骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていますが 初回から骨盤が小さくなることで人気のある 骨盤矯正をしていますがボキボキもしないし電気、低周波治療器や機械を使うこともなくての技術力のみで骨盤を小さくしていく骨盤矯正をしています。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることに成功していますが多くの方は骨盤矯正の意味を分かっていませんので骨盤矯正の意味を説明していきたいと思います。

骨盤矯正をしていくときには一番障害になるものがありますが障害になるものというのは体調や睡眠負債状態です。

当院では院長が骨盤矯正をしていきますが検査することをしていますので検査をしてみると今まで多くの方の検査をしてみましたが全員が無茶苦茶と言っていいほど体調が悪いのに院長から体調はどうですかと聞かれると多くの方は体調はいいですとか調子は悪くありませんとか言います。

普通は本人が言われることが正解だと思いますので体調は悪くはないんだとか会長はいいんだとか判断をしますが検査をしてみると逆のことがわかります。

検査をして逆のことがわかるというのは無茶苦茶と言っていいほど体調が悪い方が多くいるわけです。

体調が悪いかたほどむくみやすく脂肪が多くなったりしていますのでぶよぶよになっている方がいたり 引き締まっていない方が多くいますし骨盤が異常に大きくなっているという方までいます。

体調が悪いと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのは当然なんですが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると骨盤周辺の部分に脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしているのは当然だと思いますしそして骨盤の中に入っている内臓が正常だとは考えられません。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが多くの方は大腸や小腸が炎症や腫れを起こして大きく肥大している方もいますし生理痛は生理不順に関係する膀胱や子宮や卵巣なども異常と思えるほど炎症や腫れ起こしていて正常状態ではないという方が多くいます。

話を進めてみるとか腹部の辺りに重たい感じが起きたり時々ですけど痛みがあったりということがあるということを言われる方もいます。

病気ではない限りいつも痛みや何かの問題を起こすことはありませんので時々何かの症状を感じているという方はいます。

骨盤矯正と体調

骨盤矯正をして行く時には体調が深く関係していますが体調というのは自分で感じていない限り悪いとは思わないのは当然なんですが体調が悪いと骨盤の歪みが大きくあったり骨盤が開いていたり背骨がズレてガタガタになっていたりということが起きています。

体調というのは体調が落ちている調子が悪くなっているということなんですがあることが起きているとそれらを感じ取ることができなくなるぐらいに 体を悪くしている場合があります。

体調が落ちたり調子を悪くしているということはどういうことが起きているのか。

体調が落ちるということや調子を悪くするということは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑うつなどで疲れやストレスが多くなって蓄積している度合いが大きくなっていることです。

毎日毎日の生活することで色々な精神的な緊張が積み重なっていきますが積み重なりばなるほど体に蓄積していきますので体に蓄積した状態が骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのがあります。

人が生きて生活している限りは疲れやストレスの溜まっていないという方はいませんので何らかの部分に疲れやストレスは溜まっています。

疲れやストレスを感じている方もいますが疲れやストレスを感じていないで分かっていないという方も多くいます。

疲れやストレスが多く溜まっているから脂肪になりやすく太ります。

疲れやストレスが多く溜まっているからむくみになり太って見えます。

疲れやストレスの蓄積が少ない方ほど脂肪は少なくむくみも少ないようです。

骨盤矯正と疲れやストレス

疲れやストレスというのは骨盤矯正をしていくときには一番の天敵になりますので 疲れやストレスを減らさなければいけませんが疲れやストレスは蓄積していくところがあります。

例えばですけど 体重が100 kg の方がいるとしたら全身に65%つまり65 kg が水分ですからずっと体を絞れば水が65 kg もあります。

あとの残りの35 kg は筋肉の重さであり皮膚の重さであり脂肪の重さであり人体の重さであり骨の重さでありあとは神経と血管とリンパなどしかありません。

後残ったものは中枢神経系つまり大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

この中で疲れやストレスが溜まると考えやすいものは筋肉と中枢神経系と内臓しかありません。

つまり疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら 大脳や脳幹や中枢神経系の脊髄や多くが内臓に蓄積していきます。

内臓といっても疲れやストレスの蓄積と言っていますので何でもかんでも病気というのを直結して考えることはやめてください。

内臓に疲れやストレスが多く蓄積していくと限界なく蓄積していき際限なく蓄積していくことができますから体の内部から崩れて歪みを起こして行きその影響が骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まりますので 骨盤矯正をしていくときに一番疲れやストレスが溜まって 障害になるものは 大腸や小腸や膀胱や子宮が関係することが多くあります。

疲れやストレスは大腸や小腸や膀胱や子宮にもたまりますから 蓄積していくことで働きが悪くなるということもありますが生理痛は生理不順や膀胱炎を起こしたりということもありますが例えばですけど生理痛がある方は必ず骨盤の歪み徳力骨の部分の歪みがありますので恥骨が出っ張っていたり触ってみるとぶよぶよしていたりということが考えられます。

そして骨盤の下部が開いているということは股関節のあたりが出っ張っていると考えた方が自然だと思いますので出っ張ったところほど脂肪やむくみが多くなっていきます。

骨盤矯正というのは骨盤の歪みや開きだけを整えて言っても骨盤は小さくなるかも分かりませんし死亡やむくみを減らすこともできますからそれだけでも骨盤が小さくなりますが単純に骨盤だけではなく深く内臓の状態にも関係しています。

骨盤矯正と睡眠負債

最近は多くの方が骨盤矯正に訪れていますが検査をすると全員と言っていいほど眠りが浅く目が覚めないから出ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。 単純に目が覚めないから寝ているということはありません。

夢というのは寝ながら考え事をしているから記憶に残りを超えていますが寝ながら考え事をして睡眠というのがありますので連絡から考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

記憶に残りやすいものと記憶に残らないものがありますので目が覚めないからといって出ているというわけではありません。

寝ながら考え事をして睡眠というのは夢よりもさらに浅い睡眠ですから頭の中がずっと3時間も4時間も5時間も6時間も寝ながら考え事をしてる睡眠です。

しかし目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。

こんな状態の方が体調がいい理由はありませんし例えばですけどインフルエンザウイルスや風邪の細菌が体内に入って増殖していても高熱をあげる元気もなく鼻水や咳が少し出るぐらいです。

脳が元気だから熱が上がります。

体内にウイルスや細菌が入っても脳が弱って元気じゃないと何も起こりませんから入れ食い状態です。

脳が元気だから骨盤矯正をして骨盤が小さくなったら維持することができます。

脳が弱ってる方は立った瞬間に骨盤を小さくしても 崩れていきます。

眠りが浅い形も眠れているのか眠れていないのかということを検査することができますので頭を触っても分かりますし検査をしても両方から確認することができます。

骨盤矯正と言っても単純な骨盤を小さくすれば良いというわけではありませんので体を直していくことから骨盤矯正をしていきます。

 

北九州市小倉骨盤矯正が人気。