腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていくためには湿布を貼ったりマッサージをしたり注射を打ったり電気治療器をかけたりという色々な方法があると思いますけど当院では腰痛を起こした原因を見つけて改善していくことをしています。

何事も体に起きるものは原因があるから起きていますのでその原因を見つけて減らしていくことをしていかないと本当の意味で腰痛を楽にすることはできません。

しかし多くの原因は 見つけることも難しいし見つかることもないので対処療法的に一時しのぎをしている治療が多くありますので一時しのぎばかりをしていると原因はいつまでも同じままではありません。

対症療法というやり方は原因などは関係なく原因を見つけることもなくただ痛いところを電気をしたり注射を打ったり湿布を貼ったりマッサージをしたりという方法が対症療法です。

いわゆるを一番簡単な方法が対症療法なのでどうして痛みが起きたのか腰痛が起きたのかということは関係ありません。

本当は原因を見つけていくことから始めていかなければいけない腰痛ですが多くの治療院では対症療法ばかりしていて原因を見つけることもなく痛みがあるとこ腰が痛いところ腰痛があるところに対して何かをしているのが現状です。

腰痛が起きる時は

腰痛が起きる時というのはどういう状態で腰痛が起きているのかと言うともちろん筋肉や靭帯の炎症はありますがそれ以上に骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きていることが多く骨盤が不安定状態になれば体を支えることができませんので体が支えられないと支えられない姿勢をした時に急激な痛みを起こしたりします。

体が支えれない姿勢とは重たいものを持ったり中腰を長くしたり前かがみで何かをしていたり 靴が合わないハイヒールなので長く歩いたりくしゃみをしただけで腰が痛くなったりする現象のことです。

多くの場合 重たいものを持ったことが原因のように言いますが多くの場合これらはきっかけにしか過ぎません。

切っ掛けと原因

腰痛が起きる時にはきっかけと原因があって腰痛を起こしています。

このきっかけと原因の両方が揃わないと腰痛は起こしませんのでどちらかが欠けても腰が痛くなることはなく腰痛は起きていきません。

腰痛と言うと 炎症や腫れというのも伴いますので湿布をしたり冷やすことも大切なのですがお風呂に入ることは逆に炎症が起きている時に温めるということになりますので最悪の状態を招く場合があります。

するタイミングを見余ると 急激に後で痛みになる場合がありますので夜に寝たら朝起きれなくなった動けなくなったということがあります。

何事も痛みというのは炎症や腫れを伴いますので冷やすということが間違いありません。

それもできたら湿布などではなく 洋服の上から保冷剤とかアイスノンを当てた方がいいと思います。

湿布というのは当てた瞬間には冷たいですが後は薬剤で冷えた感じがするだけですから実際に冷やすことが重要になります。

腰痛を知るためには

腰痛というのはきっかけと原因で起こるということを説明しましたがどうして骨盤の歪みが起きるのかという原因がさらにあります。

どうして骨盤が歪んだり骨盤が開いたり不安定になるのかという原因が潜んでいますのでその原因を見つけることが腰痛を楽にしていく方法になると思いますので高音の方法のことを根本治療と言います。

腰痛を起こしやすいか繰り返す方は 悪化させると手術をしなければいけない状態になる場合もありますので注意しなければいけないところですが腰痛を繰り返してる方は脊椎管狭窄症にもなりやすくなります。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因は 体のある部分のようさに関係があります。

この体の良さというのは弱いところに疲れやストレスが溜まりやすくなりますので弱い部分が 腰痛を起こす原因です。

疲れやストレスというのは体に蓄積するということはわかっていますがどこに溜まっていくのかということはわからない方が多くいます師専門家の先生でさえも知らない場合が多くあります。

よくわからないですかっているのが疲れたということだしストレスが溜まったということです。

しかしこの疲れやストレスというのは蓄積する部分にたまって言ってるからそこが問題なんです。

疲れやストレスというのはある部分にたまるというのを説明していますのでそのたまるところが腰痛を起こしてる原因になっています。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こしている原因は 最終的には腎臓に疲れやストレスが溜まった場合で腰痛を起こしていますので弱い腎臓に疲れやすいですが貯まれば貯まるほど腎臓は疲労するところではなく疲弊していきますので腎臓疲弊が腰痛を起こす原因です。

腎臓の弱いかたが腎臓に疲れやすいですがたまりやすくたまると骨盤の歪みが起きたり骨盤の開きが起きたり骨盤の不安定状態になって腰痛を起こしやすくしています。

当院ではよく 腰痛の方が来院していますけど腰の腎臓のある部分がパンパンに腫れて痛いということが多くありますからこんな状態では骨盤が無茶苦茶と言っていいほど開いていたり歪んでいたり不安定状態になっているというのが確認できます。

確認できるということはその腎臓に対しての治療も行うことができるので腎臓が働きが上がれば上がるほど 腰痛は取れて楽になっていきますが病気ではありませんので注意してください。

 腎臓疲労が最大の原因

腰痛は腎臓疲労が最大の原因ですから弱い内臓につまり弱い腎臓に疲れやストレスがたまるとおなかの中にある筋肉のバランスが悪くなって骨盤が不安定状態になってしまいます。

この筋肉のバランスの問題は大腰筋腸骨筋という筋肉になりますので大腰筋腸骨筋という筋肉は股関節から骨盤または背骨に付着している筋肉なのでこの筋肉の左右のバランスが悪くなることが骨盤の不安定性を招きますから腰痛を起こした方はまっすぐ行って立てないということもありますけどこの筋肉が伸びないとまっすぐ立てません。

大腰筋、腸骨筋が炎症を起こしたりすると緊張は高くなっていきますので縮んだような状態になってしまうので腰痛の方は真っ直ぐ立つことが困難になります。

腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にして行く為には骨盤の歪みや骨盤の開き骨盤の不安定性を解消していくことはもちろんですが大腰筋、腸骨筋の筋肉などを調整したりすることは当然ですが腎臓の働きを上げなければいけませんので腎臓に溜まった疲れやストレスを減らしていくことをして腰痛が楽になっていきます。

当院では腰痛が楽になった時点で出来る先の治療ができますので体質改善という治療がをすることができます。

先ほど腰痛は弱い部分にたまると言いましたので弱い部分に溜まってしまった疲れやストレスを減らしたら体質改善という治療で腎臓自体を若返らせていくことができますので若返りの治療が体質改善とも言う子アンチエイジングの治療と思います。

弱い内臓は老化しやすく老化してしまうと最終的には病気になる場合も多くありますので病気になる前にまだ検査して異常が出る前に腎臓を若返らせてならないようにしていきたいと思っています。

北九州市と行橋市で多くの方が腰痛が楽になるために訪れています。

当院では30年になる腰痛の治療をしていますので腰痛の専門家です。

腰痛をよく研究していますが最近多くの方が拗らせている場合がありますのでこじらせている場合は簡単には行きません。