肩こりを楽に

肩こりが起きる時には 筋肉のコリで起こりますが 筋肉のコリがどうして起こるのかという原因がありますのでその原因から改善と解消をしていくようにしています。

肩を使うことをして肩こりが起きたり、同じ肩の方にバッグなど重たいものを持つことをしたり パソコンや事務仕事やスマホの扱いすぎで肩が凝ったり 色々な肩こりがありますが筋肉だけで起きる肩こりはあまりないと思います。

しかし筋肉から起こる肩こりと言うのも確かにありますので当院では筋肉を触ることで本当に筋肉から肩コリ起きているかと言うことを検査することをしています。

しかし検査しても周りに筋肉が硬くなって、つまり老化をして起きている肩こりの方もいますが多くの方の肩こりは筋肉だけで起きているものではなく 歪みはずれから起きている場合が多いようです。

肩こりが起きる時には体調や調子を落ちている時で余計に 歪みがずれが起きている時です。

歪みは何が起きれば 筋肉は緩んでしまったり引っ張られたりして 中の老廃物も多く溜まってリンパの働きも悪くなりますので 原因としてあるのは歪みはズレです。

多くの場合筋肉は背骨の歪みは何が起きて 筋肉の問題を起こすのが 普通です。

まれには筋肉が硬くなって収縮を起こして骨が引っ張られるということもあると思いますが そういうことはあまりないと思います。

つまり始めに骨が歪みはずれを起こして筋肉の問題を起こして筋肉が硬くなってまたはこれを起こして老廃物が多く溜まったりリンパの対流が起こってしまって循環が悪くなるということが肩こりになっています。

肩こりが起きる時には筋肉のこりで肩こりを感じますが筋肉というのは、あまりに使いすぎたりとかすると コリというよりも 筋肉自体が硬くなるということが起こります。

筋肉が硬くなってしまうと、いくらもんでも電気をしたりしても ボキボキしても柔らかくなることはありません。

筋肉が硬くなってしまうと何かをしている時は、いい感じが楽な感じがしますが持続力はありませんので実際に筋肉が柔らかくなっているわけではありませんから筋肉を柔らかくすることをしないと肩こりは解消しない場合が多くあります。

しかしあまりにも筋肉が硬くなってしまうともう肩こりを感じなくなってしまいますので、以前、肩こりが強いかというのは今は感じなくても筋肉が硬くなってしまっている方もいらっしゃいます。

筋肉が硬くなる肩こり

筋肉が硬くなっていくと筋肉だけでは済まないで中に入っている中を通っている神経なども固くなっていきますし、循環ももちろん悪くなっていくし循環が悪くなればリンパの働きも流れも悪くなって老廃物が多く溜まっていきます。

肩こりといっても筋肉が硬くなる肩こりもあるので参考までに書いておきます。

当院では肩こりを解消していく時に検査をして実際に筋肉が硬くなっているのかということを判断するようにしていますが筋肉はコリを起こして肩こりを起こしているものなのかまたそれ以外で起きている肩こりなのかということを判断するために検査することを重要視しています。

病院でも検査することで色々な症状がわかるということがありますが当院でも検査することを重要視 して 判断材料に できるようにしています。

肩こりには肩の筋肉を使いすぎて起きる肩こりが多くあります。

いつのなのか肩こりが起きやすくなったりしている方が多くいます。

何気なく意識なくする行動が肩こりを起こしています。● いつも同じ方ばかりにカバンや荷物を持ったり下げたりすることが多くあります。

● 手枕ではなく手を立てて頭を支える姿勢で寝っ転がると首を痛めやすく肩こりまで起こります。

● スマホを操作することでも肩こりが起こります。

● 本を読むことでも肩こりになる方もいます。

● パソコンのキーボードで打つことをしていると肩こりになります。

● 字を書くことをすると肩こりになります。

● 仕事で同じ姿勢をしたりすると肩こりになります。

● 車の運転を長くすると肩こりになります。

● 重い荷物を持つと肩こりになる。

毎日、肩や腕はよく使いますので、肩の筋肉は、いつも限界ギリギリの方もいます。

 

 

