頭痛を解消

頭痛を解消

頭痛を改善しようと思うなら薬ばかり使っていても原因は進行してしまう場合がありますので原因を見つけ出すことから頭痛を改善していくようにしています。

頭痛と言うと多くの方が頭痛薬などの痛み止めを用いていることが多くありますが頭痛薬というのは一時的にない痛みを楽にしていることをしているだけですから原因を探すことなく症状を緩和していくようにしないと頭痛には頭痛を起こしている原因があります。

確かに頭痛薬を服用すると30分ぐらいで効果は表したりすることが多くありますが頭痛にはどうして頭痛が起きたのかということが原因としてありますので原因から改善していくようにしないと 原因もいつまでも同じままではありません。

当院では頭痛の方がよく来られていますが多くの頭痛の方は起きている原因が同じような感じになっています。

頭痛の方の共通して起きていることというのは脳の疲労です。

脳疲労から頭痛

最近多くの方が当院では検査をすることができますが検査をしてみると脳疲労が強く起きている方ばかりです。

脳疲労というのは起きる原因がありますのでその原因として一番に考えられていることは 眠りにあります 眠りと言っても寝ている方は分からないと思いますが無理が浅い方が多くなっていることが頭痛の原因になっています。

眠りが浅いと脳はどんどんどんどん弱ってイキ疲れやストレスを溜めていくということが起きていきますので脳疲労が起きれば起きるほど頭痛になりやすく偏頭痛なども起きやすく急に頭痛になったり頭が痛くなったりということで起きていきます。

最近、多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りというのは脳が休養とって休むことを言います。

脳から寝ていることが睡眠ということですからノーから寝ていない方は眠れていないということで脳にどんどん疲れやストレスが溜まっていき脳の緊張状態や脳が興奮してしまうということが起きていきます。

脳が興奮してしまった彼は 寝つきが悪く寝ようとしても1時間も2時間も3時間も眠ることができません。

脳が緊張してしまった彼は寝ようとするとしばらくは眠れますがすぐに目が覚めてしまったり夜中に何回も目が覚めてしまって1時間も2時間も3時間も眠れないという方が多くあります。

夜に寝ようとする時間ですぐに眠れる日朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていることが頭痛を起こしている原因にはなっています。

最近は多くの方が夜、寝ようとするともうこんな時間だから寝なきゃという感じで寝ている方が多くなっていますがこんな状態で眠れるわけはないし寝ようとする時間にあくびが出ていない限りは眠れていませんし眠れていないのに日常生活をしているということが負担になっているということまでわからないという方もいます。

眠れてなかったり眠りが浅かったりすると体は異常にだるかったり体調を落とすということが多く昔はありましたが今の方はほとんどの方がハイテンションになっていますのでハイテンションになればなるほどあくびも出ないし朝からすぐに眠れていないのに動けます。

夜寝ようとする時に

夜に寝ようとする時にはいつも同じ時間に寝ている方でしたらあくびが出なければ眠る準備ができていませんしどんなに朝良い眠りができていてもあくびが出なければ本当の意味で脳が休養とって寝ていません。

寝ていないと体調はどん底のような体調を示しているのにハイテンションになっていることが原因で興奮状態に陥りますので興奮状態や緊張状態が高まれば眠りができない状態が起き日常生活でもすぐに動くことができます。

しかし、こんな状態を続けていたら内臓も疲弊状態が大きい衰弱ということもありますし顔色が悪かったり顔色がひどかったり顔色が黄色っぽいという形まで多くなっていますので色々な内臓にも負担がかかっているということがあります。

眠れていなければ休養とって昼間でも寝るということが大切なんですがハイテンション状態のために興奮状態に陥りますから興奮状態になればなるほど動けますし元気だと勘違いしてしまっています。

今年のインフルエンザにあったようにインフルエンザになっていることさえわからずに発症もしないで人に感染を映してしまって動き回っているかが隠れインフルエンザという言葉が代表的な例になります。

インフルエンザや風邪というのも脳が弱っていると発症もしないし熱を上げることもできません。

インフルエンザウィルス風邪の細菌が体内に入って増殖傾向を示すと脳が感知して熱をあげたり風邪の諸症状やインフルエンザウイルスの症状を起こしていきますが脳が元気だから発症することができますし熱を上げることができます。

インフルエンザウイルスや風邪の細菌は熱を出すことはありません。

脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に侵入したらインフルエンザにかかり高熱が出て関節やだるさが起こります。

脳が元気だから 風邪の細菌が体内に侵入して増殖していくと熱が出て最近を殺そうとまた減らそうとして高熱が出て関節が痛くなったり重たくなったり体がだるくなったりしています。

皆さん勘違いしてる方が多くいますがインフルエンザウイルス薬風邪の細菌で熱が出ているわけではない 細菌やウイルスが増殖しても脳は祝っていれば人は何も感じませんし何も起こりません。

頭痛というのは頭のよわりや疲れやストレスが溜まった状態で起きていきますので疲れやストレスを改善して行かない限りはいつまでも頭痛が急に怒りやすく薬を飲んだり痛み止めを使うということが多くあります。

そのうちにそれだけでは済まなくて薬を飲んでも効果がなかったりということが起きて体調を崩し脳出血や脳梗塞に連なることもあります。

頭痛を楽にするなら

頭痛を楽にしていくためには 脳の状態を検査することをしていかなければいけませんがノーと言っても病気というわけではなく脳の弱りや脳に溜まった疲れやストレスが原因ですから脳の状態を把握しながら脳が元気になるように緊張や疲れやストレスの蓄積した状態が減るようにして脳を元気にしていきます。

最近は本当に眠りが浅いという方が多くなっていますので寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が多くなっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い睡眠ですので脳が寝ても売れているわけではないし体調も眠れてなければいいわけはありません。

脳が弱れば弱るほど骨盤の歪みは骨盤の開きが起きても何も感じません C 何も起こりません

脳が 弱ることが原因で背骨のずれが大きい場合によってはさらに広がった状態が椎間板ヘルニアが起きていても何も感じていないという方も多くなっていますので脳の弱りというのは大変なことを起こしていきますし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのは内臓に蓄積した疲れやストレスが原因ですから疲れやストレスも溜まりすぎていると ただ単に疲れがまた疲れストレスが溜まったということではすまないこともあります。

脳が弱ったから頭痛になります。

体調を落としたりすると頭痛になりやすくなります。

何も原因がなくて頭痛が起きることはなく起きている原因を見つけることなく痛み止めを使うことは危険です。

頭痛が起きる時にはボディランゲージと同じで警報を鳴らしていますので警報をスイッチだけ切って止めることなく火元を探すようにしたほうがいいと思います。

 

北九州市小倉頭痛を解消いたします。