頭痛を楽にしていくためには

頭痛を楽にしていくには頭痛薬ばかり使って痛み止めをしていくのも 構いませんが原因を探って見つけて行って解消改善をしていくことを考えるようにしてください。

頭痛と言うと頭痛薬というイメージが強いために薬ばかり使って痛み止めを 飲んでいる場合が多くありますが 頭痛薬というのは一時的な痛みを抑えるだけで 原因を解消しているわけではありません。

頭痛薬というのは生理痛や歯の痛みと同じように一時的な痛みを作っているだけです。

頭痛薬は 頭痛薬を飲むと 胃で溶かされ 腸で吸収され血液に混ざって全身をくまなく回って行きます。

痛み止めを飲むと痛みがあるところだけに 薬の成分が行くということはありません。

全身に痛み止めの効果が働くのが頭痛薬です。

痛み止めや頭痛薬や生理痛などの薬は全身に聞いていて 症状があるところだけに効くというのはありません。

全身の痛み止めが頭痛薬などの薬です。

頭痛が起きている時は

頭痛が起きている方や頭痛が起こりやすい方は原因があって起きていますのでその一つとして頭痛が起きる時には体調が落ちて悪くなっている時が多くあります。

当院では検査することができますので検査してみて体調の度合いや体調の状態が分かりますがもし体調が良くて起きているということがあれば 大変なことです。

多くの場合、何かの問題が起きる時には体調が悪くなってをしていますのでそれを感じているか感じていないかということの差があります。

必ず頭痛が起きている方は体調を落としていて起きていますので痛みやコリがなくても体調が悪くなっています。

頭痛が起きることは また頭痛が起きやすい方は原因がありますから 首のこり肩のこりも同時に起きていることが多くありますので肩こりから頭痛というイメージもあったり首の痛みや首のこりから頭痛という風に言われる子目の使いすぎで頭痛が起きるということも言われますが全然違います。

頭痛と肩こりと首の痛みや首のこりと目の使いすぎは別物として考えた方がいいと思います。

頭痛や肩こりや首の痛みや首のこり目の使いすぎ が 起きて 頭痛になるということはあまりありませんので重なって重複して起きているという風に考えた方がいいですが総合的に見ても体調が落ちて悪くなっている時にしか起こりませんから。

体調を検査する

当院では30年の経験で検査する技術を磨いてきたのですぐにわかりますが 多くの治療院や病院などでも体調を検査することはできませんから見た目だけで判断するしかありませんし病気ではなければ異常なし健康だということで言われる場合もあります。

30年も経験を積んで臨床を踏んで 精度を高めることをしていますので検査することで色々な物が分かって見えてきます。

当院に来られる初回の方は体調が悪くなっていますので体調が悪いとアクアのボールペンで 体調を書き入れる場合がほとんどです。

体調が良い状態になってくると黒のボールペンに変えますが体調が悪い状態のままでは赤いボールペンで体調を書き入れています。

体調というのは日々違いますし上がったり下がったりしますが最近多くの方が体調が無茶苦茶と言っていいほど悪いかが多くいますけどその悪さを感じているか感じていないかということの差があります。

時々いるのが体調がめちゃくちゃ悪くなっているのにその体調の悪さを感じていないという方がいます。

体調の悪さを感じないと痛みはくりも感じにくく どんなに歪みや椎間板ヘルニアなどが実際に起きていても 脳がそれを感じ取ることができなければ痛みやコリもなく体調は良いと思っています。

検査は正確に

当院の検査は正確にすることができますので どうして頭痛が起きているのかということを探る必要があるし見つける必要がありますのでそのためには体調の悪さから改善していかないと本当の頭痛の原因は分かりません。