肩こりと言うと、筋肉のコリから起きるものです。しかし、筋肉のコリがどうして起きるのか???理由があります。

この理由から改善することをしないと、いくら筋肉だけを揉んでも湿布を貼っても電気をしても繰り返し起こりやすくなります。

もちろん、肩こりですから筋肉を揉みほぐすこと、筋肉を柔らかくすること、循環を良くすること、リンパの流れが滞っているので老廃物を流すこと、筋肉の働きを良くすることです。最低限の筋肉のコリを解消することから初めていきます。それだけでも肩こりは楽になります。

しかし、筋肉のコリだけで起きている肩こりであれば楽になりますが、長くは持ちません。

肩こりと言うと多くの方の場合、筋肉のコリということを思う場合が多いようですが 治療する方から見てみると 筋肉の凝りだけで起きている方は 圧倒的に少ないようです。

 

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

 

肩こりというと お子さんなどに揉んでもらうということをイメージしますが 最近多くの肩こりの場合こりというよりも痛みが伴う場合が多くなっていますので 揉んでもらうことで痛いと言うことがあります。

コリの場合でしたら揉んでもらったり腕を回したり肩を回したりすることで解消するのは、普通の筋肉のコリという感じですが、そういうものをしても改善していかないのが今の肩こりです。

この場合も筋肉のこりというだけではなくゆがみを放っていると 肩が重たくなったり痛いと言うよりも、重くなったりだるくなったりするという事が起きていきます。

肩が重たくなったり肩がだるくなったりして行くと全身に影響出して全身がだるくなったり疲れた感じを起こしていきます。

肩こりと言ってもコリというのは何だろうと思わないですか。

コリというのは

肩こりのこりというのは筋肉が硬くなったり緊張したり拘縮したりすることを誇りと言います。

筋肉が張るということも聞いたことがあると思いますが張るというのはどういうことなのか。

筋肉が張りを起こしたりこりを起こすということは同じ現象です。

コリであろうがハリであろうが多くの場合同じ現象が起きていますので同じことだということです。

原因は筋肉という場合も多いようですが

良く野球選手なんかがハリを訴えてと言いますが、 プロ野球の場合は 球団を抱えのマッサージ師さんやトレーナーさんがいますのでその方の 治療をしてもらうと思いますけどそれだけでは取れないということもあります。

というのは筋肉だけで起きていることが少ないと言いました。

ただハリやコリを揉みをほぐせば

はりやコリをほぐせば 良いいというものではありませんので揉みほぐしてもよくならない場合はよくない場合もあります。

病院では病気ではなければわかりませんので骨にひびが入ってるとか 骨折してるとか 靭帯を痛めてるというのも予想でしかなりません。

明らかにレントゲンを撮ってみて

靭帯が断裂しているような風であれば靭帯断裂という状態を言いますが一部とかまたは人体に関係することはほとんどはレントゲンなどの検査ではわかりません。

しかし我々は普通の人ですから、野球をしているわけでもなく、毎日ピッチャーで投げたりしているわけではありませんので、そういうことはまず起こりにくいと思います起こる方は、逆に 起こらないことはないので少ないと思います。

