胃のもたれ

胃のトラブルは 薬で一時的に抑えることも 大切ですが 原因から改善していかないと悪魔でも薬というのは 一時的に抑えているだけですから 胃は、どんどん悪くなることもあります。

胃の消化液が多くなったりすることも原因があって起きていますのでこの原因から改善していかないといくら胃酸を抑えようとしても 原因から治すことが大切です。

いがどうしても触れたりするのか原因があって起きていますので原因というのは 体に溜まった 疲れやストレスが原因です。

検査で胃の状態がわかる

当院では 体調の検査が出来ますので、 体調が悪いのか良いのかということが 病院でもわからないことを検査することができます。

体調の検査というのは 大変検査することも難しく 簡単なことではありませんが 当院の院長は 30年の経験から 体調を検査することが できます。

病院で 検査することは病気の検査ですから 病気として完成してしまうと 病院で検査をすると 陽性反応が出て 病気になっているということがわかります。

そうすると何らかの治療が始まるわけですから この時にはもう病気になっているわけです。

色々な痛みやコリは病気ではない状態で起きている場合が多くありますので なんでもかんでも病気というのを関連付けることではなく 原因から改善していくようにしましょう。

胃がもたれている時には 背骨の5番目の骨が 歪みはズレを起こしています。

内臓の病気になっても 背骨の 5番目がズレやゆがみを起こしていますし 胃がもたれた時でも 背骨の5番目がずれを起こしています。

必ずに関係する問題が起きている時には背骨の5番目がずれを起こしていますので全てにおいて背骨にも関係があるということがわかります。

つまり胃の問題が起きてトラブル時には 背骨が必ず関与しているということが わかります。

胃のもたれが起きている時には背骨に痛みやコリはなくても 胃の もたれとして起きていますので 胃のもたれも背骨に関与しています。

胃のもたれが起きる時には 体調と体質が関係していますので一つは体調が悪い時に 胃が体質的に弱い方が、 体調が落ちた時に 胃のもたれを起こしています。

体質的な要素がない方は いくらストレスが溜まっても胃の もたれは起こりません。

必ず全ての問題に対して 何かの症状が起きようと全て体質が関与していますので体質というのは根底的な原因になっていきます。

体質というのは遺伝的であり生まれつきであり家系的である問題です。