肩こりを楽にしていくためには

肩こりを楽にしていくためには肩こりと言うと筋肉ですがケツの筋肉と言うのは僧帽筋という筋肉などで僧帽筋が緊張したり硬くなったりすることを肩こりと言う場合が多くあります。

肩こりと言うのは色々な原因から変えていますので僧帽筋の筋肉と言うだけで起きる肩こりはあまりありませんので色々なものが重なって肩こりになっている場合が多いようです。

肩こりと言うのは何かの原因があって肩こりになっていますのでその原因から改善して減らしていくんしないと根本的には肩こりは良くならないし一時的に肩こりを感じなくすることは色々な方法でできるかも分かりませんが原因がすべて残ったままになっています。

肩こりをする時には病院などで注射を打ってもらったり薬をもらったりサプリメントを飲んだり湿布を貼ったり低周波治療器で肩を したり マッサージをしたり 肩を揉んでもらったり色々な肩こりをを改善する方法がありますがこれらはすべて一時的な方法しかなりません。

肩こりを改善するためには

肩こりを改善しようと思うなら原因になっているものから改善していかないと肩こりは根本的には良くなっていきませんので一時押さえばっかりしていると原因はどんどん進行していきますので原因が進行したものが先将来重大なものになっていきます。

肩こりを改善しようと思うなら筋肉のコリばかり気にすることなく通して筋肉の凝りが起きているのかということを考えるようにしてください。

何も考えないで肩こりを解消しようと思うよりも通して肩こりが起きているのかということの原因の方が重要になるからです。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いですが筋肉で言うと僧帽筋という筋肉になりますので僧帽筋は首から肩から背中まである大きな筋肉ですが特に上の方の筋肉が凝りを起こした時が肩こりになります。

肩こりを楽にする

肩こりを楽にするためには筋肉のコリをほぐす必要がありますが筋肉のコリ以上に歪みがある場合が多くありますので歪みを矯正したかないとまたすぐに筋肉が凝りを起こしていきます。

肩こりと言うと筋肉のこりと歪みですが歪みも通して歪みが起きるのかという原因があって歪んでいますのでその歪みの原因を見つけていく必要があります。

肩こりが起きる時には筋肉のこりと歪みが重なって起きていますので歪みの原因には歪みの原因がありますからそれを見つけていかなければいけません。

歪みの原因で肩こりに

歪みの原因が肩こりになりますのでどうして歪みが起きたのかということが理由として挙げられますが普通一般的に体に疲れが溜まったと言いますがこの疲れがどこにたまるのかということが肩こりの原因になっています。

肩こりの原因になっているものは体に溜まった疲れやストレスですがこの疲れやストレスというのがどこにたまるのかという事が問題になるわけですがその貯まるところと言うのは内臓に溜まっていきます。

内臓と言っても病気ではありませんのですぐになんでもかんでも病気と言うのを結びつけるわけではなく内臓が弱ったり疲れたりすると背骨の歪みが起きるということが理由として挙げられます。

肩こりを楽にするために

肩こりを楽にするためには内臓に溜まった疲れやストレスを軽くしていく必要がありますが多く溜まれば溜まるほど時間や回数がかかるのは当然ですからどこにどれくらい疲れが溜まったかで歪みの度合いが違って行きます。

北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区、八幡西区、若松区と行橋市と下関市などから肩こりが楽になるために多くの方が 来院しています。