頭痛を楽にする

頭痛を楽にしていくためには頭痛の原因から変えていくことをしないと 頭痛を起こしている原因が影に隠れていますので原因になっているものは病院では 見つかることは少ないようなので病院で見つかる前にまた病気になる前に改善していくようにしています。

頭痛になっている先将来の脳梗塞につながる場合が多いようですから先将来の脳梗塞なのでその予備軍として頭痛が起きている場合が多いようです。

最近見たテレビでも病院の有名な先生が頭痛の方の約半数の方が先将来脳梗塞に連なっているという事を言っていました。

当院の院長もその通りだと思いますので薬ばかりで押さえていると大変なことにつながっていきますので早めの治療をしていくようにしてください。

頭痛の起こりやすい方は

頭痛の起こりやすい方は原因があって頭痛になっていますのでその原因から改善して減らしていくようにしないと頭痛薬などは一時的に今現在の痛みを抑えているだけです。

一時押さえをしてばかりいると原因はどんどん進行していきますので進行したものは簡単には改善できるものではないかも分かりませんが少しずつでも頭痛の原因になっているものを改善して減らしていきたいと思います。

薬と言うのは口で飲んで胃で溶けて血液の中に吸収されていきますけど頭だけに効く頭痛薬はありませんので全身に聞いて痛み止めになっていますのでターゲットを絞って効く薬と言うのは飲み薬ではありません。

その理由が生理痛や歯の痛みと同じようにただ単に言うと痛み止めですから。

多くの頭痛の場合は

最近の方の頭痛の場合は眠りに関係している頭痛が多くなっていますのでね無理というのは眠りが浅いということになって睡眠不足と言うよりも睡眠不足が連続して起こることを睡眠負債と言いますので睡眠負債から起きる頭痛になっている場合が多いようです。

睡眠負債が起きだすともう寝ればいいだろうと言う考えは全然違いますので寝ても寝ても寝だめはできませんから日比野ね無理と言うのが大事ですからこれから先の眠りを改善していくことも頭痛を改善していくことにつながります。

眠りから頭痛

日比野眠りが浅いと言うことは脳疲労が起きていきますので眠りが浅いと脳は弱っていて疲労をいっぱいためてしまいます。

一番大切な中枢神経系であるのーや中枢神経の脊髄が弱ると言うことは日々を着ていますので最大の弱りを起こすのは眠りの浅さです。

メモリの浅さと言うのは多くの方が気が付いていない状態で睡眠負債が多くなっていますので不在を重ねれば重ねるほど返せないほど大きくなってしまいます。

頭痛を改善するには

当院で頭痛を治そうと思うならまず体調からあげていかなければいけませんが体調が落ちていれば落ちているほど老廃物が多く溜まって脳脊髄液の生産量が落ちてしまいます。

体調を上げていくことで老廃物が多く流れていて入らなければいけない血液が脳室に入っていくと脳脊髄液が生産しやすくなりますのでそこから始めていきます。

睡眠負債が多くなっていくとあきらかに脳は弱ってストレスをためて行って疲れをためていきますので脳が垂れていくことで耳の骨が変形起こして耳鳴りやめまいなどが起きる方も多くなっている市夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見たりということも増えていますので寝ている状態も夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思うことは勘違いです。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を楽にしていくことをしています。