運動してる選手やスポーツ選手でもなく肩こり肩の張りを訴える場合はほとんどの場合は疲労から 起きています。

我々も運動するわけでもなく

スポーツ選手をやっているわけではない場合、毎日の生活や仕事や ストレスなどで疲れやストレスと本当に多くを 貯めてしまっています。

疲れやストレスというのも毎日の生活や仕事上の疲れやストレス生活上の疲れやストレス肉体的な疲れやストレスを精神的な疲れやストレス色々なストレスがあります。

疲れやストレスというのは誰でもどこにでもあるものなので特殊なものではありませんけど 多くの方の場合、この疲れやストレスをためっぱなしになっています。

疲れやストレスというのは

疲れやストレスというのは減ることもありますけど、多くの場合、どんどん増えていくようになっていきます。

疲れやストレスは食べれば溜め込むほどどんどん溜め込むことができるので ためればためるほど色々な部分に溜まっていきます。

多くの場合、

体というのは表面上の皮膚があったり皮下脂肪があったり筋肉靭帯があったりあとは骨があったりそして中には内臓があるというのは基本形なのでこれのどこに溜まるのか。

疲れやストレスというのは体に溜まっていきますけど体のどこなのかということを一般的には知りません。

多くの体にたまる

疲れやストレスというのは内臓に、たまっていきますのでここから内臓疲労が起きて行きます。

内臓疲労が起きることで、 筋肉はコリを起こして、さらに歪みも同時に起こしていきますので歪みが起きれば筋肉の凝りも起こります。

普通、多くの場合、

内臓に多くの疲労がたまることで、内臓に関係する背骨がありますので、その背骨の歪みズレになって歪みが起きれば、 筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりしてしまってこり起こして行きます。

肩こりに関係する筋肉というのは僧帽筋という筋肉なので僧帽筋が緊張したりコリを起こすことが肩こりになって行きます。

僧帽筋も何も原因がなくて、これを起こすことはないので、一般的にはスマホの見過ぎとか仕事のし過ぎとかデスクワークの部分が多かったりすると 、コリを起こすというのも言います。

色々な仕事の疲れとか

生活の疲れ精神的な疲れプレッシャーなどの状態で、僧帽筋と筋肉のコリを起こすというに一般的に言われますかこういうことで、コリを起こすことはあまりありません。

僧帽筋がこれを起こす時にも必ず首の歪み肩の骨の歪みが起きていますので、この歪みの原因は内臓の疲労からくるということを言っています。

主に肩こりと言うと

僧帽筋の筋肉のコリというイメージが強いんですが、僧帽筋も何も原因がなくて、これを起こしたりするということは起こしませんし、前かがみが多いからといって僧帽筋がコルからということは、ありません。

肩こり起こす

僧帽筋がこれを起こすのは多くの場合背骨や首の骨の歪みズレですがこの背骨や首の骨のずれがどうして起きるのかその内側があるということです。

この背骨や首の骨がずれるという現象はどこから起きるのか、筋肉が先ではなくて、内臓が先に疲れやすことが、貯めていくことが肩こりを起こす原因、首のこりを起こす原因です。

首の骨がずれたり背骨がずれたらすることで肩こりは起きていくと思いますがこの背骨のズレや首の骨がずれる原因は内臓疲労にありますのでどこの内臓が一番関係しやすいのかということになります。

内臓疲労で

内臓が疲労することで肩こりになるということを言っていますがどこの内臓の部分が関係しているかというと 主に関係しやすいのは心臓や肺、横隔膜です。

心臓や肺、横隔膜が病気ではなく働け悪くなることが原因で肩こりが起きていきますのでお守りは心臓や肺や横隔膜ということが原因で肩こりは起きて行きます。

心臓の場合でしたら自覚症状的に同期や不整脈や息が吸いづらいなどまた階段登ったら息が切れたりすることも起きて いる可能性があります。

心臓の弱り

心臓の弱いから 最近疲れやすくなったりだるくなったりトイレが近くなったりすることも起こります。

肺の弱り

肺の場合でしたら 今でもまた最近でも咳が出やすくなったりとかすることが起きていると肺の問題として考えられます。

横隔膜の弱り

横隔膜の弱りというのは大変多くの型に起きている場合が多いようですが呼吸が浅くなったり 、 酸素が吸いづらくなっていて血中酸素が減っています。

横隔膜が弱ると高山にいるような症状が起こるので、めまいや吐き気 、頭のふらつき、頭がぼーっとする、くらくらするなどの症状が起こったりしていきます。

肩こりには大まかに言うとこの3つは関係しています。

体調というのは

これらが起こる時には体調も落としていますので、体調も改善していくようにしないとまた戻りやすくなっていきます。

体調というのは身体全体に疲れやすガスが溜まって、さらに内臓にも疲れが溜まった状態のことを体調を落とすということを言います。

そして最近眠りが浅い方が異常に増えていますので、眠りが浅いと、体調は落ちやすく眠っている間に、どんどん体調は落ちていきます。

ただ眠っているだけではなく、本当に良い眠りができるようにできていないと眠りとは言えません。

 

北九州市 小倉北区、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、若松、門司、下関、行橋、