているとは言えません。 発症していないまでも弱さはある可能性があるということです。

人の体は弱い部分とそうでもない部分がありますのでそうでもない部分は何科の関係を起こすということは考えにくいのですが弱い部分というのは疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスを溜めてしまうと 歪みやズレになります。

疲れやストレスの蓄積が腰痛

腰痛を起こしやすい方繰り返す方、一年に一回でも腰痛を起こす方などは生まれつき腎臓が弱く腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく溜まった 限界を超えてしまった時に 腰が痛くなったりぎっくり腰をしたり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりしています。

もし生まれつき腎臓が弱くなれば腰痛や腰の痛みを起こすことはありません。

しかし腎臓と言っても病気と言っているわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係付けることなく 内臓に疲れやストレスがたまるということを説明していますので注意してください。

毎日毎日の生活や仕事や運動や筋トレやいろいろなことで体には疲れやストレスが溜まっていきますので疲れやストレスは弱い内臓に蓄積していき限界を超えた時に骨盤の歪みや背骨のズレが大きくなって痛みになります。

生きている限りは疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので誰でも疲れやストレスは溜まっていますから多くの方に歪みやズレはありますが程度が軽いと何も感じません。

骨盤の歪みやズレにも程度があります。 軽いものから ひどいものから色々な程度がありますので程度に応じて痛みになっていきます。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が 睡眠負債状態になっていますので睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方です。

普通に考えたら目が覚めないから寝ていると思われるでしょうがこれが大きな勘違いなんです。

夜、寝ようとしたら朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えていますが眠りというのは脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。

最近は多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしていますが夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし 誰が見てもスースー寝息を立てているような状態でも脳の中のことまで考えていませんし見えていないのに格好だけ見て 寝ていると思っています。

寝ている本人でも目が覚めないから寝ていると勝手に解釈しているだけです。

眠りというのは目が覚めないから寝ているわけではありませんし脳が休養とって寝ていない限りは寝ているわけではありません。

一番最悪な睡眠は寝ながら考え事をして睡眠なんですが寝ながら考え事をしてる睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠を多くしていると 脳が弱っていきますので脳が弱るということは 色々なものを失う結果を招いていきます。

睡眠負債状態というのは脳が弱っていくという状態が起こりますので脳が弱っていくと 脳細胞の数が急激に減少していきます。

うっかりが多くなったり物忘れが多くなったり色々な現象が長期間を選んでいきどんどん深みにはまっていきます。

脳が弱ったかたほどある現象が起こります。 ある現象 というのは 眠れていないのに朝からすぐ動けるし疲れ知らずで色々なことができるということで元気だと勘違いしていることです。

疲れ知らずで動けるし元気だと思うことはハイテンションになっているからでありハイテンションになればなるほど元気だと勘違いしますし痛みやコリを感じ取ることができないくらい脳が弱っています。

大脳が弱るということは大変なことになりますので脳の力が落ちると骨盤の歪みも骨盤の開きも当然、多く起こります。

大脳が弱ってしまったかたほど骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが大きくあります。

しかしそれだけでは済まないのが大変なことになっています。

腰痛とは

腰痛というのは腎臓が弱い人が起こる現象なんですが腎臓が弱いと 腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく 腰痛は腰が痛くなりやすく悪化させていったものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になって行きます。

腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は慢性的に腎臓が弱いのが原因なんですが心臓が弱いと腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腎臓に関係する大腰筋腸骨筋というお腹の中にある筋肉のバランスが悪くなり悪くなった結果 骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに重たいものを持ったり前かがみをしたり同じ姿勢を続けたりくしゃみをしたりする事でも腰が痛くなります。

しかし腎臓や骨盤のゆがみや骨盤の開きを矯正しなくても一時的に楽にする方法があるために多くの方が原因を残したまま楽になっているということが起こります。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤は不安定になりますから不安定な時に重たい物を持ったりすると痛みになるのは体を支えることができないためです。

腰痛を改善していくためにはまずは骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことと背骨のズレや椎間板ヘルニアがもしあれば矯正して改善することと腎臓の働きを解消することを していきます。

しかし当院では体質改善という治療がありますので体質改善の治療で腎臓を若返らせていく必要まであります。

体質改善の治療は初回からはできませんので腰痛や腰の痛みが楽になってからの治療になります。

体質改善の治療は定期的に 来院していないとできませんので時々来ても鯛使いでの治療は行うことができません。

病院でもらった薬を飲むように時々何かをすれば良いというわけではなく体を積極的に直していくことを考えないと何も変えることはできませんし薬で抑えていてもマッサージで押さえていても低周波治療器で押さえていても何も変わりません。

先将来の問題を引き寄せているだけです。

 

 

北九州市小倉 腰痛 を楽にしていくためには骨盤のゆがみから改善しなければ痛みだけ解消しても原因が残ったままになっています。