肩こりを楽に

肩こりを楽にするなら。 肩こりと言うとどうしても筋肉のこりということなので筋肉のコリつまり緊張ばかりほぐして楽になることが多くあるために筋肉中心で直したと言っていることが多くあります。

肩こりには筋肉がどういう風になっているのが肩こりというのかということを考えたりすることはをしている方はいないと思います。 肩こりのこりというのはどういうことが起きているのか筋肉がどうなっているのかということを見つけ出さない限りは本当の意味で肩こりを楽にすることはできませんが肩こりを楽にするというよりも感じなくさせる方法はいろいろあると思います。

肩こりを感じなくさせる方法というのは対症療法というやり方がありますが対象療法というのは湿布を貼ったりすることでインドメタシンや鎮痛効果がある薬剤でスースーする感じが起きて肩こりが楽になる筋肉がほぐれるということで 一風を貼ったりすることが多く見受けられますが肩こりの原因を見つけることなくただ貼ればいいという方法ですから炎症などを起こしている筋肉には有効かもとりませんが原因を見つけ出さない限りは肩こりを本当の意味で楽にすることはできないと思いますし湿布を貼ったりすることでも肩こりは楽に感じることもありますが治っているわけではありません。

肩こりと言うとサプリメントなども有効な手段として取り上げられていますがドラッグストアなどに行って肩こりを楽にするというふうにサプリメントや何かのエキスが入っているものを売っていますが栄養成分やビタミンやミネラルまたその他の何かのエキスで楽にすることができるかも分かりませんが肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから原因を見つけたがない限りは本当の意味で肩こりは楽になることはありませんがサプリメントを飲んでも肩こりを楽に感じてしまうことがあるために肩こりを治したと思っている方が多くいます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと マッサージをしたりすることも多く肩こりを楽にすることになりますが家族の方や専門家の方やお子さんなどに肩を揉んでもらったり肩を叩いてもらったりということが多く肩こりを楽にする方法だと考えられていますが肩こりが起きている原因を見つけているわけでもありませんし単純に肩こりを楽にしているだけですから繰り返し安く戻りやすく筋肉のコリが取れているわけではありません。

しかし肩こりと言うとマッサージをしたりしても楽になってしまうために肩こりの治療法だと思われている方が多くいますが本当は対症療法ですから対症療法というのは肩こりの原因を治しているわけでもないし見つけているわけではありません。

肩こりと言うと 低周波治療器などをする方も多く見受けられますし多くの治療院でも低周波治療器を用いていることが多く見受けられますが当院でも昔は低周波治療器を使っていましたがある時低周波治療器を研究する機会を得ました。 低周波治療器を研究してみると定電流の電気をプラス端子からマイナス端子へ流しているだけで筋肉を刺激して筋肉疲労をより多く積み重ねた状態で筋肉をほぐしたという風に言っていますが余計に筋肉疲労が積み重なっただけです。

確かに筋肉を刺激することでリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていき循環は良くなることがありますがすぐにまた原因を取り除いていないので戻って行きます。

筋肉疲労が起きている上に筋肉疲労を積み重ねることが低周波治療器などでしているだけですから筋肉疲労がより積み重なって行けば行くほど低周波治療器をすればするほど筋肉は硬くなり神経の麻痺が起きて肩こりを感じなくなって治ったと思わせることをしています。

肩こりとは

肩こりが起きている方は毎日毎日の生活でまたは仕事で筋肉に疲れやストレスが溜まることが多くあり筋肉が徐々にリンパの働きを悪くなっている老廃物が多く循環が悪くなった状態で余計に筋肉の疲れが溜まることで筋肉が一時的に固くなる現象で肩こりになります。

つまり肩こりとは筋肉疲労なんですが筋肉の疲労というのはマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでは本当の意味で改善されて減らしているつまり肩こりとは筋肉疲労なんですが筋肉の疲労というのはマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでは本当の意味で改善されて減らされ減らしているわけではありません。

筋肉疲労が起きた時には唯一減らすことができるのは寝ている時だけです。 眠りというのは脳から寝ていることが眠りと言いますので脳から寝ていない限りは寝ているとは言いません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が勘違いしていますが眠りというのは脳が寝ていない限りは寝ているとは言えませんので誰が見てもスースー寝息を立てていて気持ち良さそうな眠りをしていても脳の中のことまで見ていませんし考えていません。

寝ている方も寝ているから分からないと思いますし目が覚めないから寝ていると思うのは当然です。

眠りというのは脳が休養とって寝ている事を寝ているまたはねむりと言いますので脳が寝ていない限りは寝ているとは言いませんし夢というのは目が覚める瞬間に見ているから覚えて記憶に残っています。

肩こりと眠り

肩こりと眠りは深い関係がありますので脳から眠れてないと体はどんどん日増しに弱っていき疲弊状態を起こし衰弱状態になっていきますが脳が弱ると痛みやコリを感じにくく鈍感になりますのでどんなで体調が落ちていてもわからなくなります。

例えばですけどインフルエンザウイルスが体内に侵入して増殖していても脳が元気だから熱を上げて咳やくしゃみや鼻水を出してウイルスを減らそうとしますが脳が元気じゃないと熱を上げることもできません。

この現象のことを隠れインフルエンザと言います。

体がどんなに弱っていても体調はどうしていてもどん底のような体調していても奈落の底のような体調していても脳が元気だから悪さを感じて寝込むようなことになりますが脳が弱ってしまった状態で 入ると最悪の状態になるまでわかりません。

脳が弱ってしまった方が限界まで超えた状態でやっとこさ肩こりになる方もいます。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉疲労で起きていますが筋肉だけで起きる肩こりはありませんので筋肉がどうして疲労を積み重ねてしまったのかということがありますからそれは背骨のズレになります。

背骨のズレが起きると骨が動いているわけですから筋肉は骨から骨にくっついていますので飛ばされたり緩んだりということで筋肉は疲労を起こしていきます。

普通は筋肉だけでしたら副腎から出るホルモンで筋肉疲労を改善することを押して減らすことをしてきます。

しかし脳が弱ったりまたは背骨のズレが起きている筋肉疲労というのは改善するだけの力がありませんのでホルモンだけでは良くなりません。

しかし背骨のズレも何も原因がなくて背骨がずれることはありませんのでどうして背骨のズレが起きたのかという原因があります。

背骨というのは中枢神経系を守っている部分ですから勝手に歪んだりずれたりすると中枢神経系にも何らかの影響を与えてしまいますので簡単にズレたりすることはないのでどうしてズレたのかという原因があります。

肩こりという東北の方が背骨のズレを起こしていますが背骨のズレを起こしている原因は毎日毎日と生活や仕事や睡眠負債状態で溜まっていく疲れやストレスが原因ですが疲れやストレスも溜まるところがあるから肩こりとして歪みを起こしていきます。

背骨のズレが起きる原因は筋肉にもたまりますが筋肉にもたまにながら内臓に多く溜まっていくことが原因で体の中から崩れを起こしますが内蔵と言っても遅くなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で背骨のズレが起きて肩こりになります。

 

北九州市小倉肩こりを楽にするなら。