肩こりを楽にするために

当院では肩こり を楽にしていくために原因を見つけて改善していかなければいけないと思っています。

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いために筋肉ばかりほぐしてまたマッサージしたりして解消しようとしていますけどこれでも少しは肩こりが楽になったような感じを装うことができます。

当院の院長は30年の肩こりの改善の経験から 筋肉のこりだけで起きている肩こりはないと思っています。

しかし筋肉をほぐしたり揉んだりしているだけでも肩こりは楽になったと感じさせることができるのは事実です。

多くの治療院では肩こりを改善していく時には湿布を貼ったり病院などでも注射を打ったり薬をもらったりサプリメントや 飲み薬をもらったりということもありますがこれらは全て対症療法的に原因を見つけることなくなく探すことなく 肩こりを改善したように装っています。

その他の対症療法というのは電気治療器低周波治療器やローラーベッドマッサージ機などでもみほぐしたりすることも 構いませんが全ては原因を見つけることなく肩こりを改善したようにしています。

コリというのは

肩こりのこりというのは実際にはどういうことなのでしょうか。

何かをしたら筋肉は緊張したり循環が悪くなることでこれを起こしますがこれは筋肉疲労というこりです。

重たいものを持ったりして またはデスクワークなどやパソコンのキーボードを打つことをしたりして筋肉疲労は確かに起こりますが筋肉疲労が起きれば内臓が正しく働いていれば 筋肉疲労を改善するホルモンが出て 行きます。

しかし体に多くの疲れやストレスが溜まっていたりすると ホルモンも正しく働けないのでホルモンも疲れてしまって正常な分泌ができなくなって筋肉のコリを残したままになっている場合もあります。

筋肉疲労は 冷やしたりすると 解消する場合もありますので洋服の上から保冷剤やアイスノンでちょっと冷やしてみることも必要だと思いますしまた温めたりすることでも一時的に循環が良くなってリンパの流れが解消していきますので老廃物も流れ出していきますからこれが良くなることもありますが。

単純なコリでしたら

単純な栗の場合でしたら腕を回したり首を回したりするとリンパの流れは良くなって循環も良くなって血流も良くなりますので肩こりは解消して行きますがそれ以外で起きているものは首を回しても肩を回しても腕を回しても解消しません。

そして肩こりと言うと運動したりするとかストレッチしたりするということをよく聞きますがそういうことをして良くなる肩こりは軽いものです。

そして湿布を貼ったりして肩こりが良く なったと感じることもあると思いますが、それの時も肩こりは軽いものだけです。

単純な筋肉疲労で起きている場合は腕を回したり運動をしたりストレッチをすることでも多少は改善するでしょうがそれ以外で起きている肩こりの場合は改善もしませんし逆に悪くすることもあります。

肩こり

肩こりを本当の意味で楽にしようと思うなら検査することで色々な状況が見えてくるものがありますので当院では検査をすることを重要視してカタクリの問題が起きているところを本当の筋肉のこりなのか緊張なのかということを検査しながら見ていきます。

筋肉疲労もあるかも分かりませんから筋肉疲労から解消していくようにもしますし検査することで筋肉だけではなくその先にあるものを見つけていくようにしたいと思っています。

歪みやズレから

肩こりと言うと筋肉疲労や筋肉だけで起きているものではありませんのでその先にあるものから改善していかないと肩こりは本当の意味で一時しのぎにしか過ぎませんので注意してください。

肩こりというのはどうして筋肉のコリや緊張が起きたのかという理由があります。

多くの肩コリの場合、歪みやズレが起きるのが原因で起きていますので歪みやズレを改善していかなければいけませんが歪みやズレもどうして歪みやズレが起きたのかという原因が裏側に潜んでいます。

何も原因がなくて 中枢神経を守っている背骨や首の骨が曲がったりすることはありません。

姿勢などでも曲がってしまったら中枢神経を守ることはできませんのでそんなに簡単に曲がってしまったら中枢神経系を守ることはできませんから姿勢で悪くなることはありません。

姿勢で起きるのは

肩こりは姿勢で起きるものではなく 筋肉の緊張や筋肉のこりでもなく背骨の歪みやズレでもなくそのさらにもっと奥に潜んな原因がありますので原因から改善していかなければ肩こりは根本的には良くなりません。

肩こりを起こしている本当の原因は内臓の疲労です。

内臓の疲労ですから病気ではありませんので即病気と思わないでください。

毎日仕事や運動や生活などで肉体的な疲労が起きていきますこの疲労というのは疲れやストレスなんですが疲れやストレスは体に蓄積していきますが体のどこに溜まっていくのかということが一番の問題なんです。

疲れやストレス

体には体重が100キロの人がいたとして 70 kg が水分ですあとの残りは筋肉や靭帯や神経や血管などとあと残りは内臓しかありません。

毎日毎日働いてくれているから生きていられる内臓が疲れたりストレスを溜めたりということで内部的な崩れが起きてしまってその崩れが背骨や首の骨の歪みとして起こります。

この背骨の歪みや首の骨の歪みなどで筋肉が緊張して引っ張られたりしてこりを起こしたりします。

これが肩こりです。

だから肩こりというのは内臓の疲労が主な原因です。

では内臓と言ってもいろいろありますからどこの内臓が一番強く肩こりを起こす原因になるのかということの問題になります。

肩こりを起こしている原因というのは心臓や肺や横隔膜が深く関係する場合もありますしや肝臓なども肩こりを起こす原因にもなります。

例えばですけど時々胸のところが急に痛くなったり息苦しくなったり動悸がしたり胸苦しいとかいうことがあったりトイレが近いということもあったりすることは心臓から起こる問題が考えられます。

または時々急激に咳が出そうな感じになったり温度差があると咳が出たりする時もあるかと思いますがこれらの問題は肺の弱りから起きていますのではいに疲れやストレスが溜まった現象で首の骨がずれたり背骨の骨がずれたりして肩こりになっているということです。

肺の異常が起きた時に横隔膜の異常が起こりますから横隔膜の異常と肺の異常の問題で首の骨と胸の骨がずれを起こします。

これが肩こりになります。

多くは心臓や肺の問題がありますが最近多くの方が寝ながら考え事をしているという睡眠をしている場合が多いので心臓の問題や肺の問題というよりも脳疲労から起きる肩こりもあります。

眠りが浅かったり睡眠負債が多くなったり夢を見るというよりも寝つきが悪いと言うよりも夜中に何回も目を覚ますというよりも眠りの深さが一番の問題です。

眠りの浅さというのは 寝ながら考え事をしているという時間が長くなっている方です。

一番ダメダメな睡眠というのが寝ながら考え事をしている睡眠なんですが目を覚めた瞬間にそれを忘れてしまっているのが寝ながら考え事をしている睡眠です。

夢を見ている方が深い睡眠ですが夢の方が記憶に残っていますけど寝ながら考え事をしてると睡眠は記憶に残っていませんので忘れてしまっています。

当院では肩こり の検査をすることができますので北九州市と行橋市などから多くの方が訪れています。