膝の痛みを解消する

膝の痛みには原因があります。どうして痛むのか、何かの原因がないのか??ということを考えましょう。

だたの老化現象という事だけではすみません、膝の痛みが起きていない同年代の方がいるからです。

膝の痛みが痛むのは、老化現象という事も考えられますが、これにも原因があります。

膝の痛みがある時に、注射を打って水を抜いたりしているだけで良いですか??

膝の痛みがある時に、注射を打ってヒアルロン酸を注入するだけで誤魔化していませんか???

膝の痛みには原因があるのに、その原因から解消することを考えないで良いですか??という事です。

膝の痛みがあると

膝の痛みがあると病院では、水が溜まっていれば注射を打って水を抜いたりしていると思います。

また、

膝にヒアルロン酸を注射で入れることをしていると思います。

または

低周波治療器などで痛みを散らしていると思います。

あとは、湿布くらいですね。

膝関節は

膝の痛みがある時に、膝の軟骨がすり減って膝の痛み、、曲げると痛いとか、膝の内側の痛み、膝の内側の痛み、階段を上る時に膝の痛み、畳に座る時に膝の痛み、座って立つときに膝の痛み、走る時に起きる膝の痛み、老化現象で膝の痛み、など色々な膝の痛みがあります。

膝の痛みのある方は、まず膝を見てみてください。膝の痛みが片方だけでしたら、参考までに反対側を比べることをします。

痛みがある膝を中心に見てみると、膝自体が大きくなっていたり、ブヨブヨしていたりしていると思います。

いくら注射を打ってもヒアルロン酸をうっても膝を見れば、すべてが現れています。

これを改善していくのが目的です。

医学的な見地では

医学的では違うことを言いますが、膝の痛みを解消している専門家の現場から見れば違います。

膝の痛みの現場担当から見れば膝自体を見てみろと言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で30年になるカイロプラクティック徳力整体院は膝の痛みを原因から解消しています。