腰痛とは

腰痛 を楽にするためには 何をしたら楽にすることができるのか どうしたら楽になるのかどうしたら痛みが取れるのか ということを考えている方は少ないと思いますがただ腰が痛いとか言うのではなく 何が原因で腰痛や腰の痛みが起きているのかということを考えるようにしてください。

腰痛を楽にすることと腰痛を治していくことは全然意味が違います。

腰痛と言うと急性状態で痛みが起きている場合は湿布を貼ったり冷やすということが一番の効果があるやり方だと思いますので温めたりすることもなく冷やすようにしてください。

急性状態とか痛みが強い時には炎症や腫れがありますのでまずは炎症や腫れから抑えていかなければいけません。 そのため温めたりお風呂に入ったりすると逆に入ってる時はいいかも分かりませんが上がってしばらくすると痛みが強くなったり付いたりということが起きてしまいますので何よりも炎症や腫れをとることを優先としなければいけませんのでアイスノンや湿布などを貼って冷やすようにしてください。

湿布は時下に当てても構いませんけどと言うか時下に当てないと意味はありませんけどアイスノンは 時間を考えてあげなければ凍傷を起こします。

何よりも強い度が合ったり急性状態というのは炎症や腫れを持っていますので炎症や腫れというのは燃え上がっているという状態ですから燃え上がっている時には水をかけるわけにはいきませんので冷やしたりすることが一番の有効策で安静状態を保ってください。

多くの痛みというのは安静状態を保てば保つほど少しずつでもよくなってきます。

痛みが強い時には1日で抑えることを考えないで 2、3日は休養とった方が良い場合もあります。 これは腰痛が起きる原因に問題が出ていますのでここで無理をしたら休めないとかいう状態の時になると大変なことになるかも分からないからです。

腰痛やぎっくり腰が起きる時には どういう状態の時に起きているのかということに原因があります。

腰痛に限らずに違いでもぎっくり腰でも捻挫でも同じ状態なんですが体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い時にしか起こらないからです。

ここで無理をしたら余計こじらせたり場合によっては衰弱状態で腰痛を起こしているという場合もありますので衰弱状態かどうかがわからない時にはしっかりと休養とってダラダラ寝ているゴロゴロ寝ているだけではなく睡眠をとるようにしてください。

腰痛と検査

当院の院長は検査をすることができますので 腰痛を起こしている方やぎっくり腰や腰の痛みがある方は体に多くの疲れやストレスが溜まっている状態で腰痛を起こし治りにくくなっていますので 疲れやストレスを軽くして減らしていくことをしないと 腰痛の原因が改善されることはありません。

腰痛の原因というのは体に多くの蓄積している疲れやストレスなんですが疲れやストレスは溜まる場所があるから溜まっています。

疲れやストレスが溜まると必然的に骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていきます。

疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので多からず少なからず骨盤の歪みや背骨のズレがあるということです。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレがある時に重たいものを持ったりすると急激に腰が痛くなったりぎっくり腰になります。

ぎっくり腰は手首や足首や寝違えと同じで捻挫です。

急性状態で起きるのでしかも関節が大きいため痛みが強いですが捻挫状態を抑えていくためにはしっかりと休養をとらなければこじらせて行きます。

当院でも患者さんがよく言われますが5年前から悪いとか10年前から悪いとか腰痛の方は言われますが急性状態でしっかりと休養とっていない場合が多いようです。

疲れやストレスが体に蓄積していくと必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていきますが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレにも程度という段階があります。

歪みやズレのは軽いものからひどいものから色んな段階があります。

この段階や程度というのは疲れやストレスの蓄積状態において変化しています。

疲れやストレスが多く溜まってしまったら骨盤の歪みや背骨のズレは大きくなります。

疲れやストレスが減ってくると少しだけ骨盤の歪みや背骨のズレは小さくなります。

疲れやストレスの蓄積状態で歪みやズレは変化していますが限界を超えてしまった場合は簡単に戻ることは自力ではありません。

内臓と腰痛

疲れやストレスの蓄積していく場所というのは 筋肉にもたまりながら最終的には内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということですから何でもかんでも病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

