人気ある肩こり解消法

肩こり を改善していくためには筋肉のコリから改善していくようにしますが筋肉のこりという言葉は意味不明な言葉です。

肩こりを起こしている筋肉のコリというのはどういうことが起きているのかということを簡単にすぐに説明できる方は少ないと思います。

肩こりを起こしている筋肉のコリというのを説明していくときは筋肉が緊張していることを言っていることだと思います。

筋肉が緊張しているとリンパの働きも悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていますのでこの現象が筋肉のコリつまり肩こりだと思います。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったり流れが悪くなったり老廃物が多く溜まったりするということは起こりませんので筋肉が硬くなったりすることで緊張することでもリンパの働きに影響出してしまうということは起きていると思います。

筋肉のこりが起きて緊張になって緊張すると筋肉は硬くなっていきますので硬くなることがリンパの働きを悪くしてしまい循環を滞らせてしまうということが起きるということです。

筋肉のこりが起きてしまうということは 筋肉疲労が原因の場合が多くありますのでいつもいつも使う肩や腕の筋肉ということなので筋肉の疲労がいつのまにか 蓄積してしまって筋肉も疲れをためていき筋肉疲労になります。

何気なく腕や肩を使うことで力が入りますのでこの力が入ることが筋肉疲労につながっていき積み重なったものがいよいよ肩こりとして出てきます。

最近は多くの方が携帯やスマートフォンを扱うことが多くありますので細かいところにタッチしたりすることでも腕や肩の筋肉を使って緊張させていることが多くありますので緊張の連続が日々積み重なった状態が肩こりになっていきます。

仕事上でも色々肩や腕を使っていますので肩や腕を使えば使うほど肩こりになりやすくまたパソコンなどのキーボードというのは大変肩や腕に力が入っていますので力が入ることで筋肉疲労が起きて肩こりに進展していきます。

掃除をする時でも肩や腕に力が入った状態で掃除をしたりきれいにしますので腕や肩の使うことが多くなればなるほど積み重ねで肩こりにいつのまにかなっていきます。

美味しい食事を作る時でも包丁で野菜を切ったり切りにくいお肉を切ったりすることでも肩や腕を使っていますから筋肉に力が入ることでも筋肉疲労が大きいゆくゆくは肩こりになっていきます。

何かをしたら疲れが生まれます

車の運転をしている時でもハンドルを持つことで維持する力が大きく働いていますので維持する力が働けば働くほど動かさないというよりも力が入りぱなしなので肩こりになっていきます。

寝る前にテレビを見ながら横になっている時もて枕などを使っていると首や肩の筋肉に緊張が入ったままになっていますから筋肉に力が入った状態ですから肩こりになります。

いつのまにか肩こりを起こす筋肉疲労が積み重なっていきますので 次第に肩こりが 起きやすい条件が整っていくことで肩こりになっていきます。

筋肉疲労で起きる肩こりというのが多くありますが筋肉のこりだけで起きる肩こりというのはありませんのでそれ以外にも肩こりになるものがあります。

コリを起こすもうひとつの理由として考えられているものは背骨の歪みです。

背骨の歪みが起きると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動くことで引っ張られたり緊張したりということで肩こりになるということも起きますので筋肉のこりだけで起きる肩こりというのはあまりありません。

逆に筋肉が緊張したり硬くなることで骨が歪んだりすると考えられることを言われる先生もいますが筋肉から骨を引っ張るということはよほどのことがない限りは中枢神経系を守っている背骨が簡単に動いたりすることはないと思います。

背骨というのは脳から伝わる脊髄が入っていますので脊髄を守る役目を負っているのが背骨ですから背骨が簡単に曲がってしまったら中枢神経系の脊髄を守ることができないと思います。

しかし背骨が歪んだりするというのは現実に起きますからどうして背骨の歪みが起きるのかという原因があります。

骨の歪みが起きる原因は疲れやストレスの蓄積です。

体に多くの疲れやストレスが溜まりますが筋肉にも疲れやストレスは溜まりますがさらにその多くの疲れやストレスというのはある場所に溜まっていきます。

この疲れやストレスが最大に溜まる場所というのは内臓です。

内臓といっても病気ではありませんのですぐなんでもかんでも病気と結びつけるのはやめてください。

疲れやストレスが溜まるというのは内臓でも溜まっていき内臓に溜まることで内臓が腫れたり終わったりということが起きていきます。

内臓に疲れやストレスが溜まることで多くの 骨盤の歪みや背骨のずれや首の骨の歪みということも起きていくのが事実です。

しかし内臓の病気ではありませんので病院で検査をしてみても異常が見つからないと思います。

仮に病院に行かれて色々な検査をされてみて異常が見つかればもうその内臓は病気になっているということです。

しかし肩こりというのは病名であって病気ではありませんので病気というのを説明することもないし病気を治療するということもしていません。

肩こりというのは病名であって病気ではありませんが症状の一つのものです。

肩こりを起こしている時には体に疲れやストレスが溜まっていき内臓にもさらに疲れやストレスが溜まって蓄積した状態で背骨の歪みが起きていきます。

姿勢などで背骨が歪んだりずれたりするということはありませんので 姿勢が悪かったり猫背になったりということで背骨が歪むことはありませんが姿勢が悪くなったり猫背になるのは体調が落ちて疲れやストレスが溜まっているせいです。

姿勢でも猫背でも

疲れやストレスがたまりば貯まるほど溜め込んでしまうことができますので姿勢が悪くなったり猫背になるということは当然あります。

疲れがストレスが溜まっているのにまっすぐな正しい綺麗な姿勢を保つことはできないと思います。

しかもお疲れやストレスというのは先ほど説明したように内臓に溜まっているわけですが肩こりに一番関係する内臓というのは心臓や肺の弱りからです。

心臓や肺の弱りというのは病気ではありません。

内臓に溜まった疲れやストレスということを言っているわけですから心臓や肺外を破れば破るほど最近は多くの方が咳が長く続いたり肩こりが起きたり手の痺れが起きたり 息苦しさが起きたり胸苦しさが起きたりということがあったり時々心臓のあたりがチクッとするのが一瞬あるということが起きやすいというのがあります。

だが起きても病院で検査しては病気ではありませんので内臓疲労から起きる歪みが原因です。

全ての色々な痛みやこりというのは内臓に蓄積した疲れやストレスが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

当院では背骨矯正や関節矯正の専門家ですからただ関節や背骨のズレや骨盤の歪みだけではなくどうしてその歪みやズレが起きたのかという内臓の調整まで治療を項目に入っています。

最終的には内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですからその関係する内臓の部分を触ってみると内臓が炎症を起こしていたりハレたり背中が高くなったりということが現実に起きています。

背中から肋骨のあたりを見てみると異常にでこぼこしていたり横に出っ張っていたりということが起きていますがこれらは全て内臓の疲れやストレスが原因で起きている現象です。

 

 

 

北九州市小倉 で肩こりを楽にすることをしています。

当院では検索で「北九州 肩こり」と「北九州市 肩こり」と「小倉 肩こり」と「肩こり 小倉」でも人気があります。