肩こりを解消

肩こり を解消しようと思うなら 肩こりの検査をすることが一番、重要になります 肩こりの検査というのは肩こりがどこから起きているのかどうして起きているのか原因を見つけ出すことが一番大切になるからです。

つらい肩こりを解消しようと思うなら原因を見つけ出すことの検査をすることをしなければ単純に筋肉ばかり揉んでも楽になることもあるでしょうが 本当にそれが原因なのか見つけ出すことをしなければ肩こりを本当の意味で直すということはできません。

肩こりで悩んでいたり困っている方がいろいろな治療を受けに行くと思いますが代表例で言うと湿布を貼ったりすることなんですが湿布を貼って楽になる肩こりであれば楽になるでしょうが肩こりというのは筋肉だけで起きているものではなく筋肉がどうしてコリを起こしているのかという原因があるということです。

筋肉が凝る肩こりであれば単純に冷やすことでも楽になると思いますが湿布というのは冷やす効果とインドメタシンという薬剤でスースーする感じが効果を表して肩こりを楽にすることができますがどうして肩こりが起きたのかどこから起きたのかということを解消していたり見つけ出すことの検査はしていません。

肩こりの原因

肩こりには肩こりになる原因があるからなっているわけですから検査をすることで肩こりの原因になってるものをひとつひとつ見つけ出すことをしなければ本当の意味で肩こりを改善する、または直すということはできないと思います。

肩こりを楽にすることと肩こりを治していくということは違いますので肩こりを楽にすることは一回や2回でもできるかも分かりませんけど肩こりを治していくということはしばらくの通院と治療が必要になります。

当院では肩こりを楽にして直すことをしています。

肩こりと言うと多くの治療が対症療法という方法になっていますので対処療法というのは原因何かは関係なく検査することもなく筋肉を揉んだり柔らかくなるようにしているだけなんですがどうして筋肉がコリを起こすのか原因を見つけ出すことをしていません。

というのは肩こりの検査をするということは簡単な方法ではないですから 単純に見た目だけで表面上の筋肉のコリばかりほぐしたり柔らかくしたりということでも肩こりが楽になってしまうために 原因なんかは関係なくマッサージをしたり電気治療をしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器などをかけたりしていることが多いようです。

単純に肩こりを楽にする対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではなく形が違った状態でまた肩こりとしてではなく違う状態で出てくることもあります。

対症療法というのは 肩こりを治しているわけではなく一時的に抑えることをしていく治療なんですが当院でも初回はそういうやり方をしています。

例えば頭痛や生理痛がある方が今の痛みを抑えるために用いるのが痛み止めの薬ですが頭痛や生理痛も原因があるので原因から直さない限りは直っているわけではなく一時的に抑えている楽にしているだけなんです。

夜中に起きた歯の痛みで薬を飲んで痛みだけ抑えているだけです。

肩こりというのは

肩こりというのは一時的に抑える対症療法ばかりすることなく自分でもしっかりと考えて肩こりがどうして起きるのか、どこから起きるのかということを考えて治療に当たらなければなりません。

肩こりを解消して肩こりを治していくことをしていますが まずは筋肉のこりからほぐしていくことをしていますが筋肉のコリが起きると どうしても対症療法ばかりに頼ってしまうことが多く見受けられますので当院ではボキボキもしないし痛くもない子原因を見つけ出して肩こりを改善することをしていますのでしばらくの治療が必要になります。

肩こりを楽にする対症療法というのはサプリメントを飲んでも肩こりが楽になることもありますからサプリメントに頼ってしまっている方も多くいるため栄養やミネラルや何かのビタミンということも含まれているものもあり何かのエキスが入っているということで肩こりが楽に感じてしまいますが原因は残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりを楽にしていく方法というのは湿布を貼ったりすることでも肩こりが楽になるために湿布を貼って肩こりを楽にしようと考えている方が多くいますが原因もいつまでも同じままではなく原因はいつのまにか進行して違った形として出てくることもありますので肩こりには原因があります。

肩こりと言うと家族の方にマッサージをしてもらう言葉を多く見受けられますし子供さんに肩を叩いてもらうこともありますが筋肉のコリが単純に何も原因がなくて起きていればいいでしょうが筋肉だけでコリを起こすことはなく何かの原因があるから肩こりになっていますのでこの原因から見つけ出すことをしないと肩こりは本当の意味で楽になることはなく解消しません。

肩こりと言うと治療院に行って低周波治療器などの機械は出てもらうことも多くありますが低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激することでリンパの働きを良くして循環を良くし老廃物を流すという働きはありますが単純に筋肉だけで起きている肩こりはないと説明したように違う原因は別のところにありますので筋肉ばかり刺激して疲労の上澄みを多くしているのが低周波治療器の意味になりますからコリをチラシているだけです。

肩こりのコリを散らして分からなくしているだけです。

疲れやストレスと肩こり

肩こりと言うのは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで体にたまるものがありますので体に溜まることが原因で背骨のズレが起こります。

背骨のズレを起こしてしまう原因というのは体に蓄積していく疲れやストレスです。 疲れやストレスが多く蓄積していくことが原因で 体は自然と背骨のズレを起こしていきますので 背骨のズレを起こすと肩こりになります。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけなんですが貯まるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらぎゅっと絞った水分が65 kg あります。

後残った35 kg の重さが脂肪の重さであり筋肉の重さであり皮膚の重さであり骨の重さであり神経と血管とリンパ管とあとは大脳の 部分と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスがたまるというところは筋肉と大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

普通一般的には疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していき内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で背骨のズレを起こしています。

誰でもある日常的にたまる疲れやストレスが原因で体は補正的に歪みを起こしますので歪みが大きくなれば椎間板ヘルニアということも起きていきますが椎間板ヘルニアは特別なものではなく誰でもあるものです。

疲れやストレスの蓄積が内臓に溜まることが原因で背骨がずれて肩こりになります。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が疲れやストレスを食べながらさらに睡眠負債状態になっていますので睡眠負債というのは眠りが浅い懸賞なんですが誰でも寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えています。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないでください。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは眠れていません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていればまたはいびきをかいていれば寝ていると思わないでください。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので見た目、見ただけでは分かりません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事を知る睡眠というのは最悪な睡眠ですからもうそうに近い睡眠何です。

妄想に近い睡眠をしていると体調がどん底のような体調になったり奈落の底のような体調になっていますがこの時にハイテンションになりますので朝からすぐ目が覚めたら動けますし疲れ知らずで動き回ることができますがどれだけ危険な状態かということはわかっていません。

肩こりの検査

当院では肩こりの検査をしていますので筋肉が凝りを起こしているのか筋肉以外のものが重なった状態でコリを起こしているのかということを検査することができますので検査をすることで色々な筋肉のコリが本当に起きていれば筋肉のこりを解消していき背骨のズレが起きてずれることで筋肉が緊張したりコリを起こしているということであれば筋肉のこりを解消して背骨のズレを矯正して整えていくということを痛くない方法でしています。

当院の検査法というのは特殊な検査法ですから誰でも真似できるものではありませんし30年の経験がある院長ですから肩こりの検査をすることをして色々な原因になっているものを見つけ出すことができます。

 

 

北九州市小倉 肩こり を楽にするなら原因から改善することをしている徳力整体院は肩こりを解消して30年。