腰痛を起こす場合には 腎臓が弱い方が疲れやストレスを食べやすく疲れやストレスを溜めると骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになるということで腰痛を起こします。

腎臓が弱くない方は腰痛にはなりません。

この場合の腎臓の弱さというのは体質的な要素を含んでいる腎臓の弱さですから家庭的な要素があり遺伝的な要素があり親の内臓と似ています。

人は生まれながらにして遺伝子を避けて話すことはできませんので遺伝子というのは親が内蔵の弱さを持っていれば腰痛やぎっくり腰などになっていることも多くあり昔であろうと今であろうと腎臓の弱さから腰痛は怒りますので腎臓の要素は子供にも受け継がれています。

内臓の良さというのは背骨にも現れてきますので腎臓が弱いかたは胸椎の11番目と12番目の骨が歪みやズレを起こしています。

胸椎の11番目と12番目に歪みやズレを起こしている方は腎臓が生まれつき弱さがありますが生まれつき要素がある上に生活による疲れやストレスが溜まっていきやすくなります。

つまり生まれつき腎臓が弱い人が腎臓に疲れやストレスを溜めやすく 腎臓に関係する筋肉に影響を与えてしまい骨盤の不安定状態が大きい骨盤が開いたり骨盤が歪んだり背骨がずれたりして腰痛になります。

しかし腎臓といっても病気ではありませんので病院で検査をしても 病気にはなっていなければわかりません。

病院というところは尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などがありますがこれは全て病気の検査ですから病気になっていなければまたは病気として完成していなければわかりません。

疲れやストレスを減らして腰痛を楽にする

腰痛を改善しようと思うなら 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のずれを整えていくことをして 腎臓の働きを良くして 筋肉バランスを整えていくことで腰痛は楽になりますが悪化させたものは椎間板ヘルニアなどが起きていますので椎間板ヘルニアも改善していかなければ腰痛を楽にすることはできませんが最近多くの方が腰痛をこじらせていますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレだけで整えていけば腰痛が楽になるという方もいますがそれだけではありません。

普通は腰痛と言うと今、説明したように骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを治療することと筋肉バランスを整えていくことと腎臓の働きを上げていくことで楽になりますが最近は多くの方が 簡単な腰痛ではないという状態になっています。

というのは睡眠負債状態が重なっている関係で変な状態の腰痛を起こしています。

睡眠負債と腰痛

腰痛を改善しようと思うなら睡眠負債も考えていただければ関係が深くあるからです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしてる方が多くなっているのが睡眠負債なんです。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは寝ているとは言えません。

大脳が休養とって寝ていることを眠りと言いますので寝ている人を見てスースー寝息を立てて気持ち良さそうだ眠りをしていても脳の中のことまで考えてみていません。

見た目ではわからないのが眠りなんです。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えていますがさらに最悪な睡眠があります。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事を知る睡眠というのは最悪な睡眠で妄想に近い睡眠なんです。

眠りが浅く脳から眠ることができないと妄想状態になっていき体調が飛ん族のような体調になっていたり奈落の底のような体調していることが多くなっていますが脳が弱ってしまうと自分がどんだけ悪いかということを感じ取ることもできないからハイテンションになってることさえもわからずに朝からすぐ動ける子疲れ知らずで動けるということが起こります。

ハイテンションになっていれば体調が落ちていても分かりませんし自分がどんなけちょうしようとしているのかということを感じ取ることができませんので院長から 体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方は体調はいいですとか調子は悪くありませんとかいう答えが返ってくるのが最近多くなっています。

検査することができなければスルーするような状態なんですが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると大変な状況になっているということがわかりますがそれを説明するのも大変難しく分かってもらうのも簡単なことではありません。

 

北九州市小倉から腰痛を解消するなら。