むくみを解消するためには

当院では 浮腫み を減らしていることをしています。

浮腫みを減らして行こうと思うなら浮腫みの原因になっているものを考えて減らすことをしないと浮腫みは減っていきませんしいくらストレッチや運動をしても浮腫みというのは 運動やストレッチで減るものではありません。

浮腫みの基本的なものというのは運動やストレッチとは全然意味が違いますので浮腫みを減らそうと思うなら浮腫みの原因になっているものから変えていく必要があります。

浮腫みを減らそうと思うなら ダイエットをしてもサプリメントをしても浮腫みというのは大変減りにくいので、それでも意味が全然違いますので、また分野が違います。

浮腫みというのは、どうしてできるのかということになりますので、そこに原因があります。

浮腫みの 起きる理由

浮腫ができる理由

浮腫みやすい原因

どうして浮腫ができる

なぜむくんでくる

浮腫が起きる原因を考えてみると 一つ考えられることは体調です。

誰だって体調が悪くなれば循環が悪くなってリンパの働きが悪くなって老廃物が多く止まります。

どうして 浮腫が起きるのか

浮腫みというのは何だろうか

浮腫が起きる時には浮腫みの原因があって浮腫を起こしていますのでその原因を見つけていくことが一番、浮腫みを解消していくとにつながっていくと思います。

当院で浮腫みを解消していく方法というのは皮膚をつまんで見ると浮腫というのがどれくらいあるかということがわかります。

当院でむくみを減らしていくときに皮膚を大きく摘むようにすると つまめる部分がむくみです。

皮膚を押してみるだけではなく、指と指を 立ててつまむようにすると 浮腫みが分かります。

指を寝かせるとわかりにくいので、指をコの字にしないで指を立てて挟むようにして触ると浮腫みが、どれくらいあるかということがわかります。

浮腫みを触るやり方は簡単と言えば簡単なんですが触り方を教えないと分からない方が多くいます。

浮腫みというのは

当院ではむくみを減らすことを本当にしていますが 多くの方が治療した後にはむくみが減っています。

むくみを減らしていく時には体調を上げて体を整えていくことをしています。

最近は多くの方が体調をや調子を落としていますので 体を整えていくだけでもむくみは減っていきます。

体調を上げる治療というのは大変特殊ですから誰でも他でもしている先生はいませんし当院だけの治療になります。

病院で点滴を打っても体調は上がりません。

病院で薬をもらっても栄養剤関係が主ですから体調は上がりません。

病院で注射を打ってもらっても栄養注射を打ってもらっても体調が上がることはありません。

湿布を貼ったりしても炎症は改善するかも分かりませんが体調が上がることはありません。

体調を上げるという治療は マッサージをしても上がりません。

低周波などの電気をかけても体調を上がることはありません。

整体院やカイロプラクティック院でしているボキボキしても体調が上がることはありません。

元来体調を上げるという治療を研究してそれが実践してできていない方は体調を上げること自体ができていません。

当院では30年以上を対象あげるという治療の研究をしていますので体調をあげるということは検査ができないと体調がどの状態にあるのかどの段階にあるのかということまで分かりませんから基本的にそれだけ考えてもただ治療しても体調が上がっていくことはありません。

体調を上げていくためには体調が良いのか悪いのか悪ければどれくらい悪いのかということを判断しない限りは検査もできないし体調を上げるという治療ができるわけありません。

当院では30年の経験で研究と臨床で精度の良い検査をすることができます。

病院などでも病気の検査をしていますので尿検査や血液検査やレントゲン検査で異常が見つかれば病気という検査をしています。

当院では病気の治療も検査も 薬の投与もしているわけではありませんので当院で言う体調を上げるという治療は超がつくほど特殊なものになります。

体調を上げるというのは検査ができないと体調を上げることができないと言いましたが 最近多くの方が体調が奈落の底のような段階まで落ちている方や限界まで落としている方がいますが 体調を落としすぎている方は 眠りができていない方です。

昔でしたら 寝ようとすると眠れなかったり寝つきが悪かったり 寝てしまっても夜中に何回も目を覚ましたりトイレに行く回数が多かったり 寝ていても夢ばかり見たりという方が不眠症という状態でした。

しかし最近はテレビで入っている睡眠負債という言葉があるように多くの方が睡眠負債状態です。

1度、この睡眠負債状態になってしまうと取り返しができないしお金のように返すこともできません。

睡眠負債が多くなればなるほど 浮腫みやすくなります。

睡眠負債というのは脳疲労や内臓の疲労につながっていきますので睡眠負債が多くなればなるほど 疲労ところではなくなって 疲弊や衰弱という方もいます。

睡眠負債が多くなってしまった疲弊状態や衰弱状態というのは単純にそれだけでは済まないで脳細胞の急激な減少を進行させていきます。

年齢とともに進んでいく現象していく脳細胞の減少であれば 何も起こりませんが 年齢に関係なく進んでいく 脳細胞の減少というのが若年性の病気になって行きます。

若年性の病気になっていくのは脳や内臓ですから 動画 若年性の問題を起こすと若年性認知症や一生治ることがない 問題になります。

一度脳細胞の急激な現象が起きてしまったものは死滅してしまっていますのでもう働かせることはできません。

眠りの睡眠負債という状態は大変強いものですが 多くの方が 睡眠負債に なっていますから睡眠負債が多くなればなるほど大変なことになっていきます。

脳疲労というのは大変多くの方に起きていて睡眠負債状態が多くなっていますのでこんな状態では浮腫みやすいのは当然です。

眠りが浅いのに 体が引き締まっているということはありません。

浮腫みが起きていない方も体を見てみると特に胸元が開いた洋服を着ている方の胸元を見ているとあばらが浮き上がっていて格好悪いです。

つまり骨ばっているということになりますから女性らしさを失っています。

当院では浮腫みを解消していくためには体調から出て整えていくことをしていますが 体の全てを整えていくことをしないと浮腫みは簡単には減ってくれない方が多くなっています。

浮腫みというのは病気の一種ですから 体を治してことを考えないとむくみは根本的に減っていきませんし眠れていないとか体調が悪いのに浮腫みがなくなるということは、まずありません。

体を整えていくことが浮腫みを減らす第一歩です。

体に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことが浮腫みの解消になります。

脳が元気になって眠れるようになることが浮腫みを減らすことにもなります。

内臓から元気になっていくことが浮腫みを減らすことにつながります。

体調を良くすることがリンパの働きを促して老廃物を減らすことにつながります。

体調を上げて良くすることが循環を良くすることにつながります。

基本的な物は体調なので体調がどういう状態まで落ちているのかということを検査していきますが今まで多くの方が来られましたが一人も体調が良いという方はいません。

自分でも勝手に体調が良いと思っているから来たという方はいました。

こういう方に限って検査してみると骨盤は歪みがひどいし 背骨のズレも多くあったり 内臓も腫れ上がってるし 脳も眠れてない状態なので炎症を起こして腫れ上がっている 顔の歪みもひどいという方でした。

脳疲労が強く起きてしまうと痛みは恋に鈍感になってしまって何も感じなくなりますので感じなければ体調が良いと 思い込みます。

体調が良いと思っていて浮腫みが起きていれば大変な病気になっています。

体調を落としていて調子が悪くなって内臓の働きが悪くなっているからむくみが起きています。

 

 

北九州市小倉で 浮腫み を減らすことをしています。