頭痛の原因がわからないと 頭痛はの原因はいつまでも同じままではありませんので進行していきます。

テレビで病院の先生が出て行っていましたが頭痛の方の約半数の方は脳梗塞に繋がっていると言っていました。

実際に院長も 、その通りだと思いますけど約半数の方が脳梗塞に連なっているということはなっている可能性が高いということでもあります。

頭痛というのは脳の部分で起きているので脳の部分に今現在は異常がなくても先将来に急激に進行してしまって脳梗塞に連なっているということなので 急激に進行してしまわないといくら病院で検査をしても異常なしです。

人の体は頭痛が起きやすい頭痛持ちだという風にして諦めている場合がありますがこれは全然駄目です。

頭痛を簡単に考えないで

当院では頭痛をその場で楽にすることもできますが楽になったら頭痛が治ったというわけではなくそこから頭痛の原因を探って見つけていくことをしていきます。

そのためには頭痛が起きている 症状をまずは楽にすることから始めていかなければその先には進めません。

頭痛がどんどん進行していく方も 突然、頭痛が良くなる方も全て原因が残ったままになっていますので原因から改善していかないと以前頭痛があったという方も治ったわけではありません。

体に起った異常がそんなに簡単に 治るということはありませんから原因が隠れて潜んでいるという方がほとんどですから頭痛持ちの方や以前頭痛を繰り返していたという方も注意しなければいけません。

頭痛持ちだった方や頭痛を繰り返した方が頭痛が治ったということは何かをしない限りは治りませんし薬では抑えているだけですから直しているわけではありません。

頭の痛みは

頭の痛みが一度起きた時には原因があって起きているという説明をしていますので首の痛みや首のこりでもなく肩こりでもなく目の使いすぎでもないという風に説明しましたので原因があって起きているということを考えるようにしてください。

最近の頭の痛みや頭痛の方の主な症状は眠りに関係していますので 夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いもいいとこですがその 夜に寝たら朝まで目が覚めないという方で眠れていると思っている方が多くいます。

当院の治療はよく頭の部分を触ります。

頭というのは最近多くの方が固く張っていたり表面上はぶよぶよだけどその中にある脳の硬さは異常に硬くなっているという方が多くいます。

脳を触ることは鹿にはできませんので頭蓋骨を通して脳の部分を確認することができますので頭蓋骨の硬さ=脳の問題ということになりますからどうが異常に硬くなればなるほどピリピリ状態や緊張したり 炎症を起こしたり腫れたり腫れすぎたりぶよぶよしたり 熱を持ったりしている脳の方もいます。

頭を触るだけでこの形が本当の意味で寝ているのかという言葉は検査することでわかりますので当院では検査することを重要視して判断をしていきます。

脳というのは大変デリケートなので すぐに治療することはできませんし脳が弱りすぎていれば 変化が大きいとしばらくはふらふらくらくらするという方もいらっしゃいますから脳は急激な変化に対応できていませんので 時間がかかって回数もかかります。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ている。

夜寝たら夢ばかり見たりする。

夜中に何回も目を覚ます。

夜中にトイレに行く。

なんだかわからないけど寝ながら考え事をしているような感じ。

これらの眠りはほとんど脳疲労につながりますので脳疲労というのは脳が緊張したり脳にストレスが溜まったり脳がピリピリしたり脳が興奮したり 異常状態を起こして生命機能を落として行きます。

最近多くの方が 夜寝たら朝まで寝ながら考え事をしている睡眠というのが多くなっていますのでこの寝ながら考え事してる睡眠というのは目を覚めた瞬間目を開けた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

目が覚めないから寝ていると勘違いしやすいのがこの睡眠などで寝ながら考え事をしているという睡眠は妄想に近い状態なのでこれが長いと脳に異常をきたし精神疾患に及ぶ場合が多くあります。

被害妄想になったり鬱やパニックになったりイライラしやすいというのがこの状態に及ぶ場合が多くありますので注意しなければいけません。

 

当院では、行橋市 頭痛、北九州市 頭痛、頭痛 行橋市、頭痛 北九州市などでも検索キーワードで人気があります。