小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正

ボキボキしないから評判の良い人気がある 小顔矯正

当院の院長がしている小顔矯正は初回から顔が小さくなることで 人気のある 小顔矯正をしています。

小顔矯正をするときには自分で顔の大きさを触って覚えてもらうことをして比べてもらうことをしていますので今まで全員の方が顔が小さくなっています。

しかし1回で終わる子顔矯正というものはありませんので顔だけではなく体を整えていくことでむくみが脂肪が減っていき体が細くなっていくという全身矯正による小顔矯正もしていますので初回から顔が小さくなったからといって満足することもなく体から整えていかなければ維持する力、持続する力はありません。

今まで小顔矯正を受けに来られた方からよく言われることがありますが顔が小さくなっても持続する力や維持する力はありますかと質問されますが院長はこの答えの時には体調の状態を検査することをしてみると維持する力屋を持続させる力がないということが よくわかります。

小顔矯正をして顔が小さくなってもいいすることや持続させる力というのはご自分の体調に深く関係していますので体調が悪ければまた調子を落としていればまた疲れやストレスが溜まっていたりすると維持する力や持続させる力はありません。

自分の状態の体のことを見てみると多くの方が最近夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっていますがただ目が覚めないから寝ていると思うのは大きな間違いなんです。

目が覚めないから寝ていると思う方や 夢を多く見るという方も多くいますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めない方の場合は さめないからといって寝ているという風には思わないでください。

朝まで目が覚めないから寝ている目覚まし時計で目が覚めるなどと思う方は目が覚める瞬間に夢を見ているという以外の睡眠の時間はどうなっているのかということは寝ている本人には分かりません。

また本人だけではなく他人から見ても家族の方から見てもスースーに息を立てている状態で気持ちがいい睡眠をしていたよと言われていても体が横になっていてスースー寝息を立てているだけで見ていますので脳の中のことまでわかっていません。

眠りと言うのは脳が寝ていることなんです。

寝ているということは脳が休養とって寝ていることなんです。

脳が休養とって寝ていない限りはどんなに横になって寝息を立てていても眠っているわけではなく脳が活発化した状態で寝ながら考え事をしている睡眠になっていることが多くあり睡眠負債状態になっています。

顔の小ささを維持する力

小顔矯正をしても維持する力屋持続させる力というのは自分の状態にありますので一番多くは体調が悪いことなんですが最近は多くの方が眠りが浅く睡眠負債状態を抱えていますので寝ているようで眠れていませんので寝ていないとどうが弱っていき脳が疲弊していき脳が衰弱状態になってる方も多くいますので衰弱状態になればなるほど衰弱に近づけば近づくほど痛みやこりもわからなくなり体調がどんなに落ちていてもわからなくなります。

小顔矯正を希望されて訪れた方に体調はどうですかと院長が聞いてみると体調はいいですと全員、帰ってきますが検査をしてみるとそんな状態じゃない方が多くいます。

体調が落ちるということは疲れやストレスが溜まっていくということなんですが疲れやストレスというのはどこにたまるのかということに大きな原因があります。

体調が落ちるということは疲れやすですが溜まることが原因なんですがこの疲れやストレスというのがどこに溜まっていくのかという問題なんですが疲れやすいですがたまっていくということは筋肉にも止まりながら その何十倍の奥の疲れやストレスが内臓に蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に蓄積してしまった疲れやストレスということで体の内部から崩れていきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのはどんなに小顔矯正をしていく時には点滴になっているか邪魔になっているかということが小顔矯正でも多く見受けられるんです。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくと説明しましたが内臓といっても病気というわけではないという状態で疲れやストレスが内臓に溜まっていきます。

例えばですけど体重100 kg の方がいるとしたら65 kg は水分なんです。

水分がなにかの異常を起こすということはありませんので後残ったものは骨の重さ脂肪の重さ筋肉の重さ自体の重さそして血管や神経やリンパ管などの重さしかありませんし、あと残ったものは内臓や中枢神経系しかありません。

つまり筋肉にもたまりながら多くは内臓に蓄積していきどこの内臓にどれくらい多く疲れやストレスが溜まったかで痛みやこりが起きることが違うわけですけどこれに脳のよわりが重なった状態の方が多くなっていますので脳が弱って行けば行くほど眠りを浅くなり睡眠負債状態になり寝ながら考え事をしている睡眠になるんですが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていても気がつかないし背骨のズレがどんなに大きくなっていても気がつくことはなく限界までためてしまってやっと痛みやこりになっていきます。

普通は限界まで疲れやストレスをためてしまわなくても 何かの症状を感じなければいけませんが限界になるまで限界を超えるまでわからないような状態では顔の小ささを維持することは困難だと思います。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時にはボキボキもしないし痛くもない怖くもない小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなると評判の良い小顔矯正です。

小顔矯正をしていく時には院長が顔をマッサージするような感覚でもんで行くと顔が小さくなるという特殊な技術を使いながら小顔矯正をしています。

単純にマッサージをしたり顔を揉んだりしてるだけで顔が小さくなることはない小顔のむくみが減ることもありませんし脂肪が減ることもありませんが院長がマッサージをするような感覚で小顔矯正をして行くと顔が小さくなって脂肪が減ったりむくみが減ったり特に顎のラインがすっきり細くなっていきます。

当院の院長も小顔矯正をして30年以上の臨床経験と研究をしていますのでいつも小顔矯正の技術を磨くことをしているのでマッサージをするような感じで顔を揉んで行くと顔が小さくなるという特殊な小顔矯正ができます。

小顔矯正をする時には

当院では小顔矯正をする時には小顔矯正に入る前に自分の両方の手のひらを顔に当てて触って大きさや形などを覚えてもらうことをして小顔矯正に入りどれくらい小さくなったかということをお見せできるようにしています。

小顔矯正の前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴なんですがこれにも自信があるからできることです。

小顔矯正をする時に顔が小さくなる自信がないとこういうことはできませんので地震があるから一回一回顔を比べて大きさを覚えてもらうことをしています。

小顔矯正と言っても一回で終わることはありませんので顔が小さくなったからといって喜んでばかりはいられません。

小顔矯正をしていくときには 体も整えていたり疲れやストレスの蓄積を減らしていくことをしていくと体が細く脂肪やむくみも減っていきますので 顔が小さくなると同時に身体全体がスリムになって行きます。

当院の小顔矯正は院長が小顔矯正をしていきますが30年以上の小顔矯正の経験があるしいつも研究しているので技術力の向上のため簡単にしているようにしか見えませんが簡単な技術ではありません。

 

北九州市小倉 で顔が小さくなる 小顔矯正 をしています

コメント

error: Content is protected !!