小さくなる小顔矯正

小顔矯正 をしていくときには 初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていきます。

今まで多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが当院では全員の方がどこかの部分が顔が小さくなる小顔矯正をしていますので評判が良くて人気があります。

小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけたりすることもなく痛いこともなく怖いこともなく安心安全な小顔矯正をしているのが当院の特徴です。

小顔矯正をして行く時にはご自分の両方の手を顔に当てて大きさや幅を触って覚えてもらうことをしながら小顔矯正に入りますのでご自分で小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べてもらうことをしているのが当院の特徴でもあります。

しかし顔を触ってもらうということは目で見て判断できるわけではありませんので簡単な方法ではありませんしある部分を働かせて触ることをしないと分からないという方がいます。

小顔矯正に入る前に顔を触って覚えてもらうことをしていますので顎の部分で両方の手首を合わせるようにして触り手のひらと指を顔に密着させながら触ります。

触り方はこれで大丈夫なんですがさらに触った後に左右差を感じようとして 目をつぶって触るということが一番だと思います。

特に左右差を感じようとする時に ただてだけで触ってしまった方はわかりませんので頭を働かせながら手に集中してどちらが出っ張っているのかどこが出っ張っているのかということを働かせながら触って覚えると顔が小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても顔の幅が10 CM も20 CM も変わるということはありませんので1 CM でも変わっても2 CM でも変わってもわかるようにして触っておいて欲しいんです。

顔が1 CM でも変わってさらに脂肪やむくみなども改善することをして減らしていきますのでむくみやたるみの度合いを指をつまむようにして触ったり皮膚の感触を感じたりしながら触らないと変化しても分からないと思います。

何よりもを手で触るよりも 左右差を感じようとしたりどこが大きいだろうかということを意識しながら触るということが一番小顔矯正をしていくときに変化が分かる方法だと思います。

他人がメジャーなどで測ったりすることもなく 自分の両方の手のひらを顔にあてることで大きさや幅を覚えてもらうことをしていますので他人がメジャーや計測する機械で測ったりすると位置が違ったり強く測ったり威力測ったりという風に色々な問題が生じてしまいますので自分が触るということが一番確実でわかると思いますのでわかりやすいように触って覚えておいてください。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていく時には当院では マッサージをするような感覚で顔を揉んだりしながら顔を調整しながら顔を小さくしていく小顔矯正ができます。

何よりも痛くない調整をして顔を小さくしていくことをしていますので安心なんですがなぜ顔を揉んだりマッサージをするような感覚をしているだけで顔が小さくなるのかという疑問があると思います。

顔が小さくなっても維持する力があるのか持続させることができるのかということになりますが顔が小さくなっても維持することや持続する力があるかどうかはご自分の体調や睡眠負債状態が多くあればあるほど維持することはできませんし持続力なんかはありません。

マッサージをするような感覚で揉んだりしながら顔を小さくしていくことができる小顔矯正をしていますので 実際に多くの方がマッサージ感覚で小顔矯正を受けることができ喜びの笑顔になっています。

あまりに簡単にしているようにしか見えませんがかなり高度な特殊な技術を有しているから簡単にしているだけです。

30年も小顔矯正をしていると色々経験や臨床テクニックを向上させることができますので実際に無理なく小顔矯正をして顔を小さくすることができます。

小顔矯正をする時には

実際に小顔矯正をしていくときには一番障害になるものがありますが障害になるものというのは体調と睡眠負債です。

最近は多くの方が院長から体調はどうですかと聞かれると体調はいいですとか調子は悪くありませんとか言いますが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると そんな状態じゃないということがしっかりと分かります。

体調が悪い証拠に骨盤の歪みは背骨のズレをチェックしてみると大変多くの方が骨盤がすごく歪んでいたり骨盤が開いていたりそして背骨のズレがあったり背骨がガタガタになっていたりということがありますので、これらは全て体調の悪さを表しています。

体調の悪さというのは疲れやストレスが溜まりすぎた状態で調子を落としている状態なんですが体調の悪さが起きる時には疲れやストレスが溜まりますが疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながら、さらにたまるところというのは内臓なんです。

内臓と言っても即、何でもかんでも病気というのを結びつけることなく 疲れやストレスの蓄積で内臓が弱っているという状態なんです。

ですから病気と結びつけることなく疲れやストレスが溜まっていて 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスが多く筋肉に泊まりながらさらに内臓に蓄積していくと代謝が悪くなったりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき内臓が炎症を起こしたり晴れたり内臓が弱ったりということで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

疲れやストレスというのは内臓に限界なく溜まっていきますので内臓に溜まった状態が多くなればなるほど 内臓もゴツゴツしたりハレたりはったりということが起きていきます。

そしてうえむきになった時に両方の骨盤に沿うようにして両手を当ててください。 右側の手は右側の骨盤に左側の手は左側の骨盤に当てて高さを見ますと多くの方が左右がアンバランスになっている場合が多いようです。

左右の骨盤のアンバランスは歪みやズレても起こりますが多くの方が骨まで炎症を起こしたり内臓が腫れているということもありますが腫れていても病気ではありません。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時に睡眠負債状態の方は脳が弱っていますからろうが弱ると立った瞬間に崩れたり小さくしても戻りやすくなります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているのにと思う方も多くいますが眠りというのは脳から寝ていない限りは眠っているとは言えません。

大脳が休養とって寝ていることが眠りです。

人が寝ている方を見ても気持ち良さそうな眠りをしていたり寝息を立てていたらリグーグー寝息を立てていても脳の中のことまで見ていません。

どんなに眠りをしていても脳が休んで休養とって寝ていないと寝ているとは言えませんし脳が出ていない限りは脳疲労が起きて行きます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢は5時間も6時間も見ていることはありませんので夢を見ている時間というのは1秒だったり2秒だったり 1分だったりという時間の範囲で見ていることがあります。

長く夢を見ている記憶があっても脳が起こすトリックで1分だったりまたは10秒だったりという感じになります。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をしていく時には初回は顔だけ触って顔が本当に小さくなるということを体験してもらうようにしていますので次回からは顔だけではなく骨盤を歪みを整えたり背骨のズレを解消したり内臓を元気にしたりリンパの働きを良くして老廃物を流したり循環を良くしたり色々な調整が必要になりますので2回目からは調整に入っていきます。

そうするともっと安定した状態で顔が小さくなっていきます。

小顔矯正と言っても顔だけ触って顔が小さくなることもありますが体を調整することだけでも顔を触らなくても顔が小さくなっていくということがあります。

しかし実際に小顔矯正に来たわけですから初回は顔を触って顔が小さくなるという小顔矯正をしていますが当院の院長は検査することができますので睡眠負債状態や体調の低下で起きてしまった顔の骨の炎症や腫れまで改善することができますし むくみや脂肪を減らすこともしていきます。

 

北九州市小倉 で顔が小さくなる事で人気のある 小顔矯正 をしています。