眠りとは

最近は多くの方が睡眠負債をかかえています。この睡眠負債という言葉は最近の言葉ですが睡眠不足と言う言葉の積み重ねです。

睡眠負債が多くなればなるほど脳から出る 脳内ホルモンのバランスも丸くなりますし 痛みやコリ が感じなくなる モルヒネに似た物質が出てしまって痛みやこりが分からなくなることもあります。

痛みやコリが分からなくなっている時間が長ければなるほど 脳もそのままでいることはできませんので 認知障害やうつやその他の病気になる確率がどんどん増えてしまいます。

眠りが浅いのにまた眠れていないのに体調が良いと言うことはありませんので体調が落ちていることさえ分からなくなってしまいますし骨盤の歪みや背骨のずれがどんなに起きていても、また 椎間板ヘルニアが起きてかなり痛みが起きてる現象でも限界を超えない限りは痛みやコリがわからないでは意味がありません。

モルヒネに似た物質の脳内ホルモンと言うのは大変分泌量も多くなればなるほどどんどんゆがみが起きていてもどんなに疲れが溜まっていてもどんなにストレスが溜まっていてもわかリません。

歪みやストレスや疲れが溜まっていてもわからないと言うのが一番重要なものなので痛みを感じる物は脳が感じますので脳が元気だから感じることができます。

眠りが浅いと色々な現象が起きていけますので色々な現象を見つけて検査することで改善することができます。

 

いつも寝る時間が少なかったり、寝つきが悪かったり、眠れない時間が多かったり、夜中に何回か目を覚ましたり、夢ばかり見たり、寝ているけど眠りが浅かったりと言う方が増えています。

毎日の生活や仕事で自分でも気が付かないで睡眠負債に陥っています。

しかし、寝だめはできません。人の体は眠る時間がないからと言って時間がある時に長く寝ようとしても補えません。

時間が長くとったからと言って今までの睡眠負債を補えるかと言うとそうではありません。

もう取り返しはできないのが睡眠負債です。

しかし、当院ではこの取り返すことができない睡眠負債を改善する方法があります。

もちろん1回や2回ではできません。

最近多くの方が眠りが浅くなっていますので眠りが浅いということを連続 また 毎日ではなくても続けていると365日続ければ続けるほどどんどん睡眠負債と言うのが話題になっているように多くなっていきます。

睡眠負債というのは自分で気が付いていないでも眠りが浅くなっていたり時間が足りなかったりすることです。

睡眠も寝不足状態が続くと 負債がどんどん大きくなっていって病気にもなりやすく がんや認知障害になっていく確率が高くなって行きます。

眠れていない方は特に睡眠負債が多い方は体調がすごく悪く体調が悪くなっていても気がつかない方も多くいます。

特に睡眠負債が多い方でも自分で気が付いている方は 多くいますが 逆に 気が付いていない状態の方も増えていますので 眠りが浅いということが分かっていない方も多くいます。

特に当院では眠りの問題を検査することができますので検査すると多くの方が眠れていなくて寝不足状態や睡眠負債状態の方が多くなっています。

本人にも分からない事なので眠れているか眠れていないかということがありますが眠れている方ほどいびきや 無呼吸になることが多くなっています。

眠れていない方は脳がかなり疲労していますのでこの事を脳疲労と言っています。

脳疲労が起きている方は鬱やパニックや精神疾患になりやすく後内臓の病気や免疫に関係する癌などにもなりやすいことが知られています。

眠りが浅いのにまた眠れていないのに体調が良いと言うことはありませんので脳疲労が起きれば起きるほど脳麻痺になって痛みやコリ色々な体調の悪さを感じなくなってやっとこさ限界を超えた状態で症状を感じるか違います。

こんな状態を続けていたら 脳が弱って腫れていて頭蓋骨を巻き込みながら垂れ下がっていきますので垂れ下がると脳は軋轢を起こして緊張どころではありません。

つまり脳が弱ると頭蓋骨は変形起こして変形を起こしながらさらにの重変形起こして終わって誰て行きます。

脳への循環が悪くなったり脳脊髄液の生産が減少してしまったり血管が詰まりやすくなったり血管が細くなったりしますので脳への血液酸素の 循環もかなり低下して 脳細胞の減少が始まっています。

眠りというのは 脳から眠っていることを眠りと言いますので当院で検査をすると眠りの状態がすぐにわかります。

検査をする時も 頭を触ってすぐに判断ができますから 検査するだけでどれぐらいその方が眠りができているかということがわかるということです。

しかし最近多くの方が自分で眠れているように思っていても 本当は眠りが浅いということが分かっていない状態で睡眠不足に陥っています。

睡眠不足

眠りが浅い方ほど 眠れていないということが分かっていないので 夜寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている方が勘違いしてる方が多くなっています。

