小倉南区の整体で小顔矯正と骨盤矯正と腰痛と肩こりが楽になるカイロプラクティック徳力整体院

Menu

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正 で骨盤を小さくしていくためには何をしたら骨盤が小さくなるのか、どうやったら骨盤を小さくすることができるのか、どうすれば小尻にすることができるのか、ということを考えるようにしています。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためには ボキボキしたりすることもなく痛いということもなく初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

骨盤矯正というのは骨盤を小さくしていくことなんですが どうすれば骨盤が 小さくなると思いますか。

今まで当院に多くの骨盤矯正を希望される方が訪れていますが 骨盤矯正の意味も知らない方が多くいますので 骨盤矯正というものがどういうことなのか何をすれば骨盤が小さくなるのかどうすれば小尻になることができるのかということを説明していきたいと思います。

骨盤矯正に入る前に

骨盤矯正に入る前に 骨盤が小さくなったということが分かるようにしているために当院では骨盤矯正が人気があり評判が 良い矯正法です。

骨盤矯正に入る前に 2度ほど骨盤を触る練習をして院長が骨盤矯正に入っていきます。

骨盤矯正をして骨盤が小さくなったのが分かるようにそして比べることができるようにしているのが当院の特徴だからです。

しかし触り方によってはわからないという方がいますので骨盤矯正をするときも10 CM 20 CM も骨盤が小さくなるということはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりまたは5 CM だったりという風に骨盤が小さくなるのが分かるようにしてもらいます。

骨盤矯正をしてどれくらい骨盤が小さくなるのかということはやってみないと分かりませんので 人によっては1 CM 変わったという方もいますし大きく変わったという方もいますから骨盤矯正をやってみないとどれくらい変化するかどれくらい小さくなるのかということはわかりません。

骨盤矯正に入る前に2度ほど触って覚えてもらうことをしていますので その骨盤矯正に入る前に 自分の体で骨盤の両横において骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしています。

骨盤矯正に入る前の骨盤の大きさを覚えてもらうようにしていますがこれは簡単なことではありませんので簡単に触ってしまったかとほど分からないという方がいます。

ですから二度も骨盤矯正に入る前に練習をするわけですけど2度練習してもいまいち分からないという方は確かに存在します。

骨盤が小さくなったにもかかわらず骨盤矯正をして分からないという方は原因があります。

骨盤矯正に入る前に骨盤の右側を右手で左側を左手で触って幅を覚えてもらうようにしていますが幅を覚える時に手だけで触ってしまった方ほど分かりません。

骨盤の幅を覚える時には手だけで触りますが感じようとすると小さくなったのがわかるわけですけど感じようとしていないと分からない方がいます。

多くの骨盤矯正をして分からないという方は手で触って覚えようとしていますので手だけで触ることなく骨盤の幅を触って左右を感じようとしてください。

骨盤には左右が対象ではなくどちらかが出っ張っていたりどちらかが一部分が出っ張っていたりということの変化がありますので変化をしっかりとわかるようにして触って頭を働かせて目を閉じて感じようとしてください。

目を閉じて骨盤の幅を感じようとしたかたほどしっかりと骨盤が小さくなったということがわかります。

左右差を感じようとする時には手だけではなくての集中力も向上していますし頭を働かせて感覚神経を動員することをしているから小さくなったのが分かります。

この感じようとすることができない方はいくら小さくしてもクエスチョンマークが浮くぐらい分かりません。

分からないということが極力ないように骨盤を触って覚えてもらいますが当院ではスタッフがメジャーなどの計測するもので測ることはしていませんので ご自分でメジャーなどを持ってこられて測っても構いません。 しかし測り方が違ったり位置が違ったりすることがありますので当院ではおすすめしていませんのでご自分の両方の手のひらが一番嘘偽りはありませんので触って覚えてもらうようにしています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時にはボキボキもしないし痛くもない市天気や機械などを使うことなくての技術力のみで骨盤を小さくすることをしていますが骨盤を小さくする時には当然、骨盤周辺にある浮腫みや脂肪の減らしていくことをしています。

しかし骨盤周辺にある脂肪、脂肪を減らしただけでも小さくなるかも分かりませんがそれだけでは限界がありますのでさらにもっと小さくすることをしていかなければいけませんのでどうすれば小さくできるかということを考えながら整えていきます。

骨盤矯正をする時には当然ですが骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて骨盤を小さくしていくことは当たり前なんですが最近多くの方がそれだけではすみません。

もちろん普通に考えれば骨盤矯正と言うと骨盤の歪みや骨盤の開きがあれば 整えていくことで骨盤が小さくなると思いますがそれだけで骨盤が小さくなるということは少ししか動きませんので 少ししか骨盤が小さくなりません。

多くの骨盤矯正をする治療院ではここまでが限界だと思いますので当院ではそれ以上のことをして骨盤を小さくすることをしていますが無理な治療ではなくどちらかと言うと正常に戻していくことで骨盤を小さくすることをしていますので安心安全な骨盤矯正なんですが最近多くの方が体調や体力を極端に落としていますので回復させる力がない方ほど骨盤矯正をした後にだるくなります。

骨盤矯正をしている時には

骨盤矯正をしていく時には院長が骨盤の状態を検査していくことをしていますので検査してわかることは骨盤の歪みや骨盤の開きはもちろんですが脂肪の多さを確認したり浮腫の度合いを確認して減らすことをしたりしていくのは基本的な事なんですが当院では検査することをしたらわかったことがあります。

骨盤矯正をする前にわかったということは最近は多くの方が寝ているようで眠れていないので眠れていない方ほどまた眠りが浅い形ほど起きている現象があるということなんです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているんですが眠りというのは脳が休養とって眠れていないと寝ているとは言えません。

誰が見てもスースー寝息を立てている状態でも人はただ単にそれだけを見て寝ていると判断しますが寝ているということは脳が寝ていない限りは出ていません。

眠りは見た目だけでは判断できないんです。

眠りは見た見た目だけでは判断できないので どうすれば判断することができるのかということがありますが判断するものはありません。

昔は眠りと言うと 目を閉じた目ん玉が動いていれば浅い睡眠で 動いていなければ深い睡眠だということを言っていましたが院長が確認してみるとそういう状態のものもありますがそれだけではないということが分かっています。

院長が頭を触ると眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということはすぐにわかりますので眠れていない方ほど脳は祝っていき脳疲労になって脳衰弱になると痛みやコリを感じないという方はまでいます。

骨盤矯正に訪れた方の多くは院長から体調はどうですかと聞かれると全員が体調はいいですとか調子は悪くありませんとか言いますが検査するとすぐに分かります。

眠れていない方ほど脳が弱っていますので脳が弱ると痛みやコリに鈍感になり感じなくなっていきます。

例えばインフルエンザウイルスが体内に侵入して増殖している状態でも脳が弱っていれば熱を上げることもなくインフルエンザの症状が出ることもなく何も感じない状態が隠れインフルエンザだと言っています。 隠れインフルエンザというのは脳が弱ったために発症させるための元気がなく細菌やウイルスを減らすことができない状態のことです。

骨盤矯正をしていくときに脳が弱った状態で渡った瞬間に小さくなった言葉はもう元に戻り浮腫が大きくなり瞬間的に崩れていきます。

骨盤矯正をしていく時には骨盤を小さくすれば良いというわけではなく体調や疲れやストレスの蓄積や睡眠負債状態の確認と治療をしていかなければ維持することはできないのは当然だと思います。

 

北九州市小倉 で人気がある 骨盤矯正 をしています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!