浮腫み

浮腫みを減らしたいなら

浮腫み を減らしたいと思う方は多くの方が思っていることです。

浮腫みというのはどこから起きるのかということを探らないと むくみを根本的には減らしていく方向に向かわせることは大変難しいようです。

最近、体がむくんでいるなと感じる方は体が重たいとか体の皮膚の部分をつまんで見ると浮腫みが多いと感じる方が多くいますが浮腫みというのはどういうことを含みというのでしょうか。

浮腫みというのは水が入っているという感じだと思いますがリンパの働きが悪くなっているのか老廃物が多く溜まっているのか代謝が悪くなっているのかということがありますが浮腫みというのは多くなればなるほどむくみが増えてしまいますし、浮腫みが増えることで脂肪になる可能性もある部分のことを言います

浮腫みを感じる方や浮腫みが多いと思う方は水を飲んでもむくみが増えてしまうということを聞くことがあると思います。

浮腫というのはどうして多くなってしまうのかということはありますがむくみというのは脂肪になる前のリンパ液のことです。

またリンパ液だけではなく実際に脂肪になっている部分もあると思いますからリンパ液と脂肪と言った方がいいかも分かりません。

浮腫というのは本当は抽象的な言葉ですから脂肪なら脂肪、リンパ液ならリンパ液と言った方が説明するときに分かりやすいと思いますが普通一般的に浮腫という言葉を使っているので浮腫みとして説明を続けていきます。

浮腫みというのはリンパ液と 脂肪が混在した状態のことを言いますので脂肪があってリンパ液の滞留があって老廃物が多く溜まっているということが浮腫みです。

ではどうして浮腫みが増えてしまうのか。

食べ過ぎで浮腫みが増えるのか。

運動しないから浮腫みが増えるのか。

代謝が悪いから浮腫みが増えるのか。

栄養の摂りすぎで浮腫みが増えるのか。

いろいろなむくみを増やす原因として挙げられるものはいろいろありますが 基本的なことを説明しているものはなく抽象的なことばかり説明をしていることが多くあります。

当院の院長はむくみを改善した時には検査をすることを重要視しています。

むくみというのを検査したりすることではなく検査する項目というのは体の状態の項目です。

体の状態の項目というのはいろいろありますが

一つは疲れが溜まっていないか。

ストレスが溜まっていないか。

体調は良いのか悪いのか、悪ければどれくらい悪いのか。

寝不足状態を続けていないのか。

睡眠負債が多くなっていないか。

脳疲労が重なっていないか。

骨盤の歪みが起きていないのか。

背骨のズレが起きていないのか。

内臓の働きが悪くないのか。

代謝がしっかりとできているのか。

リンパが滞留して老廃物が多く溜まっていないか。

などの検査項目があります。

全部を一度に検査することはありませんが全て総称して快調という状態になっていますので体調や調子の状態を検査することを優先して判断を続けていきます。

最近は多くの方々の状態と調子の状態を合格することはできていないくらい調子が体調を落としている方ばかりです。

自分で思っていないほど悪くなっているので体調が悪いですねと院長が入っても信用しない方もいるくらいです。

体調というのは痛みやコリがなければ体調がいいのかということがありますが痛みやコリを感じないまでも体の状態を調べればすぐにわかります。

疲れやストレスを感じていない方も疲れやストレスから起きる状態を検査することで判断することができます。

つまり浮腫みというのは体調が悪ければ悪いほどどんなことをしても増えやすく減りにくいのが実情です。

浮腫みを増やそうと思うなら寝不足をいっぱいすればいいです。

浮腫みを増やそうと思うなら体のストレスを多くためれば浮腫みが多くなります

浮腫みを増やそうと思う方は 体の蓄積した疲労をさらに多くしていけばむくみが多くなり脂肪になっていきます。

浮腫みを増やす原因として挙げられるのは多くは疲れやストレスが 多く蓄積していき 骨盤の歪みやズレ背骨のズレとして起きた状態で浮腫みが多くなっていきます。

浮腫みを多くする原因は精神的なものも関係していきます市精神が不安定状態になったりイライラすることが多くなると食欲は異常に増していきますので食べ過ぎた状態が起きていきますから食べ過ぎれば食べ過ぎるほどダイソー肥料に繋がっていきますので内臓疲労から起きる浮腫みというのが多くなります。

ですから精神的に頭痛が起きやすい方や イライラしやすい肩や頭がぼーっとしやすい方などはむくみやすいということが挙げられますしそういう方が眠りができているとは考えられません。

最近は多くの方がむくみの改善に訪れていますが頭を触ったりすることで検査をするとわかりますが眠れていないなということがよくわかります。

院長は30年の経験から頭を触るだけで眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということを判断することができますしそれ以上に検査をすることでも正確さを増すようにしています。

瞬間的に頭を触れば頭の硬さやハリ というよりも頭がしっかりしている状態のものなのかということを判断することができますから眠れていない方はぶよぶよしたり以上に固くなったり変な状態の頭になっている場合が多くなっています。

うまく説明ができませんけど頭を触った瞬間に、こんな頭をしていたら大変なことになるっていう感じの方もいます。

そういう方ほどうまく説明できないとわかってくれないことが多くあります。

最近は多くの方が不眠症状態というよりも睡眠負債状態なっていますので睡眠が返せなくなるほど多くの借金を抱えている方が多くなっています。

お金の借金は高くでなければ返すことはできるかも分かりませんが睡眠負債の借金というのは命との引き換えになりますので返すことはできません。

睡眠負債を簡単に考えてしまうと大変なことになりますので睡眠負債になればなるほど脳が弱っていき脳細胞の急激な現象が起きていき 脳脊髄液の生産量が極端に減ってしまったり汚れたりということも起きていきますし それから起きる変な症状も長期間になることもあります。

最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債という言葉は最近の言葉ですが昔で言えば不眠症です。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったり夢ばかり見るということが多くなるのが不眠症です。

しかし最近の方の不眠症の症状は夜寝る時間になったら眠れているという方が多くなっているのが睡眠負債です。

夜寝る時間になったら布団の中に入ってすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くなっていることです。

夜寝る時間になったら朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは 違うと思います。

目が覚めなければ寝ていると思うのは当然だと思いますが本当の眠りというのは脳から眠る睡眠のことなので 眠る30分ぐらい前からあくびが出るかどうかで多少の判断ができます。

眠りが浅くなる方ほどあくびが出ていないからだし 朝目が覚めてもあくびをすることはあまりなく目が覚めた瞬間にパッと動けます。

睡眠負債状態の形と睡眠負債状態が多ければ多いほどむくみやすく脂肪になりやすくなるのは当然だと思いますから体調が悪くなっているのも当たり前です。

寝むれてもいないのに体調が良い理由はありませんしリンパの働きが働ける理由はありません

北九州市小倉で 浮腫み を減らしたいと思うなら 徳力整体院

コメント

error: Content is protected !!