夜寝たら夜中に起きないから寝ていると勘違いしている方は朝ぱって目が覚めたらすぐに行動ができるし頭がぼーっとすることもないしあくびが出ることもありません。

どんなに毎日いい睡眠ができている方も 朝すっきりしたという状態でもないし 目が覚めてすぐに動けるということはありません。

眠れていない方ほど眠りが浅いので昼間と同じような状態の体と脳になっていますので行動がすぐできるわけです。

つわり眠りが浅い肩ほど脳は起きたままになっていますのでただ目をつぶってスースーと 寝息を立てていても脳は 寝ている時と 昼間とあまり大差がない状態で 興奮していますので興奮状態のままでは眠りが浅くなりますし、 眠りが浅い方ほど体に疲れやストレスが多く溜まっていてもそれも感じなくなっていきます。

脳疲労

脳自体が 弱れば弱るほど痛みやコリを感じなくなって疲れやストレスも感じなくなって何もわからなくなります。

体にどんなに痛みやコリが起きていても 骨盤の歪みや背骨のズレがどんなにひどく起きていてもそれさえも感じない状態です。

しかし唯一感じる状態は生理痛が起こっていたり生理不順が起きていたり便秘になったりというのは感じることも多くあります。

歪みがあるということはまたずれがあるということは普通考えても痛みやコリになっていなければいけませんので 普通の状態ではない状態で脳が起動してしまうとま一段階まで陥ってしまいますので痛みやコリを感じなくなっていきます。

痛みやこりが

痛みやコリが感じないということは脳神経の麻痺また脳神経の疲労という状態になりますので、こんな状態を続けていては脳は血液が酸素不足に陥りますから、落ちれば散るほど脳細胞の減りが多くなっていきますので年齢以上に多くなると認知障害また精神状態の不安定性が出てきしまいます。

脳細胞の認知状態に陥ってしまうと 先将来本当に認知障害が起きてしまっても気に繋がっていく可能性がどんどん日増しに大きくなっていきます。

認知障害になったかまたボケになった方ほど 食事をしたかどうかも分からなくなることもありますのでけなしているわけではなく現実にそういう状態になっていきますのでその状態の初期段階が痛みやコリがわからないということです。

まだ分かる前には 物忘れが多くなったりうっかりが多くなったり記憶の問題や今現在していることもわからなくなりますから 物忘れ状態ということで片付けられてしまいますがそんな簡単なものではありません。

眠れていない

眠りというのは脳が寝ていることになりますからていれば内臓も出ているということですから脳と内臓がしっかりと休養をとっているということです。

当院でも多くの患者さんが眠りの問題を持って来られる方と眠りという状態を持っていない方で来られる方がいますがほとんどを多くの方に言えることがあります。

それは眠りが全然できていないということです。

眠りができてないということは本当に大変なことなんですがその大変なことでさえ麻痺をしてしまってまたは分からなくなってどんかになっていますから 反発心が強くなったり 、いくら説明をしても 分からなくなったりしていきます。

頭を触って検査をして判断して説明をしていることでも患者さんに納得してもらえない状態で受け入れてもらえないということも多くありますので はじめからすべてがわかるものでもないし、治療を進めていってわかるものです。

当院では眠りの状態も正確に判断することをできる治療をしていますので その治療するためにも検査を重要視していますから。

検査するということは本人にも出ているから分からない状態なのでどれぐらい正確に寝ていないかまたは簡単に寝ていないかということを判断していますけど 自分でわからないものをこちらが説明するというのも分かってもらえないわけです。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ている

この容器の変動が多い時期で気象変化や 地震が あっちこっちである状態なので 目に見える状態でも変な気象変化が多いので その 環境の中に暮らしているということを念頭においてください。

体調というのは気圧の変化もかなり大きく影響を受けますので目に見えないものというのは色々な条件が重なった時に堕ちて行きます。

かなりひどく骨盤の歪みや背骨のずれが起きていても限界を超えるまでは何も感じないし限界を超えても感じない方も多くなっていますので一気に病気が進行したり今まで病気でない方も一気に何かの反応の陽性反応が出たりすることも多くなります。

こんな状態では体を長く使うことができませんので いくら生命保険かけていても病気になったら安心かも分かりませんが、ならないように考えなければいけません。

眠りの問題は

眠り の問題というのは 簡単にしてできるものではありませんので 治療の時間かけながら 徐々に改善していかなければいけません。

特に体調が悪い方ほどいっきに脳の流れを良くしただけでも詰まってしまうこともありますので徐々に行って行って解消させてそして老廃物や血管の状態を改善していくことをしています。

体調が悪い方ほど血管の中に、脳細胞の中に老廃物が多く溜まっていますので一気に流すことはできません。

一気に血流が脳細胞の中に流れ出すと大変な事になりますので ご自分の状態がどれほど体調が落ちているかということも全て判断できるものでありませんので徐々に体調から体力から回復させるように脳への血流が少しでも良くなるように持っていきたいと思います。

そして体調が勝手脳細胞への老廃物が減って血管が少しでも綺麗になって流れが良くなると今度は体質改善という治療がありますので体質改善の治療で悪くなったところを固くなったところを改善して直す必要があります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は眠りを解消する。