小顔矯正とは

小顔矯正 とは 顔を小さくしていくことが小顔矯正なんですが 顔を小さくしていく小顔矯正とは どういうものを言うのか、どうすれば顔を小さくすることができるのか ということが一番の問題になります。

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには 痛くないのか怖くないのか 顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが多くの方は、ただ顔を小さくしたいと言うだけを想って予約されますが小顔矯正の意味を知ってもらうためにも説明をしていきたいと思います。

小顔矯正というのは顔を小さく見せるのではなく顔を小さくしていくことをしていますがどうやれば顔を小さくすることができるのかまた顔が小さくなっても維持することができるのかという疑問が生まれてくると思います。

小顔矯正をしていくときには顔の骨を小さくすることができないと本当の意味で小顔矯正とは言えません。

顔には何があるのかということを消去法で説明していくと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しかありませんので この五つのうち何をしたら顔が小さくなるのかということを考えなければいけません。

顔の皮膚や皮下脂肪や筋肉などを減らしたり引き締めたりすることでも顔が小さくなります。

顔にできてしまったむくみや脂肪を減らすことでも顔が小さく見えるしかも分かりませんが それだけでは変化は小さく顔が小さくなったと言えるレベルではありません。

ではどうすれば顔を小さくすることができるのか。

当院の小顔矯正は電気や機械を使うことなく手の技術力のみで顔を小さくしていくことができる小顔矯正をしています。

小顔矯正をする前に

小顔矯正に入る前に 当院では必ず顔を触って大きさや幅などを覚えてもらうことをして小顔矯正に入るようにしていますが 他人がメジャーや計測する機械で測ったりすることもなく ご自分の両方の手のひらを顔に当ててもらって大きさや幅を覚えてもらって小顔矯正に入るようにしています。

他人がメジャーなので測ったりすると位置が違ったりきつく測ったりゆるく測ったりという色々なことが起きてしまいますのでご自分の両方の手のひらが一番分かりやすいと思いますし比べやすいと思いますからご自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを覚えてもらえて小顔矯正をした後と比べてもらうことをしています。

しかし、この触り方は簡単なことではありませんのでただ手を当ててしまってわかったつもりになっている方は顔が小さくなってもわからないという方がいますから小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も変わる小顔矯正はありませんので顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという風に顔が小さくなっていくものです。

仮に顔が1 CM 小さくなる小顔矯正をしてその1 CM の変化が分かるように触っておいて欲しいんですがただ手を当てただけでは何も感じていませんから触る時には感じようとして触らないと頭が働きませんから頭が働かないとどんなに小さくなってもわからないという方がいます。

顔を触る時には顎の部分で両方の手首を合わせて 手のひらと指を顔に密着させて手のひらや指が浮いたところがないか鏡で確認をしてください。

手のひらと指がうまくを触ることができたら左右差を感じようとして 目を閉じてください。

目を開けたままでは頭は働きにくく感じることができませんので目を閉じて視界を塞いで顔を触るとわかるようになりますので 目を閉じたら左右差を感じます。

例えばですけど右の顔全体が大きいとか左の一部分の顔が大きいとかさ顔は必ずしも左右が対象ではありませんので左右差があります この左右さをわかるように触っておいて覚えてください。

小顔矯正に入る前に 2度ほど顔の触り方の練習をしています。

小顔矯正

小顔矯正に入る前に2度ほど練習をして小顔矯正に入っていきますが東員の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないし強くもないマッサージするような感覚で顔を揉んで行くと顔が小さくなるという特殊な技術を持っていますがマッサージをしているわけではありません。

実際にマッサージをして顔が小さくなると思ってもいませんしマッサージをしているわけではありませんが本当に誰が見てもマッサージをしているようにして顔を揉んで行くと顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので一番近い説明をするとマッサージ感覚で小顔矯正をしています。

マッサージをするような感覚で顔を小さくしていくことができるので痛くもないと思いますし怖くもないと思いますので安心安全で顔を小さくしていくことができますがマッサージ感覚といっても顔が小さくなる小顔矯正ですから顔のむくみや脂肪を減らすことはもちろんなんですが皮膚を引き締めたりすることも当然ですがそれ以上の小顔矯正ができるのが当院の特徴です。

しかし顔のむくみや顔の脂肪を減らすことも顔が小さくなることになりますがそれ以上に顔を小さくしていくことができるのが当院の特徴なんですが他はどこを調整すれば顔小さくすることができるのかということなんですが顔の骨を小さくすることをしています。

顔の骨を小さくするというのは危険なことと思うかも分かりませんし危ないことと思うかも変わりませんがそれは違います。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていくときには 骨を小さくすることをしていますが多くの今まで来られた小顔矯正を希望されて当院に予約された方の全てが顔にトラブルを抱えています。

どんなトラブルかと言うと骨が炎症を起こして 肥大して変形を起こしているということです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますが検査をしてみると実際に骨の炎症や腫れがあって骨自体が肥大しながら変形しているということが分かったからです。

骨が炎症を起こして肥大して変形していると顔周辺にむくみや脂肪が多くなってしまい肌の荒れ や肌のツヤがなくなってしまったりということがありますので特に顎の部分は大きく変形している方が多くいます。

顎の部分が大きく変形をしていると 顔が大きくなり顎のラインがすっきりしなくなりますので正常に戻していくことができれば顎の部分はすっきり細く引き締まっていきます。

顔の骨の矯正というのも正常に戻しているだけですから 危険なこともなく安心安全で顔を小さくすることができるのが当院の特徴なんですが多くの子顔矯正をしている他の治療院ではこういうこともできないし検査することができなければどういう状態になっているのかということを見つけ出すこともできないと思います。

小顔矯正をする時には検査をすることをしていますので検査をしてみて異常のある部分を見つけてそれを小さくすることができれば顔全体が小顔になって 行きます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をするときには自分の両方の手のひらで顔の大きさを覚えてもらって小顔矯正に入りますがマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができるので検査をしてみて異常のある部分を見つけて正常に整えていくことで顔が小さくなるという小顔矯正で小顔矯正が終わった後に 自分の両方の手のひらをもう一度、顔に当ててもらって小さくなったということが分かるようにしているのが当院の特徴です。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員が顔にトラブルを抱えていることが多くありますので 骨の矯正ができるのは当院だけの特殊な治療技術の成果だと思いますので初回から顔が小さくなり評判のいい 小顔矯正をしています。

 

北九州市小倉 小顔矯正 をするなら ボキボキしない痛くない小顔矯正をしている30周年になる徳力